【恋する母たち】7話見逃しは動画配信で無料視聴!ネタバレあらすじと感想

恋する母たち 国内ドラマ

ドラマ「恋する母たち」第7話「君と子どもに一生愛を注ぐ」視聴率(7.7%)

TBS金曜ドラマ「恋する母たち」。12月4日に第7話が放送されました。

恋愛の巨匠・紫門ふみさん原作、ラブストーリーの名手・大石静さんの脚本が生み出す3人の母たちの危険な恋の物語です。

巧に別れを切り出されてしまった杏、何不自由ないな生活から一変したまり、全てを吹っ切るかのように仕事にまい進する優子。

母の恋が様々な形で阻まれる中、それぞれはどのような思いで新たな一歩を踏み出していくのか。

そして、母が守る立場であった子どもたちから逆に支えられる場面も。

今後の運命を左右する第7話です!

恋する母たち (ドラマ)第7話の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『恋する母たち』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ドラマ『恋する母たち』を無料で見る

ドラマ『恋する母たち』は

見放題作品数No1の動画配信サービス P a r a v i

第1話から最終回まで配信中です。

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

30日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

31日間無料トライアル実施中
>>70誌以上の雑誌が読み放題!

ドラマ「恋する母たち」主演 木村 佳乃さん作品

アライブ がん専門医のカルテ (2020年)

後妻業 (2019年)

ドラマ「恋する母たち」出演者 仲 里依紗さん作品

10の秘密 (2020年)

エール (2020年)

美食探偵 明智五郎(2020年)

木村 佳乃さん、仲 里依紗さんの作品をFOD PREMIUM

視聴してみては如何でしょうか!

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

ドラマ『恋する母たち』第7話のあらすじ

・フラれちゃったの

雨漏りの修理が終わり、綾子宅を出て、自宅で朝食を食べる杏と研。

研は、「好きな人のところへ行く」と言っていた杏が巧の元へ行かないことを疑問に思います。

研に問われ、杏は巧にフラレ、破局した旨を伝えました。

何ごともなく明るく振舞う杏。

一方、実母の綾子の下で働くことになった慎吾。

研は慎吾とも良好な関係を築き、自宅と綾子の家を行き来をする生活を過ごしています。

そんな中、巧は学生時代の友人に電話をし、プライベートな相談に乗ってほしいと話し…。

・営業の成果

千葉で営業部長を拝命し、塚越商店の社長とコンタクトをとるため毎朝喫茶店のモーニングに通っている優子。

ある時、優子の粘り強さを見込んだ社長が房総酒場というチェーン店の居酒屋を紹介します。

そこでコジカフーズの商品を使ってもらえないか掛け合ってみたらどうかと助言しました。

そこ(房総酒場)は青島食品との長年の取り引きがあるため難しいと思うが、もし、契約が取れたらうち(塚越商店)との契約も考えてもいいと話す社長。

喜ぶ優子だが、房総酒場の社長とのファースト・コンタクトで契約話は一掃され、中々スムーズにはいきません。

そんな中、まりに電話をする優子。

週刊誌へのタレコミにより職を失い、マスコミに追われる繁樹と蒲原一家のため、優子の東京のマンションを貸したのでした。

その後、どうにか房総酒場との契約を手にするため、毎日居酒屋・房総酒場へ足を運び、メニューの実地調査とカロリー表示などのデータ化を続ける優子。

・新しいお家

優子の配慮で優子のマンションで新しい生活を始めることになったまり。

引っ越し作業を進めていました。

夫・繁樹は週刊誌の影響で6か月の業務停止処分を受け、他の弁護士の仕事は中々決まらずにいます。そのため、まりが弁当屋でパートを始めることにしました。

そんな中、引っ越しの手伝いに行った杏と会い、涙ぐむまり。

また、巧と別れたことを聞き、週刊誌の記事をストップするよう頼んだ自分に責任を感じています。

しかし、杏はそんなまりを励ますのでした。

その後、パートから戻ると、食べたもののゴミすら捨てない夫・繁樹を見て苛立ち、注意をするまり。

すると、繁樹はこれまで自分の稼ぎで生活してきたくせにと、まりを責める一方、まりは繁樹の日頃の行いのせいで招いた結果だと言い争います。

そんな2人を娘たちが心配そうに見守るのでした。

ドラマ『恋する母たち』第7話のネタバレ

・久々の再会

ある日、まりが働く弁当屋(すまいる弁当)に優子が訪れ、東京の本社で会議があるため、差し入れを買いに来たと言います。久々の再会を喜ぶ2人。

その後、東京本社へ訪れた優子を部下たちは嬉しそうに迎え入れます。

しかし、剛はオフィスにいません。(剛に)よろしく伝えてと立ち去る優子を追いかける有馬ひとみ。

そして、ひとみは優子が身を引いたおかげで、今剛と付き合っていると話すのでした。

会議後、久々に再会しコーヒーを一緒に飲む剛と優子。

提案書を渡すタイミング等に悩む優子に対し、営業マンとして助言をする剛。

そんな中、剛が杏から不動産屋として電話を受け、杏と優子が友人同士であることを知ります。

そして、食事をすることになった杏・優子・剛の3人。

巧との破局を知った優子は杏の携帯から巧に電話をし、復縁のきっかけをつくれないかと行動します。

しかし、巧の冷たい対応を知り、酔っ払う杏。

それでも互いのことを想い合っているのでした。

杏を自宅に送り届けた後、剛と優子は千葉へ戻る駅へと向かうタクシーで、束の間の2人の時間を過ごします。

密かに手を握り合う2人。

しかし優子は、駅に着き、思いを振り払うかのようにタクシーを降りて行き…。

・与論島で小説を

一方、与論島ではシゲオが大介に相談を持ち掛けます。

ゲイの少年の青春群像劇を小説化したいと話し、大介に取材をしたいというものでした。

大介が男性を好きだと気付いたのは幼稚園の頃からだと聞き、驚くシゲオ。

大介は恋愛感情の芽生えや取材の技術について勉強するよう助言するのでした。

・解雇されて

すまいる弁当で働き、男性客との会話から売り上げに貢献しているまり。しかし、その態度が女性社員から非難を浴び、辞めさせられてしまいます。

帰宅して繁樹に解雇されたことを話すと、主婦しかできないと言われ、落ち込むまり。

そんなまりに繁秋が声を掛け、父・繁樹を非難し、自分は会社の寮に入るから、まりは娘2人を連れて実家に帰るよう話します。

そして、まりを自分のライブへと誘うのでした。

舞台の上で生き生きとラップを歌い輝く繁秋を見て、嬉しく思うまり。

そこへ、思いがけず丸太郎が現れ、ライブ後飲みに行きます。

いい雰囲気の中、プロポーズをする丸太郎。

丸太郎は最初の元妻が病気になり、息子と看取ったと言います。

そして、最初の元妻の言動にリスクがあるため気がかりで言い出せなかったが、丸太郎の息子とまりの子どもと共に一緒に暮らさないかと話すのでした。

嬉しくて涙を流すまり。しかし、職を失い、弱っている繁樹を見捨てることはできないと言い、繁樹が立ち直るまで待ってほしいと話すのでした。

ある日、ヨガ帰りの杏に会いに来た義母・綾子。

杏の顔繋ぎと綾子の口利きにより、まりはテレビの業界で活躍することに。

・バーで

すっかり知り合いとなり、度々一緒に飲んでいる巧・丸太郎・剛の3人。

女は強いと話す中、巧は一歩を踏み出すならラストチャンスだと話し、ラストチャンスを口ずさむ。

・転がり込んだチャンス

相変わらず、房総酒場へ通い、居酒屋メニューを頼む優子。

優子の頑張りを見兼ねて同僚の熊田も一緒に房総酒場へ行きます。

そして剛の助言の元、タイミングを見て、現在のメニューのカロリー表示・コジカフーズの商品を使った新メニューの提案書を店長に差し出すのでした。

すると後日、テレビで房総酒場の取り引き先であった青島食品の偽装表示が報道され、優子は房総酒場の契約を勝ち取ることに成功したのです。

剛に、あなたの助言のおかげだと社内メールで感謝を述べる優子。

剛は優子からのメールを微笑ましく眺め…。

・今さら…

テレビで活躍するまりに刺激を受け、弁護士の道を諦め、公認会計士の資格を取ることにしたと話す繁樹。さらに、まりの魅力に今まで気づかなかったと話します。

まりは繁樹の立ち直りの兆しに安堵する一方で、勝手な言い分に対し、今さら許さないと離婚への決意を固めました。

・ヨガで隣に

ある日、杏が通うヨガ教室でポーズをしていると、隣に巧がいて驚きます。

しかもその場で、杏に話があると言い出す巧。

慌てて巧を連れ、杏はヨガスタジオを後にしました。

そして、巧の別れの切り出し方を非難する杏ですが、会えない間はイライラしたとお互いの想いを伝えあいます。

すると、巧は週刊春潮を辞め、友人の元で勉強し、一級建築士を目指すと言う。

試験に合格するまで収入は減るが、そばにいてほしいと話す巧に対し、笑顔で答える杏。

1か月後、2人はささやかな結婚式を挙げるのでした。

ドラマ『恋する母たち』の第7話の登場人物

石渡杏   (木村佳乃)

石渡慎吾  (渋川清彦)

石渡研   (藤原大祐)

斉木巧   (小泉孝太郎)

石渡綾子  (夏樹静子)

蒲原まり  (仲里依紗)

蒲原繁樹  (玉木礼央)

蒲原繁秋  (宮世琉也)

今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)

山下のり子 (森田望智)

林優子   (吉田羊)

林シゲオ  (矢作兼)

林大介   (奥平大兼)

赤坂剛   (磯村勇斗)

(c)TBSテレビ

ドラマ『恋する母たち』第7話の主題歌

松任谷由実 『知らないどうし』

松任谷由実 – 知らないどうし
ドラマ『恋する母たち』第7話の感想
女性20代
女性20代

いよいよ第7話。

プロポーズが飛び交い、気難しい巧と素直になれない杏がついに歩み寄り、結婚することになりました!

大人になっても、何歳になっても自分の性格って変えられないなと常々思います。

だからこそ歩み寄ることが大切なのだと感じた第7話でした。

そして、今回は今まで反抗的だった繁秋が母の支えとなっていたのが印象的で、私も、よく言った!繁秋!と讃えた、母の1人です。

今まで違和感を感じながらも、繁樹のそばにいたまり。

決意を固め、丸太郎の元へ飛び出す日がくるのでしょうか!?

それにしても繁樹の勝手な言動。残念ながら今さらというまりの心の声に激しく同意せざるを得ません…

そして、離れてしまった優子と剛の久々の再会。仕事を通じ、再び大事な存在になってきました。

果たしてそのままビジネスパートナーを貫くのか、恋愛関係に戻ってしまうのか…

今後の展開にも目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました