孤独のグルメ Season1の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

孤独のグルメ Season1 国内ドラマ

孤独のグルメ Season1(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『孤独のグルメ Season1』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『孤独のグルメ Season1』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【公式】孤独のグルメ Season1 第12話(最終回)

今作は、原作久住昌之、作画谷口ジローの漫画が元になっており、30分ドラマなので、あっという間に見られます。

五郎が食べるシーンが主なので、会話はほとんどなく、ナレーションベースで進んでいきます。

ドラマ『孤独のグルメ Season1』を無料で見る

ドラマ『孤独のグルメ Season1』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『孤独のグルメ Season1』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

孤独のグルメ Season1(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『孤独のグルメ Season1』のあらすじ
第1話『江東区 門前仲町のやきとりと焼めし』

個人で輸入雑貨商を経営している五郎は、カフェの店長からの連絡を受け、門前仲町に来た。

カフェの店長にフランス製のマグカップを進めた五郎。

五郎に進められたマグカップをとても気に入り、気分を良くしたカフェの店長の長話はとても大変で聞き疲れてしまった五郎は、せっかくだからと行きたかった雑貨のお店や観光名所を散策した後に焼き鳥屋さんに入ることにした。

お店は「やきとりの庄助」で、たくさんのやきとりやつくね、焼きめしを堪能した。

第2話『豊島区 駒込の煮魚定食』

昔からご贔屓にしてくれている画廊の経営者からの連絡で、駒込にコーヒーカップを持って話を聞きにきた五郎は、お腹がすいていた。

どこかで、ご飯を食べようかと探していると老人に誘われて将棋を指すことになったが、一度も勝てなかった。

お腹がすいていたのだと思い出した五郎は家庭料理のお店に入ることにした。

「和食亭」に入った五郎は、鱈の煮魚定食を食べたが家庭料理のフルコースのような注文方法だったので、たくさん頼んでしまったがどれも美味しかった。

第3話『豊島区 池袋の汁なし担々麺』

モデルルームに使いたいグラスの注文を受けて持って行った五郎。

美女との仕事に癒されたのだが、上司が五郎を睨むように見ていたので、癒しはどこかへ飛んでいってしまった。

仕事を終えた五郎は、いつも行く雑貨のお店を見たりしているとお腹がすいたので、中華料理のお店「楊」に入った。

メニュを見た五郎は焼き餃子とバンサンスー、周りが食べていた汁なし担々麺を注文した。

汁なし担々麺は、絶品な美味しさなのだが食べたすぐに山椒の辛さに震えるほどの辛さが残る。

だが、箸が止まらない美味しさであった。

第4話『千葉県 浦安市の静岡おでん』

浦安市の結婚式場で調度品の話し合いをしていた五郎は、これから結婚をしようとしている女性を見てかつての恋人を思い出してしまった。

そして、お腹がすいてきた五郎は、カフェ「LOCO DISH」でに入る。

そこではカフェなのに、静岡出身の店長だからとランチに静岡おでんが食べられるという。

静岡おでんと牛スジを堪能した五郎であった。

第5話『杉並区 永福の親子丼と焼うどん』

仕事の注文が次々とキャンセルになったり、納期が遅れてしまったために、無理は要求をされたりして不運が続いてしまった五郎。

プライベートでも親交のある昔からご贔屓のある人と約束をしていた食事もキャンセルされてしまった五郎は、公園で釣り堀が出来るところを見つけ、釣りをすることにした。

釣れなくても五郎の心が和んでいった。

釣り堀中にお腹がすいてきたので、釣り堀の敷地にあったお店に入ることにした。

「武蔵野園」では親子丼と焼きうどんを食べ、デザートにおしるこをいただいた。

今まで気づかずに焦っていたようで、食事を終えた五郎の顔には焦りがなくなっていた。

第6話『中野区 鷲ノ宮のロースにんにく焼き』

仕事でお店の改装のコーディネートと近くに住む自分の仕事を導いてくれた友達に会いに来た五郎。

打ち合わせを終えた五郎は、「大和屋」で栗大福を自分用とお土産に買って友達のお店へと向かった。

友達はゲイになっており、かつて自分に輸入商の仕事を教えてくれたのにリサイクルショップをやっていた。

そしてその店も辞めて旅に出ると話していたので、お土産を渡して帰ってきた。

その後五郎はとんかつを食べることにした。

「大和屋」で、ミックスカツ定食を頼んだが、常連客が「にんにく!」とロース肉のにんにく焼きを注文していたので、五郎も一緒になって注文して2人前のご飯をもりもり食べた。

第7話『武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン』

ジャズ喫茶の店長からの依頼に向かう途中の五郎は、「サトウ吉祥寺店」でメンチカツかコロッケかどちらを買うかで迷っていた。

たくさんのお客がいたがなんとかメンチカツを買い、依頼主の元に向かったが、仕事を終えてからの五郎は、商店街の雰囲気に飲み込まれてしまい、占い師に今日食べるランチの相談をしてしまうほど自分で判断できない人になってしまっていた。

やっと決断して入った喫茶店「かしまや」ではナポリタンとハンバーグのセットを頼んだ。

第8話『神奈川県川崎市 八丁畷の一人焼き肉』

空港まで、ご贔屓にしているお客様を送り届けた後、川崎に行くことにした五郎。

工場ばかりが立ち並ぶ場所で、癒されていた五郎は、お腹がすいたので、一人焼き肉をすることにした。

一度満員で諦めたがやはり諦めきれなかったので、もう一度行くとカウンターが一席だけ空いていた。

五郎は「焼肉ジンギスカンつるや」で、カルビ、ハラミ、コプジャンを頼み、お通しのキャベツにドレッシングをかけて味を堪能していた。

焼いて食べてを一人で繰り返すのは以外と大変で、お肉を焦がしたりして落ち込んだりもしたが、ジンギスカンまで追加して食べて大満足した。

第9話『世田谷区 下北沢の広島風お好み焼き』

友達が主催する舞台を見に来ていた五郎は夢で、たくさんの食事をしていたところを起こされた。

友達にどうして寝ていたのだと責められていると舞台の主演女優がいないと騒ぎになった。

五郎は今日食べるものを探しに歩いていると、先程いなくなったという主演女優が目の前に現れた。

尾行したのだが、美味しそうなお店に気をとられているとばれてしまった。

泣き出した主演女優を喫茶店で慰め、尾行中に買ってしまった「湘南はなだこ」のたこ焼きや「ニックンロール」のニックンロールを渡した。

しかし、自分のお腹がすいていることに気づいた五郎は、お好み焼きやさん「HIROKI」に入っていった。

海の幸のお好み焼きと海の幸の鉄板焼を注文した五郎であった。

第10話『豊島区 東長崎のしょうが焼き目玉丼』

東長崎の喫茶店で、怪談話の映画で、妖怪が投げるための小道具に使いたい皿の相談をされていた五郎は相手がどんな皿を求めているのか理解出来なかった。

相談を終えた五郎は町を歩いていると学生が多くいることに気づいた。

そして、気になっていた定食屋「大衆食堂せきざわ」に入ると、学生にお得な料金設定のメニューに驚いた。

五郎は安くてついつい肉じゃが、ウインナーフライ、ポテトサラダ、しょうが焼き目玉丼を注文して、堪能した。

第11話『文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー』

フランス雑貨屋をしている後輩の元を訪れた五郎は、饅頭屋「谷中福丸饅頭」で、かりんとう饅頭を自分と後輩の分を買った。

後輩が頑張っている姿を見て安心した五郎は、帰り道で突然トイレに行きたくなってしまった。

近くにあった飲み屋「すみれ」で、トイレを借りて食事をすることにした五郎は鳥煮込みが美味しくてサンドイッチも追加で頼んだ。

裏メニューだと言って出してくれた鯖のサンドイッチも美味しかったので、五郎はカレーライスも期待出来ると思い注文した。

しかし、昼から酔っぱらった男が店で偉そうにしている姿に怒りを感じた五郎はその客を追い出してしまった。

お店に感謝された五郎は、温め直してくれたカレーライスとお土産のカレーをもらった。

第12話『目黒区中目黒 ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き』

新しいお客さんの古着屋さんに仕事のために向かっていた五郎は、先に朝御飯を食べることにし、「木山Dining」で、鳥もも肉のステーキを食べた。

時間通りに古着屋さんに行くと、店長が若い女性で、これからの日本の経済の発展が楽しみになった。

お腹がすいた五郎は沖縄料理「草花木果」のお店に入っていった。

パイナップルジュースを飲みながら、アグー豚の天然塩焼き、にんじんしりしり、タコライスを食べた。

あまりにも美味しくて、ついソーキ焼きそばを追加注文してデザートのちんすこうが乗ったブルーシールアイスクリームと共に食べた。

ドラマ『孤独のグルメ Season1』の登場人物

井之頭五郎   (松重豊)

ドラマ『孤独のグルメ Season1』の主題歌

孤独のグルメオープニングテーマ

TheScreenTones『Jiro`sTitle』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

孤独のグルメ Season1(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『孤独のグルメ Season1』の感想
女性20代
女性20代

井之頭が仕事先の街で食べる食事が美味しそうで、食べてみたくなりました。

いろいろなお店や街の様子が分かり、1人やお酒が飲めなくても入れそうなお店が多く、行ってみたくなりました。

東京でも沖縄のお店や広島風お好み焼きが食べられる場所、居酒屋なのにメニューにはないカレーライスを作ってくれるお店、静岡おでんの店があったりと、地域の温かみを感じました。

1話の庄助さんのショーケースに生のピーマンが入っていて、驚きました。

生のピーマンにつくねを入れて食べるという発想がなかったので、面白い食感やピーマンの苦味とつくねの質感はピーマンの肉詰めとはまた違った味になるのだろうと思うと、作ってみたくなりました。

コロナ禍なので大勢で食事を取ることができなくなった今、余計に1人で食べることが多くなりそうなので、1人焼肉がカウンターで食べられる8話の焼肉つるやさんはありがたいと感じました。

テレワークが増えているので、1人でも気軽に入れるお店がもっと増えると良いと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

原作者である久住昌之さんが番組ラストで実際のお店で料理を食べているのが面白いと思いました。

久住さんはお酒が大好きそうですが、井之頭五郎はお酒が飲めない設定なので、食べるものが違うのかと思いましたが、同じものを注文されている時もあるので楽しかったです。

久住さんがたくさんのお店を自分の足で探して取材をしているのかと思うと、感慨深いものがあります。

12話しかないのでお気に入りのお店を厳選している気がしました。

まだまだ久住さんの中にあるお気に入りのお店を覗いてみたくなりました。

どのお店も特徴があるお店なので、足を運んでみたくなります。

撮影している場所も、実際のお店というのが珍しいと思いました。

同じ豊島区でも駒込の煮魚定食や池袋の汁なし坦々麺、東長崎のしょうが焼目玉丼と全く違うものを紹介しているので、その時の気分や最寄り駅で寄ってみるのも楽しそうです。

五郎と同じように自分のお腹が何を食べたいのか相談して、その時に食べたいものを食べられると幸せを感じることができるのだと思いました。

ドラマ『孤独のグルメ Season1』のまとめ

撮影は一話2日で、一日は食べるシーン、もう一日はその他のシーンを撮影していて、食べるシーン撮影では朝から何も食べずに撮影に臨んで、初めて食べるという表情を大切にしているそうです。

美味しい料理と五郎のたべっぷりを堪能して見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました