かくしごと 無料動画配信(アニメ映画)フル視聴/

アニメ

かくしごと(アニメ)の動画配信を無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

アニメ『かくしごと』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

TVアニメ『かくしごと』本PV

 

TVアニメ『かくしごと』後藤可久士キャラクターPV

 

TVアニメ『かくしごと』後藤 姫キャラクターPV
動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

2013年から2015年にかけて4回にわたってテレビ朝日系土曜ワイド劇場で放送された『スペシャリスト』。

4回の平均視聴率が15%を超え、連続ドラマ化されるほど人気を博した作品です。

完全オリジナルストーリーのこのドラマは、脚本の高評価に加え、刑事役初挑戦で主演の草彅剛さんの演技が大きな反響を呼びました。

スペシャルドラマから大ヒット連続ドラマへの仲間入りを果たした本作品をご紹介していきましょう。

『劇場編集版 かくしごと -ひめごとはなんですか-』について

2021年7月に公開されたこの劇場版は、TVアニメ全12話を厳選したシーンと共に新たなカットを追加編集した総集編です。

19歳となった姫が当時の思い出を振り返るように描かれており、劇場版ならではのもう一つの結末で幕が下ります。

TVアニメを観ていない方でも楽しめる作品となっておりますので、あらためてご注目下さい。

予告

映画 『劇場編集版 かくしごと ―ひめごとはなんですか―』本予告|2021年7月9日(金)公開

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

かくしごと(アニメ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『かくしごと』のあらすじ

あらすじ(ネタバレあり)

TVアニメ『かくしごと』ティザーPV

ある夏の日。

18歳の誕生日を迎えた後藤姫は、メジャーな観光地である鎌倉の駅裏手の階段を100段以上登ったところにある古い家を訪れていた。

南京錠に固く閉ざされていた扉を開けると、吹きこんだ風に原稿が舞い上がる。

姫の父親である後藤可久士は、漫画を描く仕事をしていたのだ。

下ネタ満載の漫画でヒットしたベテラン漫画家である可久士は、一人娘の姫を溺愛しており、この事が知れるとイジメられると考え、漫画家であることをひた隠しにしていたのだった。

 

・かくしごと

待望の娘が生まれ歓喜していた可久士だが、担当医師と看護師に後藤可久士という名前から、「キンタマシマシ」がヒットしている下ネタ漫画家だと気づかれてしまう。

この事が娘に知られると何かしら悪い影響を及ぼすと考えた可久士は、一生漫画家であることを隠し続けると決意する。

つまり、「描く仕事」を隠し事にすると決めたのだった。

 

・崩れゆく日常

あれから10年が経ち、自宅で互いに「いってらっしゃい」とわかれ、姫は小学校へ、スーツ姿の可久士は仕事場へと向かう。

途中、いつものように行きつけの古着屋でだらしない服に着替えた可久士は、G-PROと書かれた近くの仕事場の扉を開ける。

彼は、この10年間ずっと漫画家であることを隠し通してきた。

会社に通勤するようにスーツを身に纏って出かけて、18時には帰宅するという工夫を施してまで必死に隠してきたのだった。

姫はというと、たまに友達と遊ぶ以外は真っすぐ帰宅し、インドネシア人家政婦のナディラさんとの時間を過ごすことが多かった。

こうして、穏やかながら楽しい日常が続くが、そこに母親の姿はなかった。

姫の母親は、彼女を生んで間もなく海難事故に遭い行方不明となっており、可久士は無事を信じて漫画家収入を削ってまで捜索を続けていたのだ。

だが、姫が13歳となったある日、その事が美談として週刊誌に掲載されてしまう。

更にネットで炎上すると、可久士はこれまでのように漫画を描けなくなり、自ら筆を折るのだった。

漫画家を辞めてから4年が経ち、収入が無くなった可久士は派遣で肉体労働していたが、倉庫で雑誌運搬の業務中に崩落事故に巻き込まれ、昏睡状態に陥ってしまった。

 

・父のかくしごと

1年近くも昏睡状態が続き17歳で一人になってしまった姫は、18歳の誕生日にアパートのポストに地図と鍵が投函されているのを見つけ、そこに記されている鎌倉へ向かった。

そして、そこで父親可久士が漫画家であったことを知ると、この鎌倉の家が中目黒の自宅と同じ間取りであることから、父がここで母と自分の3人の暮らしを続けようとしていたことにも気づくのだった。

姫は何で隠していたのだろうと考えていると不意に「姉さん」と呼ばれ、そこに立っていた青年が父の隠し子と勘違いしてしまう。

よくよく話を聞くと彼の母親は可久士の義理の妹で、ここのカギと地図を投函したのが義妹だと知らされた。

彼女は父から自分に何かあったらこの家を空っぽにして売り出し、姫の養育費にしてほしいと頼んでいたとのことだった。

だが、実際は空っぽではなく全てがそのままの状態で、青年は「きっと知ってもらいたかったのだろう」と告げる。

その時、かつての担任教師の六條一子が現れ、意識が戻ったと伝えられると、姫は慌てて病院へ駆け付けるが、目を覚ました可久士から「誰?」と言われてしまう。

実は、彼には漫画家を辞める以前の記憶しか残っておらず、可久士にとって姫は10歳のままだったのだ。

 

・スタッフ再集結

7年間の記憶喪失と聞き、驚き絶句してしまう姫と友人たち。

かつてのG-PROスタッフと元担当編集も駆け付け、この事実を目の当たりにすると、可久士の記憶がどうして7年前で止まってしまったのかと疑問を抱く。

一方、記憶喪失という自覚のない可久士は姫に合わせろと騒ぎ立てており、元アシスタントの墨田羅砂が放った「姫ちゃんが今のその姿を見たら心配する」と云う一言で落ち着きを取り戻すのだった。

だが、彼は7年前に打ち切りとなっていた『風のタイツ』を描かなくてはと言い出し、すぐに現状を伝えて納得させるのは難しいと考えたスタッフたちは、病室で漫画制作することにした。

作業が始まると可久士は、18歳の姫をアシスタントの一人と勘違いするが、意気揚々とした姿を取り戻しており、活き活きとした父親の姿を初めて見た彼女は、複雑な気持ちながらも嬉しくなる。

そんなある日、姫は六條先生から「お父さんのかくしごと、本当に知らなかったの…」と問いかけられ、本当に知らなかったと答えた彼女は「ずっと父の優しさに甘えていた…また漫画を取り上げるくらいならこのままの方が良い」と話す。

しかし、六條先生はずっと忘れられたままで良いのかと問いかける。

それでも姫は静かに頷くだけだった。

漫画を描くフリが続き、次第にスタッフと姫の表情にも影が帯びてくる。

そして、可久士と二人きりになると、姫は気丈に振る舞いながら「漫画を描いている時の先生はとても幸せそう」と話しかけ、涙を流す。

すると、「俺が一番嬉しいのは姫が元気に大きく育つことかな」と反論のように答えた可久士の言葉を聞いて、とうとう姫の気持ちは限界に達した。

「やっぱり父と一緒にいたい、記憶を取り戻したい」と自分の正直な想いと向き合った姫は、病室を飛び出すと友人に付き添ってもらい鎌倉の倉庫へと向かうのだった。

 

・蘇る記憶

姫は友人たちに手伝ってもらい、風のタイツの原稿を持ち出すと病院まで運んだ。

そして、可久士に原稿を読ませる。

描いた覚えなどないと言いながらも読み進めていくと、彼は次第に記憶を取り戻していく。

すると、可久士は涙を流しながら姫に向き合い、見つめ合った彼女は「お父さん。私、18歳になりました」と声を掛けるのだった。

戸惑いながらも目の前にいた見知らぬ少女が娘だったことを思い出し、彼は原稿を隠すように「見るなー!」と騒ぎ出す。

そんな慌てふためく姿を見て、姫だけでなくスタッフたちも安堵した笑顔を見せるのだった。

 

・結末~かくしごと?

実は、美術部で活動している姫は父と同じように漫画を描き始めていたが、その事を可久士には内緒にしていた。

描く事を隠し事にするところまで、まったく同じだった。

一方、退院した可久士は、治療費を出してくれた義父で日本画の大家である戒潟魁吏(いましがたかいり)に返済する為、勝手に羅砂の仕事場を間借りして再び漫画を描いていた。

下ネタについて姫のことを気にかけながらも編集の十丸院が「下ネタ漫画家が娘に仕事隠すって話どうですか?」と提案すると、彼は誰がそんなものを読むと呆れるような言葉を投げ返す。

そんな彼は、漫画家としてかつての姿を取り戻したように見えた。

そして、仕事着姿の可久士と一緒に歩く姫は、「かくしごとは…なんですか?」と問いかけるのだった。

『かくしごと』のネタバレ

・後藤可久士・・・神谷浩史

・後藤姫・・・高橋李依

・十丸院五月・・・花江夏樹

・志治仰・・・八代拓

・墨田羅砂・・・安野希世乃

・筧亜美・・・佐倉綾音

・芥子駆・・・村瀬歩

・六條一子・・・内田真礼

・ナディラ・・・加藤英美里

・マリオ・・・浪川大輔

・古武シルビア・・・小澤亜李

・東御ひな・・・本渡楓

・橘地莉子・・・和氣あず未

・千田奈留・・・逢田梨香子

・汐越羊・・・古城門志帆

・城路久美・・・原由実

・大和力郎・・・小山力也

・内木理佐・・・沼倉愛美

『かくしごと』の登場人物

『かくしごと』 劇中歌

・オープニングテーマ

『ちいさな日々』 flumpool

TVアニメ『かくしごと』ノンテロップOP映像

・エンディングテーマ

『君は天然色』 大滝詠一

TVアニメ『かくしごと』ノンテロップED映像

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『かくしごと』の感想

久米田先生ならではの程よいギャグと、ジンワリと沁みてくる温かなストーリーのバランスが絶妙な作品だと思います。

絵のタッチも作風を活かしており、全体的に柔らかさが前面に押し出されていると感じました。

何と云ってもキャストの台詞表現が見事で、特にコメディタッチのシーンと切ない心情とのメリハリが素晴らしく、印象に残ります。

また、オープニングやエンディングが曲とマッチしていて、最終回のラストシーンは自然と涙が溢れてきました。

原作のファンでもある私にとっては良い意味で裏切られたと感じており、ほっこりとした家族愛が優しく伝わる作品で、多くの方に知ってもらいたいと思います。

『かくしごと』のまとめ

日本中の多くの方が涙した『かくしごと』は、久米田康治さんならではのギャグが織り交ぜられているハートウォーミングなコメディ作品です。

タイトルの『かくしごと』には、隠し事と描く仕事の二つの意味が籠められており、味わい深さを感じさせてくれます。

交錯する光と影のような父と娘の物語には、ある優しい眼差しが注がれており、作品全体を包む温かな多幸感が観た方の心に伝わるはずです。

TVアニメシリーズだけでなく、劇場版も合わせて楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました