危険なビーナス 10話見逃しは動画配信で無料視聴!ネタバレあらすじと感想

危険なビーナス 国内ドラマ

ドラマ『危険なビーナス』第10話『義妹の正体』12月13日 視聴率12.7%

今回ご紹介するのは、東野圭吾の小説が原作となるラブ・サスペンスで、現在TBSにて放送中のドラマ『危険なビーナス』の最終話です。

この複雑怪奇な矢神家の事件が、いよいよ解決する時がやって来ました!

明人は無事なのか?

康治の研究記録は一体どこに??

そして、矢神家の遺産相続の行方は!?

12月13日に放送された、第10話をしっかり謎解きしていきましょう!

【スポンサーリンク】

危険なビーナス(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ドラマ『危険なビーナス』は

見放題作品数No1の動画配信サービス P a r a v i

第1話から最新話まで配信中です。

日曜劇場『危険なビーナス』12/13(日) 最終回 全ての謎が明らかに!! 犯人は誰だ…!?【過去回はパラビで配信中】
おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

30日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

ドラマ『危険なビーナス』の第1話~最新話までの記事一覧

ドラマ『危険なビーナス』第1話~最新話

危険なビーナス

ドラマ『危険なビーナス』第1話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第2話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第3話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第4話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第5話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第6話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第7話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第8話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『危険なビーナス』第9話 あらすじ ネタバレ

【スポンサーリンク】

危険なビーナス(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『危険なビーナス』第10話のあらすじ

・親族会

ついに康治が亡くなり、波恵は予定通り、遺産相続は残された遺族で分配することを発表します。

その時、扉から牧雄が乱入し「見つけたぞ。研究記録を」と、康之介の部屋から見つけたと告白。

しかし、伯郎はそれが偽物であることを見破ります。

牧雄と組んでいた祥子は、刃物を持ち、佐代を殺しにかかりますが止められます。

祥子は母親を佐代に毒殺されたと信じて疑わないのです。

波恵は騒動を制止するかのように、康之介に毒をもったのは私だったと証言します。

当時、波恵は恋仲を康之介に裂かれたことから、康之介の日々の食事に毒を入れていたと…。

しかしながら、死因に直接関係していたかは定かではありません。

康之介によって毒されたこの矢神家を、康治の代で終わりにすると宣言する波恵。

伯郎は「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」と、送られてきたメールを親族の前で告白。

そして、「明人は必ずぼくが救い出します!」と伯郎は言い放ちます。

・ふたたび小泉の家へ

伯郎は楓と勇磨を連れ、小泉の家へ向かいます。

呆気ないくらい簡単に、勇磨が研究記録を見つけます。

不思議に思った伯郎は、一旦離れた小泉の家へ、もう一度楓と共に戻ります。

すると、家に電気が灯り…!?

・真犯人と16年前の真相

インターフォンを押し中へ入ると、そこには禎子の妹・兼岩順子の夫である憲三の姿が…!

憲三は数学者で、初めて明人が父・一清の絵「寛恕の網」を見せてくれた時から、ずっと気になって仕方がなかったと白状します。

そして、牧雄を突き落としたことも…。

康治の研究に一番近かった牧雄に、研究記録を奪われるのが怖かったのだと言います。

伯郎が、あなたが母を殺したのかと問うと、憲三はしゃがみ込んでしまいます。

16年前、順子から小泉の家のカギをこっそり奪い、この家に侵入したのです。

そして、研究資料を探していたところを禎子に見つかってしまいます。

「数学者として、素数の謎を解きたいだけ」「あの絵があれば世界中の暗号が解ける」と熱く語る憲三。

すると禎子は、「寛恕の網」は処分すると言い、「人を狂わせるような絵はもってはいけなかったのかもしれない。順子に連絡します」

そう言うと二人はもみ合いになり、禎子は倒れてしまいます。

気を失った禎子の服を脱がせ、風呂場へ運び、お湯を張る憲三。

禎子は、そのまま目を開くことはありませんでした。

・明人現る

憲三は気が狂ったかのように、家中にガソリンを振りまきます。

楓を人質にとり、ライターを楓の顔に近づけながら「絵を見つけてくれ!」と叫ぶ憲三。

3人がもみ合いになり、ライターが落下。

炎がみるみるうちに燃え移っていきます。

そして、伯郎は一清が描いた「寛恕の網」の在処にようやく気づきます。

ふすまの中でした。

それを必死で剥がそうとしますが、火はどんどん広がり、伯郎の命が危ぶまれる中、突然明人が目の前に現れます。

絵は諦め、逃げることを優先するよう、明人は伯郎を説得します。

ドラマ『危険なビーナス』第10話のネタバレ

・警察署にて

一行は警察へと向かいます。

明人は伯郎に、事の真相をゆっくりと話しはじめます。

ネットに明人を拉致する計画の書き込みがあり、警察が明人を保護したのです。

警視庁は拉致の依頼を引き受けるとともに、ターゲットの明人に連絡を取り、犯人を特定するため協力を要請した、ということでした。

明人は、16年前に死んだ母・禎子の事件を再捜査することを交換条件としたのです。

したがって、明人は監禁されていたのではなく、警察に協力して身を隠していました。

・楓の正体

そこに、楓が現れます。

楓は明人の妻ではなく、警視庁の警察官で、潜入捜査官として明人の嫁役に徹したのです。

途中、勇磨と手を組んだ理由は、勇磨は楓のマンションに盗聴器を仕掛け、楓と明人の会話を聞いてしまったのです。

勇磨に正体がバレてしまった楓は、研究データを勇磨に渡すことで、捜査に協力してもらっていました。

牡蠣のことで楓の家に行った時も、リビングで警察も一緒だったと言います。

すべての真相が明らかになり、明人が無事で心から安堵する伯郎でしたが、すべて楓の巧みなお芝居だったと思うと、いたたまれない伯郎。

伯郎へのビンタも涙も、すべて演技だったのか…。

「ご苦労様」と言い残し、伯郎はその場を去ります。

禎子の形見だった、伯郎から受け継いだネックレスを握りしめ、ひとり涙する楓でした。

・康治の葬儀

矢神家にて、康治の葬儀が執り行われます。

まるで康之介の呪いが解けたかのように、矢神家に穏やかな時間が流れていました。

そして、明人は祥子の娘・百合華と結婚を前提に付き合うと、伯郎の前で堂々と交際宣言をします。

・動物病院にて

無事に事件が解決し、院長は看護助手の蔭山元美と伯郎をくっつけようとします。

そして、二人はディナーへ行く約束をします。

しかし、未だ楓のことで頭がいっぱいの伯郎を、元美は見逃しませんでした。

・楓と元美

楓は「実家」と嘘をついていた行きつけの焼き鳥屋で、ひとりお酒を飲んでいました。

そこに元美がやって来ます。

あることを伝えるために…。

・ディナーの約束

伯郎は、元美とのディナーの席に向かいます。

伯郎は元美に謝るつもりでした。

楓とちゃんと向き合うために…。

扉を開けると、そこには楓がいたのです。

元美は、自分の代わりにディナーに行くよう、楓に伝えに行ったのでした。

嬉しさのあまり、楓に抱きつく伯郎。

楓も、ずっとこうしたかったと伯郎に告げます。

二人はこうしてお互いの気持ちを確かめ合い、最強のバディではなく、ありのままの姿で食事を楽しむのでした。

ドラマ『危険なビーナス』第10話の登場人物

手島伯郎 (妻夫木聡)

矢神楓  (吉高由里子)

矢神勇磨 (ディーン・フジオカ)

矢神明人 (染谷将太)

蔭山元美 (中村アン)

支倉百合華(堀田真由)

君津光  (結木滉星)

永峯杏梨 (福田麻貴)(3時のヒロイン)

矢神佐代 (麻生祐未)

兼岩順子 (坂井真紀)

支倉祥子 (安蘭けい)

支倉隆司 (田口浩正)

矢神牧雄 (池内万作)

矢神康之介(粟田芳宏)

矢神康治 (栗原英雄)

矢神禎子 (斉藤由貴)

矢神波恵 (戸田恵子)

兼岩謙三 (小日向文世)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『危険なビーナス』第10話の主題歌

buck number 『エメラルド』

Emerald

危険なビーナス(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『危険なビーナス』第10話の感想
女性20代
女性20代

元美が可哀想すぎます…。

楓が現れる前、伯郎と元美はお互い好き同士だったのに、こんな形で元美の恋が敗れて納得いくはずありません。

順子も、あんなに穏やかな夫が、姉の禎子を殺していただなんて、信じられる訳がないでしょうし。

残酷な展開が、この最終回にぎっしり詰まっていましたね。

なにはともあれ、矢神家一族が嘘のように和解し合い、事件が解決して本当によかったです。

康治以外、奇跡的に全員生きていますし。

しかし、まさか憲三が犯人だったとは…。

途中から全然ドラマに出演しなくなったし、おかしいなと思ってはいましたが、本当にびっくりしました。

それに、楓が警察だったことも驚きでした。

牡蠣のミスはあったものの、明人の妻を完全に演じきってましたから。

楓は魔性の女です。

そんな女性とくっついてしまった伯郎。

うーん、複雑です。

ドラマ『危険なビーナス』第10話のまとめ

最終話にぎゅっと押し込んだ感があり、話が少々複雑すぎて戸惑いもありましたが、矢神家の骨肉の争いがなくなり、平和になって本当に安心しました。

伯郎が必ず明人を救いだすと宣言し、その伯郎の純粋で真っ直ぐな想いが、強欲のかたまりだった矢神家一人一人の人間を変えたのだと思いました。

同時に、最終的には楓の事を疑わず信じ続けたことで、楓も心のキレイな伯郎を好きになったのでしょう。

しかしながら、私は元美の今後の人生が気になって仕方ありません。

【スポンサーリンク】

コメント

タイトルとURLをコピーしました