【営業部長 吉良奈津子】の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

営業部長 吉良奈津子 国内ドラマ

営業部長 吉良奈津子(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

Natsuko Kira – Trailer 【Fuji TV Official】

2016年7月21日から9月22日まで、フジテレビにて放送されました。

主演は松嶋菜々子。

結婚、出産を経て3年ぶりに仕事復帰した奈津子は、以前のクリエイティブディレクターのポストではなく、廃部しかけた営業開発部部長として迎えられます。

家族を持ちながら働く女性としての様々な思いや現状が、リアルに描かれたドラマです。

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』を無料で見る

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『営業部長 吉良奈津子』の視聴をする/

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

営業部長 吉良奈津子(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』のあらすじ
第1話『仕事に育児に…周りは敵ばかり。でも私…負けるのが嫌いです』 (視聴率10.2%)

「東邦広告」のクリエイティブディレクターとして活躍していた吉良奈津子。

結婚後、出産、育児でしばらく職場を離れていたが、3年ぶりに仕事を再開することに。

しかし、3年の期間の間に、奈津子のポストは後輩だった啓介に牛耳られており、希望とは反して営業開発部に部長として配属される。

業績も悪く、やる気の見られない部員たちの中で、奈津子は不満を抱えながらも立て直しを図るが…。

第2話『敵は身内!?部長として母としての戦い』 (視聴率7.7%)

奈津子は街を歩いている中、賑わいを見せていた「マイキュート」に目を向け、飛び込みで営業を開始する。

「マイキュート」の宣伝販売責任者・織原サキは、契約条件として「東京コスメフェア」で業界大手の「リナージュ化粧品」より集客率を高くするという難題を奈津子に押し付ける。

一方、「リナージュ化粧品」は啓介担当の得意先である事が発覚し、奈津子は…。

第3話『偽りのキス…崖っぷちの女部長、決意の時』 (視聴率6.8%)

今まで営業一本で会社人生を送ってきた米田は、奈津子のやり方が気に入らない。

川原が契約にこぎつけそうな「パブリックエア」の案件を持ってきたが、米田は奈津子の介入を認めようとしなかった。

しかし、奈津子は「パブリックエア」の宣伝課長の節子による川原に対する恋愛感情が、大きく契約に関係していることを知る。

川原にその気がないと知った節子は、強制わいせつ罪で川原を訴えると言い出して…。

第4話『一発逆転か!?掴んだチャンスと涙の対決』 (視聴率6.4%)

奈津子はあすかから、大学の先輩の「マリーフルーツ」CEOの万里村英輝から会社の宣伝を任されたことを聞く。

「マリーフルーツ」は第二営業部の得意先の「万里村本家」の子会社であることが判明し、米田はその契約に反対するが、奈津子は独立した子会社であるため問題ないと判断し、あすかに任せることにした。

来社した英輝は、宣伝広告を全面的に任せることを約束し、奈津子にビジネスへの協力を依頼する。

第5話『因縁の女との対決!迫るタイムリミット』 (視聴率5.2%)

奈津子と啓介は、斎藤から「オレンジ・ドット」のキャンペーン広告の契約を取りつけて欲しいと依頼される。

これまで「オレンジ・ドット」の広告は、ライバル他社が契約していたが、かつて奈津子が発掘した人気キャスター・太刀川冴子とのトラブルで打ち切りになったとのことだった。

奈津子は早速冴子に会いに行き、「オレンジ・ドット」のCMを一緒に作り直したい旨を伝える。

一方、浩太郎は奈津子に、壮太の世話をベビーシッターに任せ続けることを止めたいと言い出した。

第6話『不倫発覚?嘘をついてまでも守りたいもの』 (視聴率6.7%)

「オレンジ・ドット」のCM出演が決まっていた冴子に、議員の大泉智彦との不倫スキャンダルが発覚。

しかも、大泉との密会時に撮影された写真には、「オレンジ・ドット」のワンピースを着ている冴子の姿が映っており、「不倫ワンピース」と記事に書かれてしまうという最悪の状況になる。

一方、奈津子は、仕事途中に家に寄り、ベビーシッターの深雪と浩太郎が寄り添う姿を目撃してしまう。

第7話『ついに部が消滅!?隠された真相を暴け!』 (視聴率5.9%)

仕事上のトラブルも一段落し、奈津子は家族でピクニックに行くことを提案するが、浩太郎は休日出勤を理由に断る。

奈津子は、深雪から、今後のベビーシッターとしての訪問を断られ、理由は浩太郎にあると聞かされる。

そんな中、奈津子は役員会議室に呼ばれ、営業開発部の廃部を言い渡される。

奈津子は3ヵ月の間に結果を出すことを約束し、廃部を延期して欲しいと訴えるが…。

第8話『すれ違う思い…復活のラストチャンス!』 (視聴率%)

営業開発部の廃部を撤回するために、1ヵ月で30億円の売上の達成を条件にされた奈津子。

条件をクリアするために、あすかの提案で、大手「シティドリンク」との契約を視野に入れた奈津子だったが、既に第二営業部がコンペに参加することになっていると知る。

奈津子は啓介の助けを借りようと試みるが…。

その頃、浩太郎は深雪と浮気したことを周子に打ち明けていた。

第9話『ついに涙の集大成!仲間を守る最終決戦』 (視聴率7.2%)

営業開発部存続を掛けて、「シティドリンク」のコンペを勝ち取ろうと奔走する奈津子たち。

啓介からの情報で、営業開発部を妨害する社内の動きがあることを知った奈津子は、対峙案を皆に伝えて対抗する。

奈津子の呼びかけで、一つになった営業開発部の面々。

そんな矢先、奈津子は突然倒れて意識を失ってしまう…。

最終話『誇りをかけた運命の戦い!ついに決着!』 (視聴率6.9%)

奈津子は浩太郎から深雪とのことを謝罪されるが、今後のことは解決されないまま。

そんな中、いよいよ「シティドリンク」のコンペの日がやって来た。

営業開発部が1か月30億円のノルマを達成しても、営業開発部の廃部が撤回されないかもしれないと不安になった奈津子は、啓介に弱音を吐いてしまう。

啓介からの言葉や、営業開発部員の様子に力をもらった奈津子は、自らを奮い立たせる。

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の登場人物

吉良奈津子 (松嶋菜々子)

高木啓介  (松田龍平)

一条達哉  (DAIGO)

川原義雄  (岡田義徳)

今西朋美  (中村アン)

神崎あすか (足立梨花)

丸尾裕人  (白洲迅)

小山浩太郎 (原田泰造)

坂部深雪  (伊藤歩)

※相関図

(C)フジテレビ

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の主題歌

山下達郎 『CHEER UP! THE SUMMER』

CHEER UP! THE SUMMER 山下達郎

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

タイトル(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の感想
女性20代
女性20代

バリバリのキャリアウーマンだった吉良奈津子が、子供を産んで産休に入り、いざ仕事に復帰してみたら以前のような席が残されておらずについていけなくなります。

同じような思いはしたことがありませんが、同じ経験をしたことがある女性は多いのではと思います。

なので共感できると思いますし、同じく子供を持つ親としてはわかる部分がとても多かったです。

それでも仕事はしっかりとこなして結果を残そうと前向きに頑張っていたり、家事育児にも手を抜かないところは尊敬します。

それでも両立できずに落ち込むシーンは見ていて切なくなってしまいました。

でも子供の可愛さに癒されたり、世の働く全ての女性の励みになるようなドラマだと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

今まで見たことない松嶋菜々子さんを見ることができたドラマでした。

上品で余裕があって、完璧なイメージだったのですが、社会復帰をして窮地に立たされ、走り回っている姿に驚かされました。

様々な困難が立ちはだかっていて、見るのが辛くなるようなシーンもありましたが、営業部の個性豊かな面々と励まし合いながら頑張る様子を見ていると、見ている方が元気になれました。

一緒に働く部署の面々は、ダメダメすぎて最初はどうなることかと思いましたが、段々と変わっていく姿にわくわくさせられました。

こんな上司や仲間と一緒に働けたら楽しいだろうなと感じました。

そしてよかったのが松田龍平さん演じる高木の存在です。

松田さんの存在がストーリーをより奥深いものにしてくれていました。

男性40代
男性40代

タイトルからだけ想像すると、バリバリのキャリアウーマンの話をイメージしていたが、見るとそうではなかったのにびっくりしました。

むしろ家庭やわが子より仕事好きな母親にならないように的な感じの内容のドラマだったように思う。

ドラマを見ているとこの人はいつ家事をして自分のことをしているのか疑問を感じる部分もあるが、非常に女性としての魅力もあり、仕事もバリバリで子供も優秀であり、完璧な女性を演じていた。

松嶋さんの演技の素晴らしさとハマリ役に見せられました。主役の吉良奈津子さんが良かったのは、亭主が普通な感じなんだけど、普通の妻を奈津子に求めたりせず、奈津子に捨てられちゃうってぐらい弱気な感じがあるのが良かったと思う。

仕事バリバリの奈津子に普通の亭主って感じで、それでも二人は一緒にやっていこうとする感じが好きで、ドラマの最後も結構好きな感じでした。

男性40代
男性40代

近年は「家政婦のミタ」のイメージがある松嶋菜々子さんが広告会社で働くキャリアウーマン役を演じた作品で、キャリアウーマンの役が似合っていました。

仕事と家の事を両立させるという点が、主人公の強い意思を感じさせます。
ベビーシッターを頼むと、夫がそのベビーシッターと浮気をするし、仕事先では営業開発部の部長として働きますが、社長が架空請求で売り上げを水増ししていた事が発覚し、その補填を行うために、営業開発部の廃止と会社の身売りを行うとしていて、そんな状況でも奈津子は結果を出していくのですから凄いものです。

まさに、奈津子はスーパーウーマンという感じですが、既婚で子供を育てて仕事をバリバリするというタイプの女性なので、ドラマの主人公としては少々面白みに欠けると思いました。

女性40代
女性40代

松嶋菜々子さんが子育てをしながら働く母を演じています。

子供を持ちながら働く主婦の苦悩やパートナーとの関係がリアルにえがかれています。

最初は応援してくれていた旦那との間もだんだんすきま風が吹いてきてしまい、そこには夫に気があるシッター役まで登場してきてしまいます。

伊藤歩さんのシッターさんの役はとてもすごみがあって、怖かったです。

彼女も彼女なりに事情を抱えていて、奈津子に嫉妬して旦那に近づいたようですが、本気になってしまいます。

救いだったのは旦那が最後は奈津子を裏切らなかったことだと思います。

奈津子は「心が動いただことには違いない」と責めますが、それでも長い人生を考えれば、そこで踏みとどまった旦那さんのことを許しやすいと思いました。

また奈津子は会社の中でも営業部長という責任のある立場で背負うものも多い役です。

部署内にもスパイがいたり、陰謀があったり、敵か味方か分からない同僚もいたりで最後までハラハラしますが最後はうまくまとまったと思います。

女性20代
女性20代

まず思ったのが、声優のお仕事をされている高木渉さんがでてきてびっくりしました。

いつもは名探偵コナンで元太君や高木刑事で聞いている声をやっている人が演じていると思うと面白かったです。

松嶋菜々子さんが営業部長で働く女性という感じでかっこよかったです。

育児休暇後ってこんな感じなんだと思いました。

自分が職場を離れているうちに人や環境が変わってしまうのってなんだか悲しいなと思ってみていました。

浦島太郎感がすごくて、まるでタイムスリップしたかのようにきっと感じてしまうんだろうなと思いました。

特に最近は時代の流れが速くて昨日まで使っていなかったものを急にやってみることになったりする機会が増えたなぁと感じました。

それでも奮闘する吉良部長や仲間たちに見ていて毎回励まされました。

働いているすべての人におすすめのドラマです。

ドラマ『営業部長 吉良奈津子』のまとめ

凛としたキャリアウーマン姿の松嶋菜々子さん演じる吉良奈津子が美しく、見惚れてしまいました。

結婚、出産を経て3年ぶりに仕事復帰した奈津子を待ち構えていた状況に、女性が働く上での不条理さを感じてしまいます。

奈津子のような立ち位置で働く女性たちが、子供を育てていく上での悩み、夫との関係性がリアルに描かれており考えさせられるドラマです。

女性と仕事、共働き夫婦の永遠のテーマを突きつけた内容であり、今の時代だからこそ、是非見て欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました