ランチの女王 無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

ランチの女王の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『ランチの女王』を視聴できる動画配信サイトは現在ございませんが、主演の竹内結子さんの過去作品は、TSUTAYA TV/DISCASで、ご視聴いただけます。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

平均視聴率19.1%を記録したフジテレビの大人気ドラマ『ランチの女王』は、豪華なキャストで大きな話題を呼びました。

主演の竹内結子さんをはじめ、江口洋介さん、堤真一さんなど主役級が勢揃いしており、当時だからこそ実現できたキャスティングです。

洋食店「キッチンマカロニ」を舞台に描かれた心温まるホームラブコメディドラマ。

笑顔溢れる結末にご注目下さい。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ランチの女王の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ランチの女王』のあらすじ・ネタバレ

・オムライスと嘘

ランチメニューが大好きで、毎日のランチが生き甲斐という麦田なつみは、今日もある店でランチのオムライスを夢中になって食べていた。

すると、突然、男から声を掛けられ、ある事を頼まれると戸惑ってしまう。

あまりにもその話が素っ頓狂なものだったからだ。

男の名は鍋島健一郎。

彼の話はこうだった。

「美味しいオムライスを食べさせてあげるから、婚約者のフリをしてくれないか」というもの。

なつみは怪しいと思いながらも、そのオムライスが絶品と言われてつい引き受けてしまう。

健一郎に連れられてやって来たのは洋食店「キッチンマカロニ」で、先に様子を見てきてほしいと頼まれ中に入ると、テーブルとカウンターがありどことなく懐かしさを感じる温かい雰囲気で、美味しそうなデミグラスソースの香りが漂っていた。

なつみはオムライスを注文して食べ始めると、あまりの美味しさに感動してしまう。

そんな時、健一郎がのこのことやって来たが、厨房から姿を見せた男は彼に向かって掴みかかっていく。

この店が彼の実家という割にはあまりにも冷ややかな態度で、婚約者と紹介されたなつみには何が何だかわからなかった。

ただ、その様子を伺っていると、どうやらこの健一郎という男には店の現金を持ち出した過去があるらしく、勇二郎という男がそれに対して怒っているということだけはわかった。

そんな彼は何やら文句を言った後に、チャンスをやると健一郎に告げると、キッチンマカロニのデミグラスソースはどっちだと言い放つ。

案の定、健一郎は缶詰と伝統のソースを見分けることが出来ず、ちょっとしたスキをついてなつみを置き去りにしたままお金を持ち逃げしてしまった。

どうしようもなくなったなつみだが「ここで働きながら健一郎の帰りを待ちたい」と言い出し、勇二郎は何を言っていると猛反対する。

そんな勇二郎に対し、キッチンマカロニの味に惚れ込んでしまった彼女は頑なにここに残ると譲らない。

こうして、半ば強引に麦田なつみは、ここで働き始めることになるのだった。

 

・キッチンマカロニとルール

このキッチンマカロニは、店主の鍋島権造と兄弟たちを中心に切り盛りしていた。

次男の勇二郎、三男の純三郎、四男の光四郎の兄弟3人に、住込み見習いの牛島ミノルと通いのコック川端守を加えた6人。

なつみがその中にいるミノルと目が合うと向こうも気づいたらしく、彼女はこっそりと自分の過去を話さないようにクギを打った。

実は、二人は同じ高校出身で過去を知られたくなかったのだ。

そんな彼女はここで働く条件として勇二郎からルールを課せられており、それは、3回ミスしたら出ていくという事だった。

何とかミスをしないようにと心掛けていたなつみだったが、さっそくやらかしてしまう。

細かなミスはすでに連発していたが、今回は発注ミスをしてしまい店に大量のジャガイモが届いた。

もうダメだと約束通り出ていこうとする彼女だが、勇二郎からとにかくジャガイモの皮を剥けと言いつけられる。

彼は機転を利かし、新メニューとしてヴィシソワーズを提供しようとしていたのだった。

結果としてヴィシソワーズは大好評で、なつみもこれで失敗はチャラになると思っていたが、あらためて勇二郎から出ていけと促されてしまう。

落胆しながら出ていったなつみ。

そんな彼女を純三郎が追いかけてきたが、思いがけず彼がキスしてくると、なつみはドロップキックを喰らわせて去っていくのだった。

その後、なつみは工事現場で肉体労働をしていた。

それを知った純三郎は彼女をここに戻してほしいと勇二郎に話し、兄貴の婚約者を男だらけの現場で働かせるわけにはいかないでしょうと説得する。

そして、再びなつみはキッチンマカロニに戻ってきたが、新たに恋愛禁止というルールが追加されたのだった。

 

・継がれた味

相も変わらずキッチンマカロニは繁盛しており、なつみのミスも少しずつだがなくなっていた。

多くのお客さんがキッチンマカロニの心温まる味に力を貰っているようで、なつみもその一人だった。

そんな中、権造からデミグラスソースを任されていた純三郎は必死にその味を継ごうと頑張っており、権造自身も納得のいく味が出せるように変わらず寸胴と向き合い続けていた。

そんなある日、千葉県警がなつみを尋ねてやって来るが、権造はそんな女性は知らないと答えて帰してしまう。

何か隠さなければならない過去があるのだろうと、なつみを慮った権造の姿に、彼女は打ち明けようとするが、彼はそんなことを気にも留めず「これからも、うちのバカ息子たちをよろしくお願いします」と告げてくるのだった。

その夜、相変わらずソース作りに没頭していた権造は、自分で納得のいく最高のデミグラスソースを完成させ、上機嫌で勇二郎と純三郎に食べてみろと声を掛けるが、二人共、時間も遅かったので「明日ね」と軽く答えてしまう。

そして、翌朝、いつまでも起きてこない権造の様子を伺いに行くとすでに亡くなっており、勇二郎と純三郎は「親父が遺した最高のデミグラスだ」と悲しみに耐えながら、確かめるように何度も味わうのだった。

葬儀を終えキッチンマカロニは営業を再開した。

すると、一人の男性が訪れてきてハンバーグを注文する。

彼は若い頃にマカロニへよく通っていたらしく、権造の死を聞いてひどく落胆した様子を見せていたが、運ばれてきたハンバーグを一口食べると涙を流す。

詐欺罪で服役していた彼は思い出のハンバーグを楽しみにしており、あの頃と変わらないと噛みしめるように食べた。

勇二郎と純三郎で作り上げた味は、間違いなく権造から引き継がれていたのだった。

 

・なつみの過去

ある日、キッチンマカロニに矢崎修史という男が現れた。

なつみに会いたかったと抱きついてくる彼だが、彼女は嫌がり強く拒む。

すると、その態度に逆上した修史は店の中で暴れ出し、レジから金を奪って逃走していった。

その後、駆け付けた警察から修史のことを聞かれたなつみは、そのまま警察署に連行され、勇二郎が迎えに行ったのだった。

キッチンマカロニに戻ったなつみは、これまで隠してきた自分の過去について語り始める。

昔、不良グループの幹部を務めていたこと、修史がその時の彼氏であったこと、そして、その修史に騙されて覚醒剤とは知らずに運ばされ逮捕されたことなど、すべてを彼女は打ち明けた。

過去を切り離したいのに再び修史が現れどうしようもないと諦めたように話すなつみに、勇二郎は「鍋島家は、いつもカツを食って勝つなんだ」と告げると、「俺がカツを揚げてやる」と励ます。

そんな勇二郎は「これを食えば君はもう我が家の一員だ」という書置きと一緒にビーフカツレツを残してくれており、なつみは、泣きながらそのカツを食べるのだった。

だが、皆に迷惑を掛けられないと思ったなつみは、迎えに来た修史と共にキッチンマカロニを後にする。

その後、仲間に裏切られ警察に追われることになった修史は、「いつか、お前の所のビーフカツレツを食べに行く」と告げると行方を眩ました。

千葉に一人残されたなつみは、八百屋「しおみ」の看板娘であるトマトの車でキッチンマカロニに戻り、皆に温かく迎え入れられるのだった。

それから数日が過ぎ、突然、キッチンマカロニになつみの父親の知り合いという男性が現れ、父親が亡くなったと告げてきた。

彼女は幼い頃に父親に捨てられており、戸惑いながらも勇二郎に付き添われて父親のお墓へ向かう。

その帰りに思わず泣き出してしまったなつみ。

すると、勇二郎は涙を拭きながらキスして「いつか健一郎を忘れられたら、俺と結婚して欲しい」とプロポーズしてきた。

そういえば、まだ勇二郎たちは、なつみが健一郎の婚約者だと信じたままだったのだ。

そんなことも知らずに呑気な健一郎がひょっこりと帰ってきた。

当然、怒り出す勇二郎。

一方の健一郎はなつみの姿を見て、待っていてくれたと勘違いしており、場違いにも責任を取って結婚するよと告げてくる。

それを聞いた勇二郎は更にキレだすが、なつみは彼を制すると勢いをつけて健一郎にドロップキックを喰らわすのだった。

 

・結末

ほぼすべての事情を理解したキッチンマカロニの面々。

それでも、これまでと変わらない日々が過ぎていくが、そこにまたもや修史が現れた。

なつみとの約束であるビーフカツレツを食べに来たと言うが、そこには警察が張り込んでおり、彼は捕まってしまう。

そんな修史に対して、勇二郎たちは「ここで何年でも待っていてやるから食いに来い」と声を掛けてやるのだった。

こうして、なつみにとっての不安がなくなり穏やかになると思っていたら、思いがけないところからちょっとした騒ぎが起きる。

どうやら、川端がなつみに内緒でミス日本橋コンテストに応募していたらしく、彼女がミス日本橋クイーンに選ばれたとの事。

結果として景品の家族旅行を満喫したなつみを含めた鍋島ファミリーに、ようやくいつもの日常が戻ってきた。

そして、ランチで訪れた客から「ミス日本橋クイーンだよね?人形町の女王」と聞かれると、なつみは「いいえ、ランチの女王です」と笑顔で答えるのだった。

『ランチの女王』の登場人物

・麦田なつみ・・・竹内結子、谷村聡美(幼少期)

・鍋島勇二郎・・・江口洋介、広田亮平(幼少期)

・鍋島純三郎・・・妻夫木聡

・鍋島光四郎・・・山下智久

・牛島ミノル・・・山田孝之

・鍋島健一郎・・・堤真一

・鍋島権造・・・若林豪

・川端守・・・田窪一世

・塩見トマト・・・伊東美咲

・矢崎修史・・・森田剛

『ランチの女王』の主題歌

・主題歌

『ジョイ・トゥ・ザ・ワールド(喜びの世界)』 スリー・ドッグ・ナイト

・挿入歌

『森花処女林』 井上陽水

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ランチの女王』の感想

・今だったら揃うことの出来ない豪華キャストで、ストーリーも展開も見どころ沢山なドラマだった。

・ちょっとやんちゃで元ヤンな竹内結子さんが良かった。

・とにかくオムライスやハンバーグなど出てくる料理が美味しそうで、観ているだけで食べたくなった。

・竹内結子さんがオムライスを食べるシーンは、とても美味しそうで印象に残っています。

・このドラマのせいで、しばらくランチ巡りにハマったのを思い出しました。

・これだけ元気で明るい奔放な姿が見られないと思うと、どうしても悲しくなってしまう。

・オムニバスのようなストーリー展開が斬新で、とても面白かったのを覚えています。

・こういったドラマはいつの時代に観ても、何だか明るくなれると思う。

・ちょっとしたシリアスな部分が良い意味でスパイスとなっており、見応えのある作品だったと感じました。

・個人的には寡黙で深い優しさと愛情のある若林豪さんの立ち振る舞いが、素敵で一番印象に残っている。

・SPでもいいのでこの後のストーリーが観たかったけど、もう不可能なので残念でならない。

・美味しいランチが生き甲斐のヒロインで元ヤンなんて、漫画みたいだと思って観ていた。

・オムライスをエサに婚約者のフリを頼むとか、ありえない設定ばかりで不思議なドラマだと思っていました。

・ほんわかとしたアットホームな雰囲気だからこそ、森田剛さん演じる元カレの存在がトラウマ級に怖かった。

・これだけ変わった設定でありえない物語でもキャストそれぞれの演技がしっかりしていると、その世界観に自然と惹きこまれるのだなと感じさせてくれた作品です。

『ランチの女王』のまとめ

竹内結子さん主演の『ランチの女王』は、彼女の明るさが魅力のドラマで、今も尚人気のある作品です。

また、キャストも豪華で美味しそうな料理と共に、視聴者をくぎ付けにしました。

このドラマ自体が料理みたいで、所々に散りばめられたシリアスな場面がスパイスとなっており、とても印象的な作品です。

ちょっとした癒しにもってこいのドラマで、心が温まります。

不安の多いこんな時は、本作品のようなホームラブコメディを楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました