はじめまして、愛しています。の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)で視聴する方法

はじめまして、愛しています。 国内ドラマ

はじめまして、愛しています。(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『はじめまして、愛しています。』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『はじめまして、愛しています。』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

初次見面 我愛你 第8集 (初次見面 我愛你)

今作は、特別養子縁組をテーマにした遊川和彦オリジナル作品です。

ドラマ『はじめまして、愛しています。』を無料で見る

ドラマ『はじめまして、愛しています。』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『はじめまして、愛してます。』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

はじめまして、愛してます。(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『はじめまして、愛してます。』のあらすじ
第1話『夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った』(視聴率10.0%)

結婚10年の美奈と信次夫婦に子供はなく、美奈の父が有名な指揮者で、プレッシャーを感じながらもピアニストになりたい夢を持っていた。

それだけだは生活はできないので、ピアノ教室を開いてプロになるために頑張っていた美奈。

信次も美奈を応援しながら不動産屋で、人を明るくするダジャレを披露しながら過ごしていた。

美奈がいつものようにピアノの練習をしていると庭に5才くらいの男の子が現れた。

どこかから迷い混んできたようだが、しつけされているようには見えない格好で、児童相談所に保護された。

美奈がピアノを弾いているとまた男の子が施設から抜け出して庭にやってきた。

信次はその子との奇跡を感じて養子にしようとしていたが、美奈は親にはなれないと反対した。

一度は反対した美奈であったが、何度もやってくる男の子は美奈のピアノを聞いて現れるので、男の子の親もどこにいるかわからなかったこともあり、親になる決心をした。

第2話『あなたの手は、離さない』(視聴率11.4%)

特別養子縁組をすることにした美奈と信次は、里親になるための研修を受けた。

研修では夫婦の隠し事がバレたりして険悪な雰囲気になってしまったが、なんとか里親に申請を出せるところまできた。

信次は無理を言って男の子と動物園に行くことにしたが、そこではぐれてしまった。

どんなに探しても見つけられず美奈はピアノで男の子を呼ぼうとピアノを弾くと、男の子は現れてくれた。

そして、手をつなぐまでに信頼関係を作ることができ施設に戻った。

信次と美奈が正式に里親になれる許可が降りたが、養護施設の職員に大変なのはこれからだと言われた。

第3話『あなたの、あいを、ためします』(視聴率8.4%)

信次は男の子に一・はじめという名前をつけた。

はじめは美奈と信次が自分に対して愛情があるのかを確かめるようにいたずらを繰り返していた。

最初は耐えていた二人も限界に達してきて、はじめを施設に戻してしまった美奈。

自分から手を離してしまったことを責める美奈は、もう一度はじめと暮らすことを決意して職員の堂本に決意を話に行くと、信次が先に頭を下げているのであった。

第4話『5才の産声初めてしゃべった日』(視聴率9.8%)

無事に一緒に暮らせるようになった美奈と信次とはじめであったが、今度ははじめの赤ちゃん返りが始まった。

四六時中美奈のそばを離れないので、ピアノ教室もできないどころかトイレさえも満足に行けなかった。

美奈の大変さを思って明るくする信次の思いは美奈には逆効果で、美奈を怒らせてしまいますが、二人ははじめを出産するところから始めようと、本当の親になるスタートを切ることにした。

すると、はじめに変化が生まれてお父さん、お母さんと呼んでくれるようになった。

第5話『生まれて初めて書いた手紙』(視聴率8.8%)

1つずつの成長を見守る本当の親としてスタートした信次と美奈は、はじめに笑ってもらいたいと思っていた。

はじめに文字や常識を教えていた美奈はついカッとして手をあげそうになってしまいますが、はじめはそんな美奈に大嫌いと言います。

それを聞いた信次も美奈は大切な人だからとその言葉は間違っていると指摘すると、はじめは家を出て堂本のところへ行ってしまいました。

施設が良くなったのかと心配した美奈と信次だったが、はじめは堂本に文字を教わり、美奈に謝罪の手紙を書いていました。

お互いが謝り、家族写真を撮ろうとするとはじめは笑って写真に写りました。

第6話『実母の影』(視聴率9.1%)

はじめが幼稚園に入園することになって、喜ぶ信次と養子という事実を伝えるべきか悩む美奈との差がでていた。

はじめはいじめられていた友達を助けるためにいじめっ子に怪我をさせたのですが、謝る信次と美奈に対して納得がいかないはじめは反発します。

いじめられているともだちを助けることはいけないのかと聞くはじめに、返答に困っていた二人であったが、はじめのいいと思ったことを応援すると告げた。

お遊戯会当日にもいじめっこはまたいじめていたが、はじめはそんないじめっ子といじめられっ子の二人とピアノを弾くことで解決へと導いていた。

第7話『実母の正体』(視聴率9.6%)

信次と美奈、はじめの家族がうまくいっていた時に、突然はじめの祖母だという人が現れ、黒川ひかりだというはじめをつれていこうとした。

堂本の助けもあって、連れ出すことはなかったが、はじめの母が入院しているので、連れて帰るというのだった。

また虐待されるかもしれないと渡したくない美奈と信次だったが、特別養子縁組は実の親の意向に添わないといけなかった。

はじめも美奈と信次といたいと訴えるが子供の意見は反映されなくて、はじめは黒川ひかりとして実の母親の元に帰ることになった。

美奈は今度はじめを辛い立場にしたら許さないと実の母に訴えた。

第8話『本当の親子になるために』(視聴率10.0%)

はじめがいなくなってぽっかり穴の空いた二人は、気分を上げることができませんでした。

堂本から別の子の里親を紹介されたり、信次の兄弟から実の子供を作ることを提案されてもはじめがいいと思う美奈ははじめを連れて帰ろうとして誘拐犯にされてしまいます。

信次と美奈の関係もはじめがいなくなって喧嘩が増え、離婚の危機となりますが、実家で過ごすことで、お互いがもう一度大切だと認識します。

ふたりはあきらめきれないはじめを取り戻すために、家庭裁判所に監護者指定という申し立てをすることにした。

最終話『2人の母本当の親は、誰?』(視聴率11.6%)

監護者指定を申し立てたが却下されて上告していました。

そんなときに、はじめの実の母が遺書を残して自殺をしようとしているところを美奈と信次が助けて、虐待をしていた理由を聞いた。

実の母は、実の父から受けた性的虐待によってできたはじめが父に似てくることが辛くて虐待をしていたと話した。

実の母は祖母にはじめの父親の話をして、美奈と信次にはじめを託そうと決意した。

裁判所の許可もおりて、これからたくさんの愛情をもってはじめと生きていくと決めた美奈と信次は、家族3人での新たな生活をはじめた。

ドラマ『はじめまして、愛してます。』の登場人物

梅田美奈  (尾野真千子)

梅田信次  (江口洋介)

堂本真知  (余貴美子)

梅田はじめ (横山歩)

黒川月子  (富田靖子)

黒川泉   (志田未来)

※相関図

(c)テレビ朝日

ドラマ『はじめまして、愛してます。』の主題歌

槇原敬之 『理由』

槇原敬之「理由」MV (Short Ver.)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ドラマ『はじめまして、愛してます。』の感想・まとめ

ドラマ『はじめまして、愛してます。』の感想
女性30代
女性30代

子供のいない夫婦が見ず知らずの男の子を自分達の子供にしようと決断し、本当の家族になろうと奮闘するお話が斬新で興味深かったです。

最初はその男の子が一切の感情を失っていてまったく喋れなかったり、家の中を走り回ったりと素行が凄くて正直お手上げではないかというぐらいの雰囲気が漂っていたのを凄く覚えています。

旦那さん役を演じられていた江口洋介さんのコミカルさも交えたキャラクターが救いでもあったような感じです。

一方、奥さん役を演じられていた尾野真千子さんの旦那さんより年下なのに割りと落ち着いてる女性で、夫婦の性格が真逆な感じである意味上手くバランスが取れています。

毎日、一緒に過ごしていく上で3人が徐々に信頼しあうようになる過程が素晴らしかったし、自分も嬉しくなります。

中でも1番記憶に残っているシーンが、ハジメが祖母に無理やり連れていかれる所で、引き裂かれてしまう感じが凄く悲しかったです。

ドラマを通じて、養子として子供を育てる大変さや家族とは何かなど、色々考えてしまいます。

その他の感想はここから見れます
男性50代
男性50代

子供を引き取り、家族になっていくドラマで、父親を江口洋介さん、母親に尾野真知子さんが演じるヒューマンストーリーです。

育児放棄されていた子供がピアノの音に誘われて江口さんの自宅の庭に現れたことから始まります。

男の子は言葉を話さないですが、江口さんはハジメと名付けて2人で育てる決心をします。

初めての子育てに奮闘しますが、子供は心を中々開いてくれません。児童相談所の職員さんからアドバイスを色々もらいながらの手探りでの育児で、いきなり冷蔵庫の物を家中に散らかしたり、ピアノ教室を営んでいますが生徒に突っかかるような事をして、自分の事を認めてくれるか?どこまで怒らないか?試されているのですと、相談員の人に言われ我慢に我慢を重ねて、その行動が収まるのを待ちながら暮らします。

それが育児放棄されてしまった子に対する接し方らしいのですが、自分の子供だったら張り飛ばしているなぁと思ってしまいました。

赤ちゃん帰りと重たい身体で四六時中、抱きつかれているシーンは本当に信頼を得る難しさを感じます。

見どころで時々、尾野さんもストレスが溜まると便器の中に大声をだしていましたが、便器の中に向かって声をあげても余り消音効果は無いような気もしますが、その気持ちはわかります。

そんな苦労の果てに、お父さん、お母さんと呼んでくれた時は、感動してしまいました。

子供に愛しています!と、言える家族の関係が素晴らしいと感じました。

笑ってしまう場面もありますが、感動を与えてくれる絆のドラマでした。

女性30代
女性30代

江口洋介さん演じる信次と尾野真千子さん演じる美奈の夫婦が、実の親から育児放棄された5才の男の子を引き取り、特別養子縁組をしようとさまざまな障害にぶつかりながらも立ち向かっていく中で徐々に絆が生まれ、夫婦と男の子との間に家族としての深い愛が育まれていくのですが、このドラマを見て特別養子縁組がどういうものなのかを今まで以上に知ることができましたし、特別養子縁組をするために越えなくてはならない壁がたくさんあるということを改めて知り、家族や自分の人生について色々考えさせられました。

男の子をハジメと名付け、夫婦とハジメの距離が少しずつ近づいていく様子は微笑ましく見ていて楽しめましたが、後半になるにつれて厳しい現実をたくさん突き付けられていく様子は見ていて辛く苦しくなりました。

実の母親が虐待していた理由を知り負の連鎖だなと思いましたし、全てを環境のせいにすることはできませんが、育つ環境が人生に与える影響の大きさを感じました。

女性40代
女性40代

親には親の事情があるにしろ、大人の都合に結果的に振り回されてしまう、子どものいたいけな感情を考えさせられます。

美奈と信次の愛情を感じつつも、信じてもまた去っていってしまうのではないかと、身を固くしているはじめに、2人は寄り添っていくことはできるのでしょうか。

一度捨てられた子に、人の愛情や信頼を感じさせることは容易ではありませんね。

3人で暮らしていっている矢先に、本当の祖母や母の影がちらつき始めます。

実の親が育てられるよう、軌道修正して、時が来たら戻る関係ならいいのですが、実子として扱うことにする場合、本当の親と完全に離れられるのかとか、葛藤が多々あるでしょう。

特別養子縁組は6歳になるまでに決めないといけないとのことで、時間があまり残されていません。

どのくらい時間があれば、本当に答えが出るのか、双方の親の側としても、常に悩む問題ですね。

血のつながった家族の存在を超える愛情を注ぐ。

簡単ではありませんが、それを必要としている子はたくさんいるでしょう。

女性40代
女性40代

このドラマの主役は尾野真千子さん、江口洋介さん演じる夫婦とハジメくんという特別養子縁組で二人のもとにくる子どもです。

このドラマを見て、初めて特別養子縁組の内容を知ることができました。

他人の子どもを育てることがどんなに大変なことかと思いました。

この夫婦は、とても愛情をもってハジメ君に接しています。

最初の頃、ジュースを投げつけたり、部屋中荒らされたり、自分の子どもでも手をあげてしまいそうなシーンでも、辛抱強くハジメ君と向き合っています。

ただ、実の親とその母親の登場により、この二人から一度ハジメ君は引き離されそうになります。

そしてそのことがきっかけて夫婦まで壊れてしまいそうになり、そこはとても切なかったです。

これまでに苦労しているシーンをたくさん見たからです。

そして最終回で明らかになった志田未来さんの演じる実の母の知るハジメ君の出生の事実を知り、とても衝撃を受け、志田さんの演技が危機せまるものがあり、印象深かったです。

最後にはいろんなことを乗り越え、夫婦とハジメ君の未来が続きそうな終わり方でよかったです。

ドラマ『はじめまして、愛してます。』のまとめ

養子という形を取ることになった一組の夫婦とその子供の絆を、紡いでいく姿に注目をしてご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました