ザ ファブル1 2の無料動画(続編映画)配信をフル視聴/絶対に殺してはいけない殺し屋

ザ ファブル 邦画

ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

岡田准一主演『ザ・ファブル』主題歌予告(90秒)

岡田准一さんが主演する『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』は、講談社漫画賞、一般部門賞を受賞した大人気漫画『ザ・ファブル』が原作のコメディアクション映画になります。

凄腕の殺し屋がボスからの指令で普通の暮らしをするのだが、なかなか馴染めないその姿は実に滑稽に写ります。

そんな中、ある事件に巻き込まれてしまい、更なる波乱が待ち受けます。

アイドルという側面を持ちながら、実力派俳優として評価の高い岡田准一さんが、主人公ファブルをコミカルに軽快なアクションを熱演されています。

それでは、ちょっと変わった殺し屋の世界をご紹介いたします。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』のあらすじ

寓話(ぐうわ)といわれるほど凄腕の殺し屋がいた、彼の呼び名はファブル。

どんなターゲットでも6秒以内に始末する、まさにファブル(寓話)である。

ある日、彼はボスから指令を受ける。

「1年間誰も殺すな、一般人となり普通に暮らせ、その間誰かを殺したら、俺が殺す。」

そんな指令の為、ファブルは佐藤明と名乗り、相棒のヨウコを妹、佐藤洋子として、大阪で潜伏生活を送り始めるのだった。

最初は慣れなかった普通の生活だったが、馴染み始めたころ裏社会の人間たちの事件に巻き込まれ、普通の暮らしの中で知り合った友人が人質にとられてしまう。

ファブルとヨウコは、殺さず人質を救出するという難題を抱え、ミッションコンプリートを目指すのだった。

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』のネタバレ

・佐藤明と佐藤洋子

裏社会で、寓話(ぐうわ)のように6秒でどんなターゲットも始末する殺し屋がいる。

彼はファブルと呼ばれ、その正体は誰も知らないはずだった。

しかし、マフィアたちを暗殺した料亭に、彼の覆面姿がおさめられたスマホが取り残されていた。

ここのところ派手に殺し過ぎたファブルたちは、しばらく身を潜める事となり、ファブルは佐藤明、ヨウコは妹の佐藤洋子と名乗り、大阪での潜伏生活をボスより命じられる。

「1年間誰も殺すな、一般人となり普通に暮らせ、その間誰かを殺したら、俺が殺す。」

そう告げられたファブルは、このインコを育ててみろとボスから預かるのだった。

その頃、ファブルたちが暗殺した料亭に、別の殺し屋たちが姿を見せていた。

・真黒組

ファブルとヨウコは、一路大阪を目指す。

そんなファブルは、研ぎ澄まされた感覚のせいで極端な猫舌と、ジャッカル富岡というお笑い芸人が好きという横顔を持っていた。

二人は、ボスから真黒組という組織の経営する真黒カンパニーの一員として暮らす事となり、組長の浜田と若頭の海老原はファブルたちと顔を合わせ、この事を内密にする。

しかし、真黒組は小島という問題児が仮出所してくることになっており、浜田と海老原はファブルの件と合わせて頭を悩ますのだった。

そして、海老原はファブルに部下を使い暗殺を強制するが、ファブルは、この一年間は殺したくないと頭を下げるのだった。

・フードとコード

一方、真黒組の下請けで死体を処理する連中が襲撃され、ファブルの事を尋ねられていた。

襲撃していたのは、裏社会では腕利きの殺し屋、フードとコード、彼等は連中から料亭で手に入れたスマホを取り上げるのでした。

最後にファブルが暗殺した料亭の現場を見た彼等は、その手際の良さからファブルの仕業とにらみ彼を探してしたのだ。

・小島

海老原の弟分である小島は仮出所すると、自分を嵌めた(はめた)同じ真黒組の砂川の手下、風間を襲撃して殺す。

風間は、組には秘密でAVや風俗の営業に手を出していた。

そして、小島は風間の部屋で、ある女に目をつけるのだった。

・自給800円

普通の暮らしをする為、ファブルは仕事を探していた。

ことごとく不採用となるファブルだったが、大阪に来たばかりの時に出会った清水岬と偶然出会い、彼女の助言もあって、とあるデザイン会社で働くことが決まる。

自給800円、ボーナスなし。

これが、一般人としてのファブル初めての職場となるのだった。

そして、佐藤明としての一歩を踏み出す。

・ボスとファブル

デザイン会社で働く事になった明(ファブル)は、歓迎会の中で自分の育った昔話をしながら、幼い頃を思い出していた。

ファブルは、幼少期にボスに拾われ殺し屋として育てられた。

山奥での特訓の最中にボスを襲うやつらを倒したファブルだったが、トドメをさせず反撃されるところをボスに助けられ、詰めの甘さを謝ると、ボスから「おれの許可なく死ぬな」と告げられるのだった。

・清水岬

彼女は、病気の母親を助けて働く良い娘で、海老原から絶対に関わってはいけないと言われていた女性だった。

しかし、仕事を通じて私生活でも関わってしまうことを海老原に報告に行くと、そこには小島がいて二人は初めて対面する。

そんな時、海老原が心筋梗塞で倒れてしまい、入院する事になった。

すると、小島は岬に接触する。

彼が目をつけていたのは、借金の為にグラビアをやっていた岬だったのだ。

・砂川の企み

砂川は小島を利用し、海老原の転覆を企んでいたが、海老原のバックに凄腕の殺し屋がいるというウワサを耳にして、積極的に動けないでいた。

そんな彼は、フードたちに声をかけ、人を集め体制を整え始める。

・助けられたら、お礼。

デザイン会社で雑用を主にこなしていた明(ファブル)だったが、自分が描いたイラストが採用されたら自給が100円アップすることになり挑戦していた。

そんな彼が描くイラストは下手だが、どことなく味があり、広告に採用される事が決まり、時給アップを果たす。

そんな時、カギを失くし、明と洋子(ヨウコ)に一晩お世話になっていた岬は、彼のイラストにも助けられたからと言って、お礼として明に食事を奢る。

何でそうなるのかと不思議がる明に、お礼をするのが普通だと答えるのだった。

その後、岬はやむを得ず小島の要求にこたえる為、彼の元へ向かう。

そんな二人を、何者かが襲い連れ去っていくのだった。

・ハコスカ

海老原は小島の動きを気にかけていたが、連絡が取れなくなったことに悪い予感がして、明に小島の捜索を依頼する。

明は断るが、何をしでかすかわからない小島の状況と、海老原が男のロマンと大切にしていたハコスカを報酬として差し出すという話を受け入れ、小島の隠れ家に向かう。

すると、そこは血痕が飛び散り、既に襲撃された後だった。

そこで、明は岬が巻き込まれていることを知る。

・殺さずに救出

明は洋子に反対されるが、岬には世話になったから助け出すと話し、洋子もその姿を見て渋々だが納得する。

そして、襲撃現場の状況から、相手が手練れの同業者と感じた明は、ボスの言葉を思い出し身近にある物でおもちゃのような拳銃を作り上げ、砂川の管理するごみ処理場へ向かう。

人質である岬と小島を、誰も殺さず救出する難解なミッションが始まる。

・結末

岬を救出する為、再びファブルとして動き出した明は覆面を被り、ヨウコ(洋子)のサポートを受けながらごみ処理場へ侵入していく。

真っ先に、犯されようとしていた岬をその場から救い出したファブルは、階段室の隅に彼女を隠し、小島の救出へ向かうが、小島は銃を構える連中に包囲されていた。

そこにはフードの姿もあり、彼はファブルを挑発するのだった。

鉄製の扉を盾に銃弾に立ち向かうファブル。

スキをつき相手から銃を奪うと、次々と斃しながら小島が捕らわれている場所を吊るすワイヤーを撃ち、切断する。

フードを相手に至近距離での銃撃戦を繰り広げ、最後のワイヤーを撃ち切ったファブルは落下する小島を追って飛び出し、掴むと階下へ投げ入れ、自身もそこへ辿り着く。

ファブルは、小島を連れながら激しい銃弾戦を進むが、一方で岬は騒動に怯え逃げ出していたが、コードに追われてしまう。

岬の姿を見かけたファブルは彼女を追い、小島は砂川と対峙するのだった。

岬を追いかけるファブルの前に、再びフードが現れ二人は激しい闘いを繰り広げる。

コードに追われた岬は、柵を飛び越え追い込まれていると、ヨウコが姿を見せコードを斃すが、足を踏み外した岬は、かろうじて鉄パイプに捕まり落下を防ぐ状態になってしまう。

そして、鉄パイプが外れ落下する岬をフードとの死闘を制したファブルが、間一髪で救出する。

ファブルたちが去った後、まだ騒ぎが治まりきらない中、目を覚ましたフードとコードの前にボスが現れ二人を射殺するのだった。

気を失っていた岬が目を覚ますと、そこは車の中で見知らぬ覆面の男は、彼女を自宅前で降ろして去っていきます。

岬は自宅へ戻ろうとするが、そのまま明たちの家を訪ねる。

洋子に出迎えられた彼女は、誘われるがまま、明たちと3人で飲み始め、何だか不思議な感じでいると明からイラストの描かれた手帳を渡されます。

開くと、下手ながらも楽しそうな岬が描かれており、彼女は笑顔を見せ感動するのだった。

一方、海老原は、明によって助け出された弟分の小島を始末し、砂川とのケジメをつける。

そして、また普通の生活に戻った明は、給料が出たら奢ると約束していた岬と、普通の食事を楽しむのだった。

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』の登場人物

佐藤明/ファブル(岡田准一)/幼少期 (南出凌嘉)

佐藤洋子/ヨウコ(木村文乃)

清水岬     (山本美月)

フード     (福士蒼汰)

小島      (柳楽優弥)

砂川      (向井理)

ボス      (佐藤浩市)

海老原     (安田顕)

田高田     (佐藤二朗)

コード     (木村了)

ここが見どころ!

・激しい銃撃戦。

・岡田准一さんが見せる軽快なスタントシーン。

・迫力のあるアクションシーン。

・主人公が見せる人間らしさ。

・個性豊かなキャストたち。

クーさん
クーさん

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』はこんな方におすすめです。

・アクション映画が好きな方

・岡田准一が好きな方

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『ザ・ファブル 絶対に殺してはいけない殺し屋』のまとめ

迫力のある暗殺シーンから始まる本作品は、恐ろしいはずの殺し屋が、時折見せるコミカルな表情と、初めて人間らしい感情を覚えていく様子から、とても親しみやすいキャラクターになっています。

主演する岡田准一さんが、主人公の二面性を、ある決まったルーティンから切り替え、メリハリのある演技で表現しているのが印象的です。

また、アクションシーンが素晴らしく、スピーディーで迫力がありながらも爽快感を味わわせてくれます。

続編となる新作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の公開が2月5日に控えており、ますます目が離せません。

新作を前に、もう一度振り返ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました