孤独のグルメ Season7の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

孤独のグルメ Season7 国内ドラマ

孤独のグルメ Season7(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『孤独のグルメ Season7』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『孤独のグルメ Season7』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

孤独のグルメ Season7 #8 焼鳥 泪橋:五郎さんが食べた物をすべて注文 東京都中野区中野 焼鳥泪橋 五郎セレクション料理映像

今作は、漫画原作久住昌之、作画谷口ジローの作品が元になっており、40分ドラマです。

ドラマ『孤独のグルメ Season7』を無料で見る

ドラマ『孤独のグルメ Season7』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『孤独のグルメ Season7』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

孤独のグルメ Season7(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『孤独のグルメ Season7』のあらすじ
第1話『埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食』

今日の五郎は仕事の前から豚カツを食べようと心に決めていた。

なぜなら、昨日食べ損ねてしまったからだ。

着物屋での仕事を終えた五郎は豚カツを食べられるお店を探すが中々見つからなかった。

「キセキ食堂」という看板を見つけ、豚カツを求めて入ると、本店が精肉店だと書いてあり、期待を膨らませた。

キセキ定食を注文すると豚カツが大きくて大きさを測ってしまった。

キセキのステーキ100gも完食して満足した。

第2話『東京都世田谷区経堂の一人バイキング』

テニスを仲間としていた今回の仕事相手に、テニスを進められたけどうまくいかなかったが、仕事をきっちり果たした五郎。

仕事を終えて駅の方までの道を教えてもらった通りに進んでいくと目印の坂にたどり着いたところでお腹がすいてきた。

一軒家ばかりの住宅街でお店はないだろうと思っていたが、「マッシーナメッシーナ」というバイキング店に入る。

店主が一人で作ったバイキングメニューを堪能した。

第3話『東京都港区南麻布のチョリソのケソフンディードと鶏肉のピピアンベルデ』

仕事先のグローバルキッズスクールで、誕生日を迎える子供に自分たちの国のおもちゃをプレゼントしたいという依頼が来た。

五郎は子供たちの国を聞いていたら、子供たちがお腹がすいたと言っていたので、自分もつられてお腹がすいてきた。

メキシコ料理「サルシータ」を見つけてソペスというおかずのタルト、ユカタン風チキンとライススープ、ズッキーニのプディンという茶碗蒸し、チョリソのケソヒンディード、炉利に区のピピアンヴェルテを堪能した。

第4話『群馬県甘楽郡下仁田町のタンメンと豚すき焼き』

仕事前なのに、「一番」という中華料理屋を見つけた五郎は、入ってしまう。

タンメンと餃子を食べた。

満足した五郎は、インテリアを依頼されたカフェへ向かい仕事をする。

仕事が終わり電車が来るまでに寝てしまい乗り過ごしてしまった。

それならばとご飯を食べてから帰ろうと先ほどの中華料理屋の隣の「コロムビア」というすき焼き屋に入り、豚すき焼きを注文した。

第5話『荒川区三河島の緑と赤の麻婆豆腐』

仕事先に向かう途中で焼き鳥屋さん「鳥喜」が目に留まり、男の子が美味しそうに焼き鳥を食べようとしているところを見てしまった五郎に、男の子は焼き鳥をくれようとしたが、寸前のところで良心が勝り、手を出さなかった。

商店街の空き店舗に新しくお菓子の計り売りのお店を出すという女性の依頼で子供が来たくなるような内装を頼まれた。

麻婆豆腐専門店の「眞実一路」を見つけそれまで仕事相手からキムチをもらったこともあり、韓国料理を食べようと思っていたのだが、中華にすることにした。

ザーサイのネギ生姜合え、ワンタン入り滋養スープ、海老と大葉の春巻き、豚ヒレと野菜の五目春巻き、緑の麻婆豆腐(辛さが赤、白、黒、緑、燻製となっている)を注文した。

周りのお客さんは赤の麻婆豆腐を注文する人が多かったので、五郎もつられて食べた。

第6話『千葉県浦安市の真っ黒な銀ダラの煮付け定食』

今日の仕事先はペットギャラリーであって、小型犬とぎゃれあっているとお店の人に怪しまれたがなんとか商談をすることができた。

ランチは魚にしようと考えた五郎は、「羅甸(ラテン)」という食事処に入る。

銀ダラの煮付け定食とお刺身(マグロとイカ)、もずくを注文した。

3杯目からのご飯のおかわりは有料と書かれていたが、ご飯を2杯食べて満足した。

第7話『東京都墨田区東向島の納豆のピザと辛いパスタ』

総菜屋の店主がブログにちらっと映っているテーブルがほしいと言って来たので、知り合いに聞いてみると答えた五郎。

「カトリカ」というイタリアンレストランを見つけて今日のご飯はここにしようと入ることにした。

納豆のピザと辛いパスタを注文した。

ぶっきらぼうな感じの店主のいるお店だったが、味は絶品であった。

第8話『東京都中野区百軒横丁のチキン南蛮と地鶏モモ串』

勝手を知る町なのに、迷ってしまった五郎は、仕事相手に電話をかけるとラーメンを食べていた。

なんとか落ち合うことができ、大きな仕事を獲得したので、一人でお祝いをしようと店を探した。

「炭火やきとり泪橋」という宮崎郷土料理のお店を見つけて入る。

チキン南蛮と鯖串、豚バラ味噌串、鶏ガラスープ、ささ身ときゅうりのゴマ和えを注文した。

満足したので帰ろうとしたが、地鶏のモモ串を注文する声を聞いてしまったためにさらに追加で食べた。

良いお祝いの食事だったと思ったが、一週間後に韓国への出張が決まった。

第9話『韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ』

韓国の商社の社長からの依頼で、韓国のアンティークをヨーロッパで売るための商品の確認をすることになった。

社長が一緒に同行してくれる部下をつけてくれたので、スムーズに仕事ができた。

お腹がすいた五郎は、「トバン」というお店に一人で入る。

ハングル語がわからないために、一番安いものを注文したが、モヤシナムル、大根ナムル、キナムル、チェユックポックムという辛味の豚肉、オデン、チョングッチャンという納豆チゲとキムチが出てきた。

バラバラのまま食べようとした五郎に、店主はジェスチャーで、ビビンパを作るように言ってきたので、作ってみるととても美味しかった。

第10話『韓国ソウル特別市の骨付き豚カルビとおかずの群れ』

商品の確認から帰った五郎は、社長に報告を済ませた。

帰ろうとした時に、社員が韓国風中華のチャンポンやジャジャ麺を食べているところを見てしまいお腹がすいてきた。

焼き肉屋さんを見つけて「チョンジョムスップルカルビ」に入ると、ジェスチャーをしながらデジカルビとライスを頼んだが、たくさんのおかずやテンジャンチゲという味噌チゲや骨付きのお肉が炭火で焼かれていた。

とても美味しかったので、チャドルバギという牛バラ肉のスライスも追加で注文をした。

第11話『千葉県千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き』

今日は仕事が立て込んでいた五郎。

仕事先のインド料理屋に向かい、食器を買いたいと言われていたのだが、カレーの匂いで仕事に身が入らなかった。

仕事を終えてその場でカレーを食べようとしたが、お休みだと断られてしまったので、仕方なくお店を出ると「味のレストランえびすや」というお店を見つけて飛び込んだ。

特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き、カニピラフを注文した。

ニンニクスープが絶品の味だったので、さらにガーリックトーストを追加してニンニクの味を堪能した。

第12話『東京都中央区八丁堀のニラ玉ライスとエビチリ』

仕事先のライブハウスで店長との4年ぶりに再会を果たした後、お昼の食事場所を探していたが、高級店ばかりで中々見つからない。

「中華シブヤ」という中華店の庶民らしいお店を見つけたので、入ることにした。

ニラ玉とエビチリ、エビトーストとライスを注文した。

さらにチャーシュー麺を注文し、店主に驚かれたが完食をした。

ドラマ『孤独のグルメ Season7』の登場人物

井之頭五郎  (松重豊)

ドラマ『孤独のグルメ Season7』の主題歌

オープニング『アイリッシュ・スプーン』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

孤独のグルメ Season7(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『孤独のグルメ Season7』の感想
女性20代
女性20代

出張で行った韓国で五郎が韓国語を話せないのに、注文をして食べているのがすごいと思いました。

臆することなくチャレンジする姿勢が素敵だと思います。

お店の方も五郎の食べ方が間違っているのをレクチャーしてくれる優しいお店だと感じました。

食べるという共通のことは言葉が通じなくても伝わるのだと思いました。

韓国だとビビンパが自分で作るものになっていて、驚きました。

日本だと出来上がっていて後は混ぜるだけのイメージでしたが、材料を乗せて野菜を切るところからスタートするのが面白いと思います。

自分で作ったものだとより美味しく感じそうです。

納豆チゲも投入していてどんな味になったのかとても気になりました。

韓国だとキムチが家々で違う味になるようなので、キムチの味が違うだけでも味が変わりそうな気がしました。

出張先ではガイドをつけてもらえた五郎でしたが、ご飯の時だけ1人だったので、知らない街を1人で歩くことができる五郎の度胸はすごいと思いました。

韓国の伝統工芸が出てきてとても美しいと感じました。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

今シーズンは見た目が楽しく食欲が湧きそうなお店が多かった気がしました。

1話に出てきた上尾のキセキ食堂の肩ロースかつ定食は、とても分厚くて大きかたです。

五郎がメジャーを出して測っているのが笑えました。

キセキ食堂の名前の由来も教えてくれて家族で頑張って経営しているのが温かみを感じました。

5話の荒川区にある麻婆豆腐のお店も面白いと思いました。

赤や白、黒、緑と色のある麻婆豆腐が頼めるのが特徴です。

白麻婆豆腐は青唐辛子と山椒を使ったもので、黒麻婆豆腐は黒胡椒、緑麻婆豆腐は野菜のペーストでできているというのが面白いと思いました。

野菜で麻婆豆腐というイメージがつかないものにチャレンジする五郎が素敵だと思いました。

やはり食べることが好きだからチャレンジできるのだと思います。

燻製麻婆豆腐は白麻婆豆腐に桜の燻製で匂いをつけているので、香りがとても良さそうだと思いました。

緑麻婆豆腐は体にも良さそうなので食べてみたくなりました。

ドラマ『孤独のグルメ Season7』のまとめ

実際にあるお店で食べているので、放送を見てから行くこともでき、五郎も味わった食事を堪能できます。

五郎はどんなにたくさんの料理を注文しても決して残すことはしないし、きちんと食事の前後に手を合わせて「いただきます」と「ごちそうさま」と挨拶をかかさないところも魅力のひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました