ロンドンハーツ 見逃し無料動画配信をフル視聴/2021 スペシャル再放送

バラエティ

ロンドンハーツの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ロンドンハーツ』の動画はお試し無料期間を利用すればTSUTAYA TV/DISCASで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ロンドンハーツ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

番組開始20年を過ぎた長寿番組です。

長く続くドッキリものからランキング、格付けなどファンの多い企画が多数ありますが、二週にわたる企画以外毎回趣向を変える番組作りが視聴者を飽きさせない秘訣かもしれません。

出演者は芸人とタレントたちでハードな企画にも対応可能な面々ばかり。

新陳代謝の激しいお笑い界ならでは、定番になった企画も新顔メンバーが入ることで色合いがガラッと変わるのも見どころです。

スタジオは絶えず賑やかでちょっと寂しい気分の時には気持ちを盛り上げてもらえそうです。

『ロンドンハーツ』を無料で見る

『ロンドンハーツ』は

国内外のドラマやバラエティー番組が充実の動画配信サービスTSUTAYA TV/DISCAS

第1話から最新話まで配信中です。

\ 30日間完全無料!いつでも解約OK! /

今すぐ無料でお試し ▶︎

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYATV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ロンドンハーツの作品情報やキャスト・神回・名作・傑作を厳選

基本情報
作品名 ロンドンハーツ
公開月日 1999年4月18日
制作会社 テレビ朝日
公式ページ https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/
キャスト ロンドンブーツ1号2号 有吉弘行 山崎弘也(アンタッチャブル)
ロンドンハーツの神回・名作・傑作シーン

「うぬぼれ注意!オトコ・オンナの自分番付」

「まだ間に合う⁉有吉先生のタレント進路相談」

「50TA」

「格付けしあう女たち」

「芸人未来予想図」

逃走中の感想・まとめ

ロンドンハーツの感想
女性30代
女性30代

どんどん若手の新メンバーが入り交わされるトークのスピードも増したように感じます。

出演者たちの面白くしたい、アピールしたいという意欲がビシビシ伝わって来ますが、ロンドンブーツや有吉のコメントが、その場の空気を緩めたり盛り上げたりと絶妙のタイミングで入るのがさすがです。

芸人の母やマネージャーといった一般人登場の企画は雰囲気が変わりほのぼの感もあって好きな企画です。

その他の感想はここから見れます

 

ロンドンハーツのまとめ

今旬の芸人やこれから売り出しの注目新人が知りたかったらこの番組をおすすめします。

ドッキリも格付けもどんなテーマも彼らにかかったら笑いの海に沈むことに。

出演者のパワーだけでなく不測の事態もネタにして企画にしていくスタッフの柔軟性も番組を支えています。

謹慎していたロンブー・田村亮。

やっとスタジオに戻ってきたのに隅で『見学ノート』を書けと言われてしまいます。

けれどそれは後に「こんな事メモってました」と一企画になり公開されることに。

面白くしたいという、出演者だけでなくスタッフの熱意も伝わる番組です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました