グッド モーニング コール 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

グッドモーニングコール 国内ドラマ

グッド・モーニング・コールの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『グッド・モーニング・コール』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

グッドモーニング・コール 予告編 – Netflix [HD]

オリジナルキャラも加わった大ヒット漫画がドラマ化。一人暮らしを始めた高校生の奈緒、しかしそこに学校の人気者の一人上原も現れ不思議な同居生活が始まる。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

グッド・モーニング・コール(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『グッド・モーニング・コール』のあらすじ
第1話『憧れの一人暮らし、はじめます!?』

奈緒の通う学校には、御三家と呼ばれる二人の男子生徒がいた。一人は三年生の篠崎大地、もう一人は二年生の上原久志だが、彼は好意を寄せる女子に対し冷たい態度をとることが有名だった。

奈緒自身もその様子を目撃し、苦手意識を持っていた。大地は奈緒と知り合いで度々仲良く話す。

親の事情で一人暮らしをする事になった奈緒は、高校の同級生のまりなと光石と引っ越しの片づけをしていた。

好物件なのにもかかわらず、家賃の安さに光石は訳アリだと推測する。二人が帰った後、片付けを進めていると家に誰かが入って来た。

入ってきたのは、御三家の一人上原だった。二人は困惑するが契約書を見ると全く同じ場所だったのです。

確かめに行くと実は二重契約を行い、詐欺に遭っていたことが発覚する。二人は生活をどうするか考え、奈緒は二人で住むことを勧めた。

最初は反対する上原だったが、寮に空きが出来るまでの期間同居をする事になった。

翌日上原が決めたルールには、部屋に入らないことやお風呂の時間を決めて入ること、他の友達を上げないことのどが書かれていた。

さらに学校では赤の他人として、同居の事を隠すことになる。

二人の生活が始まるが、上原のかけた目覚ましが部屋から鳴り止めに入った奈緒は家族の写真が入った写真立てを壊してしまいます。

素直に謝ろうとする奈緒だったが、上原の態度に怒ってしまいさらに悪化してしまった。

次の日、まりな達と昼食をとっていると上原が両親を亡くしていることを知る。無神経なことを言ってしまったと思った奈緒は、必死で写真立てを探しに行きます。

その夜前に好物だと言っていたロールキャベツを作り、上原の帰宅を待っていた奈緒だったが空腹で冷蔵庫に2つあった牛乳プリンを一つ食べてしまう。

帰ってきた上原がそのことをひどく怒り、奈緒は苛立ちながら牛乳プリンを買いに出かけます。

しかし近くには売っておらず、遠くなってしまった帰り道周辺で通り魔が出ていることを思い出し、不安を感じトンネルでぶつかった人に追いかけられてしまう。

一方上原は、奈緒の帰りが遅いことに違和感を持ち、そこで奈緒が買ってきた写真立てとロールキャベツを見つけ奈緒を探しに行く。

探していると草むらから泣き声が聞こえてきて、奈緒が座り込んでいるのを見つける。その姿に上原は思わず笑い、二人は一緒に帰ります。

帰り道で奈緒は、上原に謝罪をし上原は奈緒の作ったロールキャベツで許すと話した。

次の日上原の部屋から鳴りやまない目覚ましで起きた奈緒は、上原の部屋に行き起こそうとしますが百合と呟いた上原は奈緒の手を引きキスをする。

第2話『突然のファーストキス』

キスしてしまった事に動揺する奈緒だったが、上原は覚えてない上に男女の関係に発展するわけないと告げ奈緒は怒る。

学校でまりなの情報によって、御三家の鉄の掟を知った奈緒は自分の状況かに恐ろしさを抱きます。

そこに体操服が間違えていることに気づいた奈緒は、上原のもとに行き交換しようとするが上原はあからさまに避け、結局交換し損ねるが何とか気づいた上原が奈緒の所に行き難を逃れる。

しかしそのやり取りを一人の女子に見られてしまい、写真を撮られてしまった。

体育の時間になり女子たちが騒ぐ中、奈緒はその姿に苛立ちを持ち友達の光石と上原に悪態をつく。

そこへ大地が声をかけてきて、奈緒たちにバットの持ち方を教える。その様子を目撃した上原は、少し苛立ちを顔に出します。

結局奈緒は打てずに試合は終わってしまう。体育の片づけを終えて制服に着替えようとするが、制服が無くなっていた。

上原の派閥三人組が、制服が落ちてたと渡すが制服が汚れていた。さらに三人は意味深な言葉を残して去ってしまいます。

帰り道まりなに、奈緒が何かを隠していると言われ素直に話してると上原が帰ってきてしまった。

まりなに謝るが、まりなは奈緒を褒め上原と近づけることに喜ぶ。そして自分に協力してほしいと言われ奈緒は了承する。

上原にまりなの事をバカにされ奈緒は上原に強く言い返し部屋に戻ります。

次の日学校に行くと、上原に近づくなと脅されてしまう。その後も嫌がらせは続きまりなに心配されるが奈緒は詳しくは話さずにいた。

放課後上原に呼び出された奈緒は、体育館倉庫に向かうが三人組がついた嘘で掟に逆らった奈緒に怒りをぶつける。

三人組の話を聞き反抗し掟の事を否定した奈緒のもとに、上原が現れ奈緒と付き合ってると告げた。

その後上原は付き合ってるふりをすると言いだし、奈緒はお礼を言うと上原はまりなの事を悪くいったことを謝る。

しかしその直後、上原は倒れてしまい睡眠不足と栄養失調であると聞かされそこに百合という女性が現れます。

第3話『同居の秘密、バレちゃった』

その女性は上原に躊躇なく話しかけ、二人の会話についていけない奈緒は立ち去ろうとするが、そこで上原にお礼を言われさらには一緒に出ようと誘われた。

女性が結婚指輪をしていることを見つけ、百合は上原の兄の婚約者であることを知る。百合は奈緒を上原の彼女と勘違いし、家に帰ってくるように頼んでほしいと言われてしまった。

その夜、奈緒は一人部屋で上原が家に帰ってしまうのではないかと思い胃袋を掴むため料理を作る。

料理を持って登校すると、大勢から視線を浴びさらにはまりなに避けられてしまいます。訳を聞くと、自分に隠し事をしていたことに腹を立てていたと言われ素直に話すことを決意する。

事情を話し和解した奈緒は、帰宅前に上原の見舞いに向かうが既に退院していた。さらには上原に冷蔵庫に置いておいた料理を食べられてしまうが、同居解消にならなかった事に安堵する。

母親からの電話で、テストで半分以内に入らなければ田舎に戻れと言われてしまい必死で勉強するも早々につまずいてしまいます。

帰宅しようとした奈緒に、校門前で百合に声をかけられカフェに行くことになる。そこで上原の初恋が百合であることを知る。

まりな達は、大地が奈緒の家に行こうとしているのを知り奈緒の家に走る。奈緒もまた百合が家に向かうことに慌てる。

上原が家に訪ねてきた大地に、驚きその後全員が家にお邪魔することになった。混乱する中上原が全部話すことになり、同居を続けたいと報告した。

奈緒もまた同居をしたいと話し、百合は納得し帰宅するが大地は上原に敵意を向け部屋を出ると、奈緒に何かあればいつでも家にこいと告げ帰っていきます。

ごたごたが片付き安堵する奈緒だったが、テストの事を思い出し上原に教えてもらう。

結果何とか半分に入ることが出来き、家でご褒美会を開く二人。しかし奈緒は、上原がまだ百合の事を好きではないかと疑い気まずくなってしまった。

第4話『クリスマス・イブまでカウントダウン』

百合と上原の事で悩む奈緒、心配するまりなは星座占いで奈緒にクリスマスを上原と過ごすように助言する。

そこに大地が訪ね、奈緒の上原への視線に複雑な思いを抱く。

同居をしてから初めて一日二人きりの時間になるかと思われたが、百合が訪ね二人の会話のやり取りに複雑な気持ちを抱え外に出る。

考え事をしていて赤信号のまま渡ってしまいバイクを転倒させてしまいます。そのバイクに乗せていた皿を割ってしまった奈緒、家族に連絡させられるのを危惧しラーメン屋で働くことに。

しかしバイトでは、ことごとく失敗しへとへとになりながら帰宅する。そこで上原と言い合いになってしまい再び喧嘩になってしまった。

次の日奈緒に、クリスマスに一緒に過ごしてほしいという生徒が現れます。まりなは彼が告白をし続ける阿部という男子だと説明する。

まりなはその告白を使って、上原に奈緒が24日を一人で過ごすことになりそうだと話す。奈緒のバイト先に訪れたまりなと光石と大地は、毎年のクリスマスの話をする。

帰宅した奈緒に、上原は24日一緒に過ごすかと誘い奈緒は動揺しながらも喜ぶ。

クリスマスが迫る中百合にあった奈緒は、百合からドレスを貰った。さらに上原の好きな料理を聞き思考をめぐらせる。

上原は帰宅途中に大地に会い、大地から奈緒と二人で過ごすことになったと聞かされ伝言を頼まれます。

帰宅した上原は、大地と過ごすことを勧め奈緒は誰でもいいわけじゃないと怒って部屋に戻ってしまった。

当日料理を作る奈緒のもとに訪ねてきたのは、大地だった。そして奈緒は倒れてしまい大地に看病をしてもらいそこで初めて弱音を吐く。

複雑な思いを抱える大地は、いつも作る料理ではないことに気づき上原のもとに行った。

大地は奈緒が弱音を吐かないことや、いつも作らないものを作ってることを話し約束したなら守れよと吐き捨てます。

ケーキを持って自宅に戻った上原は、そこでバイトをしていたことを知る。上原は同居の掟に、困った時は頼ることを追加すると話す。

奈緒は上原の持ってきたケーキに喜び、中を開けると走った結果形が崩れてしまっていた。しかし奈緒は味見をし喜び、百合の言った言葉を思い出した。

上原の恋人になれば大切にしてくれると、しかし奈緒は今のままで十分だとこぼし眠りにつく。

次の日、阿部を呼び出した奈緒は上原の事が好きだと告げ、その様子を上原に見られてしまいます。

第5話『2人きりの年越し』

上原が好きだと聞かれてしまった奈緒だったが、上原はフリで言ったのだと勘違いし何とか難を逃れる。

年末に上原が実家には帰らず家にいることを知った奈緒は、親に何とか理由をつけて田舎に帰るのを断ります。

しかしバイトが年末年始が休みなことを知りがっかりしている所に大地が訪ねてくる。

阿部も訪ねてきて、光石におすすめされたと話す。そこで一星が阿部が好きになったら告白する行動を褒め、大地は複雑な気持ちを抱えていた。

上原はバイト先のななこに年越しを誘われるが聞く耳を持たず、ななこは父親に住所を聞く。

百合が自宅に訪ね、そこでドーナツと鏡餅、お年玉を受け取る。そこにななこが訪ねてきて、互いに混乱する。

ななこは奈緒が同居をしていることに不満を持ち、言いたい放題言ってきて百合も加勢するが歯が立たずそこに上原が帰ってきます。

そこでバイト先の近くに空きが出来るから引っ越した方がいいと告げた。

奈緒は引っ越してしまうのかと心配し、そこに大地が学校に一緒に行こうと誘いに来る。登校途中に年越しと初詣一緒に過ごさないかと聞かれ誘いを受けます。

補習後打ち上げに参加しようとする奈緒だったが、まりなから話があると言われ光石に告白されたと報告された。

奈緒は驚き、光石が勇気を出して告白してきたならしっかり考えて答えてあげるべきだと助言します。

大晦日前日、奈緒は上原に大地と年越しを過ごすと報告する。上原は特に反応せず奈緒は少し落ち込む。

年越しの日、準備をする奈緒だったが停電してしまいブレーカーを上げるが復旧しず電車も止まってしまった。

バイト先でそのことを知った上原は奈緒の事を心配するが、奈緒は家の片づけに追われていた。奈緒は大地に断りをいれ心配する大地に大丈夫だと話し電話を切る。

上原は店主に部屋に空きが空いてると言われ、相談を受けるが上原は断る。大地はニュースで復旧していないことを知り不安になり奈緒のもとに向かう。

上原が電話をくれていたことに気づいた奈緒は、電話をかけ大丈夫だと言いよいお年をといったところで充電が切れてしまいます。

家に向かう途中上原を目撃した大地は、奈緒のもとに行くのを諦めてしまう。帰ってきた上原は、奈緒に頼れと言ったと話し二人は小さなキャンドルをつけ過ごすことに。

リビングで寝ることにした奈緒、唐突に部屋に戻る上原だったが上原もリビングで寝ると言いだす。

奈緒は上原の口から百合や兄の話を聞き、素直な気持ちを聞いた奈緒は安心し眠りにつく。

復旧した事に安心奈緒は大地と初詣に行くと話し、冗談半分で誘うと上原は誘いを受け三人で初詣に行くことになる。

大地は話を切り出すが、上原がいることでまたの機会にすると告げ帰りにまりな達に出会う。

二人が付き合うことになったと報告を受け、奈緒は思わず涙を流しその様子に上原は複雑な気持ちを持つ。

帰りにななこが待っているのを知り、奈緒は自分の部屋に戻る。そこで何で奈緒と一緒に住んでいるのかと聞き、上原はここの生活が気に入ってると言って断る。

上原がここを気に入っていることに安堵する奈緒に、上原は気づいてないみたいだから言うけどと言って。

第6話『大ちゃんから愛の告白!?』

上原は奈緒に振り回されてばっかりだと言い、苛立つ奈緒だったがここでの生活が楽しいと話し、寮に住むことになるまではここで住むと告げる。

ある日ラーメン屋がすごく混んでいることに疑問を持つ奈緒に、一星は雑誌を見せカップルに人気なことを話し一星から割引券をもらう。

学校が始まり上原にお弁当を作ればいいとまりなから相談を受け、上原に相談すると即受け入れてくれた。

お弁当を食べ始め、上原にカップルらしいことをしようとするがことごとく断られてしまいます。

下校中に百合にあった二人、新婚旅行のお土産を見せる百合に上原は寄り道して帰ると言ってしまう。

百合に憧れを抱く奈緒だったが、百合は近くに居ればいるほど不安になると話しその言葉に奈緒は少し考えるようになる。

大地は奈緒を水族館に誘い、誘いを受けていたところに上原が昼食に奈緒を連れていく。その様子を心配する光石に、大地はこのままでいいわけがないと言って去っていきます。

上原は大地の事が好きでもないのに出かけるなんてと、吐き捨て奈緒は自分の立場が百合だったら良かったのにねとふてくされてしまい、言い過ぎたことに後悔する。

次の日お弁当をつくるのをやめた奈緒を心配したまりな達は奈緒を励ます。昼食時に上原が購買でご飯を買っていることに、御三家の見守り三人組は普通女と釣り合うわけがないと嘲笑う。

奈緒は大地との水族館の日、携帯を家に忘れてしまうが大地が写真なら撮ると言い二人は存分に楽しむ。

上原は奈緒の携帯を見つけ手元に置いておくと、写真を撮ったのが送られてきてさらには母親から連絡がくる。

大地は同居の事を心配し、上原への想いを抱える奈緒は本音をこぼしてしまいます。

その言葉に大地は、奈緒の事が好きだと告白し驚く奈緒だったが大地は真剣に告げた。奈緒は断ろうとするが、大地は返事を今聞きたくないと告げ先に帰ってしまった。

上原は奈緒のもとに行き、携帯を届け母から連絡が来ていたことを知らせる。しかし問題は解決したと話しすぐに電話を切られてしまう。

二人で帰ることになり、帰り道に綺麗な東京タワーを二人で眺める。そこで奈緒は上原に大地に告白されたことを報告した。

言い合いになるが上原が見せた笑顔にときめく奈緒は、お腹がなってしまい上原はなにか食べに行くかと聞かれラーメンの割引券を思い出す。

家に戻った奈緒は、大地の事で悩むがそこに一緒に学校に行こうと大地に誘われる。大地は告白したことに後悔はしていないと話し、意識し始める奈緒。

三人組に事実を話せと言われる中、上原が奈緒を迎えに来て一緒に帰ることになる。帰り道上原に謝られるが、奈緒も百合とのことを無神経だったと謝ります。

その夜二人は鍋を食べ、久しぶりに二人でご飯を食べたことに喜ぶがそこにずぶ濡れの百合が訪ね離婚すると告げた。

第7話『ゆりりんの離婚宣言』

離婚すると話す百合に、上原はいつもの事だといい百合は奈緒に少しの間泊めて欲しいと頼む。

兄が浮気していたと話す百合に上原は兄のもとに行くと告げ、百合はやけ食いし百合が離婚をしたら上原が百合のもとに行くのではないかと想像する奈緒。

酔っぱらう百合が奈緒にキスを何度もしてしまう。翌朝百合は、昨日の事を謝罪し二人は元気に登校する。

そこに上原が現れ、散々電話したと怒り上原は百合を呼び出す。そこに大地が現れ奈緒はまりなを連れて学校に向かった。

そこで大地に告白されたことを報告し、二人は大地の複雑な気持ちを察する。

そこへ上原が現れ、実家に戻るという報告を受けた奈緒は二度と戻ってこないのかと不安になるが、上原は解決するまでだと話します。

帰りに大地に誘われた奈緒は複雑な思いを抱え告白を断ろうとするが、大地は頑なに気長に待つと話し去っていく。

まりなに自分の気持ちを素直に話すことを促され、行動を起こすことを決める。しかし二日会わない日が出来てしまい、百合と上原の関係に複雑な気持ちを持つ奈緒。

帰り道に大地と会った奈緒はそこで上原と会い、奈緒の友達と家でパーティーをする事になった。大地との関係に嫉妬する上原だったが、奈緒は百合との関係に切ない表情を見せる。

お酒を飲んでしまい酔っぱらっていた百合だったが、電話がかかって来て部屋に閉じこもってしまいます。

上原と奈緒が部屋で二人で寝ることになってしまい、大地は今日泊まると言いだし色んな出来事があったことで寝られなくなった奈緒は起きていた上原とスイーツを食べることに。

翌朝大地は上原に中途半端な態度で奈緒の傍に居るなと激怒する。そんな中奈緒のもとに卓也が訪ねてきて。

第8話『超イケメン!?上原兄登場』

卓也が訪ねてきて奈緒は上原の事を溺愛する姿を目撃してしまった。百合が友達からの情報で元カノと会っていたことを知り、否定しない卓也の姿を見て結婚指輪を窓から投げてしまいます。

実家から戻ることを決めた上原に喜ぶが、兄弟の複雑な関係を知ってしまう。そのことをまりな達に報告するが光石に奈緒が大地の事を意識し始めているのではないかと言われる。

学校の帰り百合が投げた結婚指輪を必死に探す姿を目撃した奈緒は、そこで兄弟の話を聞き卓也は百合と上原と三人で自分が手掛けた家に住みたいと話す。

奈緒は二人が仲直りするべきだと話し、提案があるといい奈緒のバイト先に二人を招く。しかし卓也のブラコンさに百合は呆れて帰ってしまった。

百合が自暴自棄になる姿みて奈緒は、上原が百合の事を好きでいたのに身を引いたことを話し浮気をしようとしたのを止める。

奈緒の家に来た大地は上原に百合のこと今でも好きでいるのか聞くが、そこに卓也が現れ卓也が百合だけは譲れないと告げた。

その言葉を聞いた百合は卓也に笑顔でバカと叫ぶ。上原が落ち込むところに奈緒は、卓也が百合を譲らなかったことをかっこいいと話す。

二人は百合の結婚指輪を一緒に探すことになり、そこで大地が現れ制止しようとするが奈緒の真剣な表情に大地は引き下がる。

なかなか見つからず上原は家に帰るように促し、これはけじめだと伝えた。戻ってきた大地はその様子を目撃しそこで結婚指輪を見つける。

大地が置いていった指輪を見つけた奈緒は、大はしゃぎで喜び上原は感謝を伝えました。家に帰った二人は百合たちが仲直りしていることを知ります。

次の日奈緒は大地に話があると連絡する。一星で話すことになった奈緒は、大地の優しさに甘えていたことを謝罪した。

家に帰った奈緒は、上原に百合たちの事で世話になったと感謝される。

翌朝卓也から三人で暮らそうと考えていると聞かされ、奈緒は慌てるがそこで上原と百合が話していることを聞く。

百合はずっと断る上原にここに居たい理由があるのかと聞かれ、上原は奈緒の事を思い出す。百合に奈緒の事が好きなのかと聞かれ好きだと話す上原。

奈緒は慌て百合は帰っていく。本当は二人が上原の本音を聞き出すために仕組んだとこだった。

上原は奈緒に好きと言ったのは本当だと伝える。

第9話『もうすぐバレンタイン』

混乱する奈緒はまりなに報告し、奈緒は上原にまだ好きだと言っていないことを伝える。そこでまりなはバレンタインが近いことを話し奈緒は頑張ると告げた。

恥ずかしくなった奈緒は上原と昼食を一緒に食べるのを断ってしまう。まりなに理由を聞かれ恥ずかしくて照れてしまうと言い、バレンタインは約束するように言われ舞い上がる奈緒。

その夜奈緒は14日の予定を聞くが、バイトと言われ夕方まで出かけないかと誘います。しかし上原はバレンタインなんてくだらないと吐き捨てる。

落ち込む奈緒だったが、出かけるのに反対しない上原に安堵の表情を見せた。チョコを一度ももらったことがないと話すが、一度だけ百合からもらったと話し奈緒は複雑な表情を見せる。

テストが終わった奈緒たちはチョコを作り始め、当日の服を決めようとするがそこで奈緒が百合の事を意識していることをまりなが指摘し、自分なりに頑張るように勧める。

まりなに太ったのかと言われてしまい、奈緒はダイエットをしようとする。バイト先で賄いが出て断ろうとするが、ジョギングに手伝うと一星いわれ一緒に走る。

帰宅すると百合が訪ねてきて、奈緒に今回の件でのお礼をします。百合の様子が変な事に心配する奈緒に対し、上原は百合に心配していると告げる。

上原は帰りに男とつるむ百合を見かけ家に連れて帰る。寝言で暴言を吐く百合を心配する上原。

当日雨が降り傘を持っていない奈緒は雨の中上原のが来るのを待ち、連絡をかけるが上原は寝坊していた。慌てて向かおうとするが途中で雨の中座り込む百合を見つけ、理由を聞くと卓也が海外転勤しようとしているのを知る。

百合が風邪をひいているのを知った上原は、奈緒に行けなくなったと告げ奈緒は百合の事を選ぶ上原に自分ではないことを寂しくこぼし連絡を切ってしまう。

途方に暮れる奈緒の姿を目撃した大地は、涙をこぼす奈緒に上原とのことを知り思わず抱きしめた。

第10話『女子寮に、入ります!!』

奈緒の事を探しに行く上原だったが、奈緒は大地の家に居て大地の母がくれたチョコを食べる。そこで昔の話をし、奈緒は今日の事を話そうとするが大地は話さなくていいと告げる。

上原が家に戻ると卓也が待っていて、卓也の話に聞く耳を持たない百合に上原が口を挟もうとするが卓也は制止する。

卓也は百合に海外についてきてほしいと話したいが、そうすれば百合は今の仕事をやめてついてくると答えると思い、言えずにいたと話す。

上原は今の二人の家が無くなり自分に帰る場所がなくなるのを心配したのかと告げ、さらには百合を自分に譲る気でいたのかと吐き捨てる。

上原は卓也を煽り連れて行けと話す。卓也は百合に今の状態からすべてを投げ出すことになると話すが、百合は卓也に抱きつき二人は和解する。

そこに奈緒が帰宅し、奈緒は何も話さず家に帰ってしまいます。そこで百合が泊まっていたことを知り困惑する。

さらに奈緒のもとに女子寮に空きが出来たと知らせが入り、上原は良かったなと言い今日の事を話そうとするが、奈緒は聞きたくないと告げ部屋に戻ってしまった。

次の日早く家を出た奈緒は、まりな達と会いそこで機能の事情を話す。励まそうとするまりなに奈緒は、百合の事に夢中になっている上原を見るのがつらいとこぼした。

まりなの提案でしばらくまりなの家に泊まる事にした奈緒。一方大地は上原に何で気持ちを伝えたのに無神経なことをしたのかと激怒し、上原に殴りかかり上原も自分は引く気はないと告げる。

帰り道奈緒とまりなにあった大地は、奈緒の事を心配する。まりなは大地にまりなの家に泊まる事を報告します。

職場で一星がチョコを貰っているのを知り驚いていると、そこで上原が奈緒の事を探しに来ていたのを知った。

まりなの家で寮に空きが出来て寮に移ろうと考えていると相談する。奈緒は自分が同居していなかったら、こんな事になっていなかったのではないかと考えてしまう。

まりなは辛いことだけじゃなかったと伝え、奈緒の本音を上原に言うべきだと助言します。

そこへ大地から連絡が入り、奈緒に改めて告白し傍に居て欲しいと告げた。さらに大学生になったら実家を出ると言い一緒に暮らさないかと誘われる。

奈緒は寮に空きが出来て家を出ると話すが、大地の誘いを断り上原への気持ちは変わらないと告げます。

その夜上原は奈緒が作ったチョコケーキを食べていた。

次の日大地とのやり取りを聞いてしまった阿部が光石に報告するが、その一部始終を御三家の取り巻きに聞かれてしまい奈緒は三人に責められる。

大地が現れ自分の片思いだと話し、そこにやってきた上原は奈緒に帰ると告げ手を引っ張る。それを制止した大地が二人は分かれたんだろと吐き捨てるが、上原はわかれてなんかないと突き放し教室から去ってしまう。

上原はどこに泊まっていたのかと聞き、心配してくれたのかと期待するが上原は別にとこぼす。そして約束を破ってしまったことを謝り、事情をしっかり話し百合とは何もないと答えるが奈緒は納得できずにいる。

怒って冷蔵庫を開けると、奈緒のケーキはなくお返しに要求していた牛乳プリンがたくさん置かれていた。

上原は奈緒の事を抱きしめ、ここに居て欲しいと伝える。奈緒はその言葉に上原の事が好きだと伝え上原にキスをされます。

卒業式の日、大地は奈緒に助言を沢山いい最後にもう泣くなと告げ奈緒は大地の優しさに感謝の言葉をこぼした。

二人で帰宅するとそこには奈緒の両親が待っていた。

第11話『バレた!!同居解消』

突然訪ねてきた両親に押し切られ、上原との同居がばれないように必死に片付けるが結局バレてしまいます。

事情を話し父親は奈緒を田舎に連れ戻すと告げる。両親が口喧嘩を始めてしまい上原は自分が実家に戻ると伝えた。

父親の頑なな反対に奈緒は喧嘩してしまう。バイト帰りの上原は阿部と遭遇し事情を話し解決策を考える。

まりなに報告をし、親子の縁を切るか田舎に帰るかの選択を迫られていることを話す。すると大家から連絡が入り、そのころ両親は奈緒のバイト先に来ていた。

バイトでの話や学校の友達の話を聞いて複雑な心境を持つ父親。奈緒のもとに来た連絡はマンションの契約を解除したという連絡だった。

話を勝手に進めてしまいう父に奈緒は激怒し家を出てしまいます。その後上原に会い事情を話すと、上原はマンションに帰るように促した。

上原に寂しさをぶつけると親との関係を簡単に切るなと怒られてしまった。そしてこの先の事はきちんと考えると言われ家に帰ることを決める。

一部始終を見ていた奈緒の母親は、上原の働いている喫茶店を訪ねそこで店主から上原の過去を聞く。

バイトから連絡が入った上原に奈緒はちゃんと帰ると約束し、家の前で立ち往生していると母が現れ一緒に家に入る。

家で父親に自分は田舎に帰るつもりはないと話す。そこで母親が二人にも事情があると告げ店主から聞いた話を父親に聞かせる。

しかし父親は賛成しないまま家を出てしまいます。バイトを早上がりした上原は、奈緒の働くバイト先でご飯を食べていた父親のもとに行く。

家では奈緒と母親が吉川家のコロッケを作っていた。

父親は自分の学生時代の話をする。自分自身も辛い経験をしていたのです。奈緒は母に心配をかけたことを謝り、母はここで暮らすならこれからは嘘をつかないと約束して欲しいと言う。

上原は同居を隠していたことを謝罪し、これからも奈緒の傍に居たいと告げる。

酔っぱらって帰ってきた父親を介抱しながらひとまずは解決したことを報告する。その夜奈緒は上原の部屋に行き、上原は今回の事で疲れつつも両親と話せてよかったと話す。

奈緒が寝ようとすると、両親が話しているのを聞く。

上原と帰る約束をしていた奈緒は、そこで一星が女性に告白を受けているのを目撃します。断る一星だったが、引き下がらない女性に一星は奈緒が自分の彼女だと伝えそこに上原が現れる。

第12話『ハートに火をつけろ大作戦!』

その後二人に事情を話す一星は、店で泣いていたゆかりにサービスをすると翌日から告白をし続けられる。

一星はゆかりが来ている間だけ彼女のふりをしてほしいと頼まれた。断ろうとする奈緒だったが、自分が割ったしまったお皿の事を持ち出されてしまう。

次の日まりなに相談すると、少しの間なら引き受けたらと言われる。まりなは光石との関係に苛立ちを持っていることを知ります。

奈緒のバイト先ではまりな達がもめているのを奈緒のサービスでなだめた。そこに朝から奈緒を見ていたゆかりが、二人は付き合っていないのではないかと疑われてしまった。

ゆかりは明日二人がデートしている所を見せて欲しいと言われ、上原に報告するが特に何も言われず菜緒は切ない思いを抱える。

三人でデートしている様子をまりな達が見守るが、二人は次第に楽しみ始め上原の表情が曇っていく。

お化け屋敷に行くことになった奈緒だったが、途中で一人になってしまいそこに上原が現れ二人で出口に出ると、そこには一星だけでなくまりな達もいた。

観覧車で二人になろうとしたまりな達だったが、奈緒はゆかりと上原は一星と載ることになってしまいます。

奈緒はゆかりに一星の好きな所を聞くと、一星が笑ってくれたと告げ奈緒は一星がラーメンを褒めてくれたことを伝えるがゆかりはもうあきらめていると話した。

一星は上原に今日の事を謝罪するが、上原は気にしていない素振りを見せた。上原は奈緒の事をよく知っている様子を見た一星は、職場での話をする。

その言葉に上原は、平気じゃないと告げる。帰ろうとする奈緒たちにゆかりはここで別れ忘れるまでは店に行かないという。

奈緒はゆかりの真摯な姿勢に、きちんと伝えるべきだと告げ一星は素直に話すことを決める。ゆかりは一星に奈緒の事が好きなのではないかと聞かれますが、一星は否定しその様子にゆかりはその場を去った。

帰り道上原はバイトを他の店にしないかと言われ、奈緒は上原の彼氏らしさに喜ぶ。上原はエレベーターで奈緒の事を抱きしめキスをします。

三年になってまりな達と同じクラスになり喜ぶ奈緒だったが、そこで北浦という女性に話があると言われる。彼女に上原と付き合っているのかと聞かれる奈緒。

第13話『温泉旅行はハプニングだらけ・前編』

奈緒は彼女の圧に負けそうになるが、付き合っていると言いその言葉に北浦はあいつだけは許さないと言い放ち去っていく。

上原がそんなことをするようには見えないと話す奈緒は、余裕を持つがクラスの生徒たちが二人の噂をしていることから動揺する。

それから上原に挑み続ける北浦、その様子に学校中が噂をし奈緒は焦りを持ち始めた。家で上原にそのことを話そうとするが、上原の表情に奈緒は聞き出すことが出来ずにいます。

まりなは二人が似た者同士で恋になる可能性が大いにあると告げ、奈緒は上原のもとに行こうとするが既に二人が一緒に話している所を目撃してしまう。

その後見つかってしまう奈緒は、二人が意気投合している様子を目撃してしまい不安を抱く。バイト先で一星にその話をしさらに悩む。

奈緒は上原に北浦の話をすると、二人がもめていないことやいいところがあると言われ不安を持つ。

バイトに向かう途中一星に会い、そのことを話すが奈緒は一緒に居ればいつか似ていくもんだと励まされる。

上原は書店で北浦に会いそこで北浦に悪い奴ではないと言われる。帰り道に福引を見つけ上原がやると決める。そこには牛乳プリンの賞があった。

しかし当てたのは一等賞で、北浦に渡して帰ると奈緒がペアの旅行券を見せ一緒に行こうと誘ってきた。奈緒もバイト先から譲ってもらっていたのです。

学校でまりなに指摘され自分の考えがそこまで言っていなかったことに混乱する。考え抜いた奈緒はまりな達を誘うことに。

そのことを知った上原は帰ってきた奈緒に報告することがあると言い、奈緒は皆を誘って一星が来ることを告げると上原は明日行かないといい明日バイトの予定を入れてしまう。

次の日上原がいない状況での旅行が始まってしまい、バイトから帰ってきた上原は奈緒が今日の日を楽しみにしていたことを知る。

旅行を楽しめずにいる奈緒の様子を見たまりな達が上原に連絡を取ると、上原が向かっていると連絡が来て奈緒は今日一の笑顔を見せた。

しばらく待っていると上原がたどり着いて奈緒は喜びお礼を言う。上原は奈緒が用意したパンフレットを持って旅行を堪能しようとします。

第14話『温泉旅行はハプニングだらけ・後編』

二人での旅行を堪能する奈緒は、行きたいところを聞かれ悩むが上原にまたくればいいと言われ笑顔を見せる。

そして行く場所を決め神社に向かい、そこで恋愛成就の絵馬を書こうとするがすでに売り切れてしまっていた。

諦めて旅館に戻りそこで絵馬を買い占めたのが阿部で、北浦も一緒に泊まることになる。

そこで奈緒が見かけた塚をお薦めされ喜んだ奈緒だったが、女将に幽霊の話をされ怖がる奈緒。食事の時阿部からくじ引きを引かされ、塚で肝試しを行うと言われます。

しかし上原も奈緒も断りますが、まりなは絵馬が手に入ると言われ奈緒は参加する。くじを確認すると奈緒は一星と、上原は北浦と一緒になってしまう。

恐怖を持ちながらも歩き始めた奈緒だったが、前を歩いていた上原たちの会話に不安を募らせる。

絵馬の場所に辿り着き帰ろうとするが、そこで鳥たちの羽音や忍び寄る音に悲鳴を上げた。その頃出口で待機する一同は帰りが遅いことから心配し、そこでお化け役だった阿部が先に帰ってきたことに疑問を抱く。

奈緒は突然動物が現れたことで腰が抜けてしまい、一星におんぶされて降りていた。奈緒は前に上原と同じ状況になったことを話し、自分の未熟さを嘆いていた。

一星はその言葉に互いが変わるべきだと伝え、上原が迎えに行こうとすると二人が現れそっけない態度に一星は上原に勝負を持ち掛けます。

吉川に上原の本気を見せようとした一星の作戦だった。しかし奈緒が一星の言葉を受けて自ら参戦する。

北浦は小学生の時にお気に入りだった女の子が、上原に取られたことから恨みを持っていたのだった。

ついに二人が対峙したが、両者互角で上原は自分が絶対に勝つと言い放つ。勝負は見事上原が勝ち二人はその場を去っていく。

二人が変わったのではないかと話すまりな達に、一星は奈緒も変わったんだと思い切ない表情を見せる。

二人になった奈緒は、上原に抱きしめられ嫉妬のような言葉をこぼす。お風呂に入ると言った上原に奈緒もお風呂に入り部屋に戻ると、上原と奈緒以外はみんな部屋を出ていた。

状況を確認する奈緒にまりなは、いつもと同じ状況じゃ変わらないと言い残し電話を切ってしまいます。

上原と別れ部屋に一人でいると、物音がし怖くなり上原のもとに行き一緒に寝たいと話した。

そこに仲居が訪ねてきて布団を敷きにやって来て、結局二人で寝ることに。意識する奈緒に上原は上で寝ると言いだし部屋を出ようとする。奈緒は上原の手を引いて自分に魅力がないのかと聞く。

上原は奈緒と一緒に居て何もしない自信がないと伝えます。さらに奈緒以外に興味がないと告げ、奈緒は上原が自分の中で一番でありそういう事が嫌ではないと答えた。

その言葉に上原はキスをし抱きしめる。そこで奈緒の体温が熱いことに気づき、上原は奈緒が寝るまで傍に居ることに。すっかり寝れなくなった上原は一星と出会い、男子で一緒に過ごす。

翌朝一緒に登校する姿を他校の生徒が目撃していた。

第15話『Happy Birthday!?』

近況報告に返事をしない上原に奈緒は今日でかけないかと誘うが、新しく買ったパソコンに負け部屋に置いてあったDVDを見つけ一緒に見ることを考えつく。

しかし案の定価値観の違いから映画を楽しめないでいた上原は、奈緒にしばらく一人にしてほしいと言われてしまいます。

奈緒はめげずに料理をもてなし呼ぼうとしますが、上原は全く部屋から出てきませんでした。

そんな姿に怒った奈緒はやけ食いをしてお腹を壊し、二泊三日の入院をする羽目になってしまう。そのことを報告したまりなに奈緒は、励まされ誕生日を祝ってくれるのではないかと言われ喜ぶ。

バイト先では奈緒の居ない状況になれずにいる一星の姿があった。

その夜奈緒は上原に連絡をするが、留守番電話も途中で切れてしまいショックを受けていると、ある男性が冷たい彼氏だと突然話しかけてくる。

突っぱねる奈緒だったが、男性は本当にバイトなのかと聞く。さらに自分ならそんなことしないと言われ奈緒は振り払って部屋に戻った。

その留守番電話を聞いた上原のもとに、北浦の言っていた女性が訪ねて来る。そこに来た阿部が彼女を部屋に招く。

次の日阿部が奈緒に報告をしに行くと、上原が料理を受け取ったことを知り奈緒は怒りをあらわにし北浦に相談する。

北浦はその女が手ごわい相手だと言い、上原が帰宅するとそこにまたもまみが現れます。まみはそこで学校の同窓会に参加して欲しいと言うが、上原はそこでまみが北浦が言っていた人物だと思い出した。

そして上原は結局見舞いに行くことはなく奈緒は誕生日を迎える。当日上原から連絡が無いことに不安を募らせる奈緒のもとに病院で会った男性に会う。

自宅に戻る奈緒だったが、上原は自宅には戻っておらずメモを見つけ見るとそこにはしばらくバイト先で過ごすと書かれていました。

上原のもとに行こうとするとそこにまりなや光石、一星の姿があった。三人に祝ってもらう奈緒だったが、上原から連絡がないことを知る。

まりなは上原が来ないことに怒りをあらわにし、バイト先に行こうとしますが奈緒が気を遣い嘘をつく。

その夜一星は奈緒に、今のままでいいのか聞き他にいいやつがいるんじゃないかと告げる。そこで家を出ていることを知り事情をしっかり話すように言い、奈緒は自分と上原が違いすぎて距離を置こうとしているのだと話す。

上原がバイトから帰ろうとするが、そこで一星と会い何で家を出ないか聞き出そうとする。そこで上原が二人が隠し撮りされており、一緒に居れば学校にばらすと書かれたメモを見つけた。

奈緒の事を思って動いた行動だと話す上原に、一星は何で対等な関係でいないのかと怒ります。そして今日誕生日であることを告げ上原は走って自宅に戻る。

奈緒は上原が置いていった雑炊やプリンを食べていた。そこで置いてあったDVDを見るとそこには上原が見るような映画ではなく、恋愛ものがありました。

奈緒は上原のもとに行こうとすると、そこには上原の姿があり全てを話すことに。奈緒は上原が一人の方がいいのではないかとこぼす。

不安があって寂しかったと告げ、離れたくないといい上原は自分の行動や言動に謝る。そして上原が自分も寂しいと伝え、誕生日プレゼントを渡した。

喜ぶ奈緒に上原はプリンを買いに行こうと連れ出し、誕生日の事をもう一度あやまった。奈緒は少しの間離れることを受け入れる。

その様子を目撃していたのは、まみと病院先で会った男性だった。

翌朝道端で寝ている一星を見つけ、お皿を割ったのがばれ殴られたのを聞かされる。奈緒はお父さんと仲直りするまでここで泊まればいいと勧め、三人で同居することになってしまいます。

第16話『謎の三人暮らし、はじめます!?』

同居することになった一星に、上原はくぎを刺しバイトへと出かける。バイト帰り二人は一星に昼をごちそうしてもらい、ここにいる間は自分がご飯をすると言いだす。

二人の距離感に不安を持つ上原は、やたらと奈緒を一星から遠ざける。一方学校では今日から大学生の教育実習生が来ることを、まりなから聞き教室に行くとそこに現れたのは病院であった男性だった。

バイト先では一星が他の職場で修行をしたいと言いだし喧嘩になったことを知る。店を出ると一星が心配そうに見ていることを目撃し、一緒に帰る途中一星が父親みたいに一人前になりたいと話す。

帰宅した二人は上原に迎えられ、一星がそこで勝負を持ち掛け二人がなかなか終わらないことから奈緒が寝てしまった。

一星は奈緒を泣かせるなよと言い、上原は勝負に勝ち言われなくてもと答える。

次の日帰宅を誘いに来た上原だったが、奈緒は日直の仕事があり阿部と理科室で片づけをしていると、生徒たちが騒いでいるのを聞いてしまう。

外を見ると上原とまみが話しているのを見てしまい、不安になるが気にせず帰ろうとします。するとそこに千崎がきて浮気していると告げ、相手が自分の幼なじみで上原のもとを通っていると伝える。

さらに二人が同棲しているという噂は本当なのかと聞き、二股なんてと言い上原が最低な男だと言い放つ。奈緒は怒りをあらわにしその場を離れるが、自分達が同居していることを知っているのではないかと不安に思う。

奈緒は無理やり気持ちに蓋をしお店で割引をする。そのことを知った一星は店に行き、店に戻ることを決意します。

何とか仕事を終わらせた一星はそこで父親から外で修行して来いと言われる。一星は父親に謝罪をし二人は和解した。

バイト帰り奈緒は、一星にお礼を言われる。帰宅する奈緒のもとに電話が入りななこから上原の事を聞く。料理を渡す姿を見た奈緒は、上原にななこから聞いた話や自分にはいかせないバイト先に行かせたことを不安になっていることを告げます。

上原は学校のロッカーに同棲の事が書かれている紙が貼られていたことを知らせ、一緒に引っ越すことを相談する。

その言葉に涙をこぼす奈緒を上原は抱きしめ、次の日上原は大家に話をしに行き大家は別々に暮らすことを勧める。

しかし上原は断り、マンションに入ってくる男性を目撃した奈緒はそこで千崎の仕業だったことを知る。

千崎はまみの事情を話し勘違いだったことが発覚します。上原は千崎を許し帰そうとするが、奈緒は千崎に謝るようにいいました。

部屋を出たまみは二人の仲の良さに羨ましさをこぼすが、そこでまみの元カレと出くわし千崎がそのおことに掴みかかろうとするが、まみはもういいと伝える。

一件が解決し学校に登校する二人だったが、学校では同棲の噂が立ってしまっていた。北浦は噂が経てば、上原のファンが奈緒の事を責め立てると言い怒りをぶつけた。

帰宅した奈緒は上原に話があると言われ、一人暮らしがしたいと告げられてしまいます。

第17話『プロポーズ!?二人の未来』

上原は百合の事だけじゃなく一人で生きていけるようになりたかったのだと言い、ずっと一緒に住むことになるのはつまらないと話しバイトに行ってしまう。

同居解消を言われたことをまりなに報告し、上原が奈緒から離れようとしていないのではないかと話しプロポーズと繋がると言う会話になる。

盛り上がった会話を聞いた生徒たちは上原が奈緒にプロポーズしたと言う噂が、学校中に広がってしまい上原の耳にも届く。

その頃一星は阿部から聞いた同棲の噂を心配し学校に来ていたが、そこで阿部に遭遇しプロポーズの話を耳にする。

奈緒は帰ってきた上原に、御飯を振る舞いその様子に困惑する上原は引っ越しの話を持ち掛け奈緒はすんなりと行動に移すと答えた。

次の日バイト先に行こうとする上原のもとに、まりな達が現れ噂が嘘であることを告げ早々に話すべきだと勧める。

店では不動産屋さんに行った上原の話をしていると、一星が噂の話をし上原は否定をし奈緒は明らかにショックを受けます。

まりな達と別れた奈緒は仕事の準備をしている途中に倒れてしまい、一星に家に送ってもらった。

目が覚めた奈緒は、一星に今までに恋人の気持ちがわからないことがあるかと聞く。一星は男の気持ちがわからないなら自分に聞けばいいと告げる。

奈緒は一緒に住んでいた時に突然別々に住もうと言われたらどういうことか教えてと聞かれ、一星は相手の事が好きじゃなくなったと苦しく答えた。

一星は奈緒が勘違いしてしまったと落ち込む姿に思わず抱きしめます。しかし冗談だと言って離れるが、俺にしろと告げ奈緒は冗談だと受け取りますが一星の真剣な表所に慌てる。

その様子に一星は冗談だと流し部屋を出ていく。帰ろうとした時、一星は上原に会いバイト先で倒れたことを報告し泣かせるなと怒りながら吐き捨てる。

次の日上原は奈緒の体調を心配し、奈緒は大丈夫と答えそこに一星から連絡がきて仕事を休むように言われた。

学校に行った奈緒は、そこで先生から呼び出され同様に上原も呼び出されてしまいます。事実確認をされ二人は同居を認める。先生は親と話し合いをしその先を決めると伝えられた。

その夜一星はお得意先のもとに来ていたが、そこで上原が話をしているのを聞きます。

上原は奈緒に連絡を取り、引っ越し先を紹介してもらえることを伝え百合が学校に来ることを報告する。

奈緒は上原に同居を後悔していないかと聞き、奈緒は後悔していないと告げ電話の最後に上原は後悔をしていないと答えて電話を切ります。

次の日体育の時間にカギを落としてしまった奈緒は、そこで御三家の三人組に拾われたことを知り追いかけると鍵を川に落とされてしまった。

奈緒は川に入り鍵を探し始める。一方奈緒たちの親は教師たちのもとに居て事情をすべて話していた。

奈緒の姿を目撃した一星は止めに入るが、奈緒は制止を聞かず探し続ける。一星はそこで別居を切り出したのは相手を傷つけたくないからだと嘘を言ったことを謝ります。

奈緒は一星にお礼を言い再び探し始めた。教師たちが話をしている所で百合が自分と三人で暮らしていて、上原のファンがある事無いこと話して回っていると答え、情報をうのみにしているのではないかと質問する。

教師に引っ越し先を探しているか聞かれ、父親が引っ越し先はもう決めていると伝えた。

御三家の三人組は奈緒の様子を嘲笑い写真を撮っていたが、一人が二人の事なんてどうでもいいと言い放ち去っていきます。

そこへ上原が現れ、鍵を探すと答えるが上原は大丈夫だと伝え家に戻る。家に戻ると上原は自分の言った言葉がプロポーズになる理由を教えて欲しいと言われ、奈緒は自分でもわからないと話す。

上原はあの時はそうはいっていないけどこれからも一緒に居たいことには変わりはないと伝えました。

眠った奈緒を見た上原は、家を出て鍵を探しに行った。そのことに気づいた奈緒は静かに笑顔をこぼします。

家では奈緒たちを囲んだ大人数でパーティーが開かれ、その後部屋の片づけが終わった奈緒は初めての事を思い出していました。

引っ越しが終わりそれぞれの場所に向かい別れを告げ、奈緒は一度呼び止めるがなんでもないと言い立ち去ろうとする。

上原は奈緒のもとに行き好きだと告げ、奈緒は知ってると答えた。大家のもとに届いた電話で部屋は空いているが期限があると答える。

引っ越し荷物を運び始める奈緒は廊下で人とぶつかってしまい、謝ろうとするとそこには上原の姿があった。

二人は大家の計らいで隣の部屋になっていたのでした。そして上原は三年後あの場所に戻ると親に告げていたのです。

二人は笑顔で抱き合いキスをしました。

『グッド・モーニング・コール』の登場人物

吉川奈緒 (福原遥)

上原久志 (白石隼也)

篠崎大地 (桜田通)

いっちゃん (健太郎)

草薙ななこ (田中日奈子)

上原卓也 (田中圭)

上原百合 (森絵梨佳)

紺野まりな (荒井萌)

光石 (永嶋柊吾)

阿部順 (長澤航也)

『グッド・モーニング・コール』の主題歌

CASPA 「The End Of The World」

CASPA – The End Of The World (Music Video)
クーさん
クーさん

『グッド・モーニング・コール』はこんな方におすすめです。

・学生の同居生活を見たい人

・漫画のリメイク版が好きな人

・ほのぼのとした恋愛ものが見たい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『グッド・モーニング・コール』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『グッド・モーニング・コール』のまとめ

この作品は続編も制作されており、本作に登場するキャラクターに加え新しいキャラクターも出てくるので、是非続けてご覧ください。

学生の同居生活という王道恋愛もので、学校の人気者とある日突然関わることになるという設定は、見どころの一つです。

高校生から大学生までのヒロインたちを描いたものは、恋愛ものが好きな人にはお薦めしたい作品でもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました