Drコトー診療所 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

Drコトー診療所 国内ドラマ

Drコトー診療所の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『Drコトー診療所』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

Drコトー診療所(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『Drコトー診療所』のあらすじ
第1話『美しい南の島から、心温まる感動の物語(そこに、人が生きている)』(19.6%)

船酔いをしている医師に名前を聞く少年は、うまく聞き取れずコトーだと認識した。
志木那島に着いた船から待ち焦がれていた医師・五島(島人からコトーと呼ばれる)が到着した。
喜ぶ役場の正一と期待していない漁師の原や島人。
到着早々死亡診断書を書かされた。
がっかりしたかと島人の看護師・彩佳に言われたが、事務員の和田と共に患者を受け入れる準備をした。
原の息子が急性虫垂炎で運ばれて来る。
すぐ手術が必要だったが、原は信用ならないとコトーには頼まず6時間かかる本土の病院へ連れて行こうとする。
このままでは危ないと感じたコトーは彩佳、和田と共に原の船に乗る。
原と口論になりながらも手術を船上で行い息子の命は助かった。

第2話『故郷で暮らす母へ』(18.1%)

コトーは早く島人に認めてもらうために彩佳から島人の話を聞く。
そこで島に来たときから気になっていた産婆の長老の目を診に診療所へ来ないかと誘う。
病院を信用していない長老は来ることはない。
しかし、息子に連れられて診療所へやって来た時、腹部大動脈瘤を起こしていて緊急手術が必要になっていた。
本土の病院へ行くことを進めたが、頑なに拒否したので、島で手術をすることになった。
手術は無事成功した。

第3話『赤ちゃんを助けて』(16.1%)

原の息子と長老を助けたことで、島人のコトーに対する見方が変わり始めていた。
長老が病院を抜け出し、妊婦を診察しに行っていた。
後を追う彩佳とコトーはその妊婦に浮腫があることに気づく。
一度診療所に来てほしいと告げるが、その前に義両親のお世話に行って倒れてしまう。
妊婦は妊娠中毒症による子癇発作を起こしていた。
すぐに手術の必要があったが、診療所には早産の設備はなく、本土の病院に受け入れてもらえるように電話をしていたが病状が悪化してしまっていた。
母体を助けてと言う義母と孫を助けてという義父、妊婦はこの島で赤ちゃんを産みたいと言う。
コトーはみんなの意見を聞き入れ、母子共に助けることを決意し診療所で手術を成功させた。

第4話『病気を診るな、人を診ろ』(17.7%)

突然東京から女の医師が現れ、面白くない彩佳。
島には代議士が来て島人から歓迎されていた。
秘書は島の出身で、母親に代議士を会わせようとしたが、早く帰りたい代議士は疎かに秘書の母親を扱った。
秘書の母親が材木にぶつかり転んで足を怪我した。
大丈夫かと心配する秘書に大丈夫だから早く行きなさいと告げる母親。
代議士は島人に巨大なゴミ処理場を建てる計画を話すが、反対され激怒する。
そして秘書に島人を納得させられる文を考えるように命じたが、秘書は転んだ母親が気になり仕事に身が入らなかった。
翌日母親を見に行った秘書は、母親の足が丸太のように腫れているのに驚き診療所へ運んだ。
足を見た東京の女医師は切断するべきだとコトーに告げるが、コトーはこの島で暮らしていくには足は必要と、温存で手術を成功させた。

第5話『手術で治せない病』(19.4%)

秘書のいなくなったことに激怒して秘書を首にしようとしていた代議士は、島人にゴミ処理場建設の話をしている最中に倒れた。
大事を取って一週間の入院を告げられた代議士は、娘の東京の女医師にも説得され、渋々診療所に入院した。
秘書の母親は息子がお世話になっている人だからと、自分の危険を顧みずにお札をもらいに行き、足を切断直前まで悪化させてしまう。
そうまでして手に入れてくれたお札を、代議士はまだ受け入れられずにいた。
島人やコトーの優しさに触れた代議士はゴミ処理場の話を白紙に戻して、娘の女医師と東京に帰っていった。

第6話『愛するわが子へ』(17.2%)

コトーと彩佳が往診中に長老から助けてくれと言われ行ってみると、島人ではない少年がいた。
少年は西山茉莉子は知っているかとしか話さない。
彩佳から少年の話を聞いた茉莉子は少年が自分の息子だと気づいたが、東京に帰してほしいと頼む。
それを聞いてしまった少年はコトーにしばらく島にいればいいと告げる。
茉莉子と少年の関係を心配した原は、夕食を一緒に食べようと誘う。
原の息子と遊んでいた少年は島人の子どもにからかわれて一人でどこかへ行ってしまう。
原の息子は原に怒られ、少年をコトーと共に探しに行くが、崖下に落ちてしまう。
原の息子は軽傷だったが、コトーと少年は辛そうだった。
自分も怪我をしているのにも関わらず少年の応急処置をするコトー。
帰りが遅いことを気にした原や島人が探しに来てくれ、3人は無事救出され、少年は診療所で治療を受け元気になった。

第7話『巣立ち』(15.6%)

しばらく島にいるという少年に喜ぶ茉莉子。
同じ頃、漁師が東京へ行っていた娘が帰ってくると喜んで迎えに行っていた。
しかし、娘を見た漁師は娘が妊娠をしているをしていることにショックでコトーにおろすように告げる。
もう臨月になっているために不可能だと告げられると手をつけられないくらいに暴れた。
漁師の娘の同級生の彩佳は漁師にきちんと話すように諭し、お腹の子どもの父親について話した。
どうしても認められない漁師は家を出ていってしまうが、娘は陣痛が来てしまう。
無事出産をし、漁師は娘食べさせるために魚を捕ってきていた。
島で暮らしたいと言う娘を了承した漁師だったが、娘の彼氏が現れ、娘と孫を連れて行かれてしまい、寂しくなっていた。

第8話『救えない命』(20.2%)

島に突然女性医師がコトーに会いにやってくる。
彼女は元同僚のコトーに海外赴任の相談に来たのだが、コトーにも答えを出すことは出来なかった。
島で具合が悪いと言う患者を診たコトーは、彼がガンであることを見つける。
そして、島でコトーに執刀してほしいと言う彼の要望に答えようと同僚医師にも手伝ってもらおうとするが、彼女はコトー負担や島の医療に対して反対した。
反対を押しきって手術を行うコトーだったが、すでにガンは転移をしていて、手の施しようがなかった。
ガン患者は島人に見守られながら、亡くなった。
自分の不甲斐なさを悔いるコトーに、ガン患者の息子たちは感謝を口にした。
同僚医師は、患者と仲良くなり特別な感情を抱いてしまった医師は苦しいと感じていたが、島人と触れあって幸せな医師になっていることに気づいて帰っていった。

第9話『暴かれた過去』(19.9%)

島に週刊記者だと言う男がコトーの話を聞きにやって来た。
そして、コトーはお金持ちの患者を救うために女子高生を見殺しにした事が載っている記事を見せて来た。
正一にコトーを島に呼んだ責任者としての説明を求める記者に立ちはだかる島の子供たち。
雨が降って来たので車に乗り込むと土砂崩れが発生して車が埋まってしまった。
島人に記事は真実であると話していたコトーは土砂崩れが起きて車が埋まっていることを知り、島人と救助に向かう。
車から助けた子供と記者の治療をしようと診療所へと向かい、傘の刺さった子供の治療をしようとしたが、記者の怪我の方が重症だと判断したコトー。
記者は脳を損傷していたため、記者を手術して助けてから傘が刺さった子供を無事助けた。

第10話『この島を出て行け』(21.5%)

傘の刺さった子供の手術は成功したが、コトーを悪く言う記者を先に助けたことに納得がいかない子供の父親。
そして、島から出ていってほしいと言われてしまう。
記者は退院の日なぜ助けたのかとコトーに問う。
コトーは医者は命を助けるのは当然だからだと言う。
ならなぜ妹を助けてくれなかったのかとコトーを責める記者。
記事にあった女子高生は記者の妹だったのだ。
コトーはあの記事の日、急患で運ばれた二人を診る医師は研修医しかおらず、仮眠していたコトーが向かった時には二人とも手術が必要であり、女子高生を研修医に任せたが放置されていたことを話した。
医師には大勢の内の一人の命でも、家族にはたった一人の命なのだと叫ぶ記者。
コトーはこの事がきっかけで島にきて、一人一人と向き合いたいと思っていることを告げた。
それでも責め続ける記者の話を黙って聞くコトー。
コトーは東京での手術をするために島を出ていった。
しかし、退職届を置いて出ていってしまったので、彩佳や和田は落ち込み、正一は自分の責任だと責めた。

第11話『新たな旅立ち』(22.3%)

コトーは東京の病院で手術をしに行くが、その手術は大変なもので、誰もしたがらない手術であった。
コトーが東京へ行ってしまった責任を感じていた正一が吐血した。
東京の手術は無事成功したが、手柄を他の人に奪われそうになったところであの時の研修医がコトーが執刀したことをマスコミに話した。
研修医はコトーにあの時のことを謝り和解していた。
東京には原親子がコトーに島に戻るよう説得に来ていた。
そして、島に戻ったコトーは正一の治療にあたり、再び島で働くのであった。

『Drコトー診療所』の登場人物
五島健助 (吉岡秀隆)
星野彩佳 (柴咲コウ)
和田一範 (筧利夫)
星野正一 (小林薫)
原剛利 (時任三郎)
西山茉莉子 (大塚寧々)
『Drコトー診療所』の主題歌

中島みゆき『銀の龍の背に乗って』

銀の龍の背に乗って – 中島みゆき(フル)
クーさん
クーさん

『Drコトー診療所』はこんな方におすすめです。

・医療ドラマが好きな人
・心が温まりたい人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『Drコトー診療所』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『Drコトー診療所』のまとめ
今作は山田貴敏の同名漫画が原作となっております。
ロケ地には与那国島が使われており、美しい海や景色が見られます。
離島の過酷な医療状況を題材としていて考えるきっかけにもなりますし、コトーの人柄や島の人々に癒される作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました