健康で文化的な最低限度の生活 無料動画配信をフル視聴

健康で文化的な最低限度の生活 国内ドラマ

健康で文化的な最低限度の生活の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

『健康で文化的な最低限度の生活』12月19日DVD-BOX発売!

 

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

健康で文化的な最低限度の生活(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『健康で文化的な最低限度の生活』のあらすじ
第1話 (視聴率? 7.6%)

義経えみるは映画監督という夢をみるが才能という壁にぶつかり、安定職である公務員として勤務することになる。

配属されたのは生活課で、生活保護を受ける人達と関わる場所だった。

生活課では日本国憲法に基づいて、生活において困難を強いられている人達の支援をする仕事・ケースワーカーとして働き始めます。

先輩の半田から仕事の話を聞くことになったえみるは、自分の担当することとなった世帯分の情報を閲覧した。そこには様々な環境を持つ人達がいた。

仕事始めは受給者の自宅に向かい、そこで祖母と二人で暮らす少女に出会う。えみるは少女に声をかけるが彼女は何も答えずにいる。

ある日担当の一人が、これから自死をするという連絡を受ける。その連絡に驚き上司からの指示で家族に報告をするが、全く聞く耳を持っていなかった。

その後も平川の連絡に付き合い続けたが、ついに命を絶ってしまう。

ショックを受けていると同僚は、案件が減ったと考えればいいと言われ腑に落ちずにいます。

平川の自宅では、平川が必死で生きていた姿があり仕事に対しての価値観が変わる。

次に担当することになったのは緊張状態になると咳込みがひどい阿久沢で、食事も一日一食しか摂らずそんな様子にえみるは家庭訪問を行うと、食費に使っている形跡が見られず訳を聞くと借金の返済に使っていると答えた。

借金がある受給者は生活保護を受けられないと考え隠していたのです。生活保護で借金を返すという目的はないため、えみるは借金の問題を解決するために働きかける。

しかし阿久沢はえみるの話を聞こうともせず、同僚に阿久沢は様々な不運に遭い億劫になっていると聞かされた。

何度も話をするえみるに、迷惑はかけないからこれ以上構わないでくれと突き放す。えみるは変わらない状況に困惑し、半田から離婚した妻や娘との関係が借金が引き金であることを聞かされる。

えみるは半田の話を聞き、阿久沢と共に行くことを決めます。すると借金はすでに完済しており過払い金が帰ってくると聞かされ阿久沢はえみるに感謝を述べる。

第2話 (視聴率 5.5%)

担当している日下部には息子と娘がいて介護をする父が住む家庭で、えみるは優しく接する日下部に息子の夢を応援したいと話す。

えみるはその夜常連のお店に寄るとそこには阿久沢が店内で働いていた。この店の店主青柳は口が悪く、阿久沢は叱られはするが明るく働いていてえみるは安堵の表情を浮かべる。

職場の同僚たちは仕事の対応に対し受給者からクレームを受け落ち込んでいた。七条は自分達の仕事に疑問を持ち、その場にいた新人ワーカーは黙ってしまう。

上司の京極に調査で不正受給をしている人物のリストが渡される。収入申告を怠ったものには返還して貰う必要があると説明します。

その中には日下部の息子の名前があり、えみるは不正受給に気づいていないのではないかと考え半田に相談をしに行くが、半田は寄り添うことの必要だが目を逸らすことはしてはいけないと告げられ事実確認をする事を決める。

調査の事を聞きに行くと、息子は知らなかったから返還は出来ないと言われる。

解決策はないかと問われ、その場で何とかできるかもしれないと言ってしまう。その言葉に息子に返還しなくて済むと報告してしまった。

えみるは上司に話をするが、事情があっても変わらないと言われる。また不正受給を知らなかったと言えない書類が見つかりえみるは自分の発言に対し反省する。

不正受給を行いながらもバイトを続ける姿を目撃したえみるに、半田は本人に話を聞くよう促しえみると共に七条も同伴させる。

自分の言動に責任を抱き一人で日下部家に行くえみるは、全額返金を要求します。その様子に異変を感じた聡美が息子の部屋に行くと、見た事のない家具が置かれていた。

二人は言い合いになり近くにあった大切なギターを壊してしまう。

第3話 (視聴率 5.8%)

えみるは上司に相談に行き、昔使っていたギターを渡してやれと言われる。その代わり、必ず返還させるようにと言われてしまった。

半田には仕事の事ばかりではなく、相手との関係を築くことを先に行うべきだと助言を受ける。しかし日下部家ではあの一件から息子が帰ってきていないと聞かされる。

えみるは同期の仲間を連れて阿久沢の働く職場に行こうとします。その後彼が路上ライブをしていた場所を訪れるが、彼の姿はなかった。

欣也は仲間とバイクで街中で遊びまわっていた。元々不良仲間とつるんでいた欣也が立ち直るきっかけになったのがミュージシャンだったのです。

妹はえみるに相談し、上司からもらったギターを持って欣也を探す。欣也にギターを渡そうとしますが受け取らず、えみるはしっかり話し合いたいと面談の日を書きその場を去る。

当日聡美と共に欣也が訪れ、四人での面会が始まる。えみるは二人に謝罪し、半田は支援する制度があることや、自分達がこの先の事を必ず支援すると話した。

欣也は申告をすると話し、聡美もまた音楽に対して理解をし路上ライブを再開する。そこには生き生きとした姿があった。

阿久沢宛に手紙が入り、母が二年前に亡くなっていたことを知り返事を書こうとするが。

第4話 (視聴率 5.5%)

七条は元夫からのDVを受け、保護を受けつつ娘を育てる母親を担当していた。

娘を保育園に送ってから求職活動に取り組む姿に激励する。自分自身の境遇を重ね岩佐なら頑張れるのだと思っていた。

しかし面談を行っているときえみるは娘の咲の事を見ていて、そこでままごとで出てきた言葉に戸惑います。暴力的な言葉にえみるはストレスを先に向けているのではないかと思い、七条に相談しますが岩佐の事は自分の方がわかっていると突き放してしまう。

しかし内定報告を受けたその日以降、連絡が取れず上司に支援の打ち切りを考えとけと言われる。

七条は何とか連絡を取ろうとしますが、妹から岩佐の報告が嘘だったことを知らされる。

面談で岩佐は心の底からではない笑顔を見せ大丈夫だと呟きます。無心で窓を開けて立っている岩佐に帰宅を勧めるえみる。

様子がおかしいことに精神科の提案を半田にし、京極は岩佐の気持ちを考えるようにと助言します。七条は自分の対応を振り返り、頑張らなくてもいいと告げ精神科を勧める。

その言葉に救われ、病院でうつ病と言われ療養に専念し娘との時間を過ごすようになった。

手紙を受け取った阿久沢は娘と会うことを決意していた。そして目の前に現れたのは手紙からは想像できないような姿の娘だった。

第5話 (視聴率 4.8%)

休暇で親戚に会いにい行き、久々の家族団らんに喜んでいた。そして阿久沢も娘と会えたことに喜びを持っていた。

そんな中、生活課に現れた島岡に栗橋が声をかけられるが彼はおびえるような表情を見せそのまま去ってしまう。その後再び訪ねてきた島岡は生活保護を希望したいと話し職員が対応する。

手続きをするためには親族に援助可能かどうかを聞かなければいけないと告げるが、島岡はずっと無理だと言うだけだった。

うつ病としての通院歴がある島岡は、施設を紹介され照会の手続きをするようにえみるに指示する。

戸籍謄本を把握し、父親が病院経営者である事調べ父親に照会を促すように言う京極に対し半田は慎重に進めるべきだと話す。

えみるは父親に照会をする事を一方的に島岡に報告する。

自宅に赴いた都は水原には音信不通の息子がいて、照会を拒否していたが息子が今は子供を産んできっと母親に会いたいと思っていると言われ承諾した。

息子に用紙と一緒に助けてくださいと書いたメモを送りますが、用紙はくしゃくしゃになって帰って来てさらに援助は出来ないと突き放されてしまった。

生活課に島岡の父親が現れ、息子が大学中退を機に連絡が取れなくなってしまったと話す。

息子に合わせて欲しいと頼む父にえみるは保護施設に連絡した。しかしその連絡に体を震わせ施設から逃げ出してしまいます。

施設を訪ねた父でしたが姿は見られず、島岡は駅に入り込んでいた。

第6話 (視聴率 4.9%)

電車に飛び込み自殺をしようとしていたところを駅員に止められ未遂に終わるが、錯乱し病院で手足を拘束された状態で眠っていた。

そしてそのことが生活課に報告され一同は混乱する。半田は父をそれまでに拒むのには理由があると話し生活課は黙り込んでしまう。

入院を知った父は生活課に現れ居場所を聞き出そうとします。しかし医者から会うことは出来ないと言われ引き下がる。

京極は自身が引き起こした事態だと、会議で謝罪をするが照会をしなければ悪用されてしまう事を懸念していました。

その後面会が行えるようになった京極は、医者から父親から性的虐待を受けていたことでPTSDになっていると聞かされる。

さらには看護師がズボンに触れた時に激しく暴れるような行動があったことを報告し、話を聞くことを控えるように話します。

受給者に役立つようなことをしてあげれないことに落ち込むが、半田達に励まされ一緒に寄り添っていく事を決意する。

母親が過去にお酒で男と逃げた事やもう連絡をしてほしくないという手紙が届く。

桃浜のもとに息子の妻が訪ね二人が合えるように話してみると告げる。数日後家族で写る写真が送られてきた。

その頃島岡の父親は自身の職業を使って息子の入院先を突き止めていた。京極に成りすまして病院内に入り込んだ父だったが、えみるたちに止められさらには京極に自身の犯した罪について言われ引き下がる。

その後島岡の生活保護が決まり感謝を告げて去っていく。一方阿久沢は娘から自分達にはいろいろあったと告げられ複雑な思いを抱く。

第7話 (視聴率 5.3%)

えみると同期の栗橋は合理的な考えで仕事ができるが、幼少期から不愛想と言われ担当した人たちとの関わり方に悩んでいた。

栗橋は担当している中林との面談で求職活動をするように話していた。受給において特別な理由がない場合に働く意欲がないと生活保護を受けられなくなってしまうのです。

しかし求職活動をしないため廃止を予告する文書を渡し、書類をしっかり読むようにと告げる。

その後えみるは栗橋の留守に書類を持って訪ねてきて、その様子から文字が歪んで読めないのではないかと思い始め栗橋に報告した。

面談で姉に手助けしてもらっていたが姉が亡くなったことで何一つできなくなったと話す。さらに子供の時から障害によってバカにされたり、職場では給料を取られたりして人と関わることが怖いと話す。

栗橋は障害認定を受けた人への仕事を紹介するのは難しいと言われ、思わず仕事を紹介するのが仕事だと怒ってしまう。

そのことで生活課に苦情が入り、この一件により栗橋は担当を外されることになってしまった。

中林は栗橋の言動が姉の面影があると話し、書店に一緒についてきてほしいと頼む。そこで買った本で栗橋から文字を覚え始めた中林は、就職先が決まり覚え始めた文字で感謝の気持ちを文書で栗橋に送った。

その頃えみるは娘と買い物をしている阿久沢に遭遇し、一緒に過ごしているという知らせを受けます。しかし娘はそんなえみるを複雑な思いを抱えながら見ていました。

第8話 (視聴率 5.6%)

えみるが生活課に配属されてから月日が経ち、担当をしている一人が病院に搬送されたという連絡がくる。さらに医者がアルコール依存かもしれないと聞かされた。

看護師にこのままだと死んでしまうかもしれないと言われます。娘のことを考えこの状況を解決させたいと考える。

しかしその後禁酒は出来ず、家主から報告を受けた。約束を守ってもらえなかったことに落胆し、依存症の事について知識を増やそうとし始めた。

断酒会では赤嶺と同じような悩みを持つ人々がそれぞれ告白していた。この場にいる人達の言葉で自分の意志で治せる病気ではないと知り、患者と向き合うことを決心する。

またも病院に運ばれた赤嶺は、共に頑張るとえみるに言われ専門病院に入ることを受け入れた。

そんなえみるに先輩が自分が担当したアルコール依存症の人に様々なことを行ったが結局亡くなってしまい、依存症になると飲んで死ぬか飲まなくて死ぬかだと話しえみるなら赤嶺を救うことが出来ると言う。

療養を行ってから赤嶺は生活課に感謝を述べ、自分で仕事先を見つけるがそこは居酒屋だった。眠りについた赤嶺は自分が行った暴力で傷つく妻や娘の夢を見てしまい禁酒を諦める。

変わらない状況に上司から支援の打ち切りの可能性もあると告げられた。

赤嶺は自分の弱さに落胆し、えみるは赤嶺を信じていると語りその言葉で赤嶺は断酒会に参加しえみるは回復するまで見守ることを決意した。

その頃阿久沢の娘は父親に秘密でキャバクラで働いていたが、職場で倒れてしまいそのことが阿久沢のもとに届く。

第9話 (視聴率 6.5%)

職場で倒れてしまった麻里が妊娠をしていることが発覚する。娘の自宅に訪れた阿久沢は、借金をしていたことを知る。

麻里のもとに行きお金の心配はしなくていいと告げ、相手が誰なのか聞き出そうとしますが麻里は冷たくあしらい、今更父親みたいな行動をとらないでほしいと話す。

さらに阿久沢に会いに来たのは過去に借金を残して消した阿久沢への当てつけだったと答える。その後麻里は子供を産むことを悩み始めた。

その頃、二人暮らしのアパートからボヤが発生しえみると半田が訪ねると、部屋からはかつて失踪した母親が出てきた。

さらに二人の仕事を知り、自分も生活保護を受けたいと頼み込んでくる。えみるからの報告を受け、上司たちは調査を慎重に行い他の課との連携を取りながら進めるように指示した。

その後、母親も生活保護を受けることが出来るためえみるは面談を勧める。そこで自分の分と幸子の分も自分の所に振り込んで欲しいと頼まれ了承する。

梓は幸子のもとに行き、施設の方法を利用すれば生活保護を減らすことなくできると言われ行動に出る。娘にすぐに帰ると告げその場を去っていく。

阿久沢に話を聞いた半田が、子供を産めば責任を持たなければいけないと厳しく答える。

半田にはかつて同じ状態になった時出産を勧めたがその後、乳児に虐待をするという出来事が起きてしまっていた。

梓が姿を消してしまえみるは、児童養護施設に預けることを決め生活保護の振込先を変更します。

姿を消していた梓でしたが、振り込まれていないと怒鳴り乗り込んできた。

第10話 (視聴率 5.8%)

梓が口座に振り込まれていないことに対し怒鳴る中、半田たちは同居をしていない状況での支援はできないと話し、娘を放置することは虐待にもなると伝える。

えみるは娘が児童施設に保護されていることを伝えると、梓は施設に頼む気はないと話す。その会話に梓の男性が暴れ始め警察沙汰になってしまう。

後日、えみるたちは梓と話を始めるが梓は同居をすると話し施設に入ることを拒否した。男性が現れお金が手に入らないとわかると、梓のもとを去っていってしまった。

それを機に梓は施設に入ることを認める。施設を訪ねたえみるに、家に帰って母親に会いたいとこぼす。その言葉にえみるは再びどうするべきか考えます。

阿久沢は娘の見舞いでかつてえみるによって生活を見直せるようになったと話すが、麻里は母親と生活保護を受けようとした際に、役員に冷たくあしらわれたと話し阿久沢は複雑な気持ちを持つ。

麻里のもとに訪ねた半田だったが麻里は聞く耳を持たずにいた。阿久沢は過去の事を謝罪しつつ麻里の事を怒ります。

それから出産を選んだ麻里は阿久沢に相手の人を紹介し、家族を持つことになりました。

えみるは家族の事を調べ幸子からの面倒を受けていなかったことを知り、梓に対しての支援も必要だったことが発覚する。

そんな中、はるかが学校から帰ってきていないことを知り、生活課のメンバー総出で探し始める。

梓に報告するが、自分は母親に向いていないと話し探しに行こうとはしませんでした。

しかしえみるはそんな過去を持つ梓だからこそ、寄り添えるのではないかと助言し自分も力になると伝える。

それから上司から無事に見つかったと連絡を受け、梓はその場に泣き崩れた。それから施設では二人が再会し、二人は同居をするために動き出したのです。

生活課に新たに入った自転車に乗り込んだえみるは、仕事に向かって走り出しました。

『健康で文化的な最低限度の生活』の登場人物

義経えみる (吉岡里帆)

半田明伸 (井浦新)

栗橋千奈 (川栄李奈)

七条竜一 (山田裕貴)

後藤大門 (小園凌央)

桃浜都 (水上京香)

京極大輝 (田中圭)

阿久沢正男 (遠藤憲一)

青柳円 (徳永えり)

片岡麻里 (阿部純子)

『健康で文化的な最低限度の生活』の主題歌

安田レイ 「Sunny」

安田レイ 『Sunny』Music Video (フジテレビ系 火9ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」オープニング曲)

AAA 「Tomorrow」

AAA / 「Tomorrow」Lyric Video

 

クーさん
クーさん

『健康で文化的な最低限度の生活』はこんな方におすすめです。

・主人公が様々な人と関わり成長していく作品が好きな人

・特殊な職業に着目した作品を見たい人

・豪華キャストが演じる作品が好きな人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『健康で文化的な最低限度の生活』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『健康で文化的な最低限度の生活』のまとめ

このドラマは特殊な職場を題材にした作品で、普段あまり見られない場所で働く方々の姿が見られる素敵な物語。

主人公が回を追うごとに少しずつ成長していく姿は、職業への好奇心にも繋がり見どころでもある。

井浦新、遠藤憲一など個性派俳優とフレッシュさが見られる吉岡里帆との共演はもちろん、普段笑顔が多い川栄李奈の演技に是非注目してご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました