M 愛すべき人がいての見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終話)視聴方法のまとめ

M 愛すべき人がいて 国内ドラマ

M 愛すべき人がいて(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『M 愛すべき人がいて』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

【M 愛すべき人がいて最終回先行】「アユが好きだ!死ぬ程あいしてるッ…!」マサの本当の気持ち!しかし選ぶ未来は言葉とは裏腹に?どうなる2人の愛!<浜崎あゆみの歌姫誕生までを描いた話題作>アベマ独占配信

主人公のアユは芸能活動を行うために、福岡から上京してきました。

そして、彼女はプロデューサーのマサと出会い、2人でトップ歌手を目指していきます。

また、アユとマサの恋愛も描かれています

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

M 愛すべき人がいて(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『M 愛すべき人がいて』のあらすじ
第1話『俺の作った虹を渡れ!』(視聴率5.6%)

アユは福岡から上京してきて芸王活動を行いますが、なかなか上手くいきません。

ある日、学校で知り合った理沙とディスコに向かいます。

そして、ディスコで名プロデューサーのマサに遭遇するのです。

スポイラーのタイトル

マサはアユの素質を見抜き、自らがプロデュースすることを決意しました。

当時、アユが所属していた事務所の中谷社長を説得したマサは、思い切った提案を彼女にします。

第3話『お前はアーティストになるんだ!』(視聴率4.4%)

アーティストとしてデビューが決まったアユですが、ソロではありませんでした。

4人組のグループのセンターとしてのデビューすることが決まっていたのです。

すると、マサは大浜社長に彼女がソロデビューできるように頼みにいきます。

第4話『限界なんて超えろ!』(視聴率4.5%)

マサはアユのソロデビューに大きな計画を立てます。

そして、彼は大浜社長や役員達の前でオリコン1位を狙うと宣言しました。

そのために、プロモーションに10億円もの大金を使うことを明かすのです。

第5話『これが神様の答えだ!』(視聴率3.2%)

マサとアユはお互いを強く意識するようになっていきます。

そんな中、アユは彼への思いを込めた作詞を書いていくのです。

ある日、会社のロビーで理沙とアユが遭遇して、ライバルとして火花を散らすのでした。

第6話『アユ、お前は勝ち続けろ!』(視聴率)

アユとマサはお互いの気持ちを知り、2人で暮らすことを検討します。

その頃、アユのライバルである理沙のグループが解散の危機を迎えていました。

プロモーサーの流川から話を聞いた理沙は思いもよらぬ行動に出ます。

最終話『神様に選ばれたアユの運命だ』(視聴率4.8%)

マサはアユのプロデュース以外の仕事も請け負うことになり、多忙な日々を送ります。

一方、アユも歌手としての仕事が増えていきました。

しかし、2人が一緒にいる時間は減ってしまい、アユに不安が募ります。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の登場人物

アユ  (安斉かれん)

マサ  (三浦翔平)

流川翔 (白濱亜嵐)

姫野礼香(田中みな実)

大浜  (高嶋政伸)

中谷  (高橋克典)

※相関図

(c)テレビ朝日

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の主題歌

浜崎あゆみ『M』

浜崎あゆみ / M

M 愛すべき人がいて(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の感想
女性20代
女性20代

ドラマ『M 愛すべき人がいて』は全話すべめ見ました。最初は浜崎あゆみさんの再現ドラマとしてどこまで忠実に再現されているのかも分からず、深夜帯なのでそこまで期待せずに見てみる事にしました。

すると安西かれんさんが浜崎あゆみさんにそっくりで、CDジャケットから何から全て同じように写真や映像が取られていて当時をくっきりと思い出しました。

社長役の三浦翔平さんはとてもイケメンで実物の社長とは全く違ってそれもまた面白く、オリジナルキャラクターの田中みなみさん演じる秘書は毎回ミステリーな行動をしてドラマの主役にも勝る怪演を披露してくれました。

丁度新型コロナウイルスの影響で外出や外で飲み歩く事なども出来なくなり家に閉じこもるような生活をしていた時期なので毎週の楽しみとなりました。

撮影スタッフや出演者の方々もコロナ渦の中で苦労をされながら完成したドラマだと思うと、また違った角度から映像を楽しむ事もできました。

今ではこのドラマが終わってしまって、同じようなコミカルなドラマがないので寂しくもあります。

またこのような再現ドラマがあるのであれば是非見てみたいです。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

ノンフィクションとフィクションの合間を突く設定だったり、実在のスター歌手のラブストーリーを扱うこと自体が見所でもあります。

最初は上手くいっていましたが、付き合っていく中でのすれ違いによって、あゆとマサが好き同士なのに別れる場面で涙してしまいます。

Mの歌詞を見たら歌詞の最後に理由なく始まりは訪れ、終わりはいつだって理由をもつとあって、浜崎あゆみさんの当時の気持ちがそのワンフレーズにしっかり現されていたようです。

このドラマを観てから歌詞を読むと、すごく入ってきてすべてドラマのストーリー通りの歌詞だと気づき、やっぱりこれはAYU本人が書いたのだなと改めて思えます。

フィクションと言えどほぼ実話だけに、普通のドラマ以上になぜか心に残るものがあります。

ドラマの中で当時流行ったM以外の楽曲が流れてて、色々な曲が聴けるのも良いところです。

男性20代
男性20代

このドラマは浜崎あゆみが、どのようにしてNo.1を取ることができたかというヒストリーを描いたドラマであり、プロデューサー松浦勝人(マツ)と共に、「あゆをこのエイベックスで1番にする」という挑戦に挑んだストーリーでもあります。

出会いとして、福岡から憧れと母親祖母を救う希望を持って上京したあゆですが、ある日、友人のリサとディスコへ行くことなります。

その時にディスコで運命的に出会い、マサの目に止まることになったのがあゆです。

それからマサは、あゆを日本で1番にすることを目的に、当時あゆがいた事務所の社長に直談判をして、エイベックスに移籍すれば、あゆのために多くの資金を費やすなど様々な試みをするわけです。

そんなあゆの優遇さに友人のリサやマサの彼女という設定で、マサの秘書であるレイカを含め、嫉妬の始まるわけです。

しかし、それをあゆは耐えながらもどのように一番を勝ち取ったか、見れるのがこのドラマの魅力です。

女性30代
女性30代

浜崎あゆみさんの事実を基にしたフィクション小説を実写化したドラマであり、現在も活躍されている浜崎さんが歩んだこれまでのアーティスト人生をどう描いていくのか不安と期待が入り混じった作品でした。

いじめやパワハラなどが描かれていましたが、それがリアルなら…と考える一方で昭和ドラマのように演出されることでリアルさが柔和されているように感じました。

主人公・アユがアーティストとして成長していく中でプロデューサー・マサと出会い、恋愛関係となっていく二人に胸が高鳴り、仕事面でも良いパートナーになっていく展開は胸が熱くなります。

しかし、アーティストとプロデューサーという関係から恋愛関係が問題視され別れを選ぶ展開に胸が痛みましたが、お互いの存在を糧に前へ進み続けていくという結末にその後の浜崎さん自身の活躍と結びつきました。

現実と非現実がうまく交錯した作品で、変に先入観を持たせない演出に最後まで楽しめた作品でした。

男性20代
男性20代

浜崎あゆみさんの自伝を原作にしていてドラマにしているのですが、浜崎あゆみさんの良いところが前面に出ているような作品になっていてだんだん安西かれんさんが演技が上手くなっているのも注目できますし三浦翔平さんの役柄もかっこよくて素敵です。

ストーリー自体は少し古臭い演出が多いもののそれが時代をきちんと反映していてリアル感があって良いです。

いじめのシーンも典型的ないじめであったり台詞回しも古かったりしてそれがとても良いです。

また、だんだん浜崎あゆみさんがスターになっていく姿を描いていてシンデレラのように上り詰めていく姿は圧巻です。

あまり良い待遇ではなかったのでそのギャップもあってスカッともしますし感動します。

男性40代
男性40代

当時、同世代の人を中心に女の子はアユになりたかった人が多かったと思います。
その浜崎あゆみの波乱万丈の人生。
いまや、彼女は「老けた」「太った」などと批判をする人もいるが、40歳を超えても歌っててスゴイとファンでしたら思っているはずです。
誰もが憧れた浜崎あゆみ。本人からの聞き取りを元に書かれた内容がドラマ化されていますが、あくまで、事実を基にしたフィクションにさらにオリジナル要素を加えたフィクションという内容です。
ちなみに主演の安斉かれんさん。田舎から上京してきた少女のイメージとマッチしていて、何より喋り方など含めてルックスが浜崎あゆみによく似ていてリアリティさがありました。
ただ、マサを演じる三浦翔平は少し格好良すぎるかなと思う程です。ここまでイケメンをキャスティングしなくてよかった気もしますが、浜崎あゆみにはお似合いなのかもしれないです。

男性20代
男性20代

このドラマの見所は浜崎あゆみのスター街道への道のりが再現されており、往年の名曲がbgmとして、そしてその曲の出来た話がドラマ化されており懐かしくそして驚きを感じることができるのがみどころです。

また、田中みな実が出ているのですがキャラが強烈過ぎてめちゃくちゃネタキャラとなっているのが笑い所です。

特に田中みな実が長いセリフを言うとその途中でcmカットインするパターンが多かったのですが、3話を終えたくらいで一度再放送に切り替わったタイミングで田中みな実の需要に気づいたのか4話から田中みな実をプッシュしてる感じが強く感じました。

その点浜崎あゆみが歌姫として輝いている話なのは間違いないので往年のファンもそうでないかたも見応えたるドラマとなっています。

女性20代
女性20代

私は物心がついた時から浜崎あゆみさんは普通に歌姫だったのであんな苦労があったことがとても衝撃的でした。

松浦さんもavexのアーティストが好きだったときによくインスタとかでみていた人だったのでこの二人がタッグを組んでいたことを初めて知りました。

原作である本をずっと読みたいと思っていたのですがなかなか手を出すことが出来なかったのでドラマ化してくれたのは嬉しかったです。

最初は観ていられないくらいの演技力だった安斉かれんさんが段々うまくなっていって驚きました。

本当にあんな感じなのかはわからないですが結構体とかを売っていかないと生きていけない世界なんだなと思うと芸能界ってこわいなと思いましたしすごく闇を感じました。

女性30代
女性30代

私は高校生のころ、浜崎あゆみが大好きでした。今も年に数回テレビに出るときは必ずチェックしますし、インスタなども見ています。
なので、浜崎あゆみというアーティストがどの様にしてうまれたか、マッチョさんとの恋愛模様など、とても興味がありました。
毎回見るうちに、あの歌のあの歌詞はあゆのこういう気持ちを歌っていたんだなぁと、歌詞と結びつけて見ていましたね。

trustの「あなたから見つけてもらえた時、あの日から強くなれる気がしてた。自分を誇ることできるから」のあなたは、松浦さんをさしたんだなぁとか、そんな感じで見ていましたね。
あゆが、アピアーズで歌えなくなったの、リアルタイムで見てました。喉の調子が悪いのだとばかり思ってました。

20年にたって、あのドラマを見て、松浦さとうまくいかなくなって、辛くて歌えなかったんだなぁと、あゆも辛かったんだなぁと思いました。
キャストは田中みな実の役は実際にはいないだろうし、松浦さんも言ってましたけど、なくてもよかったのかもしれないけど、話を盛り上げる為にはありだったかもしれませんね。

あゆも最低で最高でしたって言ってたし、良かったと思います。

男性30代
男性30代

2020年は半沢直樹でドラマ業界は盛り上がりましたが、半沢直樹は大げさな演技が話題になり人気がでました。

M愛すべき人がいても同じように演技の面白さを見たくて話題になったと思っています。

このドラマの立役者は田中みな実さんです。

もともと天然な女性キャラをアピールしていましたがこのドラマでは完全な悪女を演じ切りました。

演技の癖がすごすぎて笑ってしまいますが、彼女のおかげでこのドラマが評価されるようになったと思います。

正直浜崎あゆみさん役の安斎かれんさんであったり、松浦さん役の三浦翔平さんの演技は見れたものではなかったですが、田中みな実さんや高嶋政伸さん、水野美紀さんなどの演技を見るためにこのドラマを見る方が多かったのではないかと思います。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』のまとめ

今回のドラマでは、平成を代表する歌姫・浜崎あゆみが歩んできたストーリーが描かれています。

アユはマサと一緒に一流の歌手を目指していきますが、多くの試練が待ち受けていました。

果たして、2人はトップの座を掴み取ることができるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました