ホームアローンの無料動画配信をフル視聴

ホームアローン 洋画

ホームアローンの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『ホームアローン』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

ホーム・アローン (Home Alone)

今作は1990年に公開されたアメリカのコメディ作品です。

クリスマスは特別な日という考えを持つアメリカならではの作品となっております。

クリスマスの日に一人家に取り残された少年のもとにやってくる泥棒。

果たして、少年は泥棒から逃げられるのでしょうか?

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ホームアローン(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ホームアローン』のあらすじ

大家族の家では、クリスマスを海外ですごそうとしていた。

しかし、停電によって、目覚まし時計がならないというハプニングが起き、家族のみんなが寝坊をしてしまった。

急いで支度を済ませ、空港へ向かう家族。

しかし、兄弟喧嘩をして、屋根裏部屋で寝ていた末っ子のケビンが一人家にいた。

一人の時間を満喫していると、泥棒が家を狙っていた。

『ホームアローン』のネタバレ

兄弟喧嘩をして、家族なんていなくなればいいと神様にお願いをしながら眠りについたケビン。

本当に家族がいなくなり、一人の時間を満喫していた。

クリスマスの期間はお金持ちは旅行へ行くと思っていた泥棒のハリーとマーヴは、お宝を探しに行こうと計画を立てていた。

家族は、ケビンがいないことに気づいて、引き返そうとしたが、クリスマスなので、飛行機は満員でキャンセルもなく、搭乗することが困難だった。

ケビンが心配の母は、一人で車でケビンの元へ向かおうとした。

一人の時間を満喫していたケビンは、泥棒が家を狙っていることに気づいた。

自分しかいないことがバレたら、泥棒が侵入してくると考え、大人がいるように見せかけようとした。

ケビンの考えた作戦は成功を納めたが、次第にケビンが一人だと泥棒も考えついたために、泥棒はケビンのいる家にあえて侵入しようとした。

ケビンの家の隣にはおじいさん・マーリーが住んでいたのだが、兄のいたずらでおじいさんは殺人を犯す人間だと信じていたために一人で泥棒と対峙することになった。

泥棒が侵入してきた時を想定して、色々な仕掛けを作って対策を講じたケビン。

クリスマスなので、教会にも行き、自分が願ったために家族がいなくなったことを悔いていると懺悔した。

おじいさんが教会に現れ、オドオドしたケビンだったが、話してみると怖い人でも殺人を犯した人でもないことがわかった。

泥棒が本当にケビンの家に侵入してきた。

ケビンの作った仕掛けに驚きながらも子供だましだと思って舐めていたために、散々な扱いを受ける泥棒たち。

ケビンは泥棒の目を盗んで家から脱出したところで、泥棒に捕まりそうになる。

もうダメだと思ったケビンの目の前にスコップを持ったおじいさんが応戦してくれて、泥棒を警察に引き渡すことに成功した。

母は車に乗ってケビンのいる家へと向かったが、他の家族も飛行機のチケットが取れて家に着いた。

家族がみんなで、ケビンの安否を確認して、ケビンも家族が戻ってきてくれたことで、ホット胸を撫で下ろした。

隣のおじいさんとの関係も良好となったケビン。

笑顔でみんなを見ていると、兄が自分の部屋を汚したなとケビンに掴みかかる。

『ホームアローン』の登場人物

ケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)

ハリー・ライム(ジョー・ペシ)

マーヴ・マーチャント(ダニエル・スターン)

マーリ(ロバーツ・ブロッサム)

クーさん
クーさん

『ホームアローン』はこんな方におすすめです。

・コメディ作品が好きな人

・子供が知恵を出して、大人を負かせるところが見たい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ホームアローン』の感想
女性40代
女性40代

旅行の時、「あー携帯の充電器忘れた」なんてことありますよね。念入りに持ち物の用意をしても、なにか忘れているなんてことよくあると思います。
この『ホームアローン』は、クリスマス休暇の家族旅行に忘れ物をしたことで大変な物語が始まります。

その忘れ物はなんと、子ども。

マコーレー・カルキン演じるケビンを家に忘れていってしまったのです。

「そんな、あほな」とでも突っ込みたいところですが、大家族がみんなで寝坊して大慌てで空港へ行くという流れで、うまく物語の舞台が作り上げられていきます。
休暇で空き家になっている家に空き巣に来た泥棒と、一人残されたケビンとの攻防がスリリングながらも爽快感を与えてくれます。

そして、ケビンを忘れたことに気づいて戻ってきた家族に「何もなかった」なんて言ってのけるところ、洋画コメディの王道的で好きです。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

毎年クリスマスの時期になるとテレビで放送され、昔から違和感なく見られている映画だと思います。

子どもが悪い大人をやっつけるというストーリは単純ですが、大人でも見ていて楽しめます。

主役のマコーレ・カルキンはこの映画で有名になった後に人生の梯子を踏み外したことが知られていますが、この当時は本当にかわいくて、天真爛漫な男の子です。

最近になって10歳の息子がホームアローンにはまって全5作品を一気見しましたが、特にホームアローン1はお気に入りで、何度も同じシーンを見ては笑っています。

侵入してくる泥棒が罠に引っかかってやられているところですね。

私はケビンを心配するお母さんの気持ちがよく分かるようになりました。
この映画はどの時代でも男の子に不滅の人気があるようです。

女性20代
女性20代

クリスマスの時期になると特に観たくなる映画です。ケビンがとてもかっこよく、可愛く、賢く、癒されます。お父さんの化粧品を使ったり、アイスを食べながら普段は観てたら怒られるような映画を観たり、1人で買い物に行ったりと、1人の時間を満喫しているケビン、もし自分がケビンの歳で1人きりになってしまったとしても出来ないななんて思いつつ、ケビンの行動一つ一つを感心しながら見ています。大きなカートを押してる姿が特に可愛いです。

泥棒役の2人もいい味を出していて、2人の掛け合いとか、ケビンにコテンパンにやられる姿がとても面白いです。

ケビンがピンチになった時、街の人に嫌われていると自覚しながらもケビンを想い助けてくれたおじいさんの優しさにも胸を打たれます。

人数が多いからといってよく確認せず出発してしまうお母さん達はどうかと思いましたが、そういう所もこのホームアローンならではだなと思いました。

みんな嫌い嫌いと言いながらも実はお互いの事が大好きだと言うことが伝わる、そんな家族愛を感じる映画です。

女性40代
女性40代

暖かい家族像と煌びやかなクリスマスのワクワクが伝わる大好きな映画です。

80年代の懐かしいデザインが一周回って新しく、theクリスマスって感じがとても素敵な世界観だとおもいます。

マコーレカルキン演じるケビンがとても可愛らしく、動きやセリフ回しだけでなく、ファッションもたまりません。

また、親になってあらためて見ると、子どもの頃には気がつかなかった親目線の感想も湧き出てきます。

子ども1人残してしまったママの心配を考えると心が痛み、コミカルなシーンでさえ早く帰らせてあげて!とママの心理状況に同情してしまいます。

子供達も大好きな映画で、私が子供の頃と同じようにクリスマスのワクワクを楽しんでくれています。

男性60代
男性60代

見所は、少年があらゆる方法を使って、泥棒たちを撃退するコメディです。

そして、隣のマーリーは怖い人と思っていたが、実は優しい人で、少年を最後には守ってくれるところもホロリときます。

結局家族全員旅行は、少年が取り残されたので、全員最終的に帰宅、やっぱり家族みんなが居るといいなという少年の思いで終わります。

母親はやはり何人子供がいても、大事な一人でも必ず真剣に心配して、守るというのがよくわかる映画です。

アメリカのクリスマス事情もよくわかり、温かい家庭の姿が滲んでくるような傑作だと思います。

泥棒たちも、あまり悪者ではなく、結構コメディタッチなので、笑いが絶えません。

素敵なクリスマスは全員揃ってこそがやっぱり1番なのですね。

女性40代
女性40代

小学生、中学生の子どもに観せたところ、ケビンの仕掛ける反撃の仕掛けに大興奮して爆笑していました。

特にドアノブを熱してそれを泥棒が回そうと握って大火傷からのシーン、故意に凍らせた階段を泥棒がツルッとすべるシーン、火傷で泥棒の頭がハゲてしまうシーンが子どもウケが良いようです。

そして自宅からロープで脱出したシーンはヒーローのようで、おばあさんに優しく接する姿は紳士のようで、ケビンは年齢相応の悪戯っ子で優しい子なのだと思いました。

また、この映画は公開当初から好きで何度も観ていますが年齢によって見方が変わりました。

以前は子ども目線で楽しく、親になってから観るとケビンのやることなすこと危なくてヒヤヒヤし、全てが自分の身に起きたように痛いと感じ「それ以上は止め手あげて!と年老いた泥棒たちの身を案じずにはいられません。

男性50代
男性50代

クリスマスのこの時期に家族で観るには最高の作品です。
基本的にはドタバタと爆笑で進んでいきますが、作品全体が母親や家族の愛で包まれているので、最後にはとても暖かい涙で締め括ることとなります。

マコーレーくんの可愛い演技や数々の面白いトリックが見所であるのは言うまでもないのですが、個人的なお勧めはジョー・ペシさん演じるズッコケ悪党です。
相棒と共にチビッコに翻弄される様子には、ひっくり返って大爆笑しました。あの役は彼以外にはイメージできないです。

そして最大のポイントは出演者の話す英語です。
一般家庭の中でのやり取りとか、子供の話すシンプルで分かり易いフレーズ、そしてジョークや面白い言い回し。どれを取ってみても英会話練習者には最適な作品だと思います。
教材として使いたいくらいです。

DVDやBlu-rayで鑑賞するのであれば、英語字幕や日本語字幕を上手く使い分けて観ると、楽しく英語の練習も出来ます。

まとめてみると、「イイとこ尽くしのオススメ作品」と言ったところです。
既に世界的に有名な作品ではありますが、更に多くの人に観てもらいたい秀作です。

読んでくださってありがとうございました。

女性20代
女性20代

クリスマス旅行に置いてかれてしまった大家族の末っ子であるケビンが家にやってきた泥棒に立ち向かう物語です。

この映画の最大の魅力がマコーレー・カルキン演じるケビンの可愛さでしょう。

少し生意気だけど憎めない可愛らしさ、そして泥棒を退治しようとする勇敢さはどの年代の人が見ても虜になってしまうと思います。

また大家族の騒々しさから、一転してケビン以外誰もいなくなり広い家に小さなケビンが一人になってしまった時のギャップが切なさもありつつケビンの小さな可愛さを際立たせていました。
泥棒を退治するために家中に張り巡らされた罠は、誰しも一度はこんな装置を作ってみたいなと思わせるものが多く観ていてワクワクしました。

ハラハラ、ドキドキや展開で最後まで飽きずに観ることができました。

女性30代
女性30代

私はこの映画を毎年クリスマスの時期になると観たくなり、今まで10回は観ています。

クリスマスの家族旅行に一人家に取り残された少年、ケビンが泥棒と戦うシーンは何度観ても面白いです。

泥棒が少年の罠にまんまと引っかかり、火傷したり、滑ったり、クモを鼻につけられたり、本当に大笑いしてしまいます。

特に私が好きなシーンは隣に住むお爺さんとのシーンです。

人は見かけで判断してはいけないというメッセージのように私は思いました。

この映画を観ると、やっぱりクリスマスは一人じゃ寂しいなと思います。

大事な家族と過ごしたくなる、この映画は何度観ても観終わった後、心が温かくなります。

また、ケビン役の当時10歳のマコーレーカルキンの演技は素晴らしいです。

女性20代
女性20代

クリスマスにぴったりの子供も大人も楽しめる温かいコメディ映画です。

この映画は私たちの心に触れて、心をくすぐってくれて、共感することができます。

クリスマスを感じさせるイルミネーションや音楽も好きです。

ケビン演じるマコーレー・カルキンは当時子役でしたが素晴らしい演技力を発揮しています。

1番の見どころは、家族達が休暇に出かけた時に偶然にもケビンが一人で家に取り残されてしまい、二人の強盗に立ち向かうところです。8歳のケビンが強盗達を家から追い出し、家の周りに巧妙で非常に面白いトラップを仕掛けているところがとても笑えます。

次々とケビンの作ったトラップに嵌ってしまう強盗は見ていて爽快です。家族と一緒に見る映画にぴったりです。

『ホームアローン』のまとめ

今作は1990年に公開されたアメリカのコメディ映画ですが、クリスマスシーズンには何度も見たいと思ってしまう作品です。

8歳の少年が一人で、泥棒と攻防を繰り広げる物語は、スリルはもちろんのこと、子供らしい仕掛けだったり、発想が魅力的なところもおすすめの作品です。

ぜに、家族でご覧になってはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました