私の家政婦ナギサさんの見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最新回)視聴方法のまとめ

家政夫のナギサさん 国内ドラマ

私の家政婦ナギサさん(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『私の家政婦ナギサさん』の動画はお試し無料期間を利用すれば P a r a v i で見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

クーさん
クーさん

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『私の家政夫ナギサさん』8/25(火) #8 揺れ動く気持ち…本当に大切な人は誰…?【TBS】

2020年7月7日火曜夜10時から放送開始した「私の家政婦ナギサさん」。

国内最大級の電子書籍コミック「コミックシーモア」内で配信されていた「家政婦のナギサさん」さんを原作にドラマ化された、ラブコメディー。

ドラマや映画、CMなどで大活躍の多部未華子さんを主演に迎え、仕事はできるのに家事がまったくできない独身女性と、大森南朋さん演じるスーパー家政婦ナギサさんのふれあいを描いている。

多部未華子さんの仕事のライバルとして、瀬戸康史さんの出演も決定しこの二人の恋の行方も見どころとなりそうだ。

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』を無料で見る

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』は

見放題作品数No1の動画配信サービス P a r a v i

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

30日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『私の家政婦ナギサさん』の視聴をする/

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

私の家政婦ナギサさん(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』のあらすじ
第1話『28歳独身女子おじさんを雇う!散らかった部屋も心も綺麗にして!』(視聴率 14.2%)

キャリアウーマンの相原メイは製薬会社のMRとしてバリバリ働いていた。

しかし、仕事はできるのに家事はまったくできないメイ。

そんなメイの28歳の誕生日、突然メイの前に家事を完璧にこなすスーパー家政婦・ナギサさんが現れる。

「おじさんが家にいるなんて絶対イヤ」と最初は拒否するメイだったが、結局ナギサさんを家政婦として雇うことになる。

一方、仕事を順調にこなしていたメイの前にライバル会社のMR田所が現れる。

次々と営業先で信頼を得ていく田所の存在にライバル心をむき出しにするメイだったが、当の田所はメイに優しく近づいてくるのだった。

第2話『ヒミツのおじさんを隠し通せ!ライバルと急接近…』(視聴率 12.8%)

朝、目が覚めるとナギサさんと手をつないでいたという事実に動揺するメイだったが、ライバルの田所が隣人であることも発覚し、パニックに陥る。

そんな中、メイの母が突然家にやってくる。

家政婦を雇っているという事を隠していたメイは、母にナギサさんの存在を知られないように、必死にごまかそうとする。

そんなメイに同僚の陶山が合コンを計画し、新入社員の・瀬川の誘いでライバル会社の田所達が集まる。

乗り気でなかったメイだったが、予想外な田所の行動に2人の関係が急接近・・。

第3話『母襲来でおじさん卒業…目指すは家事もデキる女!?』(視聴率 12.7%)

なんとかナギサさんの存在を隠していたメイだったが、遂に母に気づかれてしまう。

そこで、初めて自分が家事が全くできないということ、それが理由で妹・唯と同じ家事代行サービスで働いているナギサさんを雇っているという事を打ち明ける。

しかし受け入れられない母は、メイに「やればできる」と訴える。

幼いころから「メイはやればできる子」と言われ続けていたメイは、再びかけられたその母の言葉に仕事と家事の両立を目指すが、なかなか上手くいかない。

そんなメイに、田所から食事の誘いの連絡が入る。

第4話『今度は父襲来!秘密の指きり…デートで鉢合わせ!』(視聴率 12.4%)

田所と玄関で鉢合わせをしてしまったメイは、田所に「男性と住んでいるのか」と尋ねられる。

家政婦の存在を知られたくないメイは思わず父だと嘘をついてしまう。

そこへ、母からナギサさんの存在を聞いた父がメイの家を訪れ、ナギサさんに興味津々の父は、一緒に酒を飲みかわす。

一方、メイに好意を抱いていた医師・肥後からデートに誘われたメイは断り切れず懇親会という名のデートをすることになる。

しかし、そこへ田所と陶山が現れデートの鉢合わせをしてしまうことに・・。

第5話『極秘計画で母と妹の仲直り大作戦!隣の敵の秘密…』(視聴率 14.4%)

ある日、メイが仕事から家へ帰ると、ナギサさんの存在に微妙な反応を示していた母が訪れていた。

母は、父の還暦パーティーで手料理をふるい驚かせたいとナギサさんに料理を教えてもらおうとしていたのだ。

メイは、このパーティーをきっかけに3年前に家を飛び出し母と絶縁状態になっている妹・唯との仲を修復させようと、ナギサさんに協力をもちかける。

一方、メイを意識し始めていた田所だったが、何か隠し事をしている様子を見せていた・・。

第6話『おじさんの私生活調査開始!敵の恋心も急加速!?』(視聴率 16.0%)

ナギサさんがメイに渡した履歴書によって、ナギサさんが過去に業界大手のソルマーレ製薬のMRとして働いていたと知ったメイは、もっとナギサさんの事を知りたくなる。

そしてあの手この手を使ってナギサさんに質問するが、上手にかわされてしまう。

そんなある日、街で偶然ナギサさんを見つけたメイはナギサさんを尾行、そこで今まで隠されていたナギサさんの表情を見てしまう。

一方、メイの事が気になっていた田所はナギサさんの存在に疑問を持ち始めていた。

第7話『おじさんの元カノ!?過去の秘密…敵から愛の告白!』(視聴率 16.6%)

メイが忘れたタブレットを届けるため、メイの仕事先である病院を訪れたナギサさんは、箸尾という女性を見かける。

それからというもの、ナギサさんは家政婦の仕事に集中しきれず料理までを失敗してしまう。

そんなナギサさんの姿を見て心配になってメイは、ナギサさんの自宅を訪れる。

そしてついにナギサさんがメイに自分の過去について話し始めた。

一方、お互いを意識しなかなか一歩が踏み出せないメイと田所はギクシャクした関係を続けていた。

そんな関係を断つべく田所がある行動にでる・・。

第8話『おじさんと敵と恋の三角関係!?本当に大切な人は誰』(視聴率 16.7%)

メイがナギサさんに抱きついてる場面を見てしまった田所は、父ではないと確信しナギサさんを問い詰める。

その田所の様子に、ごまかせないと感じたナギサさんは田所をメイの部屋へと案内する。

部屋へ入ってきた2人の様子を見て、状況を察したメイは田所に全てを打ち明ける。

そん中、メイの職場では今までに症例のない問題が発生しメイは田所に相談に乗ってもらう。

そして、ナギサさんは自分に本社への移動の話が出ていることを唯から聞き、動揺を隠せないでいた。

最終回『トライアル結婚生活!今わたし恋をしている!?とっ散らかった心の結末』(視聴率 19.6%)

ナギサさんの契約が終了してしまう事に動揺したメイは、「トライアルで私と結婚生活を送りませんか?」と突然のプロポーズをしてしまう。

そして突然の提案に驚きながらも受け入れてくれたナギサさんとの結婚生活が開始。

それと同時に、田所に自分の気持ちを正直に打ち明ける。

そんなメイに職場で緊急事態が発生、他社との情報戦を勝ち抜こうと頑張っていたが新病院の重要人物を瀬川が怒らせてしまったのだ。

仕事の問題を解決しようと奔走するメイだったが、結婚生活の方でもナギサさんが突然姿を消してしまう・・。

特別編(視聴率 13.7%)

結婚して一か月のメイとナギサさんだったが、お互いへの不満が爆発し初めての夫婦下喧嘩をしてしまう。

メイは職場の人たちに、ナギサは隣人の田所に相談する。

しかし、みんなにもそれぞれの変化をが起こっていた・・。

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』の登場人物

相原メイ  (多部未華子)

鴫野ナギサ (大森南朋)

田所優太  (瀬戸康史)

瀬川人   (眞栄田郷敦)

陶山薫   (高橋メアリージュン)

肥後菊之助 (宮尾俊太郎)

松平慎也  (平山祐介)

馬場穣二  (水澤紳吾)

堀江耕介  (岡田大)

天馬あかり (若月佑美)

駒木坂春夫 (飯尾和樹)

吉川かりん (夏子)

古藤深雪  (富田靖子)

相原美登里 (草刈民代)

福田唯   (趣里)

※相関図

(c)TBSテレビ

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』の主題歌

あいみょん 『裸の心』

あいみょん – 裸の心【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

第1話から最新話まで配信中です

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

私の家政婦ナギサさん(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』の感想
女性20代
女性20代

製薬会社のMRとして働くメイを演じたのは多部未華子さんです。

仕事はできるのに、帰った部屋は散らかり放題という一人暮らしの女子です。

28歳の誕生日の夜に、突然現れたのが大森南朋さん演じるおじさん家政夫です。

おじさんが自分の家で、料理や洗濯をしていることを想像するだけで絶対にイヤと拒絶します。

それが美味しい料理、キレイに掃除されている部屋に帰ってこれるのがありがたくなります。

しかも仕事の相談も乗ってくれて、優しいアドバイスもくれます。ナギサさんがそこにいてくれるだけでほっとしてしまう気持ちになっていくのがよくわかります。

家政婦というと女性のイメージでしたが、男性でも家事をすることを心からやりたくて仕事にしているというナギサさんのような家政夫さんがいてほしいと思います。

そして、多部さん演じるメイが自分の仕事に自信をもってバリバリと働く姿は共感できます。

着ている洋服もオシャレや流行が取り入れられていて見ているだけでもコーディネートが楽しめました。

仕事だけでなく恋にも挑み、自分の好きな人に気づくところは多部さんの可愛らしさが満開でした。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

家政婦さんと恋愛になるんだろうなと思っていたのですが最初は全くそんな感じの雰囲気がなかったしどんな展開になるんだろうなと思っていました。

最初は全くなにも思っていなかったのですがナギサさんがかわいくてちょっと中世的なところが推せるしかわいいなと思ってしまいました。

そこからは誰よりもナギサさんに注目してドラマを見ていました。

バリバリのキャリアウーマンになったらあんな風に家政婦さんを雇えるのかと思うと夢だなと思ったのですが、メイちゃんを見ていて段々女子力が下がっていっているのをみてこれが現実なんだなと思いました。

個人的にはナギサさんとメイちゃんが幸せになってくれてすごく嬉しかったしもっと先がみたいなと思いました。

女性30代
女性30代

仕事は得意だけど家事が苦手な女性というのは、近年増加しているのではないのかな?と思います。

そんな女性に見て欲しいなと思うドラマでした。

主役を演じる多部未華子さんとその家政婦であるナギサさんとのやり取りが凄くホッコリします。

どんどん距離を縮めて、ナギサさんに心を許していく感じが凄く見ていていいなと思いました。

仕事で疲れて帰った時にあんな家政婦さんがいたら、とても居心地がいいだろうなと思いました。

ドラマの後半で、いきなりメイがナギサさんに結婚しましょうと言った時には驚きました!

好意は持っていても恋心だとは思っていなかったので、いきなりの展開にビックリしました。

恋人にドキドキを求める人もいれば、癒しを求める人もいたりするし、メイは癒しを求めていたんだろうなと思います。

もちろんとってもお似合いだと思っていたので、2人が結婚したことは凄く嬉しくて、最高の結末でした。

男性40代
男性40代

先ずはスーパー家政夫ナギサを演じるのが大森南朋というのがギャップがあり過ぎました。

普段コワモテな役が多い大森南朋が料理を作ったり服をたたんだり優しい口調で話すというのが最初は違和感を感じながら見ていました。

ただ人間慣れだなと思ったのは徐々に大森南朋の喋り方が普通に感じるようになったことです。

まあ大森南朋の演技が上手いというのは間違いなくあるのは確かなんですが。

このドラマでは多部未華子が演じる主人公のメイが自分の気持ちが理解できないというのがなかなか斬新だなと感じました。

自分はナギサを好きなのかという感覚がわかっていないというのが面白かったです。

メイがナギサのことが気になりすぎて尾行までしていてもナギサへの気持ちがはっきりしていないのが印象的でした。

男性40代
男性40代

相原メイは日々の仕事に追われて、家事全般が全く出来ない。

そんな時に姉の唯がメイに相談しないで、突然家政夫が来る。

普通に考えると独身女性の部屋に家政婦ならわかりますが、家政夫。

つまり男性です。

お試しだからと恐る恐る試してみると、ナギサさんが実に手際が良い。ゴミ屋敷だったメイの部屋があっという間に綺麗になった。

メイも驚いていた。

部屋が綺麗になるだけでなく、偏った食生活から野菜中心の食生活に変わった。

メイの母が突然来るときに、ナギサさんを呼んでバレずに済んだ。

その後メイの母にも認められた。

姉のことを心配していた唯とメイの母が仲直りをした。

お互い気が強くなかなか修復が難しいと思ったら、ナギサさんのおかげで親子関係が改善した。

田所さんもゴミ屋敷ということを知って、すぐにナギサさんを呼んで掃除をしてもらった。

ナギサさんは人気があるというが、メイが突然電話するとすぐに対処してくれる。

そして、最後は田所さんではなくナギサさんを選んだ。田所さんとは仕事のライバルとして相応しいが、二人とも家事が全く出来ない。

確かに年の差はあるけど、メイとナギサさんはお似合いな夫婦だと感じました。

女性30代
女性30代

毎週楽しみに見ていました。
特に私が楽しみにしていたのは、主演の多部未華子さんのファッションです。
髪型からお洋服、アクセサリー類まで全部可愛いくて、またそれが似合っていて本当に釘付けでした。
あまりアクセサリーに興味がない私ですが、パールのイヤーカフが欲しくなったほどに夢中になっていました。
ファッションはこのドラマの見どころかと思います。
全てが可愛くて1話終わる毎にどこの服だったかと調べてしまうほどでした。
後は大森南朋さんの腰低い家政婦さんが最高でしたね。
なんでもそつなくこなして、でも裏では苦しい事もいっぱい抱えてて。あんなに柔らかい優しい家政婦さんにご飯作ってもらったら誰でもイチコロだと思います。
下着を持って平然としている大森さんがとってもナイスで最高でした。
見ると必ずハッピーになれるドラマでした。
またスペシャルででも番外編なるものを期待しています。

男性50代
男性50代

男性目線でこのドラマを見た場合、男性が家事を担当して、女性がバリバリ働くというのはひとつの選択肢としてありだと思うし、もっとフラットな目線で見ても、得意な方が得意なことをやればいいように感じます。

そんな意味でも万能家政夫のナギサさんと仕事のできるメイはいい組み合わせだし、実際にこういうペアが増えてもいいんじゃないかなと思います。

ただ恋愛に関してはナギサさんの年齢や経験を考えれば、もっとしっかりしろよと言いたくなりますが、そこがメイのような女性にはいいのかもしれません。

メイを演じる多部未華子さんですが、「鹿男あおによし」から見ていますが、シリアスもコメディもいける本当にいい女優さんになりました。

趣里さんが妹役だと知った時は、配役として逆かな、と思いましたが、しっかりとお姉さんに見えました。

良質のラブコメだと思います。

男性40代
男性40代

おじさん家政夫のナギサが部屋に入るのを極端なまでに嫌がっていたメイがいました。

もうこの時点でストーリーは読めていて最初は嫌がっていたメイが徐々にナギサに惚れていくんだろうなとは察しがつきました。

ただ日本人というのは日本のドラマというのはそんなベタで良いんだよなと思いながら観ていました。

ただ田所という若くて真面目で男前な好青年が現れたことで、もしかしたらメイは田所を選ぶのかなという可能性は感じました。

なので途中からは自分もおじさんだからおじさんのナギサを選んで欲しいなとナギサを応援しながら観ていました。

なのでメイがナギサを選んだという結末は納得できて嬉しいラストでした。

このドラマは本当に癒やされる恋愛ドラマでした。

男性30代
男性30代

今年は「おじかわ」といワードが流行ったりしましたが、まさにそのワードがしっくりくるようなドラマでした。

大森南朋さんが家政婦のナギサさんとして出演しているのですが、主演の多部未華子さんよりも大森南朋さんのしぐさや言動などに注目している視聴者がおおおくときめきポイントが多かった気がします。

かわいらしい大森南朋さんの演技を楽しむドラマでした。

ストーリーとしては、逃げはじのようなすこしちがった目線からの恋愛ドラマになっており、そのあたりも面白かったです。

美男美女が惹かれあうような王道の恋愛ストーリーではなくすこし変化球だったところが良かったです。

瀬戸康史さんや高橋メアリージュンさんなど脇を固める俳優さんたちの演技もよくて見ごたえがありました。

男性40代
男性40代

仕事は出来るのに家事が苦手だというメイという女性を多部未華子さんが可愛らしく演じてくれました。

最初は家事代行サービスにメイの元へ派遣されたナギサさんとの微妙な関係からお互いを思い合い最後は結婚まで至るという嬉しい展開になりました。

ナギサさんのお母さんのようなきめ細かい動きやメイの事を考えて作られた美味しそうな料理には感心すると同時に家事代行サービスを使ってみたいなという気持ちにさせられました。

また、メイを取り巻く女性陣も個性的で特にメイの実のお母さんのキャラクターには笑わされました。

はっきりと物事を言って凛としているけれど本当は家事が苦手なところは勝手なイメージですが、草刈民代さんのイメージそのままでした。

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』のまとめ

『わたナギ』ロスが起こるのほどのヒットとなった『私の家政婦ナギサさん』。

女性の、仕事と家事の両立の難しさを訴えるとともに、主夫として家事をこなすナギサさんのリアルな日常が視聴者の心をつかんだのではないだろうか。

巻き起こる恋愛とリアルな日常が楽しく見られるドラマになっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました