ゲド戦記 無料動画配信(ジブリ映画)フル視聴/地上波2021

邦画

ゲド戦記の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『ゲド戦記』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

『ゲド戦記』 特報【6月26日(金)上映開始】

この作品は、アーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説の第3巻の「さいはての島へ」を基に作られたものです。

宮崎駿の絵物語「シュナの旅」を原案として作られた長編アニメーション映画で、2006年に公開されています。

監督が宮崎駿の息子である吾朗で、脚本も手掛けています。

宮崎吾朗の独自の解釈で同名小説を物語にされました。

本作が宮崎吾朗初作品となっており、注目が集められました。

劇中歌である手島青いの「テルーの唄」は、主題歌より浸透されているくらいたくさん聞かれた曲です。

癒される歌声は心を落ち着かせてくれます。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ゲド戦記(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ゲド戦記』のあらすじ

エンラッド国の王子のアレンは、真面目な性格故、国に蔓延する悪に悩み過ぎていました。

悩んでいたことで、精神状態が壊れてしまったために自分の影に追われているような感じがして、怯えるようになる。

そして、その影から逃げていたのですが、影から発せられる言葉に影響を受けたアレンは、父親である国王を殺害。

どうしてこんなことをしてしまったのかと後悔をしたアレンは、父親の持っていた魔法の剣を使い、国から出ます。

『ゲド戦記』のネタバレ

自責の念にかられて逃げている最中に獣に襲われるアレン。

助けてくれたのはハイタカという魔法使い。

アレンはハイタカと行動を共にすることにした。

どうしてここにいるのかとか何があったのかと聞かないハイタカは、アレンと一緒にいてくれるという感じでしたが、それだけで、心が救われている気持ちがしていたアレン。

ホートタウンという地についたアレンとハイタカは、人ではなくなってしまう薬や、人身売買をしているところを見ます。

ハイタカと違うところにいたアレンは、人狩りのウサギに追われている少女を助けますが、その夜にウサギに捕まり奴隷として売られそうになる。

また助けてくれたのはハイタカで、ハイタカと知り合いのテナーの家に住まわせてもらうことになりました。

そこで出会った少女はアレンが助けた少女でテルーと呼ばれていました。

テルーは、両親に捨てられたのだが、テナーによって育てられていたのでした。

テナーの家で生活をしていたハイタカとアレンが慣れてきた頃、ウサギが再びやってきました。

ウサギは、テナーを拉致。

テナーを助けてほしかったら、自分のチーフであるクモ様のいるお城に来るように告げます。

クモとは悪事を働く魔法使い。

同じ魔法使いのハイタカとは、何やら因縁があるようでした。

さらにアレンは影によってクモに拐われてしまいました。

アレンが影に怯えていることをクモが知っていたからでした。

二人がクモによって連れ去られたと帰宅をしたハイタカに告げるテルー。

クモのお城に向かうハイタカでしたが、クモの魔力で、自分の魔力を奪われてしまいテナーと同じ場所に捕まってしまいます。

みんなを助けたいと願うテルー。

一人にしてしまうテルーを案じたハイタカは、自分の魔法の剣をテルーに託していました。

ハイタカから預かった剣を握りしめ、クモのお城に向かうテルー。

なんとかお城へ入り、アレンのいるところへ行くことができたテルー。

クモの魔力で、生きていることが困難は状態になっているアレンを呼び戻そうとします。

テルーの言葉で、アレンはクモの魔力から取り払い正気になることに成功。

ハイタカとタナーを助けるためにクモと戦うことになりました。

クモはすごい力を使い、アレンたちを殺そうとしました。

クモの強い魔力はアレンたちには強すぎ、中々優勢に持ち込まないでいました。

クモとの戦いでは、テルーが拐われてしまいます。

そして、お城を壊していくクモ。

アレンは壊れていくお城の中、クモを追いかけてテルーを取り返そうとします。

しかし、クモの魔力によって殺されてしまったテルー。

呆然とするアレン。

戦う気力もなくなります。

国王を殺したことも思い出してしまったからでした。

しかし、そんなアレンに声をかける人が。

その声は死んだとされたテルーのものでした。

テルーはドラゴンに変貌し、クモに炎をかけ燃やしてしまいました。

永遠の命がほしいと願っていたクモは、してはいけない「生」と「死」の世界の扉を開けてしまったことで、世界の均衡が保てなくなってしまったのでした。

ハイタカとテナーも無事に救えたアレンとテルー。

クモが滅んだことで、世界の平和は訪れました。

アレンは父親である国王を殺した罪を償うために国へ戻ることに決めました。

テルーとテナーに今までの感謝を伝え、ハイタカと町を出たのでした。

『ゲド戦記』の登場人物

アレン (岡田准一)

テルー (手嶋葵)

ハイタカ (菅原文太)

テナー (風吹ジュン)

クモ (田中裕子)

ウサギ (香川照之)

クーさん
クーさん

『ゲド戦記』はこんな方におすすめです。

・ジブリ作品が好きな人

・宮崎吾朗の初監督作品を見たい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ゲド戦記』の感想
男性30代
男性30代

2006年「ゲド戦記」は上映されました。龍や魔法といったファンタジーな世界観が面白いです。絵はとても綺麗で特に風景がずっと見ていたくなり、映画の中を散歩してみたくなりました。ゲド戦記というタイトルからゲドの戦いの記録のように感じていたら、話が全く違くて拍子抜けしてしまいました。ゲドは魔法が使えるおじさんで渋くてかっこよかったです。アレンが王子なのに父を刺してしまうというところから話が進んでいくのが、驚きました。真面目すぎたために悩みすぎてしまったというのがかわいそうでした。王子という立場場、辛くても弱音を吐くことも許されなかったのだと思うと、アレンを支えてくれる誰かがいたらアレンも苦しくなることもなかったと思い、切なくなりました。ホートタウンが人身売買や精神を病んでしまう薬が流行しているという荒んだ街になってしまっているのが怖かったです。たくさんの人で賑わっていた街が廃れてしまうことはよくあることだと思い悲しくなりました。アレンの父の容体も気になりましたが、アレンが父の代わりに街を立て直してくれるといいと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

15年前「ゲド戦記」は上映されました。主人公のアレンが暗い感じがして話全体までもが暗い気がしました。映画だけだと話の内容が難しくて、もう少し解説が欲しくなりました。父親が刺された後の国の様子などが描かれていなくて国や国王は大丈夫なのかや、真の名を知られてしまうと操ることができるのならば真の名は必要ないのではない気がしました。真の名が危険に晒されるのならば、真の名は何のために必要なのかわかりませんでした。テルーは龍を祖先にもつ末裔ということで、かっこよく感じました。テルーが歌を歌うシーンはとても綺麗で心に響くと思います。龍の姿になった時もかっこよかったです。ただ、龍という存在がどういったものなのかがよくわからなかったのが残念です。龍は大きくてかっこよくて存在感があって素敵だと思いました。もっと龍が見たかったです。クモの死への恐怖から生へのこだわりが人らしいと思えました。死が怖いものではないと思えない限り、生への執着は続くものだと思えました。

『ゲド戦記』のまとめ

難しい作品の内容とテーマとなっております。

しかし、見た後は、心に突き動かされるキャッチコピーの見えぬものこそという意味がわかるようになります。

自分の心の弱さだったり、生と死について考えるきっかけになる作品です。

テルー役の手島葵の声に癒されながらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました