教場 見逃し無料動画配信(前編2020)をフル視聴する方法

教場 国内ドラマ

教場 前編の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『教場 前編』の動画はお試し無料期間を利用すればTSUTAYA DISCASで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

「教場」全予告

『教場』はフジテレビ開局60周年特別企画として、2020年1月4日と5日の二夜連続で放送された木村拓哉さん主演の警察ドラマです。

これまであまり描かれることがなかった警察学校の教室(教場)が舞台です。

「警察学校とは適正のない者をふるい落とす場」だと主人公の風間教官は考えているだけあって、警察官はこんなに厳しいサバイバルをくぐり抜けなければならないのかと驚き、現職の警察官を見る目が変わります。

現実社会では警察官は時に命懸けの場面に遭遇することも少なくないため、様々な状況に対応できるスキルと洞察力が必要です。

しかし風間教官が警察官に求める資質はそれだけではありません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

教場 前編(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『教場 前編』のあらすじ

警察学校初任科第198期短期課程の教場では担当教官・植松(筧利夫)の急病により、風間公親(木村拓哉)が担当教官になりました。

突然代替教官になったにもかかわらず、風間は最初から担当の生徒30名の顔と名前などを完璧に覚えていました。

風間は元小学校教諭の宮坂定(工藤阿須加)に警察官になった動機を訊ねます。

宮坂は過去に自分の命を救ってくれた警察官に憧れたからだと答えます。

宮坂の命の恩人は、この教場で一番落ちこぼれの平田和道(林遣都)の父親でした。

平田は父親が警察官であることにプレッシャーを感じていました。

宮坂は平田に気を遣って、職務質問の授業でわざと平田よりも下手な職務質問をしましたが、このことに平田は気付いていました。

宮坂に見下されたと感じた平田は、硫黄入りの入浴剤と酸性のトイレ用洗剤を混ぜて有毒ガスを発生させ、宮坂と無理心中を企てます。

岸川沙織(葵わかな)はいつも楠本しのぶ(大島優子)と仲が良く、しのぶを頼りにしていました。

沙織には最近脅迫状のような手紙が届いており、そのことをしのぶに相談していました。

ある時、しのぶが駐車場でパトカーの洗車中に突然立体駐車場の機械が動き出し、しのぶは機械に挟まれて気を失ってしまいます。

元プロボクサーの日下部准(三浦翔平)はクラスメイトの樫村卓実(西畑大吾)が学校内での所持を禁止されている物を生徒達に密売している「調達屋」であることに気付きます。

樫村は口止め料として、成績不振の日下部に前年度の実習レポートを渡します。

このレポートのおかげで日下部は実習で火事の出火原因についての質問に答えられましたが、このことから模擬家屋の机が燃えた事件の犯人だと疑われてしまいます。

南原哲久(井之脇海)宛の手紙を預かった宮坂は南原の部屋に届けに行きますが、南原の姿はありませんでした。

部屋には拳銃等の本ばかりではなく、宮坂は机の下から拳銃を発見してしまいます。

背後から殴られ宮坂は気を失っていましたが、気付くと南原が拳銃を突き付け、「本物だよ」と笑っていました。

『教場 前編』のネタバレ

・平田と宮坂の事件

入浴剤はクラスのムードメーカー・石山広平(村井良大)が温泉に行った土産に渡した物でした。

風間は宮坂からトイレ用洗剤が紛失している報告を受けていたことからこのことに気付き、予めトイレ用洗剤の中身を水にすり替えておいたので事なきを得ました。

宮坂は平田を見下していたのではなく、平田の父親に恩があったからこそしたことでしたが、そのことでかえって平田を追い詰めてしまったと知ります。

平田は当然退校になりました。

・沙織としのぶの事件

手紙はしのぶが書いて沙織に送っていたものでした。

かつて、しのぶの恋人は車でひき逃げされて死亡していました。

犯人の車と沙織の車が同じものであったことから、沙織に何度も手紙を送り付けたり優しくしたりしながら揺さぶりをかけ、自白させようとしていたのです。

手紙についたミントの香りから、しのぶが手紙を送っていたことに沙織は気付きます。

しのぶは機械に挟まれて数時間後に意識を取り戻し、携帯で風間教官に助けを求めます。

駆けつけた風間はしのぶを助けることなく、手紙のことを話すよう促します。

しのぶは顛末を風間に話しますが、犯人の車と沙織の車は別の車で、今回のことはしのぶの勘違いが沙織を追い詰め、招いたことでした。

しのぶは病院に運ばれ、沙織は警察学校を去ります。

後日退院したしのぶは沙織に会って和解します。

風間がすぐにしのぶを助けなかった理由は、しのぶの退院後の救助訓練でわかります。

・樫村と日下部の事件

風間は真犯人が樫村で日下部は利用されたことに気付いており、樫村と日下部の二人に退校届を出すよう迫ります。

日下部は、ボクサーでは篩(ふるい)にかけられて落ちたが妻子がいるので警察学校では落ちる訳にはいかないと風間に土下座して懇願します。

日下部の「篩(ふるい)」と言った言葉を風間は評価し、日下部は残され、樫村は退校します。

『教場 前編』の登場人物

風間公親  (木村拓哉)

宮坂定   (工藤阿須加)

楠本しのぶ (大島優子)

日下部准  (三浦翔平)

平田和道  (林遣都)

岸川沙織  (葵わかな)

菱沼羽津希 (川口春奈)

※相関図

(C)フジテレビ

Twitterでの反応

 

クーさん
クーさん

『教場 前編』はこんな方におすすめです。

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『教場 前編』の感想
女性40代
女性40代

ドラマ『教場』を見て、主演の鬼教官役の木村拓哉さんの冷たい雰囲気の教官役がピッタリだなと思いました。

生徒役の若手俳優さんや女優さんなども木村さんの迫真の演技に釣られるように、文字通り体当たりで演じている雰囲気がドラマを見ていて伝わって来ました。

木村さんが真剣に演じているのに若手の俳優さんや女優さんも一生懸命についていくという感じで、最後の方は本当に教官と生徒っていう雰囲気が出ていたのが良かったです。

警察学校という特殊な環境下での生活でプレッシャーに押しつぶされていく様子や、隠していた本性を暴かれていく様子など、本当に警察学校で行われているのかなと聞きたくなりました。

撮影現場でも木村さんが生徒役のみんなと距離を取っていたという撮影裏話を聞いたことがありますが、役作りに真剣に向き合っている木村拓哉さんの誠実な性格が見られたような感じがしました。

鬼教官という役柄でも一番は生徒のことを思ってしていること、だということが根本にあってのシゴキという難しい演技を、見事木村さんは演じていたと思います。

 

男性50代
男性50代

雪道で遭難しかけた会社員が駐在官に助けてもらって、自分も人を助ける仕事がしたいと警察官を目指して警察学校に入校します。

教官は、木村拓哉さん演じる風間教官。

いきなりインパクトのある挨拶で引き込まれていきます。義眼の入った目で、風間公親だ!皆んなを見渡す目には、冷徹さを感じさせる威圧感が印象的でした。

教場内で起こる事件の数々は、サバイバルゲームが好きな拳銃マニア、轢き逃げ事件の犯人だと思い込んでしまい復讐心をもつ者、教場内でコンプレックから仲間を道連れに自殺を図ろうとする者など、様々です。

しかし、全てにおいて風間の細かい事を見逃さない洞察力と、鋭い想像力、そして記憶力を駆使して未然に惨事を防いでいきます。

強烈な言葉は、君にはここを辞めてもらう!と、出席簿と共に持ち歩いている退学届を示すシーンです。

そこには、立ち直らせる愛情が含まれているように感じられます。

極限に追い込んで改心させて、自分の殻を自ら破らせる見守り方が表現されているように感じられます。

テンポ良く、スリリングな展開で時間が、アッ!と言う間に過ぎてしまう面白さで見どころたっぷりのドラマでした。

女性30代
女性30代

「教場」は木村拓哉さん主演の警察学校を舞台としたドラマです。警察官になるため、生徒たちがどのような心持で学校生活を過ごすのか、そして教官はどのような指導を行っていくのかという過程が興味深く、一般の人が中々しり得ない・警察官になるための舞台裏が描かれているのが面白い作品です。

厳しい訓練や授業などの学校生活の中に、生徒たちの心の闇や葛藤なども描かれ、そこを見抜いていく教官(木村拓哉さん)の観察眼にどんどん引き込まれ、「教官の目の付け所」が見どころのドラマでもあります。

また、厳しい学校生活の中で抱く生徒たちの心の葛藤や闇もリアルであり、警察官を志したとしても一人の人間であるということを強く感じる作品でもありました。

実際に生徒たちにこのような問題が続々と起こるというところには疑問を感じますが、ドラマならではの展開と言う点ではとても面白いドラマです。

生徒たちが学校生活を通じて、警察官としても一人の人間としても成長していく過程も見どころです。

男性40代
男性40代

このドラマの主人公である風間教官の鋭い視線が何よりも印象に残る作品でした。

警察学校の中でも厳しいとされる”風間教場”のピリピリした雰囲気は誰でも警察官になれるわけではない事をはっきりと示していました。

序盤はとにかく理不尽とも感じるようなパワハラ的シゴキが目立ちます。

警察官として不適格なものをふるい落としにかかるわけですが、風間教官の迫力には圧倒されました。

警察官を目指す生徒達にも言い分はありますが容赦なく退校させる風間教官には生徒達との溝を感じました。

しかし次第にその厳しさに理由があるのが生徒達にも伝わっていくのが分かってきます。

必死に警察官になろうという気持ちが生徒達の間で強くなっていくのがこの作品の良さでしょう。

後半は警察官とはどうあるべきなのかを生徒達に説く事が中心となって行きます。

様々な試練を与えそれを乗り越えさせた事で自信につながっていく風間教官の手法は賛否あるでしょうが見事でした。

晴れて警察官となった生徒達の表情の清清しさはとてもすばらしく感じました。

女性30代
女性30代

警察学校という私達にはあまり馴染みのない場所が舞台だったのですが、警察学校の内情が鮮明に描かれている感じが良かったです。

生徒がどんどん脱落していくシーンが凄くリアルで、ドキュメンタリー番組を見ている様な感覚にも陥ってしまうぐらいです。

主人公の木村拓也さん演じる風間教官の片目が義眼、白髪で一切笑顔のない役どころにとにかく威圧感しがなかったです。

最初はただ教官が冷たいなぁっと思うのですが、時間が経つにつれて彼の生徒に対する気持ちが分かってきて、悪い人ではないと感じることが出来ます。

また、生徒に三浦翔平さんや川口春奈さんなど、豪華なメンバーが揃っていたのも見所の一つです。

多少気の抜けるシーンもあり、緊張感とのバランスが良かったです。ヒューマン要素だけでなく、ある意味ミステリーまで取り入れたストーリーが素晴らしかったです。

あと、ラストシーンは今後の展開が気になる感じだったので続きがあるとすればまた見たいと思います。

『教場 前編』のまとめ

『教場』では木村拓哉さん演じる冷酷無比な教官・風間公親が生徒達を極限まで追い詰め、容赦なく篩(ふるい)にかけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました