女王の教室 無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

女王の教室(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『女王の教室』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

主演を務める天海祐希さんの黒ずくめ姿が印象強い『女王の教室』は、これまでの学園教師ドラマとはほぼ対極な演出が大きな反響を呼んだ話題作です。

数々のヒット作で知られる遊川和彦さんが脚本を手掛けており、これまでも問題提起するような作品が多かった遊川さんらしい社会風刺色の強い内容となっています。

この物語は、悪魔と称される鬼教師と小学6年生の生徒たちとの卒業までの一年間の戦いを描いており、生徒役として出演されている子役の中には、俳優として現在も活躍中の方が見られます。

各話のオープニングで、出演者がアバンタイトルを読み上げるという独特な演出で幕が開ける24名の小学生の成長物語にご注目下さい。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

女王の教室(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『女王の教室』のあらすじ・ネタバレ

・黒ずくめの先生

小学校6年生となった神田和美のクラスは、新任の阿久津真矢という女性教師が担当する事になっていた。

だが、始業式には時間の無駄と出席しておらず、和美を含めたクラスの生徒たちは、聞いていた彼女の噂からどんな先生なのかと期待と不安でいっぱいだった。

そんな彼女は、2年間ほど教育現場を離れていたようだが、それまで受け持ったクラスでは必ず全員が成績を向上させており、私立中学への合格者も多かったらしい。

そして、教室の扉が開き姿を見せたのは、全身黒ずくめの無表情で冷たい感じのする女性。

彼女は簡単に名乗ると、唐突に「それではテストを始めます」と告げるのだった。

 

・支配された教室

テストの点数が悪かった二人が雑用をすべてこなす代表委員となると、真矢は説明した。

有無を言わさず始まったテスト中、和美は筆箱を落として鉛筆全部の芯が折れて使えなくなってしまう。

幼馴染で隣の席の真鍋由介が鉛筆を貸してくれようとするが、それに気づいた真矢は咎め禁ずるのだった。

結果、和美は0点となり、由介と共に代表委員となるのだった。

その後、和美は自分の失敗から成績トップの進藤ひかるを巻き込んでしまう。

和美の代わりに代表委員になったひかるを手伝おうとするが、真矢は先に手を打っていた。

どうしようもないまま日が過ぎると、ある日遅刻しそうになった和美と由介がきっかけで、持ち物検査となり、和美の親友である恵里花の『たまごっち』が没収されてしまう。

これまでの真矢の行動に不満が募っていた恵里花は、抗議してもらおうと母親に言いつける。

この事で和美の母親など数人が学校へ抗議に訪れるが、真矢は落ち着いた表情で一人ずつと面談していく。

すると、抗議に来た母親たちは真矢の説明に諭され、納得して笑顔で帰っていった。

和美たちから見ると理不尽に思えることが、すべて教育に必要だと認められたという事になり、真矢はいくら逆らったって無駄と口にすると「私はあなた達のことすべて知っている」と言ってのけるのだった。

そんな真矢に抗うように「知られて困ることはない」とバカにして告げた由介でさえ、心の傷となっている両親のことを暴露されて力尽きたように蹲ってしまう。

結局、皆はこの教室が彼女の支配下にあると、諦めるようになっていくのだった。

 

・通じない

それでも和美たちはあまりの横暴さに耐えかねボイコットを計画するが、ことごとく潰されてしまう。

真矢はあらゆる手段で反抗の芽を摘んでいったのだ。

生徒の家を訪問して内申点をダシに餌を撒く、あるいは生徒の失態につけ込むなど、とにかく握った弱みをすべて利用して、仲間だったはずのクラスメイトを監視係やスパイに変えていく。

こうして、ボイコットを呼びかけた和美は、いじめの標的となってしまうのだった。

だが、納得のいかない彼女は、学校に来なくなっていた由介を奮い立たせるなどして立ち向かっていく。

 

・夏休み~卒業制作

本来なら登校しなくてもいい夏休みだが、あなた達に夏休みは無いと宣言した真矢の思惑通りに事が進み、気づけば出席していた受験組と和美たちストライキ組のグループにクラスは二分されていた。

そんな2グループの溝は日に日に深まっていき、ついには些細な争いから由介が受験組のトップ西川に怪我をさせてしまう。

だが、このことがきっかけとなり、由介の素直な謝罪を受けた受験組との蟠り(わだかまり)が解け始め、一つにまとまり始めたクラスは卒業制作に向けて話し合いをする。

こうして、友という字の上にクラスメイト全員の似顔絵が書かれた卒業制作は完成するのだが、達成感に満ち溢れる彼等に向かって真矢は「三者面談にて将来について話し合います」と告げるのだった。

 

・本当の気持ち

本当のあなた達を知ってもらうと話す真矢は、テストの成績やこれまで親に隠してきた彼等の秘密や嘘を記した資料を配り、従わなければ三者面談ですべてを開示すると脅すように告げてきた。

最初の三者面談は、どの生徒も同じように親と意見の違いで揉めることが多かった。

和美は私立か公立で揉めており、真矢は「いい加減に目覚めなさい。親なんて所詮、子供を自分の言いなりにさせたいだけ」といつものように言い放つ。

そんな中、和美はふと気づいたように話し出す。

「親が私たちのこと何もわかってないと思っていたけど、私たちは分かってもらえる努力をしていたかな?きっと親から逃げちゃいけないんだよ。」と呟くのだった。

そして、授業参観の日、真矢が「子供たちから伝えたいことがあるそうです」と切り出すと、和美を皮切りに次々とクラスメイトが自分の本当の気持ちを話し始め、親との蟠りを解いていくのだった。

 

・真矢の過去

こうして親子共々、満足気な授業参観が続けられている中、学校に教育委員会の西郷という人物が訪れ、阿久津真矢が生徒に虐待しているという書き込みがHPにあったと告げる。

教育委員会が調査していることを知った真矢は、これまで以上に生徒へ厳しく接するようになっていく。

それに対して優等生のひかるは「先生と戦うなら自分たちがしっかりしなきゃいけない」と声を掛け、クラスメイト皆が気を張り直すのだった。

そんなある日、西郷が授業の様子を伺いに教室を訪れ、ひかるを筆頭に生徒たちは真矢に質問をぶつけていく。

どうして勉強するの、どうしていつも厳しいのなど。

すると、真矢はゆっくりと答えていく。

「勉強はしなきゃいけないものではなく、したいと思うもの、勉強は受験の為にするのではなく、立派な大人になる為にするものです。」と話す。

そして「世の中には、私があなた達にしてきたこと以上に理不尽でひどいことが沢山ある。大事なのは自分達がそういった仕打ちに合った時に、耐える力や解決する方法を身につけているかということなのです。」と真意を明かすのだった。

こうして、これまでの言動の本当の意味を聞いた生徒たちは、由介の質問をきっかけに真矢の過去についても知ることになった。

それは、彼女が以前勤めていた学校で、暴力を振るいイジメを繰り返す男子生徒に対して何度も注意と反省を促したが正すことが出来ず、最終手段として他人の痛みを教える為に、暴力で訴えたと云う事だった。

そのせいで真矢は2年間教職を離れ再教育センターに行っていたとの事で、今回の調査を機に学校側は彼女の辞職を考え始めていた。

そんな折、これまでの疲労がピークに達した真矢は教壇で倒れてしまうのだった。

 

・結末

彼女が倒れたことで辞職の話が現実味を帯びてくる。

和美たちは真矢のお見舞いで病院を訪ねるが姿はなく、自宅も蛻(もぬけ)の殻だった。

連絡も取れずどうしても真矢に会いたい彼等は、偽の援助交際事件を企てるが、計画とは違って思惑通りにいかず窮地に追い込まれてしまう。

しかし、そこに真矢が現れ、自らの身を犠牲にしながらボロボロになって助けてくれるのだった。

翌日、痛々しい姿で教室に現れた彼女だが、教頭と校長にこの学校を辞めてもらうと連れ出されそうになる。

そんな真矢に対して、生徒たちは「先生がいないと不安」と口にする。

すると、彼女は「人生に不安があるのは当たり前、大事なのはそのせいで自信を失い、根も葉もない噂に乗って人を傷つけないこと」と忠告すると、「今しかできないことをやって中学に行きなさい」と言い残して去っていくのだった。

そして、彼等の卒業式の日、職員室には学校を去ったはずの真矢の姿があり、彼女は和美たち生徒の名を一人ずつ口にしながらパソコンのデータを削除していた。

その作業を終えた真矢は、誰もいない6年3組の教室を訪れていた。

すると、足音が近づいてきて和美たちが姿を見せ、教頭から今日来ることを知らされていたと話しながら、彼等は卒業制作を見せる。

その卒業制作は前の時とは違って、友の文字の横に真矢の姿が描き加えられてあった。

24人の卒業生たちは、涙を流しながら感謝の気持ちを伝えていく。

そんな生徒たちに真矢は「いつまで感傷に浸っているの?もうここはあなた達のいる場所じゃないでしょう?早く中学校に行きなさい」と告げて立ち去っていった。

4月になり、中学生になった和美は通学路を走りながら真矢の姿を見つけると、「アロハって沢山の意味があるんですよ、先生アロハ!」と元気に声を掛ける。

すると、真矢は優しく微笑みながら歩いていくのだった。

『女王の教室』の登場人物

・阿久津真矢・・・天海祐希

・神田和美・・・志田未来

・真鍋由介・・・松川尚瑠輝

・神田章子・・・羽田美智子

・神田武・・・尾美としのり

・神田優・・・夏帆

・佐藤芳江・・・黒田福美

・進藤麗子・・・奥貫薫

・真鍋恭志・・・篠井英介

・真鍋真由美・・・酒井若菜

・近藤校長・・・泉谷しげる

・天童しおり・・・原沙知絵

・並木平三郎・・・内藤剛志

・天童喜一・・・平泉成

・進藤ひかる・・・福田麻由子

・田中桃・・・伊藤沙莉

『女王の教室』の主題歌

・主題歌

『EXIT』 EXILE

・オリジナルサウンドトラック

『女王の教室 オリジナルサウンドトラック』 池頼広

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『女王の教室』の感想

・自分がこれまで観たドラマの中で一番心を動かされた作品で、ほぼ同世代だったのでより印象に残っています。

・終始緊張感に包まれており、これまでの熱血教師感がないのが斬新で面白かった。

・あの真っ黒で無表情な先生が、最後に優しく笑ってくれたのがとても印象的でした。

・ただ何も考えずに学校を通っていた時期で周りにも流されやすかった自分にとっては、これまでの生活を考え直すきっかけとなった作品です。

・あの阿久津真矢VS6年3組の生徒という構図が面白くて、話が進むにつれ成長していく姿が楽しみだった。

・当時は中学生、今ではアラサーの自分ですが、当時とは感じ方が違って今でも大好きな作品です。

・現実は理不尽で不条理なことばかり、それに抗う為の教育という着眼点に驚き、衝撃を受けたことが今でも忘れられず、観直しても変わらない面白さにあらためて驚嘆した。

・昔は観ていて自分が同じ目に遭っているような気がしてつらかったですが、大人になった今ではそういったことから目を離さず赤裸々に描かれていることに感心するしかなかったです。

・大人と子供、先生と生徒、この関係性で展開される駆け引きの面白さが、印象に残っています。

・小学生が中心なので子供向きと思われがちですが、本当にこのドラマの面白さが理解できるのは大人だと思う。

・本当の意味で生徒に対して真摯なのは、こういう厳しさを教えてくれる教師なのだと感じました。

・阿久津真矢のように世間に媚びず、モンスターペアレンツにも負けない教師が実在してほしいと思った。

・教職に永年携わってきた身として非常に興味深かい作品だった。

『女王の教室』のまとめ

社会的に反響の大きかった『女王の教室』は、天海祐希さんの代表作の中でも未だに人気の高い作品です。

まさにハマリ役と云った感じで、あの黒ずくめの衣装を身に纏った彼女の姿は、強く印象に残っています。

これまで小学校を舞台としたドラマのほとんどが熱血教師と生徒という関係性だったのに対し、鬼教師と怯えながらも抗う生徒という斬新な設定はとてもインパクトがありました。

何といっても教師と生徒の駆け引きが見どころで、きっと緊張感に包まれた世界観に惹きこまれることでしょう。

向き合うべきテーマが織り込まれており、ご家族揃って観てほしい作品です。

あらためて教育や将来について考え直すきっかけとしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました