教場2 3 見逃し無料動画配信(後編ドラマ再放送)フル視聴/2021再放送

教場 国内ドラマ

教場 後編の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『教場 後編』の動画はお試し無料期間を利用すればTSUTAYA DISCASで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

『教場』はフジテレビ開局60周年特別企画として、2020年1月4日と5日の二夜連続で放送された木村拓哉さん主演の警察ドラマです。

これまであまり描かれることがなかった警察学校の教室(教場)が舞台です。

「警察学校とは適正のない者をふるい落とす場」だと主人公の風間教官は考えているだけあって、警察官はこんなに厳しいサバイバルをくぐり抜けなければならないのかと驚き、現職の警察官を見る目が変わります。

現実社会では警察官は時に命懸けの場面に遭遇することも少なくないため、様々な状況に対応できるスキルと洞察力が必要です。

しかし風間教官が警察官に求める資質はそれだけではありません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

教場 後編(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『教場 後編』のあらすじ

風間教場での授業中、南原と宮坂が生徒達の前で尋問を行う際に宮坂の様子がおかしいので、気になった風間は後で宮坂を呼び出した。

風間が宮坂に警察手帳を出すよう命じると、宮坂は警察手帳を所持していませんでした。

菱沼羽津希(川口春奈)は風間教場一の美貌と親が県警幹部であることを鼻にかけていました。

テレビ局のインタビューに羽津希が出演することになり、仲の良い枝元佑奈(富田望生)に手話を頼みますが、それは自分の引き立て役にするためだった。

インタビュー映像の中で、風間教官のことを「尊敬しています」の手話が「好きです」となっていることに気付く。

風間は羽津希を呼び、この手話は佑奈にわざとやらせたのかと問い詰めると、羽津希はそれを認めて風間を落とそうとしました。

しかし風間は相手にせず、羽津希の問題点を指摘します。

卒業まであと一週間という時に特別授業が行われ、生徒達はこの課題に合格しなければ卒業できないと言われます。

宮坂、日下部、しのぶ、羽津希、都築耀太(味方良介)は山奥に連れて行かれ、人里離れた場所での殺人事件という設定で、遺体役のマネキン人形に対して生徒達が臨場するように風間は命じて去ってしまいました。

生徒達は野宿をしてこれまでのことを話し合い、翌朝風間が迎えに来た時に課題の事件の答えを言いますが、それが正解であるにもかかわらず合格はもらえませんでした。

しかも風間は彼らに退校届を突きつけて、「君達のような出来損ないが現場に出したら私が迷惑する」とまで言いました。

『教場 後編』のネタバレ

・南原と宮坂の事件

南原が持っていた拳銃は南原が自分で作った本物の拳銃でした。

南原は、このことを黙っておくようにと宮坂を脅して、宮坂の警察手帳を人質として奪っていました。

警察学校ではいかなる理由でも、警察手帳を紛失した場合には退校になるからです。

宮坂の様子から南原と何かあったと気付いた風間は、射撃訓練の時に寮を捜索して南原の部屋から拳銃を見付けました。

その拳銃を南原はおもちゃだと言ったので、風間は南原に銃口を向け、慌てて逃げ惑う南原に躊躇なく拳銃を撃ちました。(的の真ん中に当たりました)

風間は南原の手の汚れと怪我から、南原が外出中に拳銃を製造して手が汚れ、暴発して怪我をしたことを見抜いていたのです。

南原は拳銃密造で逮捕され、退校となります。

・羽津希と佑奈

羽津希のインタビューをクラスメイトは褒めちぎりますが、意外にも佑奈が可愛かったと言う者も多く、羽津希は内心いい気はしません。

広報誌の表紙モデルを決める投票に羽津希は自信がありましたが、結果は佑奈の方が得票数が上でした。

しかし風間は再投票を命じました。

なぜなら佑奈は急遽実家の旅館を継ぐ必要が生じたため、すでに退校が決まっていたからです。

「警察官になりたかった」と涙を流して話す佑奈を見て、羽津希はこれまでのことを深く反省し、佑奈のためにも私は必ず警察学校を卒業すると心に決めます。

・特別授業の行方

成績優秀でありながら警察には恨みがあると公言する都築を風間は執拗に責め、都築の父親の話まで持ち出しました。

これには都築も我慢がならず、風間に飛びかかります。

都築の父親は警察に暴行した容疑での逮捕歴があったのです。

しかしそれは無実での逮捕でした。

このことで都築は警察を恨んでいたのです。

本当はあの時連行される父親を見て、苦しむ人の側に寄り添うような警察官になりたかったということを、都築は涙ながらに風間に訴えます。

「君のような警察官を待っている人が大勢いる」と風間は都築に言いました。

しのぶは、捜査報告の最後に「被害者はさぞ無念だったでしょう」ということを私達は言うべきだったと風間に言いました。

「決して忘れるな。苦しんでいる人の声に耳を傾けること。それが警察官の仕事だ」と風間は言い、ついに「全員合格」と告げました。

『教場 後編』の登場人物

風間公親   (木村拓哉)

日下部准   (三浦翔平)

楠本しのぶ  (大島優子)

宮坂定    (工藤阿須加)

菱沼羽津希  (川口春奈)

平田和道   (林遣都)

岸川沙織   (葵わかな)

南原哲久   (井之脇海)

樫村卓実   (西畑大吾)

枝元佑奈   (富田望生)

都築耀太   (味方良介)

石山広平   (村井良大)

※相関図

(C)フジテレビ

Twitterでの反応

 

クーさん
クーさん

『教場 前編』はこんな方におすすめです。

・ありきたりな警察ドラマとひと味違うリアルなドラマを見たい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『教場 後編』の感想
女性20代
女性20代
以前から木村拓哉さんが出演や主演をしている作品を見ていたので、今回もとても興味があり、見てみようと思いました。
この作品は、警察学校の物語で、木村さんが演じる「風間 公親(かざま きみちか)」と言う役はとても怖いイメージのある厳しい教官で、学校に通う生徒全員を厳しい指導をしていくのだが、生徒の中には半端な気持ちで学校に入ってきた子たちが何人かいて、風間教官の厳しさに耐え切れず、辞めていく生徒が何人もいた。
生徒同士での争いもあり、立派な警官になるために厳しい指導で様々なことを学んでいく。
私はこのドラマを見たとき、まず木村さんの演じる「風間 公親」と言う役がピッタリで今までにない木村拓哉さんでかっこよく、初の白髪がとても似合っていて、ワクワクしながら見ていました。
そして内容も深く、人間同士の裏の部分が色々と出てきたり、生徒それぞれの想いや、警官になるにはどれほどの訓練が必要なのか、風間教官に厳しく教えられた生徒たちはどのように変わっていくのか。
私はハラハラ、ドキドキしながら見ていましたが、出演している人たちの演技にも圧倒され、あのとても厳しい風間教官にも立ち向かい絶対に諦めない生徒たちの姿、無事に卒業できた生徒たちにとても感動しました。
どんな苦しい訓練でも立派な警察官になるため、必死に戦っているその心がすごく大切なんだなと思い、このドラマがとても大好きになり、何度見ても飽きない面白いドラマが生まれたなと感激しました。ぜひたくさんの方にこの素晴らしい作品を見てほしいと思います。
女性30代
女性30代

木村拓哉さんのビジュアルが銀髪に義眼というところに衝撃を受け、いったいどんな物語なのだろうというファーストインプレッションでした。

物語は警察学校の生徒たちの人間ドラマで、それぞれがそれぞれに胸にとんでもない闇を抱えていて、教場内で生徒たちがどんどん問題を起こしていくものでした。

特に私が印象に残っているのは大島優子さんが演じていた楠本しのぶが立体駐車場に下半身を挟まれてしまい、そこに主人公の冷徹な教官が現れ、助けるのかと思ったら助けなかったことに、いったい何を考えているんだ、とハラハラしましたが、のちにそれは彼女の命を助けるための行動だと知った時には、やっぱりキムタクかっこいい…となりました。

元プロボクサーとして入学してきた三浦翔平さん演じる日下部准は、はじめはちょっとしたことでもすぐに捕まえればいいといいますが、教官である風間が、捕まえた後にすることとしてどんなことをするのか説明しますが、そんなにもたくさんの書類や手続きが必要なのかということを知り、こちらもどんどん警察の仕組みや苦労などがリアルにわかりました。

教場内だけで事件が起こりすぎではないかとも思いましたが、とても楽しめました。

『教場 後編』のまとめ

風間公親の風貌(右目は義眼)と、警察学校の生徒達への冷徹な指導には理由があります。

警察としての適性がない生徒はふるい落とす必要があるのです。

はじめは理不尽極まりない、何を考えているのかわからない鬼教官のように見えますが、それは生徒達の命を守るための、風間なりの愛情でもあると気付かされます。

このドラマはこれまでの警察ドラマにはなかった新境地であり、主演の木村拓哉さんも自身の役者人生をかけた作品でもあります。

多くの作品に出演されている木村拓哉さんは「木村拓哉が木村拓哉を演じている」と言われることもある個性の際立った俳優ですが、このドラマの中での風間公親の”白髪に義眼”という姿と沈着冷静な行動は、まさに風間公親そのものの異彩を放っています。

ドラマ全体に身の引き締まるようなピンと張り詰めた空気感があり、警察学校のリアリティーが描かれた衝撃作で、フジテレビ開局60周年特別企画に相応しいドラマです。

スペシャルドラマ『教場2』(仮)が、2021年新春二夜連続放送予定となっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました