【危険なビーナス】7話見逃しは動画配信で無料視聴!ネタバレあらすじと感想

危険なビーナス 国内ドラマ

ドラマ『危険なビーナス』第7話『養女の秘密』視聴率(10.9%)

今回ご紹介するのは、東野圭吾の小説が原作となるラブ・サスペンスで、現在TBSにて放送中のドラマ『危険なビーナス』の第7話です。

禎子の実家、小泉家で見つけた明人の置手紙と、玄関から何者かが入ってくる怪しい雰囲気で終わった6話でした。

伯郎と楓は無事なのでしょうか!?

11月22日に放送された第7話を解説していきましょう!

【スポンサーリンク】

危険なビーナス(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ドラマ『危険なビーナス』は

見放題作品数No1の動画配信サービス P a r a v i

第1話から最新話まで配信中です。

日曜劇場『危険なビーナス』11/22(日) #7 明人失踪に繋がる謎のメッセージ!? 母と佐代の隠された関係とは?【TBS】
おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

30日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

危険なビーナス(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『危険なビーナス』第7話のあらすじ

・いものおじさん

小泉の家に侵入してきた人物とは、昔伯郎がよく遊んでもらっていた近所の“いものおじさん”こと、伊本でした。

禎子の死後、どうやら康治にこの家の管理を任されていたようなのです。

伊本の話によると、禎子が亡くなる前、禎子から頼まれごとをされていた佐代が、小泉の家の鍵をあずかり、訪問していたというのです。

明人もまた、数年前に小泉の家に訪れ、禎子が亡くなったお風呂場をじっと見つめていたとか…。

・黒服の男

禎子と佐代はどんな関係にあったのか、また禎子を殺した真犯人は佐代なのか!?

後日動物病院へ戻った伯郎と楓は、小泉の家から持ち帰ったアルバムを手掛かりに推測がはじまります。

そんな二人を外から見つめる、黒い服の男が…。

・康治のメッセージ

伯郎は矢神家を訪れ、母の死の真相を探るべく、康治に質問の書かれたノートを見せます。

すると康治は、「あきとにうらむな」という謎のメッセージを文字盤に残します。

そして再び康治は眠りに落ちてしまいます。

・佐代のクラブ

動物病院にて、康治のメッセージを楓に見せる伯郎。

「明人のことを恨んでいる人物がいるということ?」二人は推理をめぐらせます。

その時、黒い服の男がこちらを覗いている姿が目に入ります。

看護師の蔭山元美が外へ行き追い払い、伯郎と楓は男のあとをつけることに…。

なんと男は佐代のクラブへと入っていきました。

佐代の話によると、その男に二人の様子を見るよう頼んでいた、とのことでした。

佐代と対峙する伯郎と楓。

「母を殺したのはあなたなんですか?」とストレートに投げかける伯郎。

しかし、いとも簡単にスルーされてしまいます。

・康治の研究室

一方、勇磨は康治の研究室を探っていました。

ある幾何学模様の写真を見つけた勇磨は、それが牧雄の探している「30億の遺産より価値あるもの」につながる資料だと判断します。

牧雄もまた、康治の研究室に訪れ、勇磨の行動に危機感を覚えるのでした。

ドラマ『危険なビーナス』第6話のネタバレ

・佐代と禎子

伯郎は自宅に戻り、改めて禎子のアルバムを眺め、あることに気がつきます。

伯郎はもう一度佐代に会うことに…。

佐代のクラブへ赴き、ある一枚の写真を佐代に見せます。

それは佐代と禎子が写る、セーラー服姿の写真でした。

二人は同級生だったのです。再会したのは同窓会といいます。

当時の禎子の夫で画家だった手島一清は、脳腫瘍で錯乱状態でした。

そして困っていた禎子に、佐代が医師であり脳の研究をしていた康治を引き合わせたというのです。

康治の治療により、一時は落ち着いたたものの脳腫瘍は悪化し、一清は亡くなります。

さらにその研究には、牧雄も加わっていました。

・フラクタル図形

伯郎と佐代は矢神家へ。康治の部屋を調べていると、謎の図形の絵が見つかります。

裏には「1990年 患者 M6 フラクタル図形」と書かれていました。

伯郎はその絵が、父・一清の描いていた絵に似ているような気がしてきます。

この康治と牧雄の研究記録=価値のあるもの、なのだろうか?

禎子はなぜこのことを黙っていたのか?

伯郎の頭の中は疑問符でいっぱいでした。

さらに佐代は、康治は禎子と一緒になりたいために一清を殺害したのではないか。

禎子の死は、一清を殺害したことによる償いのための自殺ともとれるのでは。

様々な憶測を伯郎にぶつけます。

そして佐代は、「楓さんには気をつけた方がいい」と伯郎に忠告します。

・楓と勇磨

同じころ、勇磨は康治の研究室で見つけたフラクタル図形を楓に見せるため、「明人のマンションへ入れてほしい」と電話で伝え、楓は受け容れます。

さらに勇磨は、「明人の私物を見させてほしい」と要求します。

そして勇磨は、こっそりと盗聴器を仕掛けるのでした。

・牧雄が訪問

自宅に着いた伯郎は、インターホンが鳴り扉を開けると、そこには牧雄の姿が…。

ドラマ『危険なビーナス』第7話の登場人物

手島伯郎 (妻夫木聡)

矢神楓  (吉高由里子)

矢神勇磨 (ディーン・フジオカ)

矢神明人 (染谷将太)

蔭山元美 (中村アン)

支倉百合華(堀田真由)

君津光  (結木滉星)

永峯杏梨 (福田麻貴)(3時のヒロイン)

矢神佐代 (麻生祐未)

兼岩順子 (坂井真紀)

支倉祥子 (安蘭けい)

支倉隆司 (田口浩正)

矢神牧雄 (池内万作)

矢神康之介(粟田芳宏)

矢神康治 (栗原英雄)

矢神禎子 (斉藤由貴)

矢神波恵 (戸田恵子)

兼岩謙三 (小日向文世)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『危険なビーナス』第7話の主題歌

buck number 『エメラルド』

Emerald

危険なビーナス(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『危険なビーナス』第7話の感想
女性20代
女性20代

いよいよクライマックスに近づき、面白くなってきましたね!

禎子の元夫・一清が康治とつながっていたんですね。

脳の研究に一清を利用していたとなると、牧雄も重要なカギを握っているはずです。

その牧雄が、何かを伝えに伯郎の家を訪れるシーンで今回は終わりました。

8話では、さらに内容が濃いものになりそうな気がします。

それに、佐代の伯郎へのメッセージが意味深なものでした。

勇磨に盗聴器を仕組まれ、何か新しい楓の一面がつかめそうですね!

あ~8話が待ち遠しい!

ドラマ『危険なビーナス』第7話のまとめ

伯郎と楓のコンビ、そして勇磨と佐代親子。はたまた、単独で行動する牧雄…。

一体誰がいち早く事件の真相をつかむのでしょうか!?

もしかすると、新たな人物が浮上するかもしれません。

それぞれの動向から目が離せませんね!

【スポンサーリンク】

コメント

タイトルとURLをコピーしました