M-1グランプリの見逃し無料動画配信をフル視聴/歴代優勝者 2020-2021

M-1グランプリ バラエティ

M-1グランプリの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『M-1グランプリ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『M-1グランプリ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

M1-グランプリは2002年から続く吉本興業主催の日本最大の新人漫才師発掘コンテスト番組です。全国のお笑い芸人達が集い優勝賞金1000万を目指して頂点を争う!

この番組の特徴といえば「コンビ結成15年以内であること」「所属事務所は問わないこと」をルールとし、毎年夏から予選を行い最終勝ち上がった8組と番組生放送中に決定する敗者復活枠で決まる1組の計9組がスタジオでネタを披露。

審査員達の持ち点で点数が決まり、準決勝、決勝へと進んでいく。

初回の王者は中川家。

その後もサインドウィッチマンや笑い飯など実力のある芸人達が王者に輝いている。

そしてこの番組の面白いところは結成15年以内という事で、まだ無名の芸人も実力だけで予選を勝ちのぼりスタジオでネタを披露できるというところ。

2019年王者のミルクボーイもその一組だろう。彼らもテレビでは無名だったにも関わらず王者となり、今では「こんなんナンボあってもいいですからねぇ」というフレーズはもうお馴染みとなっている。

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYATV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

M-1グランプリの作品情報やキャスト・神回・名作・傑作を厳選

基本情報
作品名 M1-グランプリ
公開月日 2002年12月
制作会社 テレビ朝日
公式ページ https://www.m-1gp.com/history/
キャスト 今田耕司(司会)
M-1グランプリの神回・名作・傑作シーン

・2006年放送(チュートリアルのチリンチリンネタは一生忘れない!)

・2010年放送(笑い飯のボケ続けに笑い続けた!)

・2007年放送(サンドウィッチマンが無名から大ブレイクしたコント!)

その他の感想はここから見れます
男性30代
男性30代

M1-グランプリ第7回サンドイッチマン
M1-グランプリ第15回ミルクボーイ
M1-グランプリ第1回中川家
M1-グランプリ第5回ブラックマヨネーズ
M1-グランプリ第4回アンタッチャブル

男性20代
男性20代

・トータルテンボス(大村さんのボケが最高です)
・アンタッチャブル(ずっと笑いっぱなしでした)
・サンドイッチマン(2人の性格の良さが漫才に現れているような気がします)
・第8界大会(ノンスタ、オードリー、ナイツが3位までに入り、神回でした)
・司会者(上戸彩さんにいつも見惚れてしまいます)

男性30代
男性30代

・敗者復活戦から勝ち上がったオードリーが高得点を出したシーン(若林の開いた口がふさがらないような顔は、驚き具合がよく伝わりました。)
・ブラマヨがよどんだ会場を爆笑の渦に変えた漫才(彼らの漫才で一気に笑いのウェーブが起きたのはとても印象的です。実際漫才はめっちゃ面白かった。)
・NON STYLEが優勝したシーン(関西のころから応援していたので、石田が感極まって泣いていたのは感動の瞬間でした。)
・メイプル超合金がトップバッターから大ウケ(衝撃的な見た目でインパクト。トップであれだけウケたコンビ見たことないです。)

女性20代
女性20代

・2018年霜降り明星が第一ラウンドで1位になった
・2015年敗者復活から優勝したトレンディエンジェル
・2019年史上最高得点を叩き出したミルクボーイ
・2016年周りの芸人に拍手をもらいながら敗者復活戦を勝ち抜いた和牛
・2010年10年連続決勝進出した笑い飯の優勝

男性20代
男性20代

・2006年、決勝の決勝で審査員の札が全てチュートリアルで圧巻の優勝を果たしたシーン
・2007年、サンドウィッチマンが初めて敗者復活から優勝を果たしたシーン
・2018年、2年連続準優勝の和牛やキングオブコント優勝者のかまいたちなど、実力者が揃ったなかで若手の霜降り明星が優勝したシーン
・2019年、トップバッターのニューヨークが松本さんの厳しい審査コメントにかみつき、会場を温めたシーン
・2019年、3年連続準優勝であった和牛が敗者復活で漫才を披露し大爆笑をさらったシーン

女性30代
女性30代

2009年 笑い飯の「鳥人」のネタ
2010年 ようやく笑い飯が優勝
2019年 敗者復活で勝ち上がるも、優勝できなかった和牛
2019年 やすともにカツを入れられ再出発したミルクボーイの優勝
2007年 初めて敗者復活からの優勝となったサンドイッチマン

 

M-1グランプリの感想・まとめ

M-1グランプリの感想
男性30代
男性30代

年末恒例のM1-グランプリではその年の旬の芸人さんや、予選を勝ち抜いてきたフレッシュな若手芸人が実力を披露する面白い番組です。

審査員のベテラン芸人さんでも緊張するほどの緊張感の中で繰り広げられるお笑いが本当に面白いです。

芸人さん達がこの日のためにどんなネタを用意してきたのか、テレビで披露するとお茶の間がどの位笑うのか今から考えるだけでもわくわくします。

また、M1-グランプリの凄いところはその影響力の強さです。

一度M1-グランプリで1位になると、翌日から一気にテレビで見かける頻度が高くなり、CMにも沢山出演されて芸人さんの人生が一夜にして一変していまう事もあります。

昨年の優勝者のミルクボーイさんがコーンフレークのネタでフラッグさんのイベントやCMに出演される様になった事はニュースになっていました。

また、優勝賞金が1000万円と若手芸人には夢の賞金がかかっているため、単なるテレビ出演を目指すだけでなくて芸人魂が燃え上がってくるのだと思います。

その他の感想はここから見れます
男性20代
男性20代

2003年のフットボールアワーが優勝した回から見始めました。今思うとフットボールアワーはこんなに前から活躍していたのかと驚いています。その際にも3位に入っていましたが、次の年のアンタッチャブルで完全に心を掴まれました。

優勝経験はないものの、トータルテンボスの漫才をいつも楽しみにしていました。

それからは上位に喰い込んでくるコンビは、その後テレビでよく見るようになってきた印象があります。

採点者の方の厳しい意見なども楽しみに見ています。

人によって本当に評価がわかれています。

だからこそ、面白いのだと思います。自分が好きだったネタを見て、評価が低かったりするとなんでだよ!と思ったりしましたが、それも面白さの一つだと思って見ています。

私の知り合いもM-1グランプリ決勝戦出場を目指してやっていますが、まだ2回戦で止まっているみたいです。

いつかそのコンビが全国ネットで漫才をやることを楽しみにしています。
なんと言っても上戸彩さんが綺麗でそれも楽しみに見ています。

男性30代
男性30代

予選から勝ち上がってきた人たちの集まりですから、どの漫才見ても本当に面白いです。

再開する前は、芸歴10年という制限があり、このルールが番組を盛り上げていたと思います。

テレビに手始めや全国では無名という若手芸人さんが、一夜で大スターに登りつめる感じはとてもわくわくします。

その栄光をつかむため、全員が熱く闘志を燃やされていて、テレビからも緊張感が伝わってきます。

ネタ番組でよく見る芸人さんもいますが、この番組で初めて見るコンビも多く、ガチンコでやっているのがわかります。

南海キャンディーズや笑い飯が出てきたときは、まさにダークホースでこんな面白い人たちがいるのかと驚きました。

現在はルールが変わり、芸歴を重ねた芸人さんも多数出ているので、完成された漫才でも楽しむことかできます。

予選の参加者数も本当に多く、昔よりも争いがし烈になっているので、勝ち上がってくるのが本当に実力者ぞろいになっているのを感じます。

今年も誰が優勝を勝ち取るのか楽しみです。

女性20代
女性20代

お笑い好きなら誰もが見る大会であり、笑いあり涙ありの大会であり、私が一年で一番楽しみにしているイベントだ。

私は予選から見に行っているので、毎年だれが決勝に行くのかの予想をしたり、おもしろいと話題になった人の動画を見たりと決勝の日だけではなく、ずっとわくわくさせてくれる大会だと思っている。

特に自分の応援しているコンビが決勝に上がったときは、自分のことのようにうれしいし、おもしろいと思っていたものは間違ってなかったんだなと感じさせられる。

決勝は全員面白いのは当たり前だが、審査員がどんな点数をつけるのかも楽しみだし、順番によってウケも変わってくるから、当日まで本当に誰が優勝するのかわからないのが、見ていてハラハラするし、おもしろい。

印象に残っているのは霜降り明星で、ネタをしているときに明らかに雰囲気が変わったし、優勝候補とかではなかったのにいきなり1位となったときは嬉しさと感動もあり、Ⅿ-1の良さがそこに詰まっていた。

男性20代
男性20代

2010年に9年連続で決勝に進出していた笑い飯が悲願の優勝を飾り、一旦は休止していたM-1グランプリ。

2015年に復活してからも、毎年のようにスターを輩出しています。

ここ数年はSNSや動画配信サイト等も活用し、多くの漫才を沢山の人に届けるコンテンツとして成長し続けているように感じています。

私が感じる見どころは、敗者復活というシステムと、審査の透明性の二つです。
第二回の放送から始まった敗者復活のシステムは、出場者一組が決勝当日までわからず、やる側も見る側もドキドキのシステムです。

ここ数年は視聴者投票になり、より知名度や人気のある芸人を見ることが出来るようになったことも楽しめる要因だと感じます。

また、2007年にサンドウィッチマンが敗者復活から優勝を掴んだことから、直前に敗者復活のステージで漫才を披露した勢いそのままに、決勝の舞台でも活躍することが多くなり、注目度は上がっていると思います。
審査の透明性は、復活した2015年から特に感じますが、得点後の審査員のコメントを時間を多く取って聞けることです。

プロの審査がどう感じたかを聞いて、一緒になって漫才を審査しながら楽しめるのはとても魅力だと感じます。

女性30代
女性30代

シンプルにおもしろい漫才を決めるという内容がわかりやすく、楽しめる大会です。
プロ・アマや所属事務所は問わずエントリーできるので幅広い芸人さんを見ることができます。
テレビ出演が少なく知名度が低くても、実力1つで優勝できるという芸人としての本質が試される良い機会だと考えています。
年々、審査員の重圧はすごいことになっているとは感じますが・・・。
自分の知っている芸人さんが決勝に進出したり、優勝したりすると嬉しさがこみあげます。
逆に、何でこの芸人さんに投票しないのと不満が出る回もあったりします。
そしてなんといっても、この大会で優勝すると仕事のオファーが急激に増えるらしく、ここから全国区になった芸人さんもいます。
なぜか準優勝の芸人さんの方が有名になったパターンもあるので、絶対とは言えませんが。
最後にこの大会を盛り上げているルールについて。
それは結成15年以内という、野球の甲子園にも似たルールです。
期限があることで、いつまでもダラダラとできない切迫感が芸人さんたちへの刺激となって、おもしろい漫才が見れるのだと思います。

M-1グランプリのまとめ

出場する芸人はみな、一攫千金、ブレイクのチャンスを掴むため渾身のネタを披露する。王道漫才から意味不明でも何故か笑ってしまう世界観のあるネタまで数多くあるので何度も見てしまいます!審査員が笑い過ぎて涙目でコメントする場面もあり、本当にどの回を見ても面白い!

既にブレイクしている芸人から無名の若手まで、実力だけのお笑いバトル。見始めたら終始爆笑してしまうM1-グランプリを是非ご視聴してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました