グットラック(GOOD LUCK)見逃し無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

GOOD LUCK(グットラック)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『GOOD LUCK(グットラック)』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

航空業界大手の全日本空輸株式会社(ANA)の全面協力のもと制作された『GOOD LUCK!!』は、平均視聴率30.6%を記録した大人気ドラマです。

一般的に知り得ることの出来ない航空業界を舞台に繰り広げられるラブストーリーは、大きな反響を呼び、また主演の木村拓哉さんがとにかくカッコイイと話題になり、ヒロインの柴咲コウさんや豪華キャスト陣の演技も好評を博しました。

パイロットと女性整備士の恋愛を描く物語をご紹介いたします。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

GOOD LUCK(グットラック)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『GOOD LUCK(グットラック)』のあらすじ・ネタバレ

・下手糞!

副操縦士の新海元はパイロットしての経験がまだ浅かったが、機長が体調に異変をきたした為、急遽、操縦桿を任され何とか着陸を果たすも、機体の女性整備士である緒川歩実に「下手糞!」と言い放たれてしまう。

そんな新海は、運行監査官である機長の香田に着陸時に機体をバウンドさせてしまった事を指摘され、謹慎処分を受ける。

その後、謹慎が明けても香田からの厳しい追及は続き、新海は自分の未熟さを痛感するのだった。

 

・約束

そんな時、飛行機が苦手な歩実は仕事でホノルルへ向かわなければならず、不安を露わにしていたが、新海が大丈夫だと声をかけGOOD LUCKと指を立てる。

しかし、何とか搭乗するも、震えが治まらない歩実は止む無く断念してしまう。

新海は、彼女にいつか飛行機から空を見せてあげると約束するのだった。

『GOOD LUCK(グットラック)』のネタバレ

・パイロットと女性整備士

子供の頃からの夢を叶えパイロットとなった新海元は、先輩機長の水島公作の副操縦士としてフライトしていた。

だが、急に水島の体調に異変が見られ、やむを得ず新海が操縦桿を握り、機体をバウンドさせながらも無事に着陸を果たす。

何とか緊急時でも自身の判断で対応出来た事に安堵し優越感に浸っていると、「下手糞!」と怒鳴り声が聞こえてくる。

怒鳴っていたのは飛行機の女性整備士である緒川歩実。

彼女は、パイロットなら機体を大事にしろと告げるのだった。

それから今回のフライトについて報告に行くと、運行監査官である機長の香田一樹に、あの着陸は素人以下だと酷評され、事情聴取を経て新海には一週間の謹慎処分が下されてしまう。

言い渡された処分に対して不服はあるがどうすることも出来ない新海は、退屈な日々を過ごし謹慎処分の明ける一週間を待った。

そして、処分が明け、久しぶりのフライトに心を弾ませ新海が出勤すると、自分の名前がフライトの中に見当たらず、香田がシフトを外していた事を知る。

新海は香田にその事を問い詰めると「お前には飛ぶ資格がない」と告げられ、しつこく食い下がると役員会に新海元の退職勧告要請を提出すると言われてしまうのだった。

その後、退職勧告については回避されたものの香田の厳しい態度は変わらなかった。

そんな時、香港行きのフライトを別の機長と一緒にする予定の新海だったが、急遽、機長が変わり香田が務めることとなった。

フライト時刻を目前に3名が搭乗していないと報告があったが、どうにか間に合い離陸する。

だが、その直後ギリギリで搭乗してきた代議士の体調が悪くなり、飛行機を戻せと訴えられ報告してきたCAに、新海は代議士を特別扱いする事はないと言うが、香田は乗客の様子を伺うと飛行機を戻すと告げ、緊急着陸を選択するのだった。

結局、成田空港から緊急搬送された代議士は心不全に陥る寸前で、香田の判断が正しかったことが証明された。

香田は、代議士だからと自分の偏見を持ち出したことを新海に厳しく指摘し、その全てが的を得ていた事に新海は愕然とするしかなかった。

 

・過去

それからしばらくしてホノルル行きのフライトに就く新海は、仕事でホノルルに行く事になっていた歩実を見かけるが彼女の様子が何かおかしい。

歩実は飛行機が苦手で怖がっており、「大丈夫、俺が操縦桿を握るから安心しろ」と声をかけ、パーサーの太田健三郎にも彼女の事を頼み、GOOD LUCKと指を立てて励ますのだった。

だが、飛行機が離陸準備に入ると歩実は震えだし気分が悪くなってしまう。

その報告を聞いた新海は飛行機から降りることを勧め、いつか飛行機に乗せて空を見せてやると約束するのだった。

パイロットにとってはイヤな時期がやってきた。

結果によっては、乗務停止もあり得る監査フライトだ。

新海はパイロットの中でも優秀でグレートキャプテンと呼ばれる山上達生との監査フライトに臨む事になり、監査官はあの香田だった。

順調にフライトを続けていたが積乱雲に入ると機体が激しく揺れてしまい、山上の機転の利いた対応で危機を脱するが、機長が独断でトラブルを回避したことに香田は厳しく言及する。

すると、山上は12年前の件から解放されてないのかと呟き、傍に居たベテランCAの富樫のり子もその様子を心配そうに伺っているのだった。

フライトを終えると山上は、新海にさっきの香田の指摘と判断は正しかったと話しはじめ、そして香田の過去についても語りだすのだった。

12年前、まだ海外の航空会社でパイロットをしていた香田は、風邪をひき自身が担当するフライトを休んでしまい、代わって操縦桿を握ったパイロットが墜落事故を起してしまったのだ。

その事故の責任が自分にあると言って香田は辞職。

その後、当時香田と交際していた冨樫と面識のあった山上が、ANAへと勧誘したのだが、あの事故が彼を変え、今のように自分にも他人にも厳しく追及するようになったとの事だった。

そして、その飛行機事故で歩実の両親が亡くなっていた事を新海は知る。

彼女が飛行機を苦手なのはその事が忘れられないからで、整備士になったのも二度と悲劇が起きぬように空の安全を願っていたからであった。

そんな新海と歩実は、なかなか素直になれないながらも互いに惹かれ合い、少しずつ距離を縮めていくのだった。

ある日、新海は冨樫から当時の事をあらためて聞かされる。

香田が風邪で休んだ日、冨樫が傍で看病していて、事故を知ると香田は自分を責め続け、やがて冨樫の励ましの声にも耳を貸さなくなり、交際が終わってしまったとの事だった。

事故が原因でいくつもの悲しみが生まれていた事を知った新海は、自分の中で何かが変わっていくのを感じていた。

そんな折、新海は香田が未だに事故の責任から解放されずに苦しみ続けている事を歩実に教える。

すると、彼女は自分の仕事に理解を示し認めてくれていた香田が、ただ同情していたのではないかと落ち込み、黙ってその場を後にしてしまう。

しばらく新海を避けるようにしていた歩実に対し、フライトを終えた新海は気晴らしに自分の実家の釣り船に乗せてやると連れていき、慰めるのだった。

 

・大怪我~諦めない

ANAでは定期的に事故を想定した緊急脱出訓練が実施されており、新海たちパイロットと歩実たちのようなグランドスタッフも参加していた。

その訓練の最中、歩実は実際の飛行機のように感じてしまい立てなくなり、脱出シューターまで機長役の新海が案内するが、ふらついてしまう。

その時、香田が身を乗り出して助けようとするも足を踏み外してしまい、落下を防ごうとした新海だが機体から転落して怪我を負うのだった。

搬送された病院で足に重傷を負った新海は、もう二度と飛行機の操縦は出来ないだろうと宣告されてしまう。

あまりのことにショックを受け、泣き笑いを繰り返し、最後には悔しさが溢れ泣き崩れるのだった。

歩実はそんな新海を気遣い訪ねるが、面会を拒否され会うことが出来ない。

一方、この報告を受けた本部長は新海をパーサーにしてはと提案するが、チーフパーサーの太田は新海の気持ちを慮りパイロットへの復帰を待ちたいと告げる。

どうしても機長になる夢を諦められない新海は、懸命にリハビリに励み続け、1か月後には退院を果たすも、先行きが見えず歩実にもう飛べないと笑いながら弱音を吐いてしまう。

だが、彼女は約束を果たしてほしいと告げ、新海は涙ぐみながら必ず飛行機に乗せると誓うのだった。

再び、パイロットへの復帰を目指す新海が、長期のリハビリ休暇を願い出る為に本部長を訪れた時に、香田が責任をとるといって辞職願を提出したことを知る。

松葉杖ながらも香田の元へ駆け付けた新海は、俺が空に戻れないと勝手に見切りをつけるなと怒りをぶつけ、本当に責任を感じているなら俺が機長になるまで責任をもって指導してほしいと訴えるのだった。

そして、もう一度一緒に空を飛んでほしいと頭を下げる。

そんな新海の姿に香田は飛行機を見上げながら涙ぐみ、彼が手渡してきた辞職願を目の前で破り捨てるのだった。

その後も懸命にリハビリを続ける新海に、担当医師が完治する可能性は決して高くないが、神経を繋ぐことのできる手術があると伝えてくる。

すると、彼は迷うことなく手を差し出し、医師とがっちりと握手するのだった。

振り返るとあの事故からは、数か月が経過していた。

空港近くの海辺では、新海が松葉杖を手放し、しっかりと自分の足だけで歩くのだった。

 

・結末

一度はパイロットを断念せざるを得ない状況まで追い込まれた新海だったが、手術に成功し長いリハビリを乗り越え、身体検査と地上訓練への合格をつかみ取っていた。

最後に残るのは監査フライトのみ。

新海は父親や同僚の応援を受けて、監査フライトに臨む。

また、この監査フライトの便には歩実も勇気を振り絞り乗客として搭乗しており、監査官はもちろん香田だった。

香田は「これが最後かもな」と声をかけるが、新海は「手加減無用」と切り返し、飛行機は離陸体制に入る。

無事に離陸するも直ぐに積乱雲が発生し、機体は揺れ雷も鳴り響き、乗客は怯えてしまう。

無論、飛行機が苦手な歩実も緊張を隠せずにいたが、隣に一人でいる少年に自分にも言い聞かせるように「大丈夫怖くないよ」と声をかけ、抱きしめてあげるのだった。

すると、機内が停電してしまいパニックになるなか、香田は歩実にこの原因の調査を頼み、新海も一緒に調べに行きたいと申し出て、機長に操縦桿を預ける。

調べているとトイレから煙が出ているのを見つけ、充電の為に差してあった髭剃りによるショートが原因と判明するが、現状では修理は不可能だと歩実は説明する。

新海は300人の命が懸かっているとコックピットへの影響について彼女に確認すると、歩実は絶対に影響は無いと断言するのだった。

落ち着いた口調で故障の原因についてアナウンスする新海。

そして、窓のシェードを上げるように伝えると機内に朝日の光が差し込み、感動と安堵が広がっていく。

その後、コックピットに戻った新海は操縦桿を任せられ、見事に着陸すると周りから拍手が沸き起こるのだった。

監査フライトの結果は「合格」で、香田は空を飛ぶ楽しさを思い出したと新海に握手を求める。

そんな新海を仲間たちも祝福し、香田は冨樫と二人きりになると旅行に誘い、かつての幸せが戻ってきたようだった。

フライトを終えた新海は海岸で歩実に合格を伝え、初めての飛行機はどうだったと問いかける。

怖がる暇もなかったと言いながら、とても空が綺麗で感動した、やっと飛べたと喜ぶのだった。

そして、見つめ合いキスするのかと思わせた時に新海は足元のカニに気を取られてしまい、怒る歩実に帽子をかぶせると、軽く口づけして歩き出していく。

すると、「下手糞!」と最初の出会いのように歩実は言い放つのだった。

『GOOD LUCK(グットラック)』の登場人物

・新海元・・・木村拓哉

・緒川歩実・・・柴咲コウ

・香田一樹・・・堤真一

・富樫のり子・・・黒木瞳

・太田健三郎・・・段田安則

・深浦うらら・・・内山理名

・内藤ジェーン・・・竹中直人

・水島公作・・・岩城滉一

・熊川哲也・・・熊川哲也

・牛島ミサ・・・石田えり

・山上達生・・・柴俊夫

・安住龍二郎・・・安住紳一郎

『GOOD LUCK(グットラック)』の主題歌

『RIDE ON TIME』 山下達郎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『GOOD LUCK(グットラック)』の感想

・役がキムタクに寄せていっている。

・航空業界の裏側が垣間見える貴重な作品。

・多くの人がパイロットとCAに憧れを抱くきっかけになった作品だと思う。

・主題歌が作品とマッチしていて素敵だった。

・パイロットや整備士のことを初めて知ることが出来た。

・ダイナミックな映像が印象的。

・キャラクターが魅力的だった。

・出演者のアドリブのような演技が面白かった。

・実際にはありえない設定で、リアルそうでリアルではないドラマならではの演出だと思った。

・豪華キャストが楽しみで、出演者たちの制服姿が最高だった。

・ただ単純にパイロットっていう職業がかっこいい。

・キムタクのドラマは男の理想を体現しているような気がする。

『GOOD LUCK(グットラック)』のまとめ

様々な恋愛模様と心の葛藤を描いた『GOOD LUCK!!』は、キャスティングの豪華さと航空業界へスポットを当てていた事で放送前から反響が大きいドラマでした。

また、アクシデントにおける緊張感などがリアルに描かれており、恋愛物語でありながらもドキュメンタリーのような心理描写も随所に見られ、とても見どころに溢れる作品でもありました。

視聴率が示す通り社会的な影響も多大で、航空業界への就職希望者が増えたことを覚えている方もおられるでしょう。

きっと、これからも幅広い世代に受け入れられる本作品に、あらためてご注目下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました