映像研には手を出すなの見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

映像研には手を出すな 国内ドラマ

映像研には手を出すな(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『映像研には手を出すな』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『映像研には手を出すな』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

実写映像初出し!ドラマ『映像研には手を出すな!』TVCM【公式】齋藤飛鳥・山下美月・梅澤美波

大ヒットしたコミック「映像研には手を出すな!」がドラマ化したもので、乃木坂46の斎藤飛鳥さんが主演を努めます。

3人の女子高生がアニメが大好きで想像力豊かな浅草が思い描く最強の世界を作るために映像研を設立しました。

ドラマ『映像研には手を出すな』を無料で見る

ドラマ『映像研には手を出すな』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『映像研には手を出すな』の視聴をする/

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

映像研には手を出すな(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『映像研』のあらすじ
1話

迷彩帽子に迷彩のリュックの少女・浅草みどりはアニメが好きで人並外れた想像力がありましたがかなりの人見知りでした。

浅草が入学した学校は部活数、研究会がとても多く、カオスな学校です。

そんな学校で浅草は屋上に金森さやかを呼び出します。

そしてアニメ上演会に誘うことにしました。

金森は長身で美脚、おまけにお金儲けにかなりの執着があり、浅草とは中学からの同級生です。

そんな2人は新入生の水崎ツバメを発見します。

彼女の家はかなりのお金持ちだということで彼女を利用すれば儲けが出るのではと金森は嬉しそうでした。

上演会に参加した浅草と金森はそこで偶然先程の彼女、水崎ツバメを発見します。

実は彼女もアニメが大好きでアニメーター志望だったのです。

そこへツバメを追いかけてきた黒服の黒田と麻笠が飛び込んできました。

校内を逃げ回るツバメ、一方でそれを追う黒服の2人。

ツバメは橋を飛び越えたかのように見えたがそんなことはできず川へ転落した。

そんな時、浅草の脳裏にある想像が閃いた。

2話

コインランドリーですっかり意気投合した浅草とツバメ。

それを見た金森は新たな部を作れないか提案して大・生徒会室へと向かう。

大・生徒会から詰問されるがうまく逃げてきた3人は1週間以内に唯一無二の映像が分かる資料を用意せよということだった。

3話

何とか大・生徒会から仮認可をもらえた映像研は次の正式認可で予算審議委員会でしかるべき活動実績を発表することにとりかかる。

まずはボロボロの部屋を修理し設備は整うがなかなか企画が思い浮かばなかった。

満を辞して金森が企画を出すがどれもこれも使い物にならない。

焦った浅草は自分のメモ帳を取り出す。

そこに書かれているものはもしかしたら使えるのではないかと手応えを感じた映像研の3人。

だがこれがツバメと金森が浅草を見た最後だった。

4話

ツバメと金森の前から突然姿を消してしまった浅草。

予算審議委員会で怒号が飛び交う様子を見て、極度の人見知りの浅草は怖気付いて逃げ出してしまったに違いないと2人は考えていた。

浅草を探す手掛かりにするため、ツバメは金森に浅草との出会いを問い詰める。

中学時代、体育の授業で出会ったこと、学校の帰りに2人でモノレールに乗ったことなどを話した。

一通り話を聞いたツバメは金森で共に浅草を探し始める。

バーテン研究会、スナック部など浅草の手がかりを知っていそうな人物にあたってみる。

浅草の手がかりをつかめないどころか見つけることもできない苛立ちから2人は言い争いになってしまう。

そんな時、1人呑気にテレビを見ていた浅草を見つけた。

浅草はテレビが見られる場所を探して音響浴場にたどり着いた。

そしてその場で猛然と絵コンテを描き始めるのだった。

5話

無事に浅草が見つかり、ホッとしていたが、内野部と外野部が合併し野球部が創設された関係で映像研の予算審議委員会の日程が4週間も繰り上がってしまった。

映像研の正式認可に向けて奔走してきた金森は寝込んでしまう。

そんな金森のために浅草とツバメは金森の家へ差し入れを持っていくことにした。

程なくして金森が復活し、作業に戻ろうとしたが、金森が寝込んでいる間に全く作業がされていなかった。

時間がない中で浅草が想像の世界で作り出したカメラを元に予算審議委員会に向けてラストスパートをかけていくのであった。

6話

予算審議委員会が翌日に迫る中で、ストーリーをバッサリ省いてイメージとインパクト重視の作品にすることで完成が見えてきた映像研。

だがそのやり方に納得ができなくなってしまった浅草は完成間近の作品を自らの手で破壊してしまう。

今から全て1からやり直すと譲らない浅草。

それに同調するツバメ。

金森も最終的には2人に映像研の運命を託すことにした。

予算審議委員会当日、金森と結託したゲバラの策略により学校中の部活動が予算審議委員会に集結し大混乱となった。

時間を稼いだ金森のおかげで作品は完成。

しかし大・生徒会に押し込まれ、劣勢に立たされる。

せっかく作ったアニメを発表することも出来ないのかと思ったがここで浅草が思いのたけを言う。

その勢いに気圧された大・生徒会は映像研の発表を認めることとなった。

上映されたアニメ「そのマチェットを握れ!」は大・生徒会を含め、その場にいた全員がクオリティーに気圧された。

この甲斐あってか映像研は無事に正式に認可されたのだった。

 

ドラマ『映像研には手を出すな』の登場人物

浅草みどり (斎藤飛鳥)

金森さやか (梅澤美波)

水澤ツバメ (山下水月)

阿島九 (福本莉子)

道頓堀透 (小西桜子)

※相関図

(C)フジテレビ

 

ドラマ『映像研には手を出すな』の主題歌

乃木坂46   「ファンタスティック三色バン」

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

映像研には手を出すな(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『映像研には手を出すな』の感想
女性20代
女性20代

私はもともと原作の『映像研には手を出すな!』は知らずに、乃木坂46のメンバーが出演するドラマだということから見始めました。

そして乃木坂46は好きでしたが、演技はあまり知らなかったのでそこまで期待はしていませんでした。

しかし、このドラマを見始めてから良い意味で大きく期待を裏切ってくれたなと思いました。

まず、テンポ良くストーリーが進むので、非常に見やすかったです。

さらに要所要所に組み込まれていた、浅草みどり、金森さやか、水崎ツバメの3人の掛け合いがおもしろかったです。

笑える場面もあり、何より3人の演技力の高さに驚かされました。

特に齋藤飛鳥さんは、癖のある話し方や動きをする浅草みどりを違和感なく演じていたのですごいなと思いました。

また、ドラマ内では多くのCGが使われていました。

原作の漫画『映像研には手を出すな!』は実写化不可能と言われていたということを後に知ったのですが、CGを駆使することで上手く表現されていたのでしっかりと世界観はそのままなのだろうなと感じました。

私自身はアニメのことに詳しくなくあまり知らなかったのですが、そのことを差し引いても楽しく見ることのできるドラマでした。

アニメ制作のことも知れるので知識にもなるなと思いました。

その他の感想はここから見れます
男性40代
男性40代

原作漫画のイメージを壊さない3人娘のキャスティングが見事。

特に、カリスマ読モだがアニメーター志望の水崎ツバメを演じる山下美月の再現度の高さは、時に原作以上と感じることがあるほど。

安易にアイドルグループから見繕ったのではない、力の入ったチョイスが素晴らしい。

浅草みどり役の齋藤飛鳥のべらんめえ口調のセリフや仕草は、小動物的な可愛らしさが際立っていて、アニメ版とは異なる方向からの浅草氏の魅力を照らし出すことに成功しています。

金森さやか役の梅澤美波もその長身痩躯と顔立ちで違和感ない演技を見せています。

映像研の顧問役の高嶋政宏の出落ちのインパクトも見どころ。生徒会長役の小西桜子も素直な騙されっ娘を好演。『あさひなぐ』や『ぐらんぶる』など、青春とコメディの程よく融合された漫画原作の実写映画に定評のある監督・脚本の英勉氏が、本作でもその手腕を存分に発揮していて、現実感と笑いがいい塩梅にミックスされた原作漫画の世界を、これまた極め過ぎない、適度に力の抜けた具合に作り出してくれました。

「何が何でも原作世界を寸分たがわず再現してやる!」という作品は往々にして視聴者に鬱陶しさを与えてしまいがちなので、本作はその点でもベストチョイスです。

女性40代
女性40代

まず、主要な出演キャストは役にはまっていたと思いました。

このドラマはアニメも少し見ましたが、特に乃木坂46の齋藤飛鳥さんは女性なのに男っぽい浅草みどりの役によく合っていました。

演技も上手かったと思います。

また、金森さやか役の梅澤美波さんも役の通り、長身で美脚であり、水崎ツバメ役の山下美月さんよりも背が高い梅澤さんを起用していました。

山下さんもモデルという設定なので、体形が良い山下さんが選ばれていました。

ただ、生徒会のメンバーは演技があまり上手くなくて、役にはまっていなかったと思いました。
それから、ストーリーはアニメのようにほぼ忠実に再現され、展開が早かったので、読者を飽きさせないようになっていました。

空中船のような空を飛ぶのもCGが使われていて、実現されていたので良かったです。
作品の見どころは映像研が浅草を初め3人で最初から作られ、部活として認められるように生徒会とも戦い、映画が作られる様子が描かれていることです。
疑問に思ったことは続きが映画でということで、それが有料になってしまうことです。
結末ですが、それも映画でいうことで納得できませんでした。出来れば、ドラマの中で終わって欲しかったです。

男性30代
男性30代

大童澄瞳の原作は未読。湯浅政明監督のアニメ版は見てましたが、監督の作家性と内容が相性バッチリで楽しめました。
で、ドラマ化と聞いて、はじめは大丈夫かなと半信半疑でしたね。
主人公らのイマジネーションを活性化させて夢幻的な演出が必須の内容なので、お金かけてCG使うか、突飛な演出でもしないとひたすら地味なるだろうなあ、と。
しかも映像研究部の主人公三人は乃木坂46のメンバーだというじゃないですか。
アイドルでも演技できる人は確かにいますが、学芸会みたいになってしまっている作品があるのも事実。本作はどちらに転ぶのか。。。
で、実際に見てみて、はじめは齋藤飛鳥の演じる浅草みどりが「可愛すぎるやろ!」と勝手にツッコミを入れたりしていたのですが、これがなかなかクセになる。
見た目の愛らしさとオタクでオッサン染みた内面のバランスが絶妙で、正直彼女のみどりが見たくて毎週見てましたね。
独特の喋り口調もハマってました。
梅澤美波の金森さやかも山下美月の水崎ツバメも、それぞれ良さが出ていて、何より演技がヘタな人が一人もいなかったのは奇跡的だと思います。
しかし外野部VS内野部、下水部VS上水部の対立などは、話の流れを悪くしているので正直いらないかったですね。
それよかもっと映像研の三人を見せろ!という思いで見ていました。
夢幻的なシーンもちゃんとお金を掛けていて、映画並のクオリティでしたよ。
まだ見れていませんが、劇場版も楽しめそうです。

まとめ

様々な部活がある中で自分が作りたいと思って映画研というものを作るのはすごいと思いました。

人が増えるにつれ言い合いも増えそうなのでしっかりとしたまとめ役がいてくれたら安心だと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました