家売るオンナ 無料動画配信(ドラマスペシャル続編 再放送)フル視聴/ 

国内ドラマ

家売るオンナ(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『家売るオンナ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

北川景子さん主演の日本テレビ系列のドラマ『家売るオンナ』は、放送終了1時間後という異例のスピードで香港、フィリピン、タイ、インドネシア、カンボジアに海外放送されたことが話題となりました。

また、更に1週間後には韓国、台湾、アメリカでも放送され、積極的に海外発信された作品です。

1話完結で展開していくコメディドラマで楽しみやすいとの声が多く、主人公の行動が本当にスカッとすると好評を博しました。

私に売れない家はないと豪語する個性的なキャリアウーマンの姿に注目です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

家売るオンナ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『家売るオンナ』のあらすじ

成績不振に悩むテーコー不動産の屋代営業課長は、営業成績下位の社員のケツを叩くが、なかなか実績が上がらない。

そんな時、他の営業所から常にトップクラスの営業成績をあげている三軒家万智がチーフとして異動してくる。

私に売れない家はないと豪語する彼女は、パワハラギリギリのスパルタ指導を行う傍らで、自らもどんどん家を売りまくっていく。

すると、周りの社員も影響を受け、次第に営業所の成績が上がり始める。

しかし、営業所の評価が上がる一方で、屋代と三軒家は、本社が推し進める再開発計画に対して異論を唱えていくのだった。

『家売るオンナ』のネタバレ

Scene1

・三軒家万智

2020年の東京オリンピック開催が決まり活気づく不動産業界。

だが、テーコー不動産新宿営業所では住宅販売の営業成績が振るわず、課長の屋代大は頭を悩ませていた。

特に庭野聖司と白洲美加の二人の出来が悪く、若手エースの足立聡だけが頼りだった。

そんな時、三軒家万智が異動してくる。

彼女は在籍していた目黒営業所の成績を倍にしたやり手の営業チーフで、「私に売れない家はない」と豪語するのだった。

・超スパルタ

新宿営業所にとってはお荷物の営業社員二人。

販売意欲がなく勤務態度が不真面目な成績最下位の白洲美加と、真面目な性格だが綺麗事ばかり口にする下位から2番目の庭野聖司のことだ。

三軒家は白洲から自宅の鍵を取り上げると、看板をぶら下げたサンドウィッチマンのような恰好をさせてアポが取れるまで街中に立たせ、ガムテープで椅子に固定して顧客名簿全部に電話させるなどパワハラまがいの行為に出る。

更に、庭野には厳しい条件を突きつける頑固な客の対応をさせるのだった。

そんな中でも、三軒家自身はあらゆる手段を駆使して契約をとっていた。

結局、白洲は内見のアポを取り付けるも客にすっぽかされ、庭野も三軒家の知識と工夫を見せつけられただけだった。

 

Scene2

・怪しい老夫婦

会社帰りの三軒家の後をつけた庭野は、彼女が、一家8人惨殺事件のあった事故物件に住んでいることを知り驚いていた。

そんな中、住み替えを希望する60代の城ヶ崎夫妻を、庭野が担当することになった。

売却予定の自宅査定に訪れた彼は、二人暮らしという割には、誰もいないはずの2階からトイレの水が流れる音がすることや、予算の上限が査定額の半分に拘る様子に不信感を抱いてしまう。

・引き籠り

住み替え先についてなかなか話が進まないのを気にかけた三軒家が同行すると、彼女はわざと火災報知器を作動させ、同居人である一人息子がいることを突きとめるのだった。

息子の良樹は20年以上引き籠っており、夫妻は彼の為にお金を残そうとしていたのだ。

事情を知った三軒家は、2LDKと1LDKを1室ずつ購入することを勧め、1LDKの方を賃貸物件として扱い家賃収入を得るプランを提案する。

また、同時に庭野を通じて最強の引き籠りプランを良樹に提示するのだった。

こうして三軒家のプランを受け入れた城ヶ崎一家は引っ越しを済ませ、引き籠りながらも大家となった良樹はこのことをブログに綴り、一躍人気ブロガーとなると書籍化されベストセラー作家となった。

 

Scene3

・捨てられない女とミニマリストの男

三軒家がやって来てから新宿営業所の営業成績はうなぎ上りで周囲も活気づいていた。

そんな時、今住んでいるマンションの部屋を売りたいと話す歯科衛生士の夏木桜が訪れ、三軒家が相談に乗り査定に向かうと、その部屋はごみ屋敷そのもので、とりあえずレンタルルームを手配して内見できるようにした。

一方、一軒家を手離して都心のワンルームに住み替えたいという保坂博人も三軒家が担当となり、彼が極端なミニマリストだとわかる。

そんな彼に夏木の部屋を紹介すると、二人は元恋人同士だった。

・極端な二人の結論

ライフスタイルの違いから破局した二人だったが、互いのことが嫌いで別れたわけではなく、もう一度向き合おうと考えなおす。

その二人の意向を尊重するように考えた三軒家は、二人に三階建ての狭小住宅を勧める。

そして、1階はミニマリストの保坂、3階は捨てられない女の夏木が使い、それぞれのライフスタイルを崩さず暮らせるようなプランを提案した。

このプランに納得した二人は購入を決めるのだった。

 

Scene4

・屋代と三軒家

個人の営業成績トップとなり表彰された三軒家。

呼応するように新宿営業所も全営業所内で2位と急浮上しており、彼女と共に授賞式に出席していた

屋代は、南青山にあるマンション最上階の一室を売るように命じられた。

彼はその部屋をカリスマ料理研究家の沢木峰乃に売ろうとするが、主催する婚活クッキングスクールに若くて綺麗な女性を連れて参加してほしいと告げられてしまう。

屋代が同伴する相手に困っていると三軒家が名乗りを挙げ、これまでの婚活が上手くいかなかったことを明かす。

仕事同様に何でも一人でこなす彼女は、容姿に恵まれているにも拘わらず、今回も男性を寄せ付けない。

そんな彼女をフォローしようと飲みに誘った屋代だったが、酔い潰された挙句にキスしてしまうのだった。

・ホームレス?

白洲は家を購入したいと訪れた知り合いの男性がホームレスと思い込み、追い返してしまうが、三軒家から外見で判断しないと咎められ紹介する。

その男性は家電量販店チェーンの創業者であり会長の富田だった。

自身がかつてホームレスだったことを明かした三軒家は気に入られ、彼に見合う物件を見つけるように依頼される。

一方、屋代は沢木から破産寸前であることを打ち明けられており、彼女の自宅の売却先を探していた。

三軒家は、富田が最期に竈で炊いた白飯を食いたいと口にしていたことを覚えており、竈のある沢木の自宅を勧めた。

すると、大喜びした富田は3億円で即決し、沢木も負債が返せると安堵する。

そんな沢木は、屋代と三軒家の二人に「お似合いよ」と声を掛けるのだった。

 

Scene5

・庭野と白洲

新宿営業所で営業成績下位のままの庭野と白洲。

庭野は三軒家が異動してきてから営業所の雰囲気が変わったことにストレスを感じており、契約件数ゼロの記録を更新中の白洲は相変わらずお荷物のまま。

そんな白洲を鍛えるために三軒家は木造アパートを中心にポスティングを命ずる。

だが、意欲のない白洲は、ある程度配り終えるとすぐにサボろうとしてしまう。

一方、フリージャーナリストの独身女性、日向詩文を担当していた庭野は、都心で駅近くの物件を希望する強気な彼女に振り回されていた。

そんな時、出版社で校閲を担当する地味な独身OLの草壁歩子が訪れ、白洲のポスティングしたチラシの誤字の無さに感心しながら購入物件について相談してくるのだった。

・アリとキリギリス

三軒家がチラシに掲載されていた4100万円の物件を紹介し草壁との契約を済ませていたが、それに気づかず庭野が同じ物件を日向に勧めてしまう。

その物件を気に入った彼女は、契約済みであることを説明しても契約者が草壁であることを知るとムキになり、頑なに譲らない。

あまりの強引さに困り果てた庭野だが、何とか同じマンションで空き部屋を見つけて順調に話を進めていく。

しかし、本契約目前で草壁、日向の二人共が購入を止めると言い出し、三軒家が童話の『アリとキリギリス』を持ち出して、別解釈でそれぞれの説得に成功した。

結果としてまた三軒家に助けられた庭野は、彼女の過去を知り同情するのだった。

 

Scene6

・元エース足立聡

三軒家が来るまで新宿営業所のエースだった足立聡は、成績トップの座を奪われ焦っており、担当顧客まで奪われたことに抗議するが彼女は意にも介さない。

そんな時、三軒家は殺人事件のあった事故現場を引き受け、足立はかつて奥さんと暮らす為の一軒家を紹介した老舗和菓子屋の宮澤和之から愛人の為のマンションの相談を受ける。

事故物件を嫌がる白洲を同行させて現地販売会を行った三軒家は、客から物件について説明を求められ、正直に答えた白洲をフォローするが逃げられてしまう。

だが、その後機転を利かした彼女は、オペ室で働く看護師に購入させた。

一方、宮澤からの依頼に気の進まない足立は、宮澤の奥さんが会社に乗り込んできて責められたことをきっかけにヘッドハンティングされた保険会社への転職を考え始めるのだった。

・足立の選択

妻との暮らしを選んだ宮澤と、手切れ金代わりのマンションを拒否する愛人との間で揺れる足立は落胆しており、三軒家から思い上がりを指摘される。

自分が売った物件のことで幸せや不幸を推し量ること自体が自惚れと告げられ、ハッとした彼はその言葉に後押しされるように愛人を説得しこの件を解決させた。

そして、不動産屋であり続けることを決意し、ヘッドハンティングを断るのだった。

 

Scene7

・白洲家

新宿営業所に突然、白洲の母親貴美子がやって来て、父親の保が好きな人がいるからと離婚届を置いて家を出ていったと話す。

保の本気を感じた貴美子は一からやり直す為に家を手放すと告げ、売却を持ち掛けてきた。

両親の離婚に反対の白洲は説得を試みるが、頑として貴美子の気持ちは変わらず、三軒家は売却の為に査定を開始するのだった。

建物自体が古く価値が低いので、彼女が更地で5千万円の売却案を提示すると、貴美子は同意するが、白洲は家付きで売却することに拘る。

そんな中、保が帰ってきて離婚を取り下げたいと話し、白洲ももう一度考え直すように促すが、貴美子の意思は固く、離婚届は提出されてしまった。

・不動産屋は家を売るのが仕事

思い出が沢山ある家を売らないでほしいと白洲は、三軒家に訴えるが聞き入れてもらえない。

土地の所有者はあくまで母親の貴美子であると主張する彼女は、「お客様が希望するなら、家を売るのが不動産屋の仕事です」と白洲に言い聞かせるように告げる。

それでも諦めきれない白洲はチラシを配り家付きで販売しようとするが失敗に終わり、結局土地の買い手が決まってしまう。

すると、建物解体の日に彼女は家に立て籠もるのだった。

・変わる関係

頑なに立て籠もる白洲に「過去から自分を解放しなさい」と三軒家は説き伏せた。

その後、一人暮らししている貴美子の新居を訪れた白洲は驚いてしまう。

何故なら双眼鏡で覗けるほどの近くに保が暮らしており、しょっちゅう一緒に食事をするなど仲良くなっていたからだ。

どうやら程よい距離感となったことで、夫婦でなくとも新たな関係性が芽生えたようで、白洲は呆れたような笑顔を浮かべるのだった。

 

Scene8

・元妻とお天気お姉さん

突然、屋代の元妻理恵が営業所に訪れ離婚したと告げると、慰謝料として2番目の夫からもらった家を売りたいと申し出てくる。

ややこしくなるのを嫌がった屋代は他の営業所に回そうとするが、三軒家が売ると言ってくると、やっぱり自分で売り手を探すと前言を撤回する。

一方、足立は日本一可愛いと評判のお天気お姉さん前原あかねの担当となり、希望する4LDKの物件を探す。

世間のイメージとは違って前原はやさぐれており、マネージャーの津田と結婚もしていた。

そんな津田は、足立に不安を感じて屋代に担当替えを申し出て、三軒家が担当することになるのだった。

・最適を求める

前原と津田の関係性は夫婦というよりは、我儘な女性と家政夫といった感じで、自分の存在価値に寂しさを感じていた津田は不倫していた。

三軒家がその情報を掴むとほぼ同時に、前原の実情が週刊誌で暴かれてしまう。

イメージダウン必至の状況に落胆する二人に、彼女は天窓のある一戸建てを勧め「前原は気象予報士として活躍し、津田はマネージャーと家政婦として寄り添い、互いが依存しあって生きていけばいい」と告げる。

夫婦や男女の関係でなくとも、二人にとって最適な環境があると提案したのだった。

こうして前原たちが購入を決める一方で、屋代は元妻から復縁を迫られ困惑していた。

しかし、三軒家が前原たちに話していたことを聞いて、閃いたように5LDKの物件を理恵に勧め、女友達とのルームシェアを提案する。

すると、彼女はそのプランを気に入って購入を決めるのだった。

 

Scene9

・奇妙な家族

南向きの8畳間は不吉。

同じことに拘る二組の客が営業所を訪れており、足立と庭野がそれぞれ担当していた。

足立が担当するのは高齢の夫婦、庭野は小さな女の子のいる3人家族で、双方とも「雨宮」という名だった。

どうやら、親子らしくそれぞれがいくつもの物件を紹介するが、優柔不断でどちらも決められない。

一方、ナイジェリア人のビクトルから恋人と暮らす物件をと依頼されていた三軒家は、賃貸は担当ではないのだが、その恋人が雨宮家の長女であることから引き受けていた。

そんな雨宮家のそれぞれが、嫁姑の関係を気にして物件購入を希望していると考えた三軒家は、長女の交際を明かすと、結婚してナイジェリアにいく可能性があると話すのだった。

・日本の文化

それぞれの思惑で都合が悪くなると考えた嫁と姑は結託して長女の交際に反対する。

すると、三軒家は普段は顔を合わすことのない二世帯住宅を紹介し、「遠くて近い、近くて遠い。この家が皆様方に最適です。」と諭すように話すのだった。

雨宮家は彼女の話に納得して購入を決める。

そして、後日、雨宮家の餃子パーティー招待されたビクトルと長女。

ナイジェリア人のビクトルは家族一緒に暮らすのにこんな壁はいらないと主張するが、「顔が見えないからこそ相手を思いやる。それが日本の美徳」と三軒家は諭し、こういった文化をご理解いただけなければ困りますと説き伏せるのだった。

 

Scene10

・立ち退きと再開発

テーコー不動産新宿営業所の面々が行きつけのバーのママ珠城こころが屋代の元へ相談にやって来た。

どうやら、バーの入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られているらしく、困っていたのだ。

話を聞いた彼は、空きテナントを埋めて高価値にしてビルごと売却する作戦を練り上げる。

三軒家たちが空きテナントを埋めるため奔走するが、なかなか埋まらず難航していると、テーコー不動産本社が主導して再開発計画を推し進めていることが判明するのだった。

・反旗と再出発

屋代はこの事実を皆に伝え、この件から手を引こうと話すが、三軒家は「会社の犬か」と彼を否定し、「私たちはお客様の人生を預かっている」と主張する。

そんな彼女は翌日から無断欠勤し連絡もつかなくなる。

だが、帰国した彼女は、自分の担当である元プロバレリーナの望月葵親子の為に、シンガポールにいる葵の夫と交渉し、ビル一棟を10億円で購入させたことを明かすのだった。

こうしてビルの件は解決したが、会社に反旗を翻した三軒家と屋代は責任を取って辞表を提出した。

それから1年後。

とある片田舎の町で屋代はサンチー不動産を開業しており、そこには三軒家の姿もあった。

二人は共に不動産屋として再出発していたのだった。

『家売るオンナ』の登場人物

・三軒家万智・・・北川景子

・庭野聖司・・・工藤阿須加

・屋代大・・・仲村トオル

・足立聡・・・千葉雄大

・白洲美加・・・イモトアヤコ

・八戸大輔・・・鈴木裕樹

・室田まどか・・・新木優子

・宅間剛太・・・本多力

・布施誠・・・梶原善

・珠城こころ・・・臼田あさ美

『家売るオンナ』の主題歌

『beautiful days』  GReeeeN

GReeeeN – beautiful days

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『世界一難しい恋』の感想

普段見せる笑顔の素敵な北川景子さんとは違い、無表情でキツイ一言を口にするギャップが印象的で、とにかく最後まで笑えるコメディーとして面白い作品だと思います。

それぞれのキャラクターもユニークで、個性の化学反応によって面白さが倍増しているようにも感じられました。

決まり台詞のように発せられる「GO!」は、今でも忘れられません。

毎回、スカッとする終わり方で気分が良くなったことも覚えています。

少しコミカル過ぎてウザさを感じることがありましたが、全体的によくまとまっている印象が強くちょっと気分が沈んでいる時などには観たい作品だと思いました。

一話完結という観易さもあるので、今後も愛され続けてほしい作品のひとつです。

『世界一難しい恋』のまとめ

ちょっと突拍子のない設定で最初は北川景子さんのイメージと結びつかなかった本作品ですが、そのギャップが強く印象に残り、最後まで楽しませてもらいました。

彼女の代表作の一つと言っても過言ではないでしょう。

また、各キャラクターとのバランスも良く、心から笑える作品になったと思います。

気分が沈みがちになりそうな状況ですが、こんな時だからこそ観るべきドラマです。

続編も制作されている『家売るオンナ』おススメいたします。

ご家族揃って笑顔になってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました