【動画配信】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を無料フル視聴/地上波 金ロー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 アニメ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 予告編

新劇場版4部作の2作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は、『新世紀エヴァンゲリオン』のリメイクではなく再構築(REBUILD)である事が、はっきりと表明された内容になります。

TVシリーズにはない、オリジナルストーリーを新たなキャラクターと共に展開していくのです。

このシリーズの大きな転換期となるエピソードに注目です!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を無料で見る

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ

・真希波・マリ・イラストリアス

旧北極のNERV基地にて捕獲保存されていた第3使徒が、実験中に目覚め、基地内で暴れ出します。

これを止める為に、真希波・マリ・イラストリアスは仮設5号機を繰り出し、エントリープラグで緊急脱出後、5号機は自爆して基地もろとも使徒を殲滅するのでした。

・式波・アスカ・ラングレー

シンジは父ゲンドウと一緒に、母 碇ユイの墓参りの訪れ、その帰りに第7使徒と海上で艦隊が交戦しているのを見かけます。

NERV本部へ急ぐシンジの目の前で、輸送機から赤いエヴァンゲリオンが飛び出し、瞬く間に使徒を殲滅するのでした。

その後、紹介された、式波・アスカ・ラングレーは赤いエヴァンゲリオン 弐号機のパイロットで、シンジを「七光り、貧弱」と、レイには「えこひいき」と罵るのです。

・侵食する使徒

アメリカより移送されてきたエヴァンゲリオン3号機の起動実験が行われ、アスカがパイロットとして搭乗するが既に3号機には使徒が侵入しており、エヴァを侵食し、暴走していくのです。

シンジが初号機にて対峙するも、アスカが搭乗している事を知る彼には止められず、ゲンドウは戦意喪失しているシンジを無視して無人操縦システムに切り替え、アスカのいるエントリープラグごとコアを破壊するのでした。

この事がきっかけで、シンジはパイロットを辞めると言い、NERVを去ります

・EVANGELION Mark.06(6号機)

とてつもないパワーの第10使徒が襲来し、マリが操る弐号機は形態を変える最終手段を使うが敵わず、レイは捨て身の攻撃で立ち向かうが使徒に捕食されてしまう。

一度はNERVを去ったシンジだったが、頑なな気持ちをゲンドウに訴えて初号機に搭乗し、地上まで使徒を押し戻すが活動限界で停止してしまうのです。

しかし、シンジの咆哮に呼応するように再起動した初号機は、神に近い存在へ変貌し使徒を圧倒してレイをコアから救出します。

更に初号機は変貌し、翼が生え何かに覚醒したような姿になるが、それは15年前のセカンドインパクトを思い出させ、サードインパクトも予感させるのです。

そんな時、突如飛来した槍が初号機のコアを貫き、動きを止めると空からEVANGELION Mark.06が現れるのでした。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のネタバレ

・新たなパイロット

NERVユーロ支部所属の真希波・マリ・イラストリアスは、北極での使徒殲滅後、日本のNERV本部へ合流する。

また、エヴァンゲリオン弐号機と共に来日した式波・アスカ・ラングレーは、日本への輸送中に第7使徒を難なく撃退し、同じくNERV本部へ合流しミサトの家でシンジと同居するのです。

・月面基地

その頃、ゲンドウと冬月は月面基地 タブハベースを訪れ、開発中のEVANGELION Mark.06を視察しているが、NERV本部では、衛星軌道上から新たな使徒が本部へ向かって落下してくるのを確認するのでした。

・三機協力

巨大な第8使徒の落下攻撃を防ぐ為、ゲンドウ不在のNERV本部で指揮をとるミサトは、初号機、零号機、弐号機の三機で受け止め迎撃する事を決めます。

三機はそれぞれのスタート地点から落下ポイントへ向かい、初号機がATフィールドを展開して、零号機と弐号機でコアを破壊して殲滅するのでした。

三機が協力したことによって、独りよがりだったアスカは次第に打ち解け、ゲンドウに褒められたシンジは喜ぶのです。

・ダミープラグ(無人操縦システム)

北米第二支部で実験開発中だったエヴァンゲリオン4号機が、支部を巻き込み消滅する事故が起きる。

その影響から、同じくアメリカで開発中のエヴァンゲリオン3号機を日本へ移送して、起動実験を行う事となり、アスカがパイロットに名乗り出ます。

そして、起動実験が開始されると直後に異常が生じるのでした。

既に内部に侵入していた使徒が、コックピットを侵食して3号機は暴走を始め、実験施設が爆発されミサトも巻き込まれ、ゲンドウが3号機を第9使徒として認め、殲滅対象として初号機に迎撃させるのです。

しかし、アスカが搭乗している3号機を使徒と思えないシンジは、攻撃できず戦意を喪失します。

すると、ゲンドウはまだ実験段階の無人操縦システム ダミープラグを起動し、コックピットを制御して遮断…初号機は殲滅対象の3号機に容赦なく攻撃し、アスカのいるエントリープラグごとコアを嚙み砕くのです。

シンジはその様子を音だけで感じ、制御しようと足掻くが何も出来ず破壊の瞬間を知るのでした。

アスカは奇跡的に一命をとりとめたが、精神汚染の可能性がある為に隔離され、ゲンドウの対応に激昂したシンジは初号機で暴れて拘束された後、パイロットを辞めると告げNERVを去ります。

・裏コード ザ・ビースト(第2獣化形態)

荷物をまとめるシンジは、ミサトの呼びかけにも「もう…笑えない」と話し出ていきます。

そんな時、非常事態警報が鳴り響き使徒の襲来を知るが、彼は静かに避難所へ向かうのでした。

今までにない圧倒的な力を見せつける第10使徒は、地下空間 ジオフロントにまで侵入し、出撃命令のない弐号機が迎撃するのです。

操っていたのはマリで、怒涛の攻撃を見せるが歯が立たず、彼女は最終手段を決意する…。

「裏コード ザ・ビースト!」と声をあげると、弐号機は今まで見た事もない第2獣化形態へ姿を変え、咆哮と共に使徒へ襲い掛かります。

その姿を見たミサトたちは、この変貌については知らず驚くが、凄まじい攻撃力で強力な使徒のATフィールドを破っていく姿に期待を寄せるのでした。

しかし、この形態はマリにも大きな負担を与えており、奮闘するも弾き飛ばされてしまい、その先の避難所であるシェルターの壁を破壊してしまいます。

・結末

弐号機に続きレイが、零号機で自爆覚悟のN2航空誘導弾を抱え特攻するが、そこには無傷の第10使徒の姿と、無惨にも黒焦げになった零号機が…破壊したシェルターでシンジを見つけたマリは、手に乗せ状況を見せると、まさに零号機が捕食されるところだったのです。

それを見たシンジはNERVに駆け付け、ゲンドウに「僕は初号機のパイロット 碇シンジです!」と叫び、レイのような姿に変わって本部内に侵攻してきた使徒を、初号機で迎撃するのでした。

シンジは争いながら地表まで使徒を押し戻すが、活動限界を迎え停止してしまう。

「動け」と叫ぶシンジに呼応するように、初号機が神に覚醒したような姿に変貌し、襲い掛かる使徒を圧倒して、コアからレイを助け出すのです。

しかし、初号機の変貌はおさまらず翼が生え、その姿はセカンドインパクトを起こした光の巨人のようで、地表がとどろきサードインパクトがはじまるかと思われた瞬間、空からロンギヌスの槍が初号機のコアを貫きます。

初号機が停止し、一瞬の静寂が訪れようとする時、EVANGELION Mark.06が現れ、コックピットには渚カヲルの姿があり「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」と呟くのでした。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の登場人物

碇シンジ           (緒方恵美)

アヤナミレイ(仮称)     (林原めぐみ)

真希波・マリ・イラストリアス (坂本真綾)

式波・アスカ・ラングレー   (宮村優子)

碇ゲンドウ          (立木文彦)

葛城ミサト          (三石琴乃)

冬月コウゾウ         (清川元夢)

赤城リツコ          (山口由里子)

渚カヲル           (石田彰)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の主題歌

宇多田ヒカル 『Beautiful World』

utada hikaru – beautiful world (live)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の感想・まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の感想
女性20代
女性20代

アスカや加地リョウジが登場し、いよいよ主要キャストが勢ぞろいした感じがありました。

今作は、前作の序と異なり、劇場版での新たな展開やシーンが加えらていて非常に面白くなっています。

まず、使途を倒すと赤い血のような液体が海を染める設定が足されていて、それを復元するための水族館のような研究施設のシーンがありました。

ここは日常のほのぼのした感じが描かれていてやわらかさを感じました。シリアスな展開が多いだけに癒されるシーンです。

レイが少しずつ無機質な感じから感情を得ていく描写は何度見てもいいですね。

次に、使途サハクィエルが大幅にビジュアルが変わっています。

この戦闘で登場したエヴァ3体同時展開での戦闘シーンはアニメ版よりパワーアップしていてかなり見ごたえがあります。

3人のチームワークや絆がやや深まるいいシーンに描かれていました。

物語が大きく変わったのは、3号機実験の搭乗者がアスカに変わっていることです。

ダミーシステムの演出もかっこよくなっていて、劇場版のレベルの高さを感じます。

ただ、エントリープラグをかみ砕くまでの戦闘で使われているBGMが謎でした。

相変わらずというか庵野さんらしい演出です。その他にも真希波マリという新たな人物や2号機の新たな戦闘形態の登場、エンディングで見たことのない展開とカオルくんの登場など見どころが盛りだくさんで、かなり面白かったです。

そして、今後はテレビ版にはない物語で構成されることになるので、非常に期待値が高いです。

その他の感想はここから見れます
女性40代
女性40代

劇場映画の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ですが、新キャラクターを始め前作(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序)には登場しなかったキャラが結構出てくる印象でした。

アニメが始まると初っ端から新キャラの真希波・マリ・イラストリアスが、バッキバキに登場していてとても強烈なキャラクターとなっていました。

この人が目立っているせいか、加持リョウジや式波・アスカ・ラングレーが今回登場しているのにインパクトを感じなくなるほどでした。

テレビアニメ版をベースになっているので、アスカと碇シンジとのドタバタ(痴話喧嘩?)があったのは安心しました。

で、シンジの方は綾波レイの世話を焼く(弁当を作るとか)ので、レイの方もシンジを意識するようになって三角関係的っぽいなと思いました。

マリの方は終盤で再びエヴァに乗って活躍するのですが、他の三人と違ってエヴァンゲリヲンに乗って操縦する事が楽しい感じですね。

使徒がエヴァを捕食したので無双状態でエライことになったので、シンジが戻って初号機で戦ったが途中で止まって打つ手なしと思ったら初号機が風の谷のナウシカの巨神兵みたいになって怖かったです。

ともあれ、シンジはレイを救い出すシーンは感動的で良かったしオチでサードインパクトが始まると言うものだったので、次どうなるか楽しみな映画でした。

女性30代
女性30代

前作である『エヴァンゲリオン新劇場版:序』は、ほぼテレビアニメ版のリメイクでしたが、今作はテレビアニメ版とは全く異なります。

使徒の造形や、物語の展開が予想のつかないものになっていたため、非常に面白かったです。

使徒とのバトルシーンはどれも迫力がありますが、中でも一番の見どころは最後の第10使徒との戦いです。

マリが2号機の秘められた力、ビーストモードを使っても歯が立たなかったところに、レイが乗った0号機が登場し、2人が力を合わせて第10使徒に立ち向かう場面はとても熱かったです。
また、今作ではバトルシーンだけでなく、エヴァンゲリオンパイロットたちが人間として成長する様も丁寧に描かれています。

自分の意思などなかった人形のようなレイが、自ら行動してシンジとゲンドウの仲を取り持とうとしていたのには感動しました。

ワガママ放題だったアスカも、そんなレイの姿に影響を受け変わっていきます。

彼女たちの今後が気になるというところで物語が終わっているため、次作も非常に楽しみになりました。

男性30代
男性30代

前作の「序」では大筋がアニメシリーズと同じで、「今回の映画のシリーズはまた総集編なのか?」と疑うような気持ちもありました。

しかし、今作はそういった予想を斜め上に裏切ってくれました。序盤はまたアニメシリーズと似ているのですが、徐々に違和感と共に違いが見えてきます。

大きく変わってくるのは綾波のキャラクターです。アニメシリーズでは無機質なキャラ(そもそもがクローン人間なので)であったのが、なんとなく「人間らしさ」というのが見えてきます。

明らかにシンジを意識していて、「碇君がいるとポカポカするの」というセリフには、聞いているこっちが胸がキューっとするような気持になりました。

その後も手作りのお弁当を作ったり、父との確執を埋めるように奔走したりと、明らかに違ったキャラに仕上がっていました。

そんな綾波の気持ちにこたえるかのように、シンジも綾波のために戦うラストバトルは非常に見ものです。

今までにない胸アツな展開に、身を乗り出しながら見てしまいました。

男性50代
男性50代

『序』ではヤシマ作戦あたりのところまでを描いていましたが、その『序』さえも旧作(テレビアニメと旧劇場版)を丸々なぞったものではありませんでした。

旧作をご存知の人にとってはその旧作と比べて興味をひくかひかないかの視点で鑑賞するのも良いかと思います。

いいえ、きっとそうせざるを得なくなるでしょう。

アスカと渚カヲルの初登場や対エヴァ4号機戦は旧作との違いが明らかであるものの代表例です。

旧作を知る身として個人的には対エヴァ4号機戦が『破』の中で最も驚かされました。

そこに至るまでに伏線は張られていて「まさかそれはないだろ」と不安を無理矢理抑えていたのにその悪い予感はやっぱり的中し、4号機の最期を旧作からあのように変えるなんてと複雑な気分を味わわされました。

つまり、もうその時点で旧作丸々同じストーリーではなくなっており(もちろん『序』からそうなのですが)、渚カヲル登場も衝撃的に感じました。

『破』のクライマックスは新キャラが参戦したこともあって旧劇場版とは違うのですが、観る側が感じるであろう混迷ぶり(「一回観ただけじゃわからないだろ」感)は旧劇場版とまったく同じです。

旧作を知らない人向けではなく、旧作と比べられる人向けの作品だと思います。

男性30代
男性30代

作中で人気のあるキャラクターのアスカが登場し、期待通りのわがままで高飛車な感じの姿が見られて何か嬉しかったです。

登場した際にシンジとレイのことを役立たずと罵り自分ひとりだけで十分使徒と戦えると豪語する姿は、無口で命令に素直に従うレイや、いきなりパイロットとして招集されて成り行きで戦いに参加させられたシンジと違い、思ったことをはっきりと言えるうえに元気があるので、アスカが登場すると場が明るくなる感じがして好きです。

ですが本当はさみしがり屋で優しい一面もあり、作戦をこなしたり日常生活をシンジたちと送るようになってからは少しずつ丸くなっていき、馬鹿にしていたシンジに恋心を抱くところまで行きますが、レイのシンジに対する思いに気づくというシーンでは何か複雑な気分になりました。

アスカ登場後は使徒が現れるとき以外は比較的幸せそうな感じに話が進んで行くのですが、新しいエヴァにアスカがテストパイロットとして搭乗することになったのですが、その理由はレイが企画した食事会でレイが調理したものをシンジと父親のゲンドウに一緒に食べてもらう計画があったからでした。

登場時のアスカの性格からしたら考えられない行動なので、驚きつつも何かいいなと思いながら見れた場面でした。

男性30代
男性30代

この作品を見た私の感想としては旧作と同じような流れなんだけど
設定も違う新しいエヴァでは、アスカの名前が違っていたり前作よりも今作の方がパラレルワールド感?みたいな物がハッキリと分かる作品です。
マリの戦闘から始まるのですが彼女の正体とかはまだハッキリしませんが今作から彼女がストーリーに大きく介入はしてきます!でもメインキャラ達とはまた違った立ち位置でエヴァと関わり彼女もパイロットとして活躍するのですがシンジ達よりもエヴァに関しての知識がある様な描写も描かれていました。
今回はBGMというか挿入歌に関して映像と歌の相性が忘れられないくらい印象的です。
童謡を選ぶという辺りが余計に耳に残って見入ってしまいます!旧作でもこの辺りからいろんな物が変わり始めるのですが、今回もまたどうなってしまうんだぁ?!って感じに終わってしまうのですが、殆どのメインキャラがこの作品で集合したということになります!
渚君ファンの方は彼のカッコよさに改めてうっとりする方もいらっしゃると思います。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のまとめ

前作『序』では、TVシリーズの編集リメイク感が残っていましたが、今作『破』では再構築(REBUILD)ということが、はっきりと証明された印象が強くあります。

新たなキャラクターも魅力的ですが、物語自体がオリジナルと感じさせてくれました。

音楽も多種多様で、クライマックスの『翼をください』を背景にした演出は、特に心に残ります。

迫力のある戦闘シーンは身震いするほどで、シンジの葛藤から決意までの描かれ方は、これぞ人間と思わせてくれ、このシリーズの中でも最も人気があることに納得です。

新たなエヴァンゲリオンの深淵を、あなたものぞいてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました