ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの無料動画配信をフル視聴

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q アニメ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q予告『フルHD』

『序』、『破』と続いてきた新劇場版も、今作品『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で4部作の3作目になります。

まさに、再構築(REBUILD)として描かれてきたこのシリーズは、さらに新たな展開を迎えるのです。

衝撃的なクライマックスから続く、この物語を見ていきましょう。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を無料で見る

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじ

渚カヲルの放ったロンギヌスの槍によって、回避したかのように思われたサードインパクトだったが、完全には止められずニア・サードインパクトとして、人類に災害をもたらしてしまったのです。

・14年後。

ニア・サードインパクトより14年が経ち、その原因となった初号機はNERVの手によって衛星軌道上に封印されていた。

それを奪還しに現れたのは、アスカの改弐号機とマリの8号機。

二人は反NERV組織 ヴィレに所属しており、NERVの所有するエヴァンゲリオンを殲滅する為に活動するのであった

初号機を奪還するUS作戦を展開していた二人に対し、NERVのEVANGELION Mark.04シリーズ コード4Aが攻撃してくるが、8号機に射撃され改弐号機は初号機のコンテナに手をかける。

すると、コンテナから今度はコード4Bがアスカを攻撃、危機に瀕するが一瞬覚醒した初号機に助けられ、地球へ帰還するのでした。

・再会

目が覚めたシンジは、体中を拘束された状態で強化ガラス越しにミサトとアスカと再会する。

アスカは眼帯こそしているが風貌は14年前とほぼ変わらず、シンジはレイが発見されていない事を知るのです。

そして、二度とエヴァには乗るな、何かあれば首にあるDSSチョーカーで抹殺すると脅されるのでした。

そんな時、ヴィレは急襲され、シンジにはレイの呼びかけが届く…彼はその声に従い、ミサトたちの警告を無視してその場を離れNERV本部へ向かうのだった。

・渚カヲルとの出会い

荒廃したNERV本部でシンジは渚カヲルと出会い、ピアノの連弾を通して打ち解けていきます。

14年前の真実を知りたかったシンジは、カヲルから現在の惨状を教えられ、自身がニア・サードインパクトの引き金で、レイを救えなかったことに絶望するのでした。

心を閉ざしてしまったシンジは、完成した13号機に搭乗するのを拒むが、シンジの首のDSSチョーカーを外し自分の首に巻いたカヲルに説得され、世界を元に戻すべく搭乗を決心する。

・カヲルの死

二人はサードインパクトの爆心地であるセントラルドグマを目指し、そこでMark.06と第2使徒のリリスを串刺しにしている二本のロンギヌスの槍を見つけ、カヲルはそれを訝しがります。

その時、改弐号機と8号機が現れ槍を抜かせまいと攻撃してきて、カヲルも槍を抜くことを躊躇するが、シンジは何もかも聞き入れず引き抜いてしまった。

すると、Mark.06が第12使徒として覚醒して、13号機を包むが逆に吸収されて殲滅、そして、13号機は第13使徒に覚醒してしまう…。

それをきっかけにフォースインパクトが始まりだし、自分がまた原因だと落ち込むシンジに、今回は僕が原因だと話し、カヲルはDSSチョーカーを作動させ自ら命を絶ったのです。

それでも止まらないフォースインパクトは、マリが強制的にシンジごとエントリープラグを排出させて何とかおさまるのでした。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のネタバレ

初号機を奪還し地球へ帰還した二人は、ヴィレの母艦AAA ヴンダーへ戻るのです。

そして、シンジは目を覚ますが危険因子とされている為、全身拘束と隔離をされ、そこでミサトとアスカの二人に再会します。

・ヴィレ(WILLE)

ドイツ語で「意志」を意味するこの組織は、次の災害を防ぐ為に使徒とエヴァンゲリオンを殲滅する事を目的とした、反NERVの組織でミサトたち旧NERVの一員で構成されている。

・AAA ヴンダー(AAA Wunder)

ドイツ語で「希望」を意味するヴィレの母艦。

初号機をメインエンジンに組み込んでいるが、本来はNERVの所有するEVANGELION Mark.09がこの母艦の主である。

そして、あれから14年経過していることを伝えられたシンジは、レイはあの時発見されなかったことも知り、一方的に二度とエヴァンゲリオンに関わるなと告げられ、何かあれば首のDSSチョーカーで抹殺すると脅されるのです。

そんな時、ヴンダーは急襲されます。

・EVANGELION Mark.09

零号機に似た外見のEVANGELION Mark.09は、アダムスの器と呼ばれ、頭部を破壊されても修復出来、全身がコアであり、NERVが所有するエヴァンゲリオンで、レイのクローンであるアヤナミレイ(仮称)が操縦する。

そんな状況の中、シンジはレイの声を耳にし、それに導かれるようにEVANGELION Mark.09の元へ行き、ミサトたちの警告を無視してMark.09の手に乗り、ヴンダーを離脱してNERV本部へ向かうのでした。

荒廃したNERV本部に到着したシンジは、ゲンドウから共に13号機のパイロットとなる渚カヲルを紹介され、ピアノの連弾を通して心を開くのです。

そして、シンジはカヲルに連れられ現在の惨状を目の当たりにして、自身が14年前のニア・サードインパクトの起因である事を知るのです。

・アヤナミレイ(仮称)と母 碇ユイ

それでも、レイが生きていたことが救いとなり平静を保てていたが、冬月から今のレイはクローンであり、元々レイが、母 碇ユイの情報から創り出された存在で、ユイ自身は既に初号機のコアに吸収されていたことを聞かされるのでした。

真実を知ったシンジはショックを隠せず、何よりレイを助けられなかった事を引きずるのです。

・ロンギヌスの槍とカシウスの槍

13号機が完成するが、ショックを引きずるシンジは搭乗を拒絶…そんなシンジにカヲルは声をかけます。

14年前、初号機を貫いた槍はロンギヌスの槍ではなくカシウスの槍で、この二本の槍を使えば世界を元に戻すことが出来ると伝え、シンジの首のDSSチョーカーを自分の首へ移すのでした。

・Mark.06と第2使徒のリリス

13号機に搭乗した二人と、レイの操るMark.09は、ニア・サードインパクトの爆心地であるセントラルドグマの最深部を目指すと、二本の槍に貫かれたMark.06と第2使徒のリリスを見つけるが、それを見たカヲルは、その槍が二本ともロンギヌスの槍である事に気づき、事態を訝しがります。

そんな時、13号機の動向を探っていたヴィレから改弐号機と8号機が襲撃してくるが、シンジは困惑するカヲルを横目に二機を迎撃し、槍を引き抜こうとするのです。

そこに揃うべきではない槍があることを怪しく思うカヲルは、シンジを制止するが、世界を変える決心の固い彼は無視して槍を引き抜きます。

すると、第2使徒のリリスの身体が崩れ落ち、Mark.06は第12使徒として動き出すのでした。

・渚カヲル

かつて月面で目覚めた彼は、第1使徒 アダムの魂を人間に与えて生まれた「ゼーレの少年」と言われる化身で、魂を持たないエヴァであれば自由に操れ、月面基地で開発されたMark.06のパイロットとしてNERV本部に合流していた。

・ゼーレ(SEELE)

人類とは別の存在で、人類に文明を与えた生命体7人で組織され、ゲンドウの諮りにより既に抹消されている。

・第1から第13使徒へ、そして…

第12使徒として動き出したMark.06は、レイの操るMark.09により首を刎ねられるが、そこから姿を変え、13号機を包み込み侵食し始める。

パイロットの制御が効かなくなり、13号機は覚醒状態に近づくと第12使徒を吸収し殲滅…。

そして覚醒すると、カヲルは「第1から第13使徒へ堕とされるとは…」と呟き、フォースインパクトの前兆が始まるのでした。

・結末

前兆現象を感じたシンジは、また自分が起因してしまったと嘆くが、カヲルは自分が原因だと諭して二本の槍を自ら13号機のコアに突き刺し、DSSチョーカーを作動させて命を落とします。

死の直前に彼は「…また会えるよ シンジ君」と言葉を遺すのでした。

カヲルの死によって13号機の覚醒は収まるが、フォースインパクトの進行は衰えず、マリが最終手段としてシンジごとエントリープラグを強制排出させると、事態は収束していきます。

エントリープラグの中で蹲り失意しているシンジを、アスカは無理やり連れ出しヴィレへ向かい歩き出すと、レイも黙ってその後をついていくのでした。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の登場人物

碇シンジ           (緒方恵美)

アヤナミレイ(仮称)     (林原めぐみ)

真希波・マリ・イラストリアス (坂本真綾)

式波・アスカ・ラングレー   (宮村優子)

碇ゲンドウ          (立木文彦)

葛城ミサト          (三石琴乃)

冬月コウゾウ         (清川元夢)

赤城リツコ          (山口由里子)

渚カヲル           (石田彰)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌

宇多田ヒカル 『桜流し』

【最高音質】EVA 3.0/3.33 ED 「 桜 流 し 」 – 宇多田ヒカル 【中日歌詞】

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの感想・まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の感想
女性20代
女性20代

前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年後の世界が舞台となっています。

冒頭から今までのエヴァンゲリオンとは全く違う世界観が描かれているため、一体どういうことだろうと一気に物語に引き込まれました。

この映画で私が一番の見どころだと思うのは、シリーズで初めてのエヴァンゲリオン同士のバトルシーンです。

これまでは対使徒戦しか描かれていなかったため、今までとは違う武器でエヴァンゲリオン同士戦うところが非常に新鮮でした。

それぞれの思いを抱えながら戦う彼らの姿はとても迫力があります。
主人公の碇シンジは、物語の中で残酷な真実をいくつも突きつけられることになります。

さらに、彼の行動でサードインパクトが引き起こされそうになったことを周囲に責められて追い詰められていく姿は、見ていて可哀想に思えてしまいました。

結局物語の中で立ち直ることはできませんでしたが、だからこそシンジが今後どうなっていくのかがとても気になります。

その他の感想はここから見れます
男性30代
男性30代

アスカや加地リョウジが登場し、いよいよ主要キャストが勢ぞろいした感じがありました。

今作は、前作の序と異なり、劇場版での新たな展開やシーンが加えらていて非常に面白くなっています。

まず、使途を倒すと赤い血のような液体が海を染める設定が足されていて、それを復元するための水族館のような研究施設のシーンがありました。

ここは日常のほのぼのした感じが描かれていてやわらかさを感じました。シリアスな展開が多いだけに癒されるシーンです。

レイが少しずつ無機質な感じから感情を得ていく描写は何度見てもいいですね。

次に、使途サハクィエルが大幅にビジュアルが変わっています。この戦闘で登場したエヴァ3体同時展開での戦闘シーンはアニメ版よりパワーアップしていてかなり見ごたえがあります。

3人のチームワークや絆がやや深まるいいシーンに描かれていました。

物語が大きく変わったのは、3号機実験の搭乗者がアスカに変わっていることです。

ダミーシステムの演出もかっこよくなっていて、劇場版のレベルの高さを感じます。ただ、エントリープラグをかみ砕くまでの戦闘で使われているBGMが謎でした。

相変わらずというか庵野さんらしい演出です。

その他にも真希波マリという新たな人物や2号機の新たな戦闘形態の登場、エンディングで見たことのない展開とカオルくんの登場など見どころが盛りだくさんで、かなり面白かったです。

そして、今後はテレビ版にはない物語で構成されることになるので、非常に期待値が高いです。

女性30代
女性30代

過去2作の新作劇場版を見た後にこの映画を見ると、「今までは何だったんだ?!」と衝撃が走ります。前作から何年も時間が過ぎて、エヴァの搭乗者のチルドレン以外の登場人物がみな成長しています。

そして、目覚めたシンジを、今まで仲間であったメンバー全員が罵倒していきます。

見ていながらもシンジの理不尽な扱いに、「かわいそう、ちゃんと説明して!」と、彼と同じような感想を持ちました。

そんな突拍子もない展開の説明は一切なく、どんどん物語は進んでいき、カヲルくんが出ていたり、新たなエヴァが出たり、ミサトさんたちは戦艦に乗っていたりと…終始展開についていくことはできませんでした。

しかし、不思議なのがこのエヴァの魅力でしょう。内容はさっぱり分からず(複数回見た今でもよく分かっていない)、そんな状態にも関わらず、見ていて面白いという感想を持ちました。

理屈的な理解がない状態でも楽しめる作品というのも、とても珍しいと思います。

この謎の展開を知った後は、何としてでも次回作が見たくなってしまいます。

女性20代
女性20代

新劇場版3作品目のQは2作目から14年経っている世界という事でキャラの容姿が変わっていたり、反NERV組織、WILLEが出来ていたりと、序、破と比べると世界観が全く別物だなと感じました。

初めて見た時は正直訳分からなかったです。Qを見て困惑した人はいっぱいいるんじゃないでしょうか。

なぜ、アスカは生きてて眼帯をしているのだろうとか、碇ゲンドウの事をゲンドウ君と呼んでいたマリは一体何者なんだろうとか。

冬月がシンジに見せた写真にマリにそっくりな人が写っていたので何か関係があるのではないかとも感じてます。

シンジやアスカがL結界密度が高い所にいれるのは、エヴァの呪縛によるものなのかなど自分なりに考察して見てますがなかなか理解しきれないので次のシン・エヴァンゲリヲンで解消されたらいいです。

Qの話の大体は頭を抱えましたが、冒頭のアスカ、マリの戦闘シーンからヴンダーが出てくるシーンはとてもかっこよく見応えがありました。

ミサト艦長カッコ良すぎます。

次で終わってしまうと思うと寂しい気持ちもありますが、大好きな作品なので前作品を考察しつつ期待したいです。

女性30代
女性30代

前回の破でシンジがレイを助けようとしたことによってサードインパクトが起こりそうになるも、ロンギヌスの槍が降ってきてエヴァに刺さり爆発は阻止された何年後かから話がスタートし、いきなり地球を飛び出して宇宙で使徒と戦っていたのがアスカと破の時にも少し登場したマリでした。

最初その場面を見て思ったことは、アスカが生きていたということは嬉しかったということと、マリはどのタイミングで一緒に戦うようになったのかなと思いながら見ていました。

その際にずっと眠りについていたっぽいシンジを回収していて、シンジは目覚めるとアスカにいきなり冷たい言葉をかけられていて、なかなか理不尽に怒られているなと思いながら見ていました。

見ている側もシンジと感覚は同じで、状況が理解できていない状態で何の説明もしてくれないので何がどうなっているんだろうと思っているシンジの気持ちが痛いほどわかるなと思いました。

その際にミサトやリツコも登場するのですが、容姿もさることながら、ミサトに至っては明るくふざけた雰囲気がない感じになっていたことに驚きました。

男性30代
男性30代

この作品を見た感想としてはまったく状況が読めません、一体どうなったからこうなった?!
という説明が出てくるのかな?と思っていたらサードインパクトが起こった後の世界という事だけは分かるのですが、それから何がどうなってこうなった?っていうのが謎だらけで、アスカ、マリは容姿も変わらずアスカに至っては無事だったのか?!
というくらいでしか出てきませんし、未来の世界の状態がハッキリ言ってボロボロなのにその中の組織の在り方とかそういう物の情報に全く触れずに話は進んでいき、旧作でも人気の渚カヲルの出演率は多いので目の保養になるのですが、旧作とはまったく違うオリジナルな世界になっているので、話を整理するには情報がいささか少ないです。

しかもシンジはいつも通りお子様のままで綾波は新しいクローンだと言う事だけわかります。
でもミサト達の新しい組織の内容はサードインパクトの生き残りの子達が大人になってるので結構な年月が過ぎているというのだけははっきりと分かります、ですがパイロット達だけは子どものままなので、真相を知るには続編を見るしか分からないです。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のまとめ

一度悲劇を回避したように思われた前作から、一転して状況が変わっているこの作品は不思議に感じることが幾つか出てきます。

その疑問点が作品中では明確にされておらず、次作への伏線か、もしくは観る側で想像を膨らませる為の演出なのかと考えてしまうのです。

そんな状況でも、スピーディーで迫力のある映像に圧倒され、所々で音楽による演出でスッと心を落ち着かされます。

様々な要素で魅了してくる 『Q』 は、最終話にむけての分岐点と言っても過言ではないでしょう。

とても先が気がかりな結末を迎える物語を、ぜひお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました