女子高生の無駄づかい 無料動画配信(ドラマ アニメ1話~最終回)フル視聴

女子高生の無駄づかい 国内ドラマ

女子高生の無駄づかい(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『女子高生の無駄づかい』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『女子高生の無駄づかい』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』を無料で見る

ドラマ『女子高生の無駄づかい』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『女子高生の無駄づかい』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

女子高生の無駄づかい(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『女子高生の無駄づかい』のあらすじ
第1話『曲がれヒザ!ヒジキ!』(視聴率3.2%)

望は茜としおりに見た目はかわいくはないけど、若さを武器に彼氏を作りたいと話していたが、入学式で女子ばかりの女子高だと気づいて教師に目を向けようとした。

しかし、新しく赴任してきた担任は若くイケメンであったが、女子高生には興味はなく閉鎖的な学校という空間で、彼氏を見つけようとすることはやめなさいと忠告をしてきた。

授業中に望は真面目に迷路を書いているしおりや、授業を真面目に聞いていた茜に一緒にいてもモテないからと違う友達を探すと宣言した。

廊下であった友達は小学生に見えるためにロリとあだ名を付けたり、ゲームの世界を現実のように語るヤマイや、マジメな女子高生、藁人形を持ったマジョなどどれもありえない人ばかりだったので、望は茜としおりの元の戻った。

そして、茜には漫画好きだからヲタ、しおりには迷路を見て泣いていた感情がおかしいことからロボ、自分にはバカとあだ名を付けた。

彼氏を作るにはどうしたらいいかと茜としおりと考える望であったが、理想のシチュエーションを話しては突っ込まれる面白い女であった。

補習中に望はモテるにはどうしたらいいかを考えて一行に勉強をする気がなく、担任を困らせていた。

茜はしおりに自分の描いた漫画を見せて評価をしてもらおうと思ったら、膝が曲がっていないとの指摘を受けた。

望は茜とファミレスで勉強をしようとしたが、茜にいろんなものを混ぜたジュースを飲ませて気絶させた。

しおりにもらった水をのみながら、望は茜に漫画家になりたいと思ったらなれると言ってくれたことを思い出して、それが望のいいところであると再確認をし、3人でいると面白いのだと改めて気づいた。

第2話『着衣のまま濡れるのが好きなんです!』(視聴率3.5%)

ロリこと咲久は幼く見えることが気になっていたが、真面目に日々を送っていた。

授業で当てられても、心では悪態をついていたがそんな素振りは見せなかったのだが、望は堂々と当てられても無視をしたり反抗したりしていた。

そんな望にからかわれたロリは望に愛してくれる人は現れず孤独死するぞと叫んだ。

茜としおりと恋愛やドキドキのついて考え、好きな人を見つけようと町にいくも見つからなかった望。

茜はボカルPが新曲を出したと喜んでいたが、これがドキドキなのかと望としおりは疑問に思っていた。

ヤマイこと美波は進路のことで担任と話していたが、二次元の話で一行に進まなかったが、親に来てもらってというとすぐに文系だと決まった。

マジメこと奏はクラスの女子とは距離を置いていたが、しおりとは話したいと思っていて、望を攻略すれば仲良くなれると望を観察することにした。

放課後、雨が降ってきて傘を持っている奏のそばにしおりが来て、雨が止むまでは待てないと帰ろうとしていたので、傘を差し出した。

奏は濡れてしまうとしおりは心配をしたが、望のように笑わせようとペットボトルの水を頭からかけて濡れるのが好きなんだと話した。

茜の好きな歌手は担任であったが、顔も知らないけどお互いが元気をもらう存在であった。

傘を使ってくれて話をすることもできたが風邪をひいてしまった奏。

咲久はおばあちゃん子であったが、友達を作りたいと思っていて、望たちのお菓子を渡したり、悪態をついたりしたが、本当はお友だちになりたかったのだ。

忘れ物をしておばあちゃんが届けてくれたが、おばあちゃんは望との会話から咲久にお友だちができたと喜んでいた。

第3話『脱ぎたてのパンツの価値』(視聴率4.5%)

望は朝から女子高生の脱ぎたてのパンツの価値を茜としおりと話していたが、担任はそんな女子高生の相手に疲れていた。

美波は、服を被って前髪を咬んでしまってとれなくて、前髪を切らずに服を切った状態で授業を受けていた。

マジョこと翡翠が学校に来なくなり心配した担任が電話をすると、学校が汚い感情の人がたくさんいるからだと話してきて、担任は対応に困っていた。

転校生・リリィがやってきたが、男にはくしゃみがでるのだという。

しかし、望に触れるとくしゃみが出て、女の子なのにどうしてだろうと考えていたが、ポーチから納豆を出す望に嫌気がさしていた。

翡翠の妹だというそっくりな女子高生から姉と友達になってほしいと頼まれた望たち。

翡翠の好きなものを受け入れた望たちは、案外気があったのであった。

翌日、登校していた翡翠は望たちと友達でずっといられるように自分の髪の毛でミサンガを作って渡した。

第4話『恋とごま油とエクソシスト』(視聴率4.0%)

望は新しいリップにごま油はどうかと茜やしおりに提案したが、断られた。

リリィは女子から人気者の地位に属して満足していた。

ヤマイは保健室の先生が自分の二次元の話に付き合ってくれて嬉しくてまだ話足りないようであった。

バスで会うしおりのことが気になる男子高校生はしおりの名前は知らなかったが、どんな子なのかと望たちの会話から想像することが幸せだった。

リリィは自分よりモテている奏をからかってみようと思ったが、逆に壁ドンをされて戸惑ってしまったが、奏の性格を知り友達になった。

翡翠が死に方のあみだくじをしようと言い出して、くじを引いて楽しんでいた望たちと自然と翡翠も仲間になっていた。

それをあまり面白くなく見ていたヤマイであったが、死に方あみだくじを見て翡翠を怒らせることはしないようにしようと誓った。

茜は好きな歌手の歌を自分も歌ったと投稿したが、担任は茜の声を聞いて、あれ?と感じていた。

男子高校生がしおりに話しかけてきたが、告白ではなくしおりが読んでいた本のことで会話をしたが、男子高校生はとても嬉しそうであった。

第5話『ムダ毛の気持ちも考えろ』(視聴率2.7%)

望はしおりや茜に毛は大事なものを守るためのものであって、ムダ毛のことを理解をすることの大切さを力説していた。

ヤマイは虫歯が痛いと話保健室でしていたのを翡翠に聞かれてしまって、呪いの力で治すと言われたが、ヤマイはもっと早くに歯医者へ行けば良かったと後悔した。

茜の夢の漫画家になることを担任に話したことを怒る茜は、望と喧嘩になったが、しおりが仲裁に入り仲直りをした。

しおりに本をもらった男子高校生はしおりに本の感想と自分の親友の話をしたが、告白ではないのに嬉しそうであった。

映画館に妹と訪れた翡翠は恋愛映画ではなくホラー作品を見たかった時に、咲久が小学生に間違われていて、一緒に映画を見てみると意気投合した。

第6話『性教育はB(坊主)L(ラブ)で』(視聴率4.0%)

望はリリィの体つきが自分のような幼児体型ではなく大人のようだということに、神様は不公平だと茜としおりに話した。

咲久もリリィの体つきをどうしたらなれるのかと質問をしたが、リリィは彼と愛し合うことを話したが咲久はおばあちゃんに抱き締められていると話が噛み合わなかったので、子供の作り方をレクチャーすることになった。

茜が漫画を貸して勉強してもらうということになったが、貸した漫画はBL作品で、それを知った奏とリリィが咲久のところに向かうも、もう読んでしまっていて、咲久はBLに興味深々になりおばあちゃんに聞いていたが、はぐらかされていた。

美波は身体中に巻き付けた包帯で汗疹ができていたが、二次元の勲章と担任に言って呆れられていたが、本当はおでこのニキビを隠すカモフラージュだった。

美波は顔パネルから顔を取り出せなくなってしまいそれをバカにした望も同様に外せられなくなり、さらにはトイレに行きたくなってしまって学校にパネルをしたまま行ったので、警察が来てしまった。

同人誌即売会で新曲を売る担任とやっと憧れの人に会えると喜ぶ茜は、会場で対面をした。

かすかに茜ではないかと思っていた担任は、茜にばれないように接客をしていたが、漫画家になることが夢で担任の作る曲に励まされていると話す茜に真実を話すと茜はショックを受けた。

本当に好きだったのかもしれないと感じた茜であったが、担任よりも売れる漫画家になってやると担任に宣言をした。

第7話『バカ、留年するってよーハナクソJK最後の戦い』(視聴率4.3%)

1月の半ばに初詣をする望、茜、しおりは、望の妄想に笑っていた。

2月の節分では美波が担任にそこら辺で拾った石とまんじゅうを交換を迫って承諾されたが、もうごみとお菓子を交換しないと宣言されてしまった。

バレンタインデーの日、リリィはたくさんのチョコレートを女子からもらったが、誰かが作ったものは食べられないので、望に渡そうと考え近づくも、やはり望の行動に寒気がした。

翡翠は占い師からカモにされそうになっていたが、逆に翡翠の占いで占い師さんを占い感動の涙を流させていた。

3月、茜は新作の漫画の製作に悩み、自分と担任をモチーフにした構成を考えたり、携帯ゲームのキャラを担任に似せてしまったりしていたが、担任から前回の漫画は良かったと言われてやる気が出てきた。

新一年生の入学試験で休みの日に、みんなでピクニックをして楽しんでいると、望が担任から留年するかもしれないと言われたと話す。

茜としおりが必死に勉強を教えて、再試験当日には翡翠が眠気覚ましの怪しいドリンクを作ってきてくれた。

4月新学期の日、担任が変わらずだったが、望の姿はなかった。

望は1年の教室にいたが、間違えていただけで無事に進級をして茜としおりと同じクラスになったのであった。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』の登場人物

田中望(岡田結実)

菊地茜(恒松祐里)

鷺宮しおり(中村ゆりか)

百井咲久(畑芽育)

山本美波(福地桃子)

一奏(浅川梨奈)

九条翡翠(井本彩花)

染谷リリィ(小林由依)

ドラマ『女子高生の無駄づかい』の主題歌

Little Glee Monster『STARTING OVER』

Little Glee Monster『STARTING OVER』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

女子高生の無駄づかい(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『女子高生の無駄づかい』の感想
女性20代
女性20代

女子高生という特権がいかされていないのが面白いです。バカみたいな盛り上げ役の子やヲタのようなヲタクを愛する子は確かにいそうだと思います。ロボのようなポーカーフェイスな子もいますが、菌をペットとして飼っている子はいないのが面白いと思いました。キャラクターがとても強くて、ロリみたいな純真で小さな子やマジメのような優等生タイプは学年に1人はいる気がして親近感を持ちました。ヤマイのような中二病の子が女子高生でいたら痛い目で見られてしまいそうで、クラスに馴染めなさそうな気がしましたが、バカのクラスならみんなが温かく見守ってくれそうな気がしました。マジョのオカルトも占い好きくらいならみんなが受け入れてくれる気がします。行き過ぎたオカルトは流石に女子高生だと怖くなりそうな気がしました。担任のワセダも女子大生が好きだと初っ端から公言してしまう人なので、クラス全体がみんな少しだけ残念な感じが面白かったです。賑やかなクラスなので、飽きない気がして楽しそうだと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

女子高生というとSNSとかで賑やかなイメージがあるのですが、出てくる女子高生がみんなどこか残念すぎて面白かったです。小学校の友達のバカとヲタとロボの出会いが最高でした。バカの周りに女子しかいないのを不思議がり、初めて女子校に通っているのに気がつくシーンが笑えました。受験の時に気がついたり高校名で気がつくはずなのに、入ってからというのが、バカらしくて面白かったです。ラストでバカが留年してしまうのではないかというシーンは、普通に考えるとテストで点数が取れないので、仕方ないと思わざるを得ない気がしました。バカを留年させないためにヲタやロボ、ロリ、リリィ、マジメ、マジョたちが協力していくのが、友情を見ている感じで良かったです。バカが留年しないでまたみんなと同じクラスにいられて良かったと思いました。漫画家を目指しているヲタが大好きなボカロを歌っている低所得Pと出会うシーンはドキドキしました。憧れの低所得Pがワセダだと分かった時のヲタが切なかったです。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』のまとめ

今作はビーノ原作同名漫画が元になっており、ギャグがある学園物語で、アニメにもなっております。

女子高生のそれぞれの個性が強い今作は、見ているだけで笑えてきますが、彼女たちはふざけているのではなく本気で悩み、女子高生としての時間を過ごしていますので、こんな人もいるのかと興味を持ってもらえたらなと感じます。

個性が強すぎて担任が疲れていく姿がまた笑えてしまい、ストレスでお疲れの人にこの作品を見て、たくさん笑ってストレスを発散してほしいおすすめの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました