ハイキュー!! TO THE TOP見逃し無料動画配信(アニメ1話~最終回)フル視聴

ハイキュー!! TO THE TOP アニメ

ハイキュー!! TO THE TOP(アニメ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『ハイキュー‼ TO THE TOP』ダイジェストPV

ハイキュー!! TO THE TOPは烏野高校が春高に参加し1回戦、2回戦と戦いながらそれぞれの選手が成長していく姿を描いたスポコンアニメです。

選手それぞれの考えも描かれているので観ていて楽しめます。

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』を無料で見る

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『ハイキュー!! TO THE TOP』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ハイキュー!! TO THE TOP(アニメ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』のあらすじ
第1話 自己紹介

日向164.1cm景山181.9cmと身長測定でも盛り上がっています。

最高到達点測定時に景山は337cm、日向は333cmと競い合っていて賭けには景山の勝ちです。

景山に19歳以下の日本代表がいる全日本ユース強化合宿の報せが舞い込んできました。

同時に月島にも宮城県選抜強化合宿への招集がかかります。

合宿当日に日向は強化合宿に押しかけていきます。

監督からも叱られてしまいますが日向の言葉もあり鷲匠先生の言葉もあり玉拾いで参加することを許されたのです。

景山というセッターもいない日向に魅力を感じていないという鷲匠の言葉に闘志を燃やします。

第2話 迷子

宮城県選抜強化合宿での練習では日向は文字通り玉拾いをしています。

練習終了後一人で練習している日向は止まったら駄目だと落ち込んでしまいます。

鷲匠先生はどんなに日向がどんなに頑張ってもチームに入れるつもりはないと知ります。

「遠きに行くは必ず近くよりす」と静かな武田先生の説教に何も言い返せませんでした。

強化合宿にて白鳥沢学園高校の選手が練習試合に日向を天童は不思議に思い聞くと牛島に「それでお前は何をやっている」という質問に苦しみながらも答えを出そうとします。

第3話 視点

鳥養先生の「玉拾いなめるなよ」の言葉を思い出した日向は自分が何をすべきかを考えながら動いていました。

練習試合を後ろからみながら日向は必死で研究し昔教えてもらったスプリットステップを思い出していました。

練習終了後「壊れて筋肉は飯を食って修復する。それにより筋肉が着くからしっかりと食え」の鳥養の言葉を思い出して何を食べればいいかと電話します。

するとまずはプロテイン入りの飲み物を飲んで家に帰ってしっかりと飯を食ってしっかりと眠るように指導されました。

強化合宿に参加する景山はいつも通りの練習ではボールを取ってくれたことに不思議さを感じていました。

第4話 “楽”

練習終了後月島に自主練習に付き合ってほしいと声をかけられた日向は大喜びです。

全日本ユース強化合宿での夕食時に景山は星海のことが気になっていました。

日向はブロックを撃たせるために自主練に付き合わせてくれたのかと思っていたがそうではなく月島の自分ために彼を使わない手はないと考えていたからなのです。

強化合宿にて星海は自分が優れていることをアピールすると参考になりますと返す景山に宮侑がイメージと違いプレイはだいぶん“おりこうさん”と話しかけます。

「なんとなくやっていると勝てない」と言葉に2対2での練習でより相手をみることが必要となることを百沢が知ると日向が選ばれればよかったというと2mの伸長を使って初めのボールを高く飛ばすことで“楽”になってくると教えます。

第5話 空腹

「楽していこうぜ」の言葉に自信がついた百沢は2対2練習で実力を発揮します。

白鳥沢学園との合同練習試合をみていた日向が牛島に疑問をぶつけていきます。

強化合宿にて星海と宮侑の実力により景山の成長はみてとれるようです。

烏野の練習でも選手それぞれが成長していて景山、日向、月島が戻ってくるのも楽しみなようです。

「譲れなくて喧嘩するのは普通だ」という日向と金田の距離は近く慣れたような感じがします。

鷲匠監督もずっと玉拾いをしていた日向を認めていたようでした。

烏野高校に戻った日向と景山のパス練習をしながらも日向がもっと飛べると話しかけるのです。

第6話 昂場

サーブ強化週間でネット上のどこを通ればどこに落ちるかを確認するためにテープを貼ることで視覚においても練習になります。

「もっと飛べるって」と日向が聞くと飛ぶ時にどこに意識をしているかと聞くと足だと答えます。

そうではなく床を蹴るように意識することが必要だと景山が教えます。

練習をしているときに日向が言った「月島は黄金川がセッターの方が高く飛べた」の言葉を景山は気になりました。

バンチ(束)シフトで攻撃を防御する伊達工業高校とスプレッド(広がる)シフトの烏野の方がまんべんなく守ることができるところでいい点もあるがバンチシフトも怖いと知ります。

そういう強さを心地よく思う景山は確実に強くなっているようです。

第7話 返還

ボールを止めた西谷に景山は「邪魔っす」という景山はバックアタックの助走の邪魔をしているというと納得しているようでしたがいつもよりも怖さを感じましたのです。

試合中の月島と景山のバチバチもさることながら東峯が決められなかったことに「王様節」がさく裂しますが日向がうまくその場をまとめてコート上の王様誕生だと言われます。

そこで最高のセッターになると決意します。

疲れたら交代するのではなく限られた状況のためにどうするのか考えながら行動することの大切さを知るのです。

第8話 チャレンジャー

伊達工業との練習試合中に日向は監督に「紛れるですよね」といい試合を再開します。

日向が情報を増やすことでいつでも攻撃可能となっているようで伊達工業が少し意識し始めてブロックシステムを翻弄させていたのです。

リードしているものの体力不足となっているところで菅原は出る気満々だったが、消極的な動きをしていた木下を試合に加えたのです。

日向がブロックをつるかのような動きをしてみたりしてチームを盛り上げていったのです。

景山がテーピングをしていないことで不思議に思っていた黄金川は彼に疑問を投げると彼はテーピングをすることで違和感もありボールをしっかりと感じるために手指の手入れは100%欠かせないものとなっていると話します。

日向がロンリーパス練習を家で続けているのをみて妹がボールを仲良くなったねと言われて上機嫌です。

第9話 それぞれの夜

澤村は最悪の初夢をみたことになんだか複雑な気持ちです。

澤村、東峰、菅原、清水は4人で初めての初詣でをしていたのです。

神頼みをしてでも勝ちたい3人は清水の「神様にお願いしなくても勝てます」の言葉に勇気づけられます。

はじめて参加する春の高校バレー全国大会の前日、東京入りしたメンバーは落ち着かない様子です。

日向と景山はそれを落ち着かせるために走ったり、ほかのメンバーは勉強したり

自分たちのすごい動画をみたりしてそれぞれの夜を過ごしました。

夜が明けて全国大会(オレンジコートの闘い)の開幕を迎えて入場行進が始まったのです。

第10話 戦線

思ったよりも試合の進みがはやくて少し早めにバスで東京体育館に向かうことになったのです。

バスに乗りこむ前に日向は袋を取り違えられてシューズがなくなってしまいますが、その袋の中に入っていた携帯のおかげもあり、その場を離れることが可能なマネージャーの清水が取りに行ってくれたのです。

東京体育館はいつものコートより滑りにくくいつもより天井が高いのもあり距離感がつかみにくいのでいつもよりも高くボールをあげる必要があるようでした。

景山は他の選手が緊張している姿をみてここは通過点だから緊張していないところにすごさを感じます。

烏野高校と椿原学園の試合が始まりました。椿原はこの試合は会場に呑まれたほうが負けるということで落ち着いているようでした。

景山は空間の影響を受けているようで初めのトスはうまくいきませんでしたが、時間をもらいたいとの言葉にチームのみんなは待つという気持ちに助けられたのです。

「気持ちをリセットしたら標準を合わせる」と打ったサーブは得点となりました。

第11話 繋がれるチャンス

セッターをしている景山は熱意があるものの今まで目立ってこなかったが今後世界は注目してくるはずと武田は口にします。

景山と日向に翻弄されていた椿原の選手も監督の一言で勝つためにここにきていると落ち着いて試合に向かいます。

日向、木下とサーブは決まりませんでしたが、椿原側もサーブがつかめずに苦労しているようでした。

「ミスをしたとき許してくれないのは仲間ではなく自分だと」椿原の監督も分かっているのか姫川は2連続で天井サーブを決めて逆転を許します。

流れは椿原だと思った瞬間に烏野も個々で帰るわけにはいかないと「チャンスは準備された心に降り立つ」の言葉通りに東峰はアタックを決めます。

第12話 鮮烈

試合を終えて先輩たちが応援に来ていたことに始めて気づいたのは澤村でした。

烏野高校は2回戦進出を決めるまでかなり緊張していたからです。

次の試合まで時間があるので日向はエースの心得のTシャツを購入している頃に梟谷学園の木兎はメインアリーナで戦いたかったと嘆いていました。

試合中にソワソワし始めた木兎をみた赤葦は彼を盛り上げるために弟子(日向)が見に来ていることを知らせると室力を発揮したのです。梟谷学園も2回戦進出が決まったのです。

日向は星海と視線をそらすと負けそうな気持ちとなる運命的な出会いをしたのです。

鴎台高校も勝利した星海のインタビューを聞いた日向はこの大会に参加できて本当に良かったと感動したのです。

第13話 2日目

田中の同級生の女子が「明日も一緒に頑張ろうね」といってくれたことに脈ありと仲間から聞くと今まで脈があったことがなかったので心から喜んでいるようです。

2日目の対戦相手は優勝候補の稲荷崎高校で特に宮侑は注意が必要です。

日向は一番強い相手と2番目に強い相手と戦えることに興奮しているようでした。

田中は同級生の彼女が悩んでいる頃に「できるようになるまでやればできる」といわれたことに女子バレーの実力をあげていたのです。

2日目が始まり景山に宮侑が下手な選手と試合はしたくないという言葉にそういうことはないと返したのです。

監督の言葉に勇気づけられた烏野の選手は元気にでたものの強気のサーブで競っていたのです。

第14話 OVA 陸と空

梟谷学園と音駒高校の試合が始まります。

円陣を組んだ音駒は「俺たちは血液だ、いつものように流れるように」と声かけあって試合に向かいます。

梟谷の木兎はストレートの調子がいいので意識的に占めていくことを決めると撃つところがなくなりチャンスが回ってきます。

けれども灰羽のアタック失敗したことから狐爪に指摘を受けたことから「肘下げない」とつぶやきながら打つことで次第に整ってきていたのです。

木兎のストレートの調子がいいとストレートの打ち方をまじめに忘れてしまうくらいだったが赤葦の言葉と「エースの心得 1.背中で見方を鼓舞するべし 2.どんな壁でも打ち砕くべし 3.すべてのボールを打ち切るべし」に支えられてしっかりと決めます。

灰羽の落ちこむ姿をみて黒尾は「チームワークはお前が思うよりもっと気持ちのいいものだ」と元気づけます。

梟谷に負けた音駒は戸美との試合でレシーブの時に足を負傷してしまいます。

第15話 OVA ボールの道

音駒は戸美との試合中にボールを深追いして、今まで負傷したことがなかった夜久が足を痛めたのもあり柴山の登場です。

はじめこそうまく動けずに固まっていましたが、黒尾、海、山本、狐瓜のサポートもあり2セット目で勝利します。

3セット目でマッチポイントとなったときに灰羽はチームではまる瞬間の気持ち分を確認できたのです。それにより戸美学園に勝ったのです。

その夜、狐爪より「春高行くよ」の連絡をもらった日向はうれしくなります。

第16話 リズム

烏野高校と稲荷崎高校とのセッター対決が始まるとすぐに高く飛べた日向はボールを落としてしまいまいかなり落ち込んでしまいます。

「相手が最強の挑戦者であるように、僕らはバレーボールへの挑戦者だ」の言葉通りに景山と日向はミドルブロッカーとしても成功します。

稲荷崎の応援の勝手にリズムを作ることで烏野のサーブの邪魔をします。それは中から外からの攻撃のようでもあり独自の空気を作っているようです。

そうはさせないと少しだけ空気を整えるような応援に変わると烏野の空気が戻ってきたのです。

宮侑は二刀流のサーブの持ち主です。それをしていっていても烏野はただスタートラインに立っただけと宮治は笑みを浮かべます。

「この位置、ころあい、この角度、どっしゃり」で宮兄弟が決めます。

第17話 見つける

この試合では宮兄妹は攻撃の手を緩めることはありません。

その攻撃に日向は熱くなっているようで規則的なところだと読んだ宮兄妹のブロックを阻止して得点します。

日向は双子の片方(治)を任せると言われて勝負が始まります。

はじめ恐れて緊張していた木下に鳥養は相手も同じ高校生だと告げます。

その言葉に助けられた木下はサーブを決めます。

嫌なブロックについて考えた日向は「クロスにはうてないよね」を思い出して対応したのです。

いつも練習している的をみつけると山口のサーブにより烏野は逆転します。

第18話 失恋

田中は小学生の時の同級生で新山女子高校の天内叶歌は1日目に勝ったことで「明日も頑張ろうね」と声をかけてくれました。

稲荷崎との試合にてセットポイントを取るためにも田中は少し焦っていました。

「俺は今日何をした」と自分に言い聞かせながら試合に臨んでいるのもあり力んでしまっているようです。

「落ちた強豪、飛べない烏」などの言葉が刺さっていた田中はアウトラインにたたき出してしまいます。今がふんばりどころでチームが乱れているところに少し不安になっているところで日向は田中を元気づけたのです。そのおかげもあり田中はメンタルを通り戻していったのです。「できるまでやればできる」の言葉とともになんとか1セットを獲得したのです。

まっすぐな田中をみて天内は失恋したかもしれないと自覚するのです。

第19話 ネコVSサル

音駒高校は初の全国大会で興奮しているようでした。戸美高校との試合に勝ってよりチームの連携を深めているようです。

日向と狐爪はタイプが違うけど攻略したい相手だからこそ仲がいいのかもしれません。

試合中音駒のチームは簡単にボールを落としませんでした。それはなにか気持ち悪さがあり早流川工があえて音駒のチームを疲れさせる狙いがあるようだったのです。

見た目に体力がなさそうな狐爪は山本のような根性論こそはないけれど、頭脳派で負けず嫌いで想像以上に周りをよく見えているのでチームの戦い方にも意見できる存在なのです。

けれど、早流川(サル)は読み違いをしているのかセッターの狐爪を狙っているのです。

第20話 罠

甘やかされたセッターをつぶせとサルは狐爪を狙い続けます。

身体が疲れてきている狐爪も自分はダサいと思いながらも常に彼は冷静なのです。

相手の策を破るためにはこちらも同じだけの粘りが必要だと監督は言います。

みんながセッターを甘やかしているというよりみんなは根性の使い手だからと信頼しあっているようです。

早流川が勝ちに急いでいる時を狙った攻撃というよりも結構しつこいものだったのです。

根性がないと思われていたけど最後は格好いいトスを決めて勝利したのです。

第21話 最強の挑戦者

宮侑はリベロの西谷を狙ってサーブを打ちます。その時に突き指をしたものの必死にボールを返していきます。そのボールをなんとか宮侑がなんとかとらえるとセッターではない宮治がトスを上げ角名が想定外のところにアタックを決めるのでブロックできずにいたのです。

全国大会はやはり並のようにいかないけれど烏野のチームは崩していませんでした。

理想はサーブで膝をつかせることの言葉通りに菅原はサーブを決めます。

稲荷崎の1人が入れるだけのサーブをすると応援団からプロでもないのにひどいヤジを受ける姿には同情します。その影響もありヒリヒリするような空気となり試合は流れを変えていくのです。

第22話 頭

稲荷崎高校の1番の北は冷静沈着な選手です。

彼の正論パンチは祖母譲りで「誰かがみとるよ。神様はどこにでもおるから」の言葉が染みついているのです。決して目立たない選手で自分はしくじらないという自信があるのです。

北は体調管理などの生活スタイルに於けるまでしっかりとする人なのです。そのためもあり緊張はしないようです。

「結果がすべて」といいきる宮侑に対して確実にやるという北は稲荷崎の空気を換えるためにも必要不可欠の存在なのです。

サーブのやり方を変更しようと思っていた彼の気持ちを見透かすように北はジャンフロを続けるように指示します。

その攻撃に彼らも負けていません。尾白のアタックより高く飛んでブロックを決めて怖さをアピールするのです。

第23話 ヒーロー

怖くないブロックはブロックではないと角名は考えているようです。烏野の選手は1対6で対抗することでチャンスを得ます。

西谷は子供の頃は怖がりだったことを話し始めます。それは昔人見知りで怖がりだった自分に祖母は「挑戦しないで怖がるのはもったいない」「それでも怖いときは助けを求めろ」といわれたことを話します。

宮治と侑の双子は2人とも負けず嫌いだけではない強さを持っていることを尾白は知っていたのです。

侑は治よりもバレーを愛していて彼はセッターの鏡なのです。

第24話 ハーケン

セッターは適切な位置にセットするのが仕事という宮侑の姿をみて稲荷崎の選手は強烈なサーブを決めてきます。

烏野も攻めたサーブをしますがアウトとなり決まりません。

13点を取った稲荷崎は双子の攻撃の勢いを取り戻していきます。

烏野はこのまま劣勢なのかと思われたときに試合の流れを変えるような動きに相手の応援団には大きく見えていたような気がしたようです。

けれど宮侑にオーバーネットを誘われてしまいます。そんな中でも日向はトスが低く余裕のないブロックからミドルブロッカーの彼がナイスなレシーブを返し攻撃によるラリーを繰り返したものの得点できませんでした。

きっと疲労が蓄積しているのに違いないと思われたその時空気は変わったのです。それをみていた宮治は日向が飯のようだと例えるのです。

第25話 静かなる王の誕生

路は前だけではなく挑戦いうのは別のもので流れを変える選手ではないがきたが入ることで守ることができると考えているようです。

烏野侍の東峰がサーブを決めたことから後半戦の攻撃が始まりました。

「腹減ったな」と宮兄弟の双子攻撃が始まるかと思った頃に烏野の「負けたくない」という意識から変化が起こり吹っ切れた様子です。

田中がボールを減らしてくれと景山に頼むと「田中さんの攻撃が必要です」というと励ましなどではないこの信頼にこたえてみせると決めてきたのです。

それをみた宮侑は景山のお利口さんはどこへ行ったのかを考えてしまうほど恐ろしい存在となっていたのです。

第26話 バケモンたちの宴

稲荷崎の北が話す「世の中にはかなわないと思う人は多くて宮兄弟のことをはじめからすごいと思った時点で負けていると思う」と分析力のすごさ感じます。

それこそがバケモン達の宴なのかもしれません。

崖っぷちでの宮治のサーブにも烏野は「奇跡入らねー」の言葉に自分たちのことを取り戻したのです。

マッチポイントの取り合いのなか攻撃の手を緩めず攻撃が早くなるなか日向は「楽しんで行こうぜ」と言わんばかりに味方に空気を入れて時間を作って攻撃していきます。

最終的に宮兄弟の速攻アタックを止めることで勝利したのです。

第27話 約束の地

宮兄弟の速攻アタックを止めたことから烏野は勝利し春高は盛り上がりをみせます。

負けた宮侑は次回インターハイでボコボコにしたると言葉を残して去っていきます。

北に負けたことを謝るとそれで満足するものではないはずといい今回の試合は高揚したと彼らをたたえたのです。

試合を終えた烏野の選手たちはシャットダウンして眠ってしまっていました。

日向は春高2日目にてもう一度バレーにはまった日だと月島は感じたのです。

梟谷の木兎は烏野が勝利したのを知ると宮兄弟と試合したかったと少し残念な様子でした。彼のもっと試合をしたいという気持ちを赤葦はうまく抑えながらも盛り上げます。

日向も試合の興奮が収まらずにすぐに試合をしたいという気持ちに月島は気持ち悪いと本気で思ったのです。

狐爪は試合に負けたとしても気にしないかもしれないが日向はそんな狐爪に勝ちたいと強い想いがあるようです。

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』の登場人物

日向 翔陽 (KENN / 村瀬 歩)

景山 飛雄 (前野智昭 / 石川甲人)

澤村 大地 (柳田淳一 / 日野 聡)

菅原 孝支 (宮永恵太 / 入野自由)

東峰 旭  (細谷佳正)

西谷 夕  (岡本信彦)

田中龍之介 (本橋大輔 / 林 勇)

縁下 力  (増田俊樹)

木下 久志 (相楽信頼)

成田 一仁 (西山宏太朗)

月島 蛍  (内山昂輝)

山口 忠  (斎藤壮馬)

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』の主題歌

オープニングテーマ

BURNOUT SYNDROMES 『PHOENIX』Music Video(TVアニメ「ハイキュー!! TO THE TOP」オープニングテーマ)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ハイキュー!! TO THE TOP(アニメ)の感想・まとめ

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

アニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』のまとめ

ハイキュー!! TO THE TOP は春高でのそれぞれの選手もかっこよくてバレーを知らない私も試合シーンなどかなり集中して観てしまうほど魅力のあるアニメです。

日向や景山はもちろん格好いいのですが、ほかの高校の選手もすべて魅力的です。

そんな姿を一緒に動画視聴しませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました