イチケイのカラス 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

イチケイのカラス(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『イチケイのカラス』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『イチケイのカラス』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

本作は、フジテレビで毎週月曜日の夜9時から放送されている裁判官のお話です。

弁護士出身の主人公・入間みちおが、裁判官の捜査権を行使して事件の捜査をし、他の裁判官や弁護士を翻弄しながらも事件の真相を解明していくお話です。

裁判の判決によって、被害者も被告人も幸せにならないといけないという信念を持っている入間。

入間と対象的な裁判官の坂間千鶴との対決が見所ですが、坂間が入間に共感できるようになっていく様もポイントです。

どうして弁護士から裁判官へと転職したのかという理由も今後明らかになります。

ドラマ『イチケイのカラス』を無料で見る

ドラマ『イチケイのカラス』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『イチケイのカラス』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

ドラマ『イチケイのカラス』5話の記事はこちら

イチケイのカラス(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『イチケイのカラス』のあらすじ
第1話『型破りの裁判官VS堅物エリート裁判官!バディ誕生』(視聴率13.9%)

入間みちお(竹野内豊)が裁判官として働く裁判所第1刑事部に、女性裁判官が赴任。

彼女、坂間千鶴(黒木華)は、若くて特例判事補となったエリートで、東大法学部出身の冗談の通じない女性でありました。

そんな入間と坂間が、今回担当する事件は、政治家である江波和義(勝村政信)を暴行した傷害罪で起訴された大学生の長岡誠(萩原利久)の事件。

本来なら単独で裁判ができるこの事件を合議制で行う意味がわからない坂間。さらに入間は、この裁判で、裁判官が自ら捜査できる権限を発令し、捜査を開始。

そのことで、他の裁判の判決が滞ってしまい、坂間は自分がこの裁判所の赤字と言われる判決されていない事件を処理するために呼ばれたのだと改めて受け入れました。

入間の裁判の見張り役として異動してきた検事の井出伊織(山崎育三郎)と上司の城島伶治(升毅)が担当するこの事件は、傷害事件のきっかけとなった長岡の父の洋一郎(松澤一之)の死の真相を探る必要がありました。

現場検証をして、一人の少女の相馬奈々(古川凛)と出会い、少女が、遮断機の降りない線路を歩いていたところを洋一郎が助けたのだと発覚。

さらに、江波から脅されて真実が話せなかった母の真弓(松本若菜)から、洋一郎が不正をしてお金を得ていたという話は、江波がしていたことの罪を隠してきたが、公表すると洋一郎が告げたことで、罪を擦り付けられていたのだとわかりました。

父の死の真相がわかった誠は、自分から殴ったと罪を認めて謝罪をしました。

第2話『幼きわが子を虐待!SNSで人気の母親に下す判決!』(視聴率10.5%)

第2話『幼きわが子を虐待!SNSで人気の母親に下す判決!』(視聴率10.5%)

入間みちお(竹野内豊)が働く裁判所に差し戻し請求された事件の裁判が入りました。

最高裁事務総局の総長である香田健一郎(石丸謙二郎)の息子の香田隆久(馬場徹)が判決を下した虐待の事件。

被告人である深瀬瑶子(前田敦子)は実刑判決が出ても2年間無実だと控訴をしてきた事件で、香田からの保身のために裁判に関わることを拒否する坂間千鶴(黒木華)でしたが、合議での裁判となりました。

初公判では、隆久も裁判を傍聴しに来ていましたが、SBSという乳幼児揺さぶられ症候群だと診断した医師の足立克己(金井勇太)の態度が気になる入間。

10人の小児科医が同じ判決をするという足立の話から、本当に10人の小児科を裁判所に呼んで議論してもらうと、虐待があったと診察されてから4日前までの期間で起きたことでもその日に症状が現れると結論。

4日前に保育園に預けていたことを旦那の深瀬啓介(渋谷謙人)が証言し、その保育士が元の交際相手だと判明。

保育士の小野田祥子(智順)はSNSで瑶子を誹謗中傷していたが、虐待は否定します。

そして熱があり、足立の病院に診察に行った際に診察時間が長かったと証言。

再び足立の元に向かうと海外に行こうとしていました。

強制的に話を聞こうと空港へ行く入間たち。

公判で、足立から、診察台から落ちたことを告げられ、海外のSBSを極めた医師から、虐待ではなく診察台からの転落による病気であったことが判明。

瑶子は即日無罪となりました。

隆久は後輩である足立から虐待ではないかもしれないと聞いていたが、判決は覆せないと話していたのでした。

隆久は父により懲戒免職となりました。

日高亜紀(草刈民代)は、駒沢義男(小日向文世)との合議裁判で、弁護士だった入間との対決し、有罪にした被告人が刑務所で自殺を図った事件で、入間への抵抗を持っていたのでした。

第3話『伝説の裁判官が暴走 凶悪犯の愛』(視聴率12.7%)

駒沢義男(小日向文世)判事部長の表情を変えた事件の裁判が入り、入間みちお(竹野内豊)が裁判長をする合議が行われました。

被疑者は藤代省吾(岡田義徳)で、かつて駒沢が裁判をして強盗致死で判決を言い渡している者。

今回は殺人と遺体損壊事件で出廷。

駒沢は、かつての事件も視野にいれた裁判を開始し、入間のように暴走しているかに見えました。

殺害されたのは野上哲司(成松修)で、警察官である野上奈緒(佐津川愛美)の夫でありました。

駒沢は藤代の隠していることがあることを気づいていましたので、弁護士や警察に働きかけ、事件の真相を知ろうとします。

事件の真相は、藤代は殺していないこと、野上の娘の碧(渡邉心結)が奈緒へのDVに耐えかねて殺したこと、碧からの助けの連絡を受けて、殺害と損壊をしたことにしたのでした。

奈緒は、碧の犯行を知った上で藤代の工房での殺害だと現場を作り、証拠を隠滅。

さらに、碧は、藤代と奈緒との子供でありました。

裁判において、真実で判決を告げなければならないという駒沢の信念を貫き解決した事件でした。

第3話『17歳の少年が5千万円を強奪』(視聴率12.4%)

坂間千鶴(黒木華)の妹の絵真(馬場ふみか)が裁判を傍聴していた、今回の裁判では、少年犯罪を取り上げていました。

刑事訴訟での少年犯罪が始めてである坂間が裁判長を勤める合議制の裁判では、検察からも、捜査が必要だと求められました。

なぜなら、被告人である望月博人(田中偉登)は、完全に黙秘を貫いていたからでした。

事件の内容は、望月がバイト先の遊園地の売上金を持ち去ったことで、その現金はビルの上からばらまかれ、すべて見つかっていないという状態。

捜査が進行していく中で、坂間と入間みちお(竹野内豊)は、望月がバイトをしていた遊園地での事故が関係していると断定。

望月の暮らしていた児童養護施設では、兄弟のように過ごしてきた吉沢未希(ついひじ杏奈)が、左手を負傷して、ピアニストの夢が叶えられない状態でした。

その怪我も遊園地でのジェットコースターの事故が原因で、遊園地側は無罪となっていました。

入間はこの事故による怪我のために手術費用が必要だとした事件だと判断。

実際にもう1人の兄弟のようだった滝本陸(細田佳央太)にお金を渡している監視カメラ映像が見つかりました。

事件の判決は、懲役3年だが、執行猶予が付き、保護観察処分。

滝本も家庭裁判所に送致されたが、手術が中止になったことで、望月は坂間に怒りを向けました。

本来なら、裁判長への暴力で、退廷ですが、坂間は、望月の思いを受け止めた上で、これからの人生のやり直しを訴え応援していると告げました。

さらに、3人が一緒の施設で罪を償えるように配慮する坂間。

入間は、お金のために無罪とした遊園地側の弁護士である稲垣司(前川泰之)を、民事裁判によって、お金の請求をしようと知り合いの青山瑞希(板谷由夏)に依頼しました。

ドラマ『イチケイのカラス』の登場人物

入間みちお   竹野内豊

坂間千鶴    黒木華

駒沢義男    小日向文世

川添博司    中村梅雀

石倉文太    新田真剣佑

浜谷澪     桜井ユキ

一ノ瀬糸子   水谷果穂

日高亜紀    草刈民代

井出伊織    山崎育三郎

城島怜治    升毅

ドラマ『イチケイのカラス』の主題歌

『Starlight』 WGB

WGB (和楽器バンド) / Starlight (※フジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」主題歌)

 

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

イチケイのカラス(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『イチケイのカラス』の感想
女性20代
女性20代

裁判官の仕事に焦点を当てる作品は今までなかったので、こんな感じで判決をしているのだと知ることができた作品です。

出された資料の証拠を疑いもしないで、被告人の態度と提出された資料だけで判断するのが普通な裁判で、入間のようにきちんと捜査してくれる裁判官がいると冤罪がなくなるのではないかと感じました。

今後の入間の裁判も楽しみですが、どうして、弁護士から裁判官になったのかも気になります。

今後が楽しみです。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

代議士の江波和義が酷い人だと思いました。

交通量の多い場所で踏切が壊れているというのは、とても怖いことだと感じました。

今回は子供が誤って入ってしまいましたが、視力の弱い人やお年寄りも入ってしまう可能性だってあったと思います。

交通量が多いところなら、尚更整備して欲しいと思いました。長岡洋一郎が子供を助けてあげられて良かったです。

ただ、洋一郎の不運だったのは、事故だったにも関わらず、江波の嘘によって自殺とされたことや子供の
母親の会社が江波と関わっていたために母親に圧力をかけて嘘をつかせたことだったと思います。

代議士など偉い人が全て悪い人ではないと思いたいですが、不正献金などが出るとトカゲの尻尾切りのように下の人が被害を被るのは悲しい出来事だと思うので無くなって欲しいと思います。

洋一郎が息子の誠に宛てたメッセージが温かくてとても素敵な父親だったのだと思うと悲しいです。

誠が父のメッセージを真摯に受け止めて自分の嘘をきちんと話している姿が印象的でした。

男性30代
男性30代

型破りな刑事裁判官の入間みちおと若くして特例判事補になったエリートの坂間千鶴のコンビが凸凹で面白かったです。

徹底的に調べあげるみちおの姿は裁判官とかけ離れていて、素敵だと思いました。

裁判官というと笑うこともなく真面目で堅そうなイメージですが、みちおはラフな格好をしていたり、無精髭が生えていたり、笑顔を見せていたりとあまりに普通の人のようで親近感が湧きました。

千鶴の方はイチケイを立て直すために来ているだけに、真面目でとっつきにくく感じました。

イチケイに来て千鶴がどのように変わっていくのか楽しみです。

イチケイには伝説の裁判官の駒沢義男をはじめ楽しそうなメンバーが多そうなのでこれからも楽みです。今回、自殺した父親の真相が切なかったです。

シングルマザーの母親の仕事を盾にして嘘の証言を吐かせた代議士の江波が酷いと感じました。

母親が嘘の証言をして苦しんでいるのはかわいそうでした。

子供と仕事を守るために命の恩人を売るようなことになってしまい、苦しかったと思います。

真相が明らかになって良かったです。

ドラマ『イチケイのカラス』のまとめ

一話完結で事件の裁判をしますので、見やすいです。

入間と坂間との裁判に対する考え方の違いによる衝突が見所ですが、入間のやり方に翻弄されながらも嫌そうでなく、むしろ楽しんでいる周りの人の会話が面白いです。

もし見逃しても、次回までの続きではないために新たな気持ちで見られますが、入間の裁判官になった理由は少しずつ入っていますので、配信サービスを利用しておさらいしてみるのもいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました