ホタルノヒカリ1 2の無料動画配信(続編ドラマ再放送~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

ホタルノヒカリ(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『ホタルノヒカリ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

ひうらさとるさんによるラブコメディー少女漫画を原作としたTVドラマ『ホタルノヒカリ』は、綾瀬はるかさんにとって初の連続ドラマ主演作品となりました。

更に、作中の「干物女」という言葉は話題となり、流行語にもなったほどです。

相手役の藤木直人さんとの掛け合いが好評で、続編やスピンオフが制作されると映画化までされ、大人気作品となりました。

普通の恋愛関係とはちょっと違う不思議な男女の物語をご紹介いたします。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ホタルノヒカリ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ホタルノヒカリ』のあらすじ

・雨宮蛍という女

とある企業のインテリア事業部に勤める雨宮蛍。

バリバリと仕事をこなす彼女は、誰の目から見ても敏腕キャリアウーマンといった感じで、あまりのスキのなさに周りからも一目置かれる存在だった。

まさに大人の出来る女性の彼女だが、何故か週末になると付き合いが悪く、そそくさと帰宅してしまう。

そんな彼女が住む大きな古い一軒家は、行きつけの居酒屋で知り合った男性から格安で借りていた。

そして、週末の夕方になると、その縁側には会社での姿からは想像ができないだらけた格好の彼女が居て、スルメを片手にビールを飲んでいたのだった。

 

・干物女

実は、蛍は会社ではテキパキとしているが私生活はだらしなく、日頃から家事をすることもなかった。

だから、家の中は散らかり放題で、最低限の片づけと縁側でお酒を飲むためのつまみさえあれば、見た目も寝る時の布団もどうでもいい、ただの干物女だったのだ。

でも、そんな生活が蛍にとっては何よりも代えがたく、充実した日々を送っていたのだが、突然、その生活が脅かされる事になる。

 

・部長襲来

ある日、妻と別居する事になった高野誠一は実家で一人暮らしをする事になり、久し振りに戻って来ると、そこには部屋を散らかしたままのだらしない格好の女性が居た。

よくよく見るとそれは部下の蛍で、高野は会社との違いを指摘しながら、出ていくように促す。

すると、蛍はちゃんと賃貸契約を結んでいると契約書らしきものを見せるが、居酒屋の箸袋のような紙の裏側に書いてあり、それを見た高野は契約書とは認めないと告げ、一週間以内の退去を要請する。

しかし、成行き上どうしようもなくなり、止むを得ずルールを設けて、高野と蛍は奇妙な同居生活を送る事になるのだった。

『ホタルノヒカリ』のネタバレ

・お気に入りの縁側と干物女

SWビルドコーポレーションのインテリア事業部で働く雨宮蛍は、仕事ができる大人の女性として会社でその実力を認められている存在。

だが、仕事が終わり急いで帰宅すると、洗いざらしのぼさぼさの髪の毛を束ねただけのジャージ姿で、スルメを片手にビールを縁側で煽るという会社での姿からは想像できない表情を見せる。

とにかく、仕事以外はこの縁側でくつろぐことが何よりも楽しみで、恋愛などには一切興味を持たず、女性としては干乾びたまさしく干物女そのものだった。

 

・縁側を失う?

そんなある日、蛍の上司である高野誠一が、突然、家にやって来た。

妻と別居中の高野は実家で暮らそうと戻ってきたのだが、そこに蛍が住んでおり、驚きを隠せない。

蛍は行きつけの居酒屋で知り合った男性からこの家を借りていたのだが、その男性が高野の父親という事らしい。

高野は、会社とはあまりにも違うだらしない蛍を見て「きちんとしなさい」と文句をつけると、自分がここに住む事になったから出ていけと退去を要求してくる。

しかし、蛍はちゃんとした賃貸契約書があると主張するが、居酒屋の「おてもと」と書かれた箸袋の裏に走り書きと拇印を押してあるだけのものを見て、高野はそれを契約書とは認めないと言い放つ。

それでも、ここの縁側を失いたくない蛍は、その要求を頑なに拒否し続ける。

その強固な姿勢を目の当たりにした高野はしばらく考え込むと、女性としてはすべてにおいて干乾びている蛍と同居しても問題はないだろうと判断し、いくつかのルールと条件を提示して、止むを得ずここに住み続けることを認めるのだった。

 

・干物女に恋の予感

その後、奇妙な同居生活が続くなか、会社のパーティー会場の最終確認作業中に座り心地の良さそうな椅子を見つけた蛍。

ちょっと腰を掛けてみると気が緩んでしまい、ついには眠りこけてしまう。

そこに現れたのは先日ロンドンから帰国したばかりの若手デザイナーである手嶋マコト。

彼は先日、会社の屋上で美味しそうにビールを飲んでいた蛍を目撃していて、その自由で無邪気な姿に惹かれており、眠っていた蛍に思わずキスをする。

すると、蛍は目を覚ましビックリした表情を見せるが、手嶋は何もなかったように立ち去っていくのだった。

突然、何も知らない若い男性にキスをされ戸惑い続ける蛍は、自分があまりにも恋愛から遠のいているから知らないだけなのかと悩み、帰宅すると高野に男女のキスについて問いかけてしまう。

変なことを問われた高野は、少し呆れたような何とも云えない表情で「好きな女にしかキスしないだろ」と答える。

すると、蛍は思いっきり浮かれると得意そうな表情を見せるのだった。

 

・縁側との別れ

手嶋の気持ちを知り交際を始めてからすっかり有頂天な蛍だが、お互いに仕事が忙しくすれ違うようになり、気を遣い過ぎて気まずい場面が多くなってくる。

そんな蛍は、何の気遣いもなく話せる高野に色々と相談に乗ってもらうが、ある日、突然訪れた高野の同僚である二ツ木昭司に、ここでの同居の事がバレてしまう。

そして、人伝いに蛍と高野の同居を知った手嶋は、高野の家へ向かうと仲睦まじい二人の様子を見て堪らなくなり、自分と同棲しようと蛍に告げるのだった。

蛍はここまでの経緯を説明して誤解を解こうとするが、手嶋の様子から彼の気持ちを汲み取り、この家を離れることを決める。

何となく名残惜しさを感じる蛍は、荷造りに手間取ってしまう。

それを見ていた高野は荷造りを手伝い、「また寂しいから遊びにくる」と言う蛍に「この家の取り壊しが決まっているから、お前が帰ってくる場所はない」と蛍の将来を考え、わざと厳しく突き放すのだった。

こうして蛍は、大好きだった縁側と別れることになってしまったのだ。

 

・本当の気持ち

同棲生活を始めた手嶋と蛍。

初めは楽しい日々が続いていたが、やがて、お互いが気遣いばかりをしていることに気づいてしまう。

すると、手嶋は高野の前では気遣いなくありのままの自分を曝け出している蛍を見て、「結局、蛍の隣にはいつも高野部長がいる」と、別れを決意するのだった。

その後、恋人関係を解消した二人。

蛍は、あの家へ戻れるわけでもないので仕方なく一人暮らしを始め、今まで通り仕事に励む毎日を送り、初めてプロジェクトのチーフを任されるとクライアントからの高評価を受け成功させるのだった。

そして、その打ち上げの席で、蛍は二ツ木から高野の家の取り壊しの話が嘘で、あの部屋も縁側もいまだに空いているという事を知らされる。

すると、蛍はそこで初めて自分の本当の気持ちに気づくのだった。

 

・結末

すっかり暑い夏が来て、気づけば蛍が高野の家を出て1年が経っていた。

ある日、蛍は会社で高野に「夏が来ましたね。ビールの美味しい季節です。」と話しかけ、高野はそうだなと答えるが、何故だかその一言を告げた蛍の様子が気になってしまう。

終業時間が近づき「もしかして…」と思った高野が急いで帰宅すると、そこにはジャージ姿でくつろぐ蛍の姿があった。

ただの干物女から普通の女性にちょっとだけ戻ってきた蛍は、高野への「好き」という正直な気持ちを伝え、高野も今までひた隠しにしてきた蛍への想いを伝えるのだった。

そして、冷蔵庫からキンキンに冷えたビールを取り出した高野は縁側に腰掛けると、「おかえり、ここが君の居場所だ。」と、蛍へビールを手渡す。

こうして、また二人の同居生活が始まるが、今度は本当に気持ちを通わせた恋人同士となったのだった。

『ホタルノヒカリ』の登場人物

・雨宮蛍・・・綾瀬はるか

・高野誠一・・・藤木直人

・山田早智子・・・板谷由夏

・二ツ木昭司・・・安田顕

・神宮司要・・・武田真治

・三枝優華・・・国仲涼子

・手嶋マコト・・・加藤和樹

・曽野美奈子・・・浅見れいな

・豪徳寺賢・・・丸山智己

・田所潤平・・・渋江譲二

・室田鈴子・・・松本まりか

『ホタルノヒカリ』の主題歌

『横顔』 aiko

aiko- 『横顔』music video

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ホタルノヒカリ』の感想

・テンポが良く楽しみやすかった。

・部長が雨宮を理解していたところが良かった。

・キャストの皆が良い人過ぎて、何かほっこりと見ていられた。

・コッテコテの恋愛ドラマとは違う世界観が、印象的だった。

・原作同様にドラマも面白く感じなかった。

・TVドラマを見続けるのが苦手な人にもおススメ、気が向いた時だけ観ても楽しめる作品。

・新たな主人公像を問われた気がした。

・男女問わず気を遣わずにありのままでいられる相手というのは、希少だと感じさせられた作品。

・綾瀬はるかさんだからこそ成立した干物女。

・なぜか親近感のわく作品だった。

・蛍が可愛いくらしくて、笑えて、面白かった。

・あんな上司と彼氏がいたら最高なのにと、藤木さんを見ていて思った。

・自分も割とマイペースなので、自分自身が認められたような気がした。外見は程遠いのに…。

『ホタルノヒカリ』のまとめ

奇妙な同居生活を中心に描かれていく恋愛物語の『ホタルノヒカリ』はOLさんを中心に支持され、最終的には男女問わず幅広い世代から好評を受ける人気作品となりました。

働く女性の二面性を赤裸々に描き、癒しを与え、そして応援する作品でもあったと思われます。

連続ドラマの主演を初めて務めた綾瀬はるかさんがキャラクターのイメージにハマり、相手役の藤木直人さんも理想の男性像として強い印象を残しました。

まさにこの二人だからこそ成立した作品だったと言っても過言ではないでしょう。

この厳しいご時世の中、この『ホタルノヒカリ』で癒されてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました