リーガルハイ(ドラマ1 2 3)見逃し無料動画配信(再放送~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

リーガルハイ(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『リーガルハイ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

裁判で負けた事のないという弁護士と正義感に溢れる新米弁護士の姿を描く『リーガルハイ』は、2シーズンの平均視聴率が15%を超える人気TVドラマです。

堺雅人さん演じる強烈な個性の主人公が大きな話題を呼ぶなど見どころ満載で、今もなお愛され続けております。

コメディータッチで描かれる弁護士ドラマをご紹介していきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

リーガルハイ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『リーガルハイ』のあらすじ・ネタバレ

・シーズン1

新米弁護士の黛真知子は、初めての裁判で殺人の容疑で起訴された坪倉という青年の弁護を担当することになった。

その坪倉は取り調べに於いて自白を強要されたと無罪を訴えており、弱者救済に燃える正義感の強い黛は懸命に奔走するも敗訴してしまう。

それでもあきらめきれない彼女は、自身が所属する三木法律事務所の代表三木長一郎の秘書沢地君江から、ある敏腕弁護士を紹介される。

沢地の話によるとその古美門研介弁護士は、裁判で一度も負けた事が無いというのだ。

そして、黛は古美門法律事務所を訪ね、古美門研介との初対面を果たすのだった。

すると、あまりにも傍若無人な古美門の姿に黛は驚き、更にこの依頼を受けるには3000万円の報酬が必要だと莫大な金額を吹っかけられると、怒って立ち去ってしまう。

しかし、どんな窮地からも勝利をもぎ取れるのは古美門研介だけだと、沢地に説得された黛は3000万円を借金して用立て、あらためて古美門に依頼するのだった。

古美門は黛が大金を用意してきた事に驚くも依頼を引き受け、見事に控訴審に持ち込む。

だが、その背後には古美門と深い因縁のある三木の策略があり、法廷で彼を貶めようとするも、結局はすべてを見透かした古美門が警察の自白強要という不当な調書を認めさせ、逆転無罪を勝ち取るのだった。

その後、黛は3000万円の借金を古美門に肩代わりしてもらい、三木法律事務所から古美門法律事務所へ移籍する事になった。

そして、いくつもの裁判を通して、古美門研介の本性を目の当たりにする事になるのだった。

 

・シーズン2

相も変わらず古美門に振り回されていた黛は、世間を騒がせている連続保険金殺人事件の被告である安藤貴和の弁護を依頼される。

保険金を目当てに交際相手の男性を殺害したとされる貴和は、世紀の悪女と称され死刑判決は確実視されていた。

そんな彼女の控訴審での弁護依頼に困惑気味の黛に対して、古美門はいつもの様な自信に満ちた表情でこの弁護を引き受けるのだった。

しかし、古美門が有利に審議を進めながらも、被告人質問で貴和が殺人を犯したことを認め、死刑が確定してしまう。

それは、無敗を誇り続けてきた古美門研介にとって、弁護士として初の敗北となった。

そんな古美門は見ている側の方が嫌になるほどの落胆ぶりを見せるが、黛の調査により得た新たな情報を知り、自身の名誉回復の為、再び立ち上がるのだった。

『リーガルハイ』のネタバレ

・シーズン1

・無敗の凄腕弁護士

新米弁護士の黛真知子は、初めて担当した裁判で殺人罪で起訴された坪倉の無実を証明できず敗訴していた。

しかし、諦めきれない彼女は控訴に向けて奔走し、自身が所属する三木法律事務所の沢木からの紹介で、裁判で負けた事が無い古美門研介弁護士を訪れるのだった。

黛は初対面の古美門の振る舞いに驚きを隠せなかった。

正義は金で買えると豪語する古美門は、傲慢かつ自己中心的な態度を見せ、ましてや相手を慈しむなんてことが微塵もない超毒舌な言葉を連呼してくる。

更に、黛の依頼する裁判には3000万円の報酬が必要だと言い放つのだった。

あまりにもひどい要求に怒った黛は古美門の事務所を後にするが、どうしても無罪を勝ち取りたいのなら彼の力は不可欠と沢木に諭される。

そんな沢木だが、実は代表弁護士の三木長一郎と手を組み、かつては同じ事務所だった古美門を陥れようと企んでおり、黛を利用していただけだった。

操られていることに気づいていない黛は、借金して3000万円を工面し、あらためて古美門に頭を下げて裁判へ臨むが、三木たちの罠に嵌って窮地に追い込まれてしまう。

しかし、ここから古美門の本領が発揮され、まるででっち上げの様な話があたかも事実であるように仕向けられると、警察はついに坪倉への自白強要を認め、彼は逆転無罪を勝ち取るのだった。

しかも、古美門は三木が裏で動いていたことも見透かしており、彼等に向けてまさに宣戦布告といった笑みを浮かべる。

裁判には勝ったが三木法律事務所には居られないと考えた黛は、辞表を提出し事務所を去るが3000万円の返済のあてはなかった。

結局、黛は古美門に借金を肩代わりしてもらい、古美門法律事務所に所属する事になるのだった。

 

・実父との直接対決

その後、数々の案件で古美門と黛は、三木が何かと関わる裁判で勝訴するか示談を成立させるなどしてきたが、とうとう古美門の実父と直接対峙する時がやって来てしまう。

天才子役の安永メイから母親留美子との縁を切りたいと依頼され古美門は受ける事になるが、訴訟相手の留美子は三木法律事務所に依頼し、三木はこの案件をある人物に任せる。

そして、家事審判法廷で古美門の前に姿を現したのは、彼の実父である古美門清蔵だった。

今まで、ニューヨークから敏腕弁護士を招くなど色々と手を尽くしてきた三木だったが、悉く(ことごとく)古美門の前に敗れ去ってしまい、最終兵器として古美門の父親に依頼したのだ。

幼い頃に別れてから絶縁状態だった父の姿にさすがの古美門も驚いた様子を見せるが、父が凄腕の検事であったことは既に承知していたので、いつもの通り最終結審までのシナリオを頭に描きながら審議を重ねていく。

メイのマネージャー梶原を取り込むことに後手を踏むなど苦労はするものの、仲間の蘭丸をホストクラブに潜入させ留美子の豪遊ぶりをカメラに収めるなど対抗手段に抜かりはなかった。

最後は、最終審問でメイ自身が母親の幸せを願い「好きなように自分の人生を歩んでほしい」と訴えかけた言葉に留美子は返すことが出来ず、メイの主張が通り、安永親子親権問題は結審した。

一方、古美門自身は気づいていないが、身の回りの世話や事務を務める服部は、清蔵の旧知の友であり、日ごろから彼を見守り続けてもらっていたのだった。

 

・三木や黛との対決

仙羽化学という化学工場から排出された有害物質による公害問題訴訟で、住民側からの依頼を受けた古美門と黛。

対して仙羽化学側の弁護には三木自身がついており、古美門との直接対決となるのだった。

裁判が始まり古美門は化学工場からの有害物質垂れ流しを指摘し主張するが、三木はその根拠が無いと反論する。

お互いが主張と否定を繰り返す審議が重ねられるなか、三木は部下の井出を使い住民側のリーダーを買収しようとするが、古美門により住民たちの目の前で暴露されてしまう。

そして、古美門は慰謝料5億円と安全が証明されるまでの操業停止を要求し、更に工場から「ヘルムート38」という有害物質が検出されたと主張を強める。

しかし、三木も黙っておらずヘルムート38の有害性について疑問を投げかけ、その物質が発生したとされる場所にも異議を唱えるのだった。

その後も調査を進めていく古美門は、仙羽化学研究開発部主任である八木沼佳奈から社内資料を入手し、法廷で会社側がその有害性を認識していた事実を明かして、住民側の希望の条件で和解するのだった。

これまで古美門の姿を見続けてきた黛は、この後自身が成長する為に古美門法律事務所を辞め、1年後には自分の事務所を立ち上げていた。

そんなある日、黛は裁判での共同弁護を申し出るために古美門法律事務所を訪れる。

その裁判とは不当解雇の訴訟で、依頼人はあの八木沼佳奈だった。

かつて仙羽化学の公害問題訴訟で協力者であった八木は、その後フロンティアケミカルラボという仙羽化学のライバル会社に再就職していたが、不当に解雇されたと訴えていた。

しかし、古美門はその申し出を断った。

何故なら、その訴訟相手であるフロンティアケミカルラボの弁護を引き受けていたからだった。

黛は三木に協力を求め、更には仙羽化学社長の池部にも味方となってもらおうとするが、既に古美門の手が回っており、結局は敗訴してしまう。

古美門に敵わなかった黛は彼への借金返済の目処が立たず、再び、古美門法律事務所へ戻る事になってしまったのだった。

 

・シーズン2

・敗北という屈辱

古美門法律事務所に検事の職務経験制度により羽生晴樹が弁護士実習に来ており、現在公判中で古美門が弁護するアイドルの裁判では、最終審問を羽生が担当し勝訴していた。

そんな彼の実習もこれが最後となり、彼は古美門法律事務所を後にする。

一方、古美門と黛は連続保険金殺人事件で死刑を求刑されていた安藤貴和から弁護を依頼され、困惑気味の黛を横目に古美門は快く引き受けていた。

何故、黛が困惑するのかというと、安藤貴和は運輸会社の社長である徳永光一郎の殺害とその娘さつきの殺人未遂の罪で起訴されていたのだが、彼女自身に2度の離婚歴があり、更に元夫はいずれも不審死していて、世間では世紀の悪女とさえ言われていたからだった。

すでに犯行に使われた毒物の瓶から検出された指紋が証拠となり、罪に問われていた安藤の2審が始まると、古美門はその証拠が検察側の捏造だと主張する。

彼は公判前に羽生の紹介で担当検事の醍醐実と会っていたが、その時にかなりやり手のベテラン検事だと認識していたので、一気に勝負をつけようとしていたのだ。

しかし、事前に口裏を合わせていたはずの安藤は、自ら殺人を犯したと罪を認め、古美門を裏切ってしまう。

結局、この自白が決め手となり死刑が確定し、古美門にとっては弁護士人生で初の敗訴となるのだった。

敗北という初の屈辱を喫してしまった古美門。

彼は見るに堪えない程落胆し、ただのダメ人間に成り下がろうとしていた。

そんな時、古美門は調査を続けていた黛から、安藤が「吉永慶子」という人物と接触後に一転して罪を認めていた事を知らされる。

すると、彼は安藤と面会しその事を追及するも何も答えてもらえない。

そして、この事がカギを握ると確信した古美門は上告するよう求めるが、それも彼女は受け入れないのだった。

 

・NEXUS法律事務所

安藤貴和の件は進展しないままだが、古美門はいつものように強気な弁護士として復活していた。

そんな時、古美門と黛は羽生が立ち上げた事務所を訪ねる。

NEXUS法律事務所のモットーは、古美門法律事務所とは対極の「裁判は勝ち負けではなく、双方が幸せになること」で評判も良く、顧客も多かった。

その事務所にある羽生の紹介内容には悪徳弁護士Kに勝ったとされており、古美門は激怒するのだった。

後日、高校の同窓会に参加した黛は、クラスメートとの熊井健悟から離婚訴訟について相談を受け依頼を受ける事になった。

一方、熊井の妻ほのかはNEXUSの羽生に弁護を依頼しており、法廷での審問では羽生が妊娠を匂わせ、動揺した熊井は黛を伴いNEXUSへ向かい訴状を取り下げようとする。

しかし、そこに古美門が姿を見せ、ほのかの妊娠は嘘だと暴露するのだった。

その後、熊井の離婚要求は認められ、ほのかが慰謝料を払うことで和解した。

 

・黛のクビ

黛は寝ていた古美門に代わり事務所に相談に訪れた嶋澄江の相手をしていた。

彼女は息子の嶋悟に関わる相談に来ており、彼の内縁の妻である北条愛子が一妻多夫制の考えを重視していて、他にも夫が二人いるという内容だった。

しかも悟はそれを了承しているらしく、あまりにも複雑な案件で何事も丸く収めることをモットーとしているNEXUSの方が良い解決策を講じると判断して、黛は羽生弁護士を薦める。

一方、その事を知った愛子は悟を含めた3人の夫を連れて古美門法律事務所に訪れると、今の状態を保てるように古美門に弁護を依頼し、法廷で師弟の直接対決が実現するのだった。

そして、羽生は悟の子供の為だと親権を元妻へ譲るように訴え、他の二人に対しても過去の交際相手と再会させるなど、愛子に3人との内縁関係の解消を求める。

すると、彼女は内縁関係を解消することに了承し、羽生側の勝訴がほぼ確定するが、古美門の表情には何故か余裕が見られるのだった。

審問が終わると羽生は黛をNEXUSに誘うが、彼女はその話を断り、形勢を覆す為の突破口を探し続ける。

そんな黛を横目に古美門は、蘭丸を使い既に次の手を打っていた。

最終審問を前に、内縁関係を解消したはずの悟たちが愛子の元へ戻っている事を知った羽生は、古美門の事務所を訪れ、彼等にとっては今の関係持続が幸せだという事に気づく。

そして、最終的には養子縁組という新しい関係を選択することになるのだった。

一方、古美門は黛の将来を考えており、その為にあえて彼女を解雇する。

その後、NEXUSに移籍した黛が担当する案件では、常に古美門が対立側の弁護に立ち、彼女の壁となって鍛えていった。

そんな中、二人は揃って安藤貴和と再び面会するのだった。

 

・結末~PTSDと怒り

安藤貴和は変わらず殺人と殺人未遂について両方の犯行を認めたままだった。

だが、自身の名誉を奪還することに必死な古美門は、引き下がらずに無罪か死刑かを迫り、説得を続けると彼女は上告することを認める。

公判が始まり古美門は、再び醍醐検事と相対するのだが、いつもの様な威勢の良さとキレが見られず、しまいには法廷で倒れ込んでしまう。

一時閉廷され次回の公判を待つなか、初めての敗戦のショックが頭から離れない古美門は塞ぎ込み続け、まるでPTSDが発症したようだった。

一方、黛は死亡した徳永宅の元家政婦の江上順子から話を聞き、次の法廷で証人として出廷してもらうように説得していた。

しかし、その帰り道に黛は死刑賛成派に暴行され、重傷を負って入院してしまう。

その事を報せ聞いた古美門は激怒し、法廷へむかうのだった。

法廷での古美門は前回とは別人のように審問を進め、江上の証言もあって形勢を有利にするが、醍醐も安藤の目撃証言などを並べて反論してくる。

そのなかで古美門は「正しいと主張する事に集う者が意に反するものを敵対視するがゆえに、無抵抗の者を傷つけた」と正当化する暴力への怒りを露わにし、強く訴えていた。

結果として死刑判決は棄却され地裁に差し戻しとなるが、元々死刑廃止を訴える羽生は安藤の秘密を盾に古美門と黛を解雇させる。

一方、古美門は羽生のメモに記されていた誤字が目に留まっており、吉永慶子と称して安藤に接見していたのが羽生だと気づいていた。

そして、調査を進めると殺された徳永の娘さつきが安藤の実子で、すべてはさつきを庇う為に罪を被っていたと知るのだった。

その後、差し戻しとなった公判は最終的に羽生の思惑通りに進み無期懲役となり、古美門たちに代わり安藤の弁護をしていた三木は情状酌量を求めていた。

だが、すべてを知った古美門は服部と蘭丸を使って民事訴訟を起こしており、証人として安藤を出廷させDNA鑑定結果により、さつきと親子である事を証明する。

そして、次の法廷では不幸な事故と主張し「毒物および劇物取締法違反」が妥当であると訴えるのだった。

すると、検事として法廷に立っていた羽生は殺意があったと主張するが、最終的には安藤側の主張が認められ無罪とされる。

その後、羽生は自分を鍛え直す旅に出発し、黛はあらためて古美門法律事務所に戻るのだった。

『リーガルハイ』の登場人物

・古美門研介・・・堺雅人

・黛真知子・・・新垣結衣

・加賀蘭丸・・・田口淳之介

・服部・・・里見浩太朗

・三木長一郎・・・生瀬勝久

・沢地君江・・・小池栄子

・井手孝雄・・・矢野聖人

・羽生晴樹・・・岡田将生

・本田ジェーン・・・黒木華

・磯貝邦光・・・古舘寛治

『リーガルハイ』の主題歌

・シーズン1

主題歌

『女神のKISS』 PES from RIP SLYME

【MV】PES from RIP SLYME – 女神のKISS

オープニングテーマ

『えれぴょん』 小野恵令奈

・シーズン2

主題歌

『SLY』 RIP SLYME

RIP SLYME 20th シングル「SLY」 フジテレビ系列 水曜22時ドラマ「リーガルハイ」(主演:堺雅人) 主題歌

オープニングテーマ

『Re:』 9nine

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『リーガルハイ』の感想

・早口でありながらも活舌が良く、強烈なキャラクターに合わせた大袈裟な表情が、さすが堺さんと感心しました。

・ヒロインの新垣さんがとても魅力的だった。

・ただのコメディではなく、しっかりとした脚本に基づく法廷ドラマだと思った。

・色々な角度から見ることの大切さに気付かせてくれる内容なのに、しっかりと笑わせてもくれる良質なコメディドラマだと感じます。

・最期まで筋道が読めないのが面白いし深い。

・毎回期待を裏切らず、ここまでハマったドラマはなかった。

・堺さんと生瀬さんの大袈裟な演技のぶつかり合いが最高だった。

・TVドラマ史上最高に面白い弁護士ドラマ。

・奇人変人ぶりが常軌を逸していて、いつまでも忘れられない。

・変態っぽいのに、本質をつく名言が心に刺さる。

・フィクションなのに、こんな人は絶対に敵に回したくないと思ってしまった。

『リーガルハイ』のまとめ

堺雅人さん演じる主人公の変人で破天荒な様子が強く印象に残る本作品『リーガルハイ』ですが、実は現代人の悩みを代弁しているとも言われております。

何気なく過ごしている日常で、誰もが感じ気づいていたような事をきっぱりと言い切ってくれるシーンは、とても爽快に感じることでしょう。

コンプライアンスに厳しい現在では制作することが難しいであろう内容もあり、そこが見どころでもあります。

決してブレることのない主人公の姿を見て、ストレス発散してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました