医龍 無料動画配信(続編ドラマ1 2 3 4 5)フル視聴/再放送

国内ドラマ

医龍(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『医龍』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

同名タイトルの人気漫画を原作としたTVドラマ『医龍-Team Medical Dragon-』は、坂口憲二さん主演の話題作です。

一般的には『医龍』の略称で呼ばれており、実力と人気を兼ね備えた俳優陣が揃い、好評を博しました。

シーズン1はほぼ原作に忠実な形で描かれていますが、シーズン2以降は原作をモチーフとしたオリジナルストーリーで展開されています。

2014年のシーズン4を最後に放送は終わっていますが、今も尚、シーズン5の制作を心待ちにするファンが多い作品です。

それでは、チームドラゴンの勇姿を簡単なあらすじと共に振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

医龍(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『医龍』のあらすじ・ネタバレ

・シーズン1

かつてMSAP(万人のための医師団)にて、世界最高の救命救急チームの陣頭指揮を執ってきた天才外科医の朝田龍太郎。

教授命令に背いてまで戦場で数多くの命に向き合ってきた彼だが、今はそのせいでどの病院からも雇ってもらえず、ヒモのような生活を送っていた。

そこに、明真大学付属病院胸部心臓外科の助教授である加藤晶が訪れ、バチスタ手術の執刀医として彼を誘う。

彼女の目的は教授選に勝つための論文作成で、オペの実例が欲しいと云うことだった。

加藤の申し出を受け入れた朝田は、気心の知れた看護師の里原ミキを始め、加藤はもちろんのこと研修医の伊集院登、そして循環器内科医の藤吉圭介をチームに引き入れていく。

彼等は大学病院の覇権争いに巻き込まれてしまうが、朝田の心臓を触診して変性部位を見つけ出すという驚異的な能力と、天才的なオペ技術で困難なバチスタ手術を成功させる。

だが、本当に素晴らしいのは朝田の技術を活かすチームワークだった。

そして、非人道的な方法で論文作成に携わったという黒い過去がある天才的な麻酔科医の荒瀬門次を加えたチームドラゴンは、わずか生後9カ月の子供を新バチスタと言っても過言ではない術式で救うのだった。

 

・シーズン2

新たなバチスタ手術を成功させた後、解散となったチームドラゴン。

朝田は以前のように難民キャンプを回りながら幾つもの命と向き合っており、加藤と藤吉もすでに明真大学付属病院を去っていた。

チームドラゴンのメンバーで明真に残っていたのは伊集院と里原、そして荒瀬の3人で、荒瀬に関してはすっかり覇気を失っていたのだった。

明真大学付属病院は、彼等のチームが解散して以降、患者が激減しており経営危機に陥っていた。

そんな時、帰国した朝田が事故で重傷を負った医療ジャーナリストと名乗る片岡一美を救う。

彼女は外資系投資会社の重役で、地方の北洋病院のオーナーでもあり、明真大学付属病院の再建を図る野口賢雄とはビジネスパートナーとして深く繋がっていた。

その後、二人の描くメイシンメディカルシティー構想に振り回された朝田、伊集院、藤吉の3人は北洋病院に左遷されるも、そこで新たなチームドラゴンを結成していく。

だが、新たなメンバーは問題だらけだった。

医療ミスの責任を押し付けられ外科医を怖れる臨床工学技士の野村博人。

天才的な技術を持つも感情の起伏が激しく、手術を自分のオペ技術を披露する場としか考えていない血管外科医の外山誠二。

日本初の非適合生体肝移植を成功させながら、自分の功績だけの為に論文改ざんを行った過去を持つ松平幸太朗。

わずかな心雑音から異変を感じ取ることが出来、あの荒瀬でさえ一目置く存在ながらも、最後までチーム入りを拒んでいた麻酔科医の小高七海。

全員一癖のある人材だが、朝田との出会いを経てそれぞれが問題を克服し、難手術に臨んでいく。

そして、難手術を成功させたチームドラゴンの評判があがると、彼等は明真大学付属病院へと戻され、再び困難な心臓移植手術に挑む。

ところが心臓を受け取りに行った伊集院がハプニングに見舞わてしまい、暗雲が立ち込めるも朝田たちは何とかオペを成功させた。

こうして、明真大学付属病院は経営危機から逃れるも、暗躍が過ぎた野口は自身のスキャンダルにより病院を去り、アメリカへ逃亡していったのだった。

 

・シーズン3

あれから数年経つが、野口のスキャンダルによる悪評で明真大学付属病院の患者は激減しており、朝田が去ったこともあって、外科医の低レベル化は深刻な問題となっていた。

新学長に赴任した鬼頭笙子は、会見で教育、臨床、研究に重きを置き、医療界のミシュランと云われるIMA取得を目指すと告げる。

一方、朝田は戦地での奮闘を続け、あの加藤はアメリカでそのオペ技術の高さを見せつけ外国人医師たちを驚かせていた。

そんな中、鬼頭は地方病院に勤める藤吉を訪れ、明真に戻って再生医療研究の完成を目指すよう声を掛けており、朝田と加藤も呼びかけに応じるように戻り、医局員の中でチームドラゴンの復活が噂される。

だが、麻酔科医の荒瀬は、1年前に執刀医のミスで患者が亡くなったのをきっかけにオペに参加しなくなっていた。

そんな彼は加藤や藤吉の説得にも応じず、その後、心筋梗塞を起こし命の危機に陥ってしまう。

それを救ったのはカテーテル治療のスペシャリストである黒木慶次郎。

彼はあの野口がチームドラゴンの壊滅の為にアメリカから呼び寄せた循環器内科医だった。

黒木の腕は確かなもので、彼の評価があがるにつれ明真大学付属病院は活気を取り戻すが、外科医は要らないとの声に加藤は苛立ちを隠せず、伊集院は不安を覚えていった。

そんな折、拡張型心筋症の13歳の少年がやって来るが、検査の結果、あの朝田でも手が出せない事がわかり、その少年は自殺を図る。

だが、それに気づいた朝田が自らの命を顧みず彼を助けるが、瀕死の重傷を負い心停止してしまう。

自分の力不足に怯えながらも、覚悟を決めて執刀する伊集院。

そして、ほぼ絶体絶命の状況から一命を取り留めるも、朝田は記憶を失っていたのだった。

その後、彼は徐々に記憶を取り戻していくが、一時的なショックから過去のトラウマが蘇り、PTSDにより右手の震えが治まらずメスを握れない。

「外科医ではない朝田に必要性は感じない」と鬼頭に言い捨てられる中、容体が急変したあの少年の命を救うべく、朝田は復活を遂げるのだった。

こうしてチームドラゴンとしても再起を見せ始めたある日、朝田と伊集院は黒木の過去を知ってしまう。

彼はある医療ミスの責任を押し付けられたことで医局を追放されており、医者としてはアメリカに行くしかなく、その頃から慢性骨髄性白血病にも冒されていた。

だが、病気のことは伏せていて、オペ中にそれが原因で大きなミスを犯すが、朝田に助けられると互いに認め合うのだった。

その後、白血病の急性転化により体調を崩し倒れた黒木は、最期にチームドラゴン入りを懇願し、朝田は「すでにチームの一員だ」と告げる。

そして、黒木のカテーテル技術は一時的に彼のチームに参加していた伊集院に受け継がれ、チームドラゴンは最終的に3つの命を同時に救うという奇跡を見せたのだった。

 

・シーズン4

あれから再び日本を離れていた朝田は、とある紛争地域でMSAPとして不十分な医療環境下のなか奮闘を続けており、同じように他のチームドラゴンの面々も、それぞれの環境で患者と向き合っていた。

一方、最先端設備を整える大病院のL&P病院に若い研修医が集まるなか、同じ地域に古くからある桜井総合病院には研修医の一人も来ることなく、医師不足に悩まされていた。

この病院では院長の桜井しか医師はおらず、患者の流出も防ぐことが出来ない状況だった。

そんなある日、L&P病院で断られた急患が運ばれてくる。

あまりにもひどい症状に手の施しようがないと諦めかけた時、朝田が姿を現すのだった。

桜井は朝田の恩師にあたり、ここで働くことを決めた彼は加藤、伊集院、荒瀬、藤吉の元を訪れ、チーム再結成を呼びかける。

だが、最先端医療の心筋シートの研究を行いながら拡張型心筋症である6歳の少女の治療にあたっている藤吉が移籍するのは難しく、彼を除いた4名で再始動するのだった。

その後、その少女の手術における心筋シートの認可を巡り、藤吉はL&P病院へ移籍せざるを得なくなり、更に、荒瀬、加藤、伊集院と次々と引き抜かれていってしまう。

L&P病院の背後には敏腕経営コンサルタントの岡村征と顧問にはあの野口の存在があり、手段を選ばず腕の良い医者を集めていたのだ。

そんな中、倒れた桜井の脳と胸部に巨大な動脈瘤が見つかり、朝田は両方を同時に手術しなければならないという困難な状況に追い込まれてしまう。

そして、一流の脳外科医を見つけられないまま、容体が急変し危険な状況に陥るのだった。

荒瀬らが反対するなか、一刻を争う状況に朝田は自分が両方を執刀すると告げ、チームドラゴンは手術に臨む。

藤吉は、この難しい脳の動脈瘤のオペが出来る脳外科医が1人だけいると告げており、それは、あの岡村の事だった。

かつて、アメリカで天才脳外科医と云われていた彼だが、婚約者を周産期心筋症で亡くしたことをきっかけに医者としての道を閉ざしていたのだ。

10年ぶりにメスを握った岡村だが、困難な状況にも屈せず脳内でバイパス手術を施すという高難度の術式を成功させ、朝田も胸部の動脈瘤手術を終える。

またも奇跡を起こしたチームドラゴン。

岡村は朝田からチームの一員として認められるが、これが生涯最後の手術とコンサルタント業に専念すると告げる。

その後、朝田は桜井総合病院の院長に就任し、伊集院はチームドラゴンで培った知識を伝えるためインドへの派遣を希望し、加藤、荒瀬、藤吉は変わらず医療の道を邁進していくのだった。

『医龍』の登場人物

主人公

・朝田龍太郎・・・坂口憲二

チームドラゴン

・里原ミキ・・・水川あさみ

・伊集院登・・・小池徹平

・藤吉圭介・・・佐々木蔵之介

・加藤晶・・・稲森いずみ

・荒瀬門次・・・阿部サダヲ

・野村博人・・・中村靖日

・外山誠二・・・高橋一生

・松平幸太朗・・・佐藤二朗

・小高七海・・・大塚寧々

・黒木慶次郎・・・遠藤憲一

・岡村征・・・高橋克典

その他主要キャスト

・鬼頭笙子・・・夏木マリ

・野口賢雄・・・岸部一徳

・木原毅彦・・・池田鉄洋

『医龍』の主題歌

『医龍-Team Medical Dragon-』 主題歌

・シーズン1

『Believe』 AI

・シーズン2

『ONE』 AI

・シーズン3

『未来への扉』 DEEP

・シーズン4

『青い龍』 EXILE ATSUSHI

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『医龍』の感想

・あの音楽が流れると、あぁ来たという感じでワクワクしてしまう。

・朝田が1人1人をリスペクトしているのが感じられて、それによって個人の可能性が広がっていくところが面白い。

・とにかく手術シーンがすごくて、あの緊迫感はなかなか味わえないと思います。

・各キャストの演技が素晴らしく、どのシリーズも惹きこませてくれる。

・全シリーズを通して映像に迫力があり、音楽も印象に残る。

・あれだけ直向きな姿を見せられると、フィクションとはいえ自分自身に向上心が生まれてきた。

・本当にこんなチームと医者がいたら良いのにと思ってしまった。

・何度観ても身震いしてしまう。

・原作ファンなのでシーズン1が個人的にはとても好きで、イメージを崩されることなくそれ以降も楽しく観ることが出来た。

・ベタな展開なのですが、不思議と斬新さを感じさせてもらった。

・何も知らずに初めて見たのですが、あらためて原作を知りたくなった。

・専門用語だらけで初めは抵抗があったのですが、気づいたらそんなことも忘れるほど夢中になっていた。

・あまりの迫力に気圧されてしまった。

・「誰に言ってんだ」という朝田のセリフがとても印象的。

・豪華キャストで見応えのある作品でした。

『医龍』のまとめ

主人公朝田の独特なシーンが印象的な『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズは、原作の根強いファンからの支持が多い作品です。

シーズン2以降は全てがTVドラマ用のオリジナルストーリーにも拘わらず、原作に似たシーンもあり好評を得られたことが大きな要因だと思われます。

とにかく坂口憲二さんがハマっており、緊迫感のある世界観に惹きこんでくれるでしょう。

いつもでも色褪せることのない本格的な医療ドラマをお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました