半分青い 無料動画配信(ドラマ~最終回)フル視聴/再放送

国内ドラマ

半分、青い(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『半分、青い』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『半分、青い』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

連続テレビ小説 半分、青い。 完全版 DVD&Blu-ray-BOX1 全3枚PR動画 short ver.(約40秒 )

1971年、岐阜県東美濃市梟町を舞台として、主人公の楡野鈴愛と幼馴染の萩尾律が生まれてからの人生を描いている。

鈴愛は失聴しており、ハンディがありながらも星野源さんの主題歌である数々の「アイディア」を元に人生の困難を乗り越え・人生を豊かにしていこうと奮闘します。

ドラマ『半分、青い』を無料で見る

ドラマ『半分、青い』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『半分、青い』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

半分、青い(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『半分、青い』のあらすじ
第1週「生まれたい!」(20.1%)

1971年.主人公の女の子・楡野鈴愛は難産の中、岡田医院で生まれました。

鈴愛の家族は母・晴、父・宇太郎、祖父(宇太郎の父)・仙吉、祖母(宇太郎の母)・廉子。

家族で小さな食堂を営んでいます。

時を同じくして岡田医院にて男の子・萩尾律が生まれます。

律の家族は母・和子、父・弥一。町内の写真館を営んでいました。

鈴愛と律の2人は特別な存在として共に成長していきます。

小学3年生になり鈴愛は天真爛漫な少女へ、律は頭脳明晰で心優しい少年へと成長。

その後、祖母の廉子が亡くなり、元気がない仙吉。

鈴愛は、仙吉を元気づけるため「川をまたぐ糸電話」を思い付きます。

律と共に計画を実行した鈴愛。成功しますが、律が川へ落ちてしまいます。

律を背負い萩尾家へ向かう鈴愛。結果的に律は大事には至りませんでした。

一方で仙吉が自転車で転倒。晴の付き添いの元、岡田医院を訪れます。

みどころ場面:川をまたぐ糸電話

第2週「聞きたい!」(20.0%)

その後、和子が楡野家を訪ねてきます。律が川へ落ちたことを怒っていると思った晴。

しかし、和子はむしろ律に鈴愛のような友達がいることを感謝していたのでした。

ある日、鈴愛がブッチャーに投げたゴミ箱が律の頭に当たります。

律は和子と共に岡田医院を訪れ大事には至りませんでした。

一方、岡田医院の貴美香先生からその話を耳にした晴は鈴愛を叱ります。

晴と喧嘩となった鈴愛は家を飛び出し、律の家に行きました。

鈴愛の行動にはある理由があったのです。

晴がつけた自分の名前をブッチャーにからかわれたからでした。

萩尾家に迎えに行き、律から理由を聞いた晴。母娘の絆はより強まったのでした。

そんな中、鈴愛が耳鳴りを訴えます。

検査の結果、ムンプス難聴でした。

いずれ左耳が失聴すると聞かされた鈴愛は家族の前では明るく振舞います。

しかし、河原で話す中、律の前では涙を流すのでした。

その後、小人が楽しく踊る回転のぞき絵を作り上げた律と鈴愛。

自分の耳の世界を表現したと聞き、晴をはじめとする家族は笑顔でその姿を見守ります。

見どころ場面:律の前では流せる涙

第3週「恋したい!」(19.8%)

1989年、時代はバブル期を迎えます。

鈴愛と律は高校3年生となった。

バスケ部の律はある時、同級生・菜生の弓道の試合を見に行きます。

そこで、他校の女子生徒・伊藤清に一目ぼれする。

そのことに気付いた鈴愛。美術部ということもあり、清の似顔絵を律の誕生日にプレゼントすることに。しかし、なぜかその絵を見ると胸が痛むのでした。

一方で、梟町にある美男美女が「ぎふ サンバランド」を作る計画を提案しに現れる。

皆に恋の気配があり、羨ましい鈴愛。ある日、バス停でバスを待っていると一人の男子学生がカセットテープを落とします。

数日後その男子学生・小林と再会し、恋の予感を感じる鈴愛なのでした。

見どころ場面:恋する律

第4週「夢見たい!」(19.6%)

鈴愛と小林は明治村へデートすることになりました。

律から「女の子は喋らない方がいい」とアドバイスされた鈴愛は沈黙を貫く。

しかし、耐えられない鈴愛は律に電話します。

「しゃべれ」と言われ、デートを楽しむ鈴愛。

しかし、鈴愛の付け耳によりあっけなく破局するのでした。

夏休みを迎え、進学しない鈴愛は律から勧められた「いつまでもショパン」という秋風羽織の少女漫画に没頭しました。

9月に地元の農協の内定が決まった鈴愛。皆に祝福されるが、どこかもやもやした気持ちを抱えています。そんな鈴愛に律は漫画を描くことを勧めました。

一方、律は模擬試験の結果を受け東京大学か京都大学か進路に悩んでいました。

そこで、鈴愛は和子を説得するためにも「京都大にノーベル賞受賞者が多い」とアドバイスします。

そんな中、名古屋で秋風羽織のトークショーが行われ、律と二人で訪れた鈴愛。

秋風に五平餅を渡し、控室に呼ばれます。

見どころ場面:付け耳と五平餅

第5週「東京行きたい!」(18.5%)

控室に呼ばれ、秋風に漫画を見せる鈴愛。東京の秋風塾へ行く運びとなります。

しかし、晴は断固として反対。

そんな中、楡野家に秋風のマネージャー・菱本から電話が入ります。

電話にでた宇太郎は秋風を非難し、菱本の怒りを買うことに。

結果的に鈴愛の東京行きが破談となります。

晴と言い争う中で農協の内定は仙吉の口利きであったことがわかった鈴愛。泣きながら秋風に電話をします。鈴愛のために一肌脱ぐと話した秋風。マネージャー・菱本が楡野家を訪れます。その後宇太郎、鈴愛の弟・草太の3人が交わし晴は東京行きを認めました。

農協の内定を辞退しに行った楡野一家。鈴愛は失聴を心配した晴の思いを知るのでした。

鈴愛の上京祝いをする同級生の会・梟会。帰りに2人きりになった鈴愛と律。見つめ合いドキドキしますが、この想いはなかったことにしようと思います。

時を経て、センター試験の前日を迎えた律。鈴愛は律の家に合格祈願のお守りを渡しに行きます。その際に律の受験票が入ったクリアファイルが入れ替わってしまいます。

見どころ場面:母・晴の思い、見つめ合う律と鈴愛

第6週「叫びたい!」(19.8%)

その後、律は東京の名門私立へ入学します。

楡野家の皆は萩尾家に謝罪へ行きました。しかし、律の父・弥一は、律は再発行の手段も知っており、逃げたい気持ちもあったのではないかと話します。

その後、周囲のプレッシャーもあったと打ち明ける律に謝る鈴愛。

東京で律は和子と晴の計らいで鈴愛の近所に住むことに。

隣人には同級生の正人が住んでいました。

東京へ上京する前夜、鈴愛は晴の布団に潜り込み温かい時間を噛み締めます。

皆に見送られ、涙ながらに梟町を後にした鈴愛。

東京、秋風塾ではご飯等の家事全般を行う「メシアシ」からスタートしました。

アシスタントには裕子、口癖が「僕って」のボクテ、他ベテラン2人がいます。

ある時、秋風から五平餅を作るよう頼まれた鈴愛は秋風から「まずい」と言われ、また五平餅要員であることを知り「私を騙したね!」と秋風の原稿を窓からばらまこうとします。

見どころ場面:家族との別れ、師匠を脅す鈴愛

第7週「謝りたい!」(20.1%)

鈴愛は秋風に「アシスタントにしないと原稿をばらまく」と脅します。

秋風は漫画家に必須な技術「かけあみ」ができれば良いと約束しました。

一方、律は正人と親しくなり、喫茶店で正人の恋愛観を聞いています。

その話に聞き耳を立て、メモをする秋風。

そんな中、秋風の構想メモ(ネーム)を捨てた可能性のある鈴愛は秋風塾を追い出されることに。

途方に暮れる鈴愛は律の家を訪れる。そこには正人も一緒に居た。

正人の提案により鈴愛はディスコで踊り明かしました。

岐阜に帰る前に秋風にお礼したいと考えた鈴愛は裕子とボクテの協力の元、秋風に感謝を伝えるのでした。

見どころ場面:鈴愛、初のディスコ

第8週「助けたい!」(20.8%)

鈴愛は夜行バスで岐阜へと戻ります。突然の帰省に楡野家の皆は驚く。

一方、東京では秋風のネームを発見。秋風が酔っ払ってレンジへ入れていたのです。

秋風は「先生はここで非を認めなかったら人としておしまい」とまで言われ菱本の指示の元、岐阜まで鈴愛を迎えに行くことに。

方向音痴な秋風は律と正人と共に、鈴愛の実家へ向かいます。

楡野家では秋風が鈴愛に謝罪します。そんな秋風を鈴愛は写真に収めるのでした。

岐阜の猿ではなく、名前で呼ぶこと、漫画を描くことを条件に鈴愛は東京へ戻ります。

そして、秋風塾が本格的にスタートしたのでした。

見どころ場面:菱本の叱咤、秋風先生の土下座

第9週「会いたい!」(20.2%)

ある日、鈴愛の描いた漫画が秋風にダメだしされる。

鈴愛が喫茶・おもかげで落ち込んでいると、そこで働く正人が手作りのパフェやサプライズで励ましてくれます。そんな正人に惹かれる鈴愛。

一方東京での生活に慣れた律はロボットの開発に興味を持ち始めた。

また、大学の弓道場で初恋の相手・伊藤清と再会し、2人は急接近する。

そんな中、鈴愛は正人のことで頭がいっぱいで仕事がはかどらない。

秋風の後押しの元、正人に電話しようとするとちょうど電話が鳴り響く。

ある日鈴愛の働くオフィス・ティンカーベルにやってきた晴。

疲れて帰宅した鈴愛に手料理を振舞う。鈴愛の近況報告を微笑ましく見る晴なのだった。

見どころ場面:正人への恋心、久々の母娘時間

第10週「息がしたい!」(20.2%)

付き合い始めた律と清。

ある日、律の部屋へ行った清は、飾ってある梟会の写真を見てやきもちを焼きます。

一方、正人に恋をした鈴愛。告白するが、あっけなく振られました。

泣きっぱなしの鈴愛を裕子とボクテが励ますが、律に会いたいと呟く鈴愛。

事情を聞いた律は正人を問い詰めるが「律の好きな人とは付き合えない」といいます。

律は鈴愛の部屋へ行き、泣いている鈴愛に背中を貸しました。

7月7日、鈴愛と律の誕生日。裕子と共に、律の部屋へ立ち寄るとそこには清がいた。

律を巡って嫉妬心を露わにした二人は取っ組み合いの喧嘩になります。

見どころ場面:失恋した鈴愛、短冊の願い

第11週「デビューしたい!」(21.2%)

ある日、律から喫茶・おもかげに呼ばれた鈴愛。

清との諍いについて聞き、距離を取りたいと言われます。

そして、ずっと近くにいた律は違う町へと引っ越すことに。

落ち込む鈴愛に秋風は「漫画を描くことで自分自身も救われる」とアドバイスします。

漫画の創作に没頭する鈴愛。しかし、いっこうに芽は出ません。

そんな中、2年が経ち裕子のデビューが決まります。鈴愛は自分の事のように喜びますが、ボクテは浮かない表情であった。

焦るボクテは鈴愛に「神様のメモ」のストーリーを使わせてほしいとお願いし、鈴愛は快諾する。

後日、ボクテは秋風から破門される。秋風に内緒で鈴愛のストーリーを雑誌アモーレに掲載してしまったからだ。そんな中、ボクテのオリジナル作品が受賞するが秋風は辞退するといいます。鈴愛と裕子はボクテを許してほしいとお願いするが…。

見どころ場面:律との別れ

第12週「結婚したい!」(21.6%)

鈴愛はボクテの受賞辞退によって「一瞬に咲け」という作品でデビューを果たします。

秋風の後ろ盾もあり、裕子も「5分待って」で連載が決まりました。

しかし、いざ連載が始まると二人のアイディアは止まってしまう。

デビューから3年。アシスタントを雇うまでになった鈴愛。

そんな中、裕子は連載の打ち切りが決まる。その後、裕子の生活は荒んでいった。

裕子を心配した鈴愛はボクテを喫茶・おもかげに呼び出す。そこに偶然現れる秋風。

秋風は裕子を助けてほしいと伝えました。

ある日、裕子と鈴愛は口論となる。

裕子は結婚することになり、秋風ハウスを去ることに。

秋風は裕子の仕事部屋はそのままにしていた。

その頃、岐阜で岡田医院の貴美香先生の還暦祝いのため律も久々に岐阜へ訪れます。

鈴愛も遅れて到着するがもう律の姿はありませんでした。

そして、律がロボット研究を続けているのは鈴愛の耳の助けになるとの思いを貴美香先生から聞き、鈴愛は駅へと急ぐ。

見どころ場面:律のロボットにかける鈴愛への思い、裕子の結婚

第13週「仕事が欲しい!」(21.3%)

駅のホームで再会した律と鈴愛。お互いの近況を報告しあいます。

鈴愛は、律はロボット作りを目指したのは鈴愛が5年前に書いた短冊に書いてあったからという動機も知ります。

律は鈴愛にある思いを伝えます。しかし、鈴愛は…。

それから4年の月日が流れ、28歳になった鈴愛。

漫画の連載は打ち切りとなり、引っ越し屋のバイトや秋風のアシスタントをしています。漫画家としての芽が出ないことを心配した晴は秋風に手紙を書く。

秋風は鈴愛に見合いを勧めるが、鈴愛は漫画家にとどまろうとする。

秋風とボクテの後ろ盾により鈴愛の新掲載が決まりますがアイディアが思い付かず…

そんな中、律が結婚したことを知らせる葉書が届き、鈴愛はその葉書を握りしめ、大阪の律の自宅へ向かう。

見どころ場面:夏虫駅での2人の再会

第14週「羽ばたきたい!」(22.3%)

久し振りに漫画を描くことになった鈴愛。完成までほど遠くパニック状態になります。

そんな鈴愛に秋風がネームなしで描いてはどうかと助言。

しかし、それでも締め切り直前でピンチの鈴愛を見兼ね、秋風が助け船を出す。

ようやく原稿を描き終え、自分の限界を感じた鈴愛。

秋風と菱本に、漫画家を辞める決意を伝えました。

漫画家を辞めた鈴愛は100円ショップ「大納言」でバイトを始める。

ある日、涼次という青年が大納言の臨時アルバイトでやってきます。

漫画家を辞めたことは楡野家で仙吉のみが知っていた。

そんな矢先、鈴愛が送った手紙が戻ってきて不信に思った晴。

鈴愛の弟・草太を偵察のため鈴愛の元へ泊るよう指示をします。

見どころ場面:秋風と鈴愛の絆、涼次との出会い

第15週「すがりたい!」(21.9%)

鈴愛は涼次と共に、運動会シーズンで繁忙期の100円ショップ・大納言の仕事をこなしています。

涼次は大納言のオーナーであり、ミオバと呼ばれる3姉妹の甥であった。

ある日、涼次は鈴愛の描く漫画のファンであったことがわかる。

一方、鈴愛も涼次に恋心を抱くようになります。

そして、ある時草太が店に訪れ、岐阜にいる晴に鈴愛の近況を報告したのでした。

そんな中、大納言の店長が突然居なくなります。

また、涼次のバイト最終日には鈴愛と二人でささやかな打ち上げをあげる。

鈴愛は裕子とボクテに、涼次は一緒に住んでいる映画の師匠・祥平にお互いの恋心について相談していました。

その数日後、鈴愛は涼次を紹介するため岐阜の実家は帰ります。

見どころ場面:涼次との恋

第16週「抱きしめたい!」(21.3%)

祥平が監督を務める映画の助監督をしている涼次。

そんなある日、新作映画のプロデューサーが涼次にあることを伝えます。

スポンサーが出資をやめたため撮影が続けられないとのことでした。

涼次は資金繰りのため、当初、鈴愛と住むはずであった新居をキャンセル。

涼次がいいところを見つけたと話す新居へと引っ越すと、そこには大家である涼次のおば・ミオバ3姉妹がいた。

見どころ場面:ミオバ3姉妹と鈴愛

第17週「支えたい!」(21.5%)

新居で新しい生活を始めた鈴愛と涼次。

ある時、100円ショップのオーナーである光江から「大納言」の店長を鈴愛に任せたいと言われ驚きます。

一方、映画監督を目指す涼次は脚本の執筆に行き詰まり、頭を悩ませていました。

そんな中、祥平から原作を元に脚本を書いたらどうかとの助言を受けます。

それから2年がかりで涼次は小説「名前のない鳥」を原作とした脚本を書きあげる。

祥平はその出来栄えに驚き、「名前のない鳥」原作者の佐野弓子の元へ行き、映画化について承諾してもらえないかと頼みます。

佐野によると、映画化は認めるものの、監督は涼次ではなく祥平がするという条件付きであった。

監督への夢が断たれた涼次は荒れた生活を送る。そんな中、鈴愛が腹痛を訴えます。

そして数日後、涼次と共に岐阜の実家へと帰る。

そして、久し振りに会った菜生とブッチャーから律の結婚生活がうまくいっていないことを知ります。

見どころ場面:涼次の葛藤、鈴愛の苦悩

第18週「帰りたい!」(21.2%)

鈴愛と涼次との間に長女・花野が生まれる。それから1歳になった花野。

誕生日祝いの準備をしていると高熱を出してしまいます。

鈴愛は病院を受診しますが、自身のように失聴してしまわないかと動揺していました。

一方そのころ涼次は、鈴愛と花野のため映画の夢を諦めようと考えていました。

そんな矢先、女流作家による小説「恋花火」を原作とした映画の脚本の依頼が涼次の元へ舞い込む。再び映画への夢に揺れ始める涼次。

それから4年後、花野が5歳になり、涼次は鈴愛にあることを告げます。

その話を受け入れられない鈴愛。

また、その話を聞いた光江はひどく怒り、涼次を家から追い出します。すぐに戻ってくるだろうと思っていた鈴愛ですが、涼次はもう鈴愛の元に戻るつもりはありませんでした。

失意の中、萩尾家に電話する鈴愛。そして、岐阜の実家へと戻るのでした。

見どころ場面:涼次の決意、鈴愛の涙

第19週「泣きたい!」(21.4%)

岐阜の実家へと戻ってきた鈴愛と花野。

その頃、律も岐阜の実家で暮らしていました。

そして、鈴愛は晴から律の母・和子が重い心臓病を患っていることを聞きます。

鈴愛は実家の食堂・つくし食堂で働くつもりでしたが、店長である弟の草太によって店は大繁盛。

従業員もいるため鈴愛の居場所はありません。鈴愛は働き口を探すことに。

そんなある日、裕子とボクテが岐阜を訪れます。宴会をする中、ボクテは鈴愛の律への本心をばらしてしまうのでした。

見どころ場面:ボクテが明かすすれ違っていた律と鈴愛の本心

第20週「始めたい!」(21.2%)

つくし食堂が大繁盛し、仙吉のつくる五平餅を売るための2号店を開店する話が進みます。

仙吉の五平餅は鈴愛が引き継ぐことに。2週間、仙吉による五平餅の特訓が始まります。

そのころ、鈴愛は漫画家である過去を花野に隠していました。

しかし、律が口を滑らせ花野にバレてしまいます。

挫折したことがずっと心に引っかかっていた鈴愛ですが、仙吉はそんな鈴愛の過去を称えます。

仙吉は「つくし食堂2号店」の名前を決めていました。

そして開店を楽しみに待つ中、静かに息をひきとります。

仙吉が決めた店の名前は花野だけに伝えていたが、仙吉との約束を守り、花野は誰にも伝えようとしません。

見どころ場面:仙吉の鈴愛への愛ある台詞

第21週「生きたい!」(22.2%)

仙吉が考えた「つくし食堂2号店」の名前は「センキチカフェ」でした。

開店初日、女医の貴美香は鈴愛にあることを相談します。

心臓病のため衰弱していく律の母・和子が活躍できる場をセンキチカフェにつくれないかというものでした。

鈴愛は岐阜犬のぬいぐるみをつくり、その中に携帯電話を入れ込むことでカフェにきた人々が和子と相談できる装置を作ります。

そんなある日、和子は律の母子手帳を鈴愛に託しました。

そして、その数日後、和子は皆に見守られながら静かに息をひきとります。

一方、ブッチャーの姉の麗子がセンキチカフェの従業員・建人と結婚しカフェで働くためまたも鈴愛は職を失います。

そして、律は名古屋の支社から大阪本社への人事異動となりました。

見どころ場面:母子手帳を鈴愛に託す和子

第22週「何とかしたい!」(22.3%)

時を経て2008年、浅田真央選手の影響を受けた花野。フィギュアスケートを習いたいと言い出します。また、鈴愛もその夢をかなえてあげたいと思っていました。

そんな中東京の企画会社から岐阜犬のマスコットを商品化したいとの提案が持ち上がる。鈴愛は岐阜犬の権利を譲る代わりに自分を事務員として雇うという条件を要求。

要求が通り、東京でスケート場近くでの職を得ます。

小さなメーカーが集まるシェアオフィス「ヒットエンドラン」で働き始めた鈴愛。

こだわりのものづくりに励む入居者を見て、自分も「株式会社 ふぎょぎょ」を立ち上げる目標を持ちました。

一方、律は会社からアメリカ赴任を提案されており、断るつもりでいたが、妻・より子は渡米を希望。

その数日後、和子が残した手紙を読んだ律はアメリカ行きを決意します。

弥一はそんな決意を鈴愛に伝えます。鈴愛は祝福しますが、言葉と裏腹に涙がでる。

そして、渡米直前。笛で律を河原に呼び出した鈴愛は5秒だけ許してほしいと律を抱き締めるのでした。

見どころ場面:再び別れる律と鈴愛

第23週「信じたい!」(22.2%)

それから2年後の2010年。

律はリーマンショックの影響もありアメリカから東京へ戻ってきます。

ロボット部門を閉鎖することになり、技術部門ではなく予算管理をすることに。

アメリカでの家庭生活もうまくいかず、妻とは離婚していました。

そんな律の東京での生活を友人の正人がサポートしています。

一方、鈴愛は岐阜犬を元にした「おしゃべりわんわん」が大ヒット。会社は好調でした。しかし、もうけを独り占めしようとした社長・津曲の行動により会社は倒産へ追い込まれ、津曲は夜逃げします。

鈴愛は債権者への対応に追われる日々。シェアオフィスの一角を借り様々な商品を開発しますが、一向に売れません。格安で屋台を買い、五平餅の屋台を始めることにします。

そんな中、晴ががんであることを知らされた鈴愛。幸い、がんは初期でした。

綺麗なパジャマを買って岐阜へ帰ります。

見どころ場面:倒産してもめげない鈴愛

第24週「風を知りたい!」(22.1%)

会社人生から離れようと考えた律。

鈴愛のシェアオフィスのイベントで聞いた区の企業支援制度を利用し、企業しようと考えます。

そして、和子がよく歌っていた「この広い野原いっぱい」の話を鈴愛とする中、「そよ風の扇風機」を作ることを思い立ちます。

晴の見舞いに一緒に訪れた律と鈴愛。晴は結婚報告かと期待します。

しかし、律は「スパロウリズム」というそよ風がふく扇風機を作る会社を立ち上げたと報告しました。

晴の手術が無事終わり、当初の話と違って5年生存率は5割であることを知った鈴愛は再び晴の元を訪れます。

しかし、晴は「損した気分」と笑いながら話すものの、今、生きていることが幸せだと語ります。

鈴愛が失聴し雨の音が半分しか聞こえないと言った時、晴が言った「鈴愛の左側はいつも晴れだね」という言葉をずっと覚えている鈴愛。

半分青い空を見て「半分、青い」と呟きました。

ある時、押し入れからモアイ像が出てきます。大納言の店長・田辺を思い出す鈴愛。

田辺から扇風機を壁に向けて当てることで吹く風が柔らかくなると言っていたことを思い出します。「そよ風の扇風機」のヒントになると考えた鈴愛は律に早速電話をする。

「見どころ場面」:半分、青いと呟く鈴愛

第25週「君といたい!」(21.9%)

律はゾートロープの仕組みを思い出し、DCブラシレスモーターをそよ風の扇風機に活かせないかと思い付きます。試行錯誤しながらそよ風ファンつくり上げる二人。

ある朝、オフィスに訪れた鈴愛はソファで寝ている律にそっと顔を近付けます。すると律は…。

一方、夜逃げした社長・津曲。彼には離婚して妻に引き取られた中学生の息子がいました。

ある時、倒産により「スパロウリズム」に入れ替わっているオフィスに何も知らない津曲の息子がやってきます。

とっさに津曲は会社の名前を変え、今は扇風機を作っていると嘘をつく。

話を合わせる鈴愛ですが…。

開発から10か月たった2011年。ついにそよ風ファンは完成します。

しかし、苦心の末つくり上げたそよ風ファンが様々なデータと共に盗まれてしまいます。

見どころ場面:寝ている律に近づく鈴愛、そよ風ファンの完成

第26週「幸せになりたい!」(22.8%)

そよ風ファンを盗み、大手メーカーに売り込もうとした津曲ですが、息子の電話により会社を後にする。そして、思いを改め、律と鈴愛に謝罪しました。

そんな津曲に律はそよ風ファンを売ることへの協力を頼みます。

資金集めのため、津曲が広告代理店で培った人脈をもとに投資家を集め、プレゼンを行うことに。

2011年3月11日、鈴愛が挨拶していると大きな揺れが起きる。

東日本大震災です。

投資のめどがつき、製造工場も決まったそよ風ファンですが、震災の影響で流通が滞り、部品の調達が難しくなります。

一方、仙台にいる裕子とは連絡がとれず、不安定になる鈴愛。

そんな中、やっと裕子の夫・洋二と連絡がとれます。

そして、裕子が最後に携帯に残したメッセージを聞くのでした。

また、鈴愛は、洋二に「そよ風ファン」の部品の調達が滞っていることを話すと、海外の知り合いである部品メーカーに問い合わせても良いと言います。

2011年の7月7日、鈴愛と律の誕生日。

部品の調達により、無事「そよ風ファン」の発売が決まります。

鈴愛の思いによってそよ風ファンは「マザー」と名付けられたのでした。

見どころ場面:裕子の携帯のメッセージを聞く鈴愛、そよ風ファンの発売日

ドラマ『半分、青い』の登場人物

楡野 鈴愛(永野芽郁)

楡野 晴 (松雪泰子)

楡野 宇太郎(滝藤賢一)

萩尾 律 (佐藤健)

萩尾 和子(原田知世)

萩尾 弥一(谷原章介)

岡田 貴美香(余 貴美子)

楡野 康子(風吹ジュン)

楡野 仙吉(中村雅俊)

ドラマ『半分、青い』の主題歌

星野源『アイディア』

星野源 – アイデア (Official Video)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

半分、青い(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『半分、青い』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました