ラブジェネレーション 無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

ラブジェネレーションの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『ラブジェネレーション』を視聴できる動画配信サイトは現在ございませんが、主演の木村拓哉さんの過去作品は、TSUTAYA TV/DISCASで、ご視聴いただけます。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

ラブジェネの愛称で親しまれているドラマ『ラブジェネレーション』は、平均視聴率が30%を超える大人気作品です。

今では考えられないこの数字は、主演する木村拓哉さんの全盛期とも言われ、様々な社会現象を起こしました。

ヒロインの松たか子さんとの共演は、当時ベストカップルと評され、この作品が愛された要因のひとつだと思われます。

そんな二人を中心に描かれる物語は、じれったさを感じながらも心温まるラブストーリーで、主題歌や挿入歌の優しいメロディーが、より彩(いろどり)を与えてくれるのです。

「この恋のために生まれてきた。」

この言葉がすべてを表す、優しさにあふれた物語を振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ラブジェネレーションの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ラブジェネレーション』のあらすじ・ネタバレ

広告代理店に勤める、片桐哲平は所属しているクリエイティブから営業部への異動を命じられる。

望んでいない部署への異動に不満を抱く彼は、上司から思い上がった性根を叩きなおして来いと言われてしまう。

そんな時、実兄が哲平の元カノと婚約したことを知る。

兄にコンプレックスを持つ哲平は、全ての歯車が狂いだし最悪な気持ちで、新天地の営業部で働き始めるが、そこで運命の女性に出会う。

生意気でマイペースなOL、上杉理子と初めは対立しながらも、慣れない仕事を一緒にしていくうちに彼女が哲平にとって、大切な人になっていきます。

互いの気持ちや行動に翻弄される二人の恋物語は、ちょっと変わったプロポーズで幕を閉じます。

『ラブジェネレーション』のネタバレ

・第1話『新しい自分と運命の恋に出会うとき』 31.3%

終電を逃し途方に暮れていた片桐哲平は、車から降ろされた女性を目にする。

そんな彼女に煙草を薦めながら誘った哲平は、下心を持ちながらカラオケの出来るホテルへ向かうが、彼女は車内でイビキをかいて寝てしまうのだった。

 

翌日、勤める広告代理店に出社した哲平は、突然、営業部への異動を命じられてしまう。

自己主張が強い彼は、上司から営業部で性根を叩きなおして来いと言われ、納得がいかないまま営業部へ向かうと、そこで昨夜の彼女と出会う。

彼女は上杉理子、営業部のOLだった。

そんな哲平に、理子は何かと憎まれ口をたたき、彼もそれに応じてしまう。

 

哲平は、望まない営業部異動の現実を受け入れられないでいた。

そんな時、実兄の荘一郎と元カノのさなえが交際していることを知り、優秀な荘一郎にコンプレックスを抱き続けてきた哲平は、追い討ちをかけられ、深く落ち込むのだった。

 

会社では相変わらず生意気な態度の理子が、哲平自慢の長髪を切ってしまう。

驚きのあまり放心状態の哲平だったが、あきらめたように床屋へむかい、投げやりに好きにしてくださいと話し、バリカンは拒否するのだった。

 

・第2話『恋に落ちる瞬間』 30.1%

さっぱりとした髪型になった哲平だったが、気持ちは晴れやかではなかった。

 

ある日、理子と共に仕事で展示会を訪れた哲平は、偶然さなえと出会う。

そんな哲平の様子に、理子は哲平がさなえを好きなことに気づく。

 

会社に戻った哲平は、鬼軍曹のあだ名で呼ばれる営業部の課長、黒崎から次のコンペを任せられ、異動してきてから初めての本格的な仕事に意欲を見せるのだった。

そして、張り切りすぎた哲平は、営業部の域を越えて口をはさみ、社内での反感を強く買ってしまい、コンペも不参加の方向へ進む。

そんな中、荘一郎の元を訪ねた哲平は、そこで妻の様に家事をするさなえの姿を目の当たりにし、自身がさなえへの想いを引きずっていることに気づく。

 

仕事も恋愛も納得のいかない哲平は、自身の気持ちを断ち切るように、仕事へ没頭する。

そんな哲平の元へ姿を見せた理子は、彼への気持ちを胸に秘めながら、励ますのだった。

 

・第3話『涙雨に濡れた贈り物』 29.0%

ある朝、理子の電話で目覚めた哲平は、急いで得意先の運動会へ向かう。

 

朝早くから作ったおにぎりを哲平へ渡す理子。

食べずに黒崎へおにぎりを渡してしまった哲平は、理子に怒られ、強引にフランス料理を奢る約束をさせられてしまうが、無視して自宅の一階にあるインド料理の店へ連れていく。

理子の文句を聞き流していると、友人の吉本が偶然現れ、彼の気持ち知っていた哲平は、理子と吉本を二人残して帰ってしまうのだった。

 

次の日、会社で理子は哲平に文句をつけると、彼はお詫びにと飲みに誘うが、それは合コンのようなもので、理子の友人エリカや、さなえも姿をみせる。

しかし、後から来た荘一郎と共にさなえは去っていく。

その様子に動揺した哲平は、エリカの家へ行きベッドに向かうが、そこには理子の姿があるのだった。

 

雨の日の夜、理子は哲平の家の前で彼の帰りを待っていたが、彼の姿を見ると偶然を装いマジックを披露する。

でも、長い間、外で待っていた理子の手は冷えて上手くいかず、そんな時にさなえからの留守電メッセージを聞き、理子は飛び出していく。

 

そんな彼女のマジックのタネには、誕生日ケーキがあった。

 

・第4話『愛のない一夜』 30.8%

翌日、理子は風邪をひいて休んでいた。

彼女を傷つけてしまったことを感じていた哲平は、サボテンを買って「さぼってんじゃねえよ」と言って理子の家を訪ねる。

哲平は、ケーキのお礼と言って、おかゆを作る。

 

一方、検事である荘一郎の前に、恋人だった白石奈美が容疑者として姿を見せ、彼女の言葉に荘一郎は動揺を見せ、さなえにその事を隠すのだった。

 

そんな時、哲平は得意先とゴルフをすることになり、見栄を張り出来ると答えていた彼は、理子と練習場に出掛けるが、そこには理子の元カレがいて、その彼女にからまれてしまう。

哲平は、得意先にもらった専務の肩書の名刺を使い、理子を助けるのだった。

 

そして、食事の約束をしていた二人だったが、エリカと哲平の会話から、さなえへの想いを断ち切れていない哲平の気持ちを知ってしまった理子は、会わずに帰ってしまう。

 

翌日、お互いにギクシャクとする二人。

哲平は理子に昨夜のことが気になり問いかけるが、逆に、さなえへの未練を指摘される。

去っていく理子の後ろ姿を見ながら、哲平は理子への想いに気がつき始めるのだった。

 

・第5話『キス、キス、キス』 28.6%

哲平は、理子が吉本と寝たことを責めてしまう。

そんな哲平を理子は、無視し続けていた。

そこに黒崎から、急な仕事を哲平は頼まれる。

急遽、宣伝部のプレゼン用に資料を作成しなければならなくなり、哲平は理子が手伝うことを条件に引き受けるのだった。

 

遅くまで残業して、資料作成をする哲平と理子。

無視することも出来なくなり、次第に話し始めた二人は少しずつ素直になっていく。

 

一方、荘一郎は奈美を慰めようとして、彼女を抱いてしまう。

 

理子の気持ちを知った哲平は、キスの時間だと言って唇を重ね、自分も好きだと気持ちを示す。

そして、二人は共に一夜を過ごすのだった。

 

・第6話『愛の混浴露天風呂』 30.8%

哲平の部屋で朝を迎えた理子は、晴れやかな表情をしていた。

二人で会社へ向かう理子は上機嫌で、会社に着いてからも哲平の傍を離れない。

付き合っていることが会社にバレる事を気にする哲平とは裏腹に、理子は気にも留めないのだった。

そんな中、哲平は理子のせいで社員旅行の幹事になってしまう。

 

荘一郎の様子に不安を抱いていたさなえは、哲平と理子たちと食事を囲む中、荘一郎のウソを追及して、二人共声を荒げてしまう。

そんな荘一郎を理子は買い出しを口実に外へ連れ出し、さなえを哲平は浮気の心配はないと慰めるのだった。

しかし、理子はそんな哲平にやきもちを焼いてしまう。

 

そして、社員旅行に出発。

宴会でコンパニオンにデレデレする哲平に理子は、再びやきもちを焼くが、追いかけてきてくれた哲平の言葉に喜び、二人で混浴を楽しむのだった。

 

社員旅行を終え、出社した哲平は、皆の前で理子とつきあっていることを明かし、理子は帰宅後もその場面を思い出し、笑顔をみせる。

その頃、おみやげを届けに荘一郎の家を訪れた哲平に、さなえは泣きながら帰ってと話すのだった。

 

・第7話『幸せの次に来る事』 30.3%

奈美からの電話で荘一郎が浮気していた事を知ったさなえ。

哲平が訪ねてきた時の涙はそのせいだった。

 

さなえの様子が気になりつつ帰宅した哲平。

そこに姿を見せた理子は、暗い表情の哲平を気にかける。

 

そんな時、会社で哲平は新たなコンペの仕事を心配されながらも黒崎から任され、理子も手伝いを申し出るのだった。

仕事を終え、理子の部屋で食事をしていた二人のもとを、理子の父が訪れ、翌日、哲平は父が怒っていたことを知る。

 

一方、荘一郎のウソの話を聞いたさなえは、奈美から電話があったことを泣きながら話す。

後日、荘一郎は奈美にもう二度と会わないと告げ、もう一度やり直そうとさなえに詫びるが、彼女は受け入れられないと答えるのだった。

 

コンペの準備に追われ、同窓会に参加できそうもなかった哲平だったが、さなえからの電話を受け駆け付ける。

時折涙を見せ、様子のおかしいさなえ。

哲平は、彼女を連れその場を離れると、話しているうちに泣きくずれる彼女を抱きしめるのだった。

 

その頃、初めてむかえる二人のクリスマスの飾り付けの為に部屋を訪れていた理子は、留守番電話のメッセージを聞き、さなえと哲平が一緒にいた事を知る。

 

そのことを隠したまま帰宅した理子の後を追いかける哲平。

追いついた哲平に抱きしめられた理子は、「どこにも行かないでね哲平」と話すのだった。

 

・第8話『突き刺さる愛の破片』 29.4%

新たなコンペの準備を進める哲平は、会議での遠慮のない言葉を投げかけ、再び、同僚たちの反発を受けてしまう。

しかし、哲平は必死な姿勢を見せ、説得に努める。

コンペは結果的に負けてしまったが、前回とは違い、哲平の意志は同僚たちに届いていたのだった。

 

一方、わだかまりが解消できないまま、さなえと荘一郎は結婚の準備を進めていた。

しかし、さなえの気持ちを戻す事が出来ないと感じた荘一郎は、婚約破棄を決意するのだった。

 

落ち込む哲平は、偶然さなえと神社で再会。

さなえは、自分の気持ちが哲平にあることを伝え、二人は唇を重ねる。

すると、そこに現れた理子は目にしてしまう。

 

二人のキスを目の当たりにした理子は「うそ?どうして?」と、飛び出していくのだった。

 

・第9話『別れ』 32.5%

哲平とさなえのキスにショックを受けた理子は、長野の実家に帰省していた。

理子を温かく迎える家族だが、父だけは哲平と何かあったと感じていたのだった。

 

エリカと会っていた哲平は、中途半端な優しさはかえって傷つけると忠告され、明日、理子が帰ってくることを知る。

 

その頃、荘一郎とさなえは正式に婚約を解消したことを上司に報告していた。

そんな荘一郎の様子に、自分が誤解していた部分があったとさなえは謝り、彼は「自分が悪い、さなえの気持ちを大事にしよう」と話すのだった。

 

理子を駅で待つ哲平。

優しく接する哲平を怒れない理子は、さなえと自分のどっちが好きと問いかける。

哲平はオマエと即答。

そんな彼に理子は、全ての想いを自分に向けてほしいと伝えるのだった。

 

父から二人の婚約解消を聞いた哲平は、荘一郎を訪ねて、何でさなえを捕まえておかなかったのかと話す。

 

理子に今の自分の気持ちをさなえに伝えると話していた哲平は、その夜さなえと会う。

さなえは、哲平が好きな人は理子と話し、これからは中国へ行くと伝え、さよならを告げる。

 

別れを告げられた哲平は、さなえを家へ連れてきて、燃やしてしまった替わりにと、自分の卒業アルバムを渡し、長い間好きだったけど今は理子が大切と伝えて別れるが、さなえがアパートから出た所で、理子と目が合ってしまう。

 

翌朝、理子は哲平と遊園地デートを約束する。

そして、そのデート中に理子は、この間の夜にさなえを見かけたことを話し、もう疲れたと残して去っていくのだった。

 

・第10話『東京ラストデート』 32.3%

さなえのことで哲平を信じられない理子は、会社を辞め長野に帰ることを決意する。

理子と別れたくない哲平は、必死に説得するが彼女は受け入れてくれない。

そんな時、理子の元をさなえが訪ねる。

さなえは、この間の夜のことを謝り、哲平から、俺が好きなのは理子と告げられたことを伝えるのだった。

翌日、あらためて話をしようと哲平の家で待つ理子は、落ちていた指輪を見つけ、彼を信じきれなくなって自宅へ帰ってしまう。

帰宅して理子の姿が見えない哲平は、彼女の家へ向かい、もう一度気持ちを伝えるが、断られる。

それでも哲平は、送別会の日、自分との時間を作ってほしいと訴え、会う事を約束するのだった。

そして、待ち合わせた理子は、哲平との最後の東京デートと話す。

 

その頃、さなえが中国へ発つところを荘一郎が見送っていた。

 

最後の東京デートを惜しみながら楽しむ哲平と理子。

あきらめきれない哲平は、もう一度気持ちを伝えるが、理子はどうしても受け入れてくれない。

夜になり、最後のキスをした理子は、何年かして偶然会っても半径2mを守ってと話し、去っていくのだった。

 

翌日、休日出勤した哲平は理子からの手紙を見つけ、彼女の元へ急ぎ、引き止める。

しかし、理子は「哲平を嫌いになったというのはウソ、信じきれない自分が嫌いになった」と告げ、バスに乗るのだった。

 

・最終話『この恋のために、生まれてきた』 32.1%

理子を引き止めることが出来なかった哲平は、自分が彼女を傷つけてしまったとの思いを引きずったままだった。

 

理子は長野に帰り、実家のペンションを手伝っていた。

ある日、エリカたちが東京からペンションを訪れる。

遊びに来たと話すエリカたちだが、哲平とヨリを戻させたいと考えるエリカは、わざと理子の前で哲平の話題を持ち出す。

理子は興味のないふりをするが、彼女たちの話に聞き耳をたてるのだった。

 

一方、理子を忘れられない哲平は、追われる仕事に没頭する日々を過ごしていた。

そんな哲平はエリカから、理子がお見合いをすることを聞き、長野へ行く事を決意する。

 

長野へ向かう準備をしていると、荘一郎が訪れ、彼が重い病であることを哲平は知る。

そして、哲平は、荘一郎とさなえが会う事ができるような状況を作り、二人を再会させるのだった。

 

哲平は、理子のお見合い会場に駆け付け、その後、彼女の家族と食事を共にすることになる。

食事を終え二人きりになると、理子は「哲平が来てくれて本当は嬉しかった…強くなろうと思う」と話し出すのだった。

 

翌日、理子の運転で駅へ向かう哲平は、前に話していた流れ星の見える場所へ寄ってもらう。

哲平はおもむろに話し出す。

 

「俺が頭ハゲて、腹が出て、カッコ悪いジジィになってくの、お前横で見ててくれない?」

「お前の顔にシワできて、チチも垂れて、しわくちゃのババァになっていくの俺見てるから…。」

その言葉を聞いた理子は、それって結婚と聞き返すのだった。

 

そして哲平は「来週、日が沈むまでにもう一度来るから…もし理子が来なかったらあきらめる」と話して、帰っていった。

 

一方、今まですれ違いのあった荘一郎とさなえだったが、さなえを見送る空港で、ようやくお互いの気持ちが通じ合い、抱き合うのだった。

 

約束の日、スキー場で哲平を待っていた理子だったが待ち切れず、看板に、哲平スケベと書き残して帰ってしまう。

哲平は急いで約束の場所に向かっていたが、車がハマるなどアクシデントに見舞われ、かなり遅れて到着。

そこに理子の姿はなく落ち込むが、看板の落書きを見つけるのだった。

 

東京に戻った哲平は、コンペで勝利したお祝いに参加。

その帰り道、哲平は理子とはじめて出会った駅前へ足を向ける。

すると、そこには理子がいた。

「哲平に出会えてよかった…また逢えたら会おうね」と話す理子。

「全然流れ星なんか見えなかった…あんなとこに落書きすんなよ」と答える哲平。

それを聞いて理子は、哲平が約束の場所へ来ていたことを知る。

 

「お前じゃなきゃダメ」と話を続ける哲平。

理子は「ババアにはならない、可愛いおばあちゃんになるの」と答え、二人は、雪が舞い降りるなか、笑顔で見つめ合うのだった。

『ラブジェネレーション』の登場人物

・片桐 哲平 ・・・ 木村拓哉

・上杉 理子 ・・・ 松たか子

・片桐 荘一郎 ・・・ 内野聖陽

・水原 さなえ ・・・ 純名里沙

・高木 エリカ ・・・ 藤原紀香

・白石 奈美 ・・・ 森口瑤子

・黒崎 武士 ・・・ 平田満

・吉本 民夫 ・・・ 川端竜太

『ラブジェネレーション』の主題歌

・主題歌 『幸せな結末』 大滝詠一

・挿入歌 『true true』 meo

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ラブジェネレーション』の感想

・主人公とヒロインのくっつきそうでくっつかない関係性にドギマギさせられた。

・放送当時、みんなの憧れた恋愛ドラマ。

・ストーリー自体が、多少焦れったいなあと思う展開が多い。

・大瀧詠一さんが歌う主題歌がとっても良かった。

 

ここが見どころ

・じれったい恋愛。

・キムタクの髪型や仕草。

・典型的なラブストーリー。

・音楽と展開のシンクロ感。

 

こんな人におススメ

・キムタク好きな方。

・恋愛小説の好きな方。

・恋愛中のカップル。

『ラブジェネレーション』のまとめ

木村拓哉さんと松たか子さんが演じる恋愛ストーリーは、気持ちは通じ合っているはずなのに、なかなか結ばれない、互いを想うからこそ歯がゆくなる切なさが、とても印象に残ります。

劇中曲の優しいメロディーが、物語を包み込んで心温まる作品になっていると感じました。

キムタク全盛期とも言われたこの作品は、主人公の髪型や身につけていたアイテムが流行るなど、社会現象となったことも特徴的でした。

何かと注目してしまうところが多い作品でしたが、純粋なラブストーリーとして広い世代で楽しめる作品だと思われます。

じれったさを感じながら、純粋な恋物語をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました