Drコトー診療所2006の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)で視聴する方法

Drコトー診療所2006 国内ドラマ

Drコトー診療所2006(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『Drコトー診療所2006』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『Drコトー診療所2006』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

Dr.コトー診療所  吉岡秀隆

今作は山田貴敏同名漫画が原作となっており、『Drコトー診療所』の続編です。

ドラマ『Drコトー診療所2006』を無料で見る

ドラマ『Drコトー診療所2006』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『Drコトー診療所2006』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

Drコトー診療所2006(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『Drコトー診療所2006』のあらすじ
第1話『二人の約束』(23.2%)

原の息子が東京の私立中学に受かったとコトーに知らせに来た。

島人がお祝いする中、父親の原は息子の学費を稼ぐため島を離れていた。

その頃彩佳も東京で診察をしていた。

彩佳の後任の看護師・ミナは手際が悪く周りがフォローしながら行っていたが、彩佳は無責任だと感じていた。

彩佳の主治医からの電話を受けたコトーは、彩佳が乳ガンだと聞いてショックだった。

第2話『最後の言葉』(21.5%)

彩佳の病気に関する資料を手にしていたコトーは島で治療して彩佳の役に立ちたいと思ってた。

ミナの仕事ぶりは相変わらずで彩佳は小言を言ってしまうくらいだった。

島でとても偏屈なおじいさんの家が家事に遇い全焼してしまった。

診療所で治療をして一命はとりとめたが全焼にショックで食事も取らず塞ぎ込んでいた。

そして診療所で自殺をしようとしていたところをみんなで励まし止めた。

彩佳は診療所で自分の治療はしないことをコトーに話した。

第3話『秘密の贈り物』(21.6%)

彩佳の治療が東京で始まったが、正一に隠したままだったので、コトーは複雑な思いをしていた。

ミナは浜で喘息のために島へ来た少女と出会う。

少女は喘息は治ったのだが島に馴染めず、両親の喧嘩が絶えないことに悩んでいた。

ミナは少女に誘われて秘密の場所へ行ったが、そこで少女は鼻血を出し、家に帰ると大量の出血をして診療所に運ばれて来る。

入院して安静にしていれば治ると言うコトーに対して、ミナが悪いのだと言う母親。

そのことは島中に広がった。

診療所から抜け出した少女は海岸の岩場で足を滑らせてしまい、腹の内出血の手術が行われた。

必死に手伝うミナに、コトーは少女の母親から輸血をしてくるように伝える。

ミナのせいで少女が病気になったのではないと知らせたかったのだ。

少女は無事治り、母親もミナに感謝した。

第4話『父のあやまち』(22.3%)

息子の学費が中々思うようにいかない原は、島の後輩から株の話を聞かされる。

寝不足から来る不注意で原は事故の補償金を払わないといけなくなっていた。

息子は東京の学校のレベルの高さに圧倒されていた。

島では祭りの準備が行われていたが、正一は曖昧な返事をしていた。

2年前の祭りの日に妻が倒れていたことを悔いているのだ。

正一は妻に誘われ港へ行き、結婚記念のお祝いをした。

原は後輩の会社が詐欺で逮捕ことを知り呆然とした。

原は息子の学費を預けてしまっていたからだ。

第5話『荒海に漂う命』(21.9%)

原の息子が夏休みで島に帰って来た。

そして、コトーにだけ、学校が大変だけど父親のために頑張るのだと話していた。

一緒に帰ってくるはずだった原がいなく、心配した島人は事故のことを知り、心配する。

島の子供たちが原の息子と船に乗っていて流され、怪我人も出ていた。

原は子供たちを手際よく助けた。

そして原はコトーに、事故のこと、借金のことを話したが息子は聞いていた。

息子は一緒に島へ帰ろうと言い、涙を流した原だったが、翌日先に島を出ていった。

第6話『息子への誓い』(19.1%)

正一は原に息子を奨学生にしたらと提案する。

漁師たちも原を心配していた。

原は島に帰りもう一度海で働かせてほしいと頼む。

第7話『命の期限』(21.1%)

彩佳から抗がん剤の副作用で髪が抜け、きつくなっていると聞かされたコトーは何もできない歯がゆさを感じていた。

自分がガンだと知ってショックを受けた女性が、島で生まれた赤ちゃんを抱っこしていた。

そしてコトーに薬物治療を進められた。

第8話『幸福への決断』(21.8%)

ガンの女性は島で抗がん剤治療を始めた。

治療がお休みの間は家に帰り家事などをするが、子供といられる時間がいとおしいと話す。

抗がん剤治療の成果が表れ手術をしようと開いてみるとガンが消えていた。

医学では考えられない話でコトーは女性に余命宣告をしたことを謝る。

女性はコトーが励ましてくれたから頑張って治療してこられたのだと感謝した。

第9話『愛を乞う者』(22.0%)

島にミナの夫と名乗る男がやって来た。

そして、ミナはコトーに暴力を振るわれていたため離婚届を置いて島に来たことを話した。

ミナは離婚してもいいと言う男の誘いに乗って会いに行き殺されそうになる。

助けてくれた和田は男の様子がおかしいことに気づき、コトーを呼ぶ。

コトーのお陰で一命を取りとめた男は、ミナにもう一度やり直したいと話す。

ミナは自分を解放してと告げ、和田も自分が愛した人から傷つけられる気持ちを考えるようにと告げた。

コトーも男に島を出ていくように話し、ミナが助けてくれた命で今度は自分の心の病を治してほしいと伝えた。

第10話『失われた信頼』(23.0%)

彩佳から手術の日程が決まったと手紙が来て、正一に自分の病気のことを書いた手紙を渡してほしいと頼んだ。

主治医から手術の後遺症で腕が上がらなくなるかもしれないと聞かされもう看護師として働けないのかと悩んでいた。

そばについていてやりたいコトーですが、彩佳からは島にいてみんなを診るように言われれしまいます。

しかし、彩佳の両親をはじめ島人はコトーに彩佳の側にいるように伝えます。

コトーは原の船で東京へ行き、彩佳の手術を自分がすることを宣言した。

第11話『逃げられぬ、医師の宿命』(25.9%)

彩佳の手術をすることを主治医に話したコトーは、主治医が自分の妻の手術をして寝たきりになり、コトーに彩佳への特別な思いがあるなら、こうなるかもしれないということも頭に入れておいてほしいと訴えた。

手術中、思わぬ出血に取り乱してしまったコトーだったが、無事に手術は成功した。

コトーは医師とは、島の医師とはなんなのかを問いかけながら、今日も島での診察を続けて行く。

ドラマ『Drコトー診療所2006』の登場人物

五島健助 (吉岡秀隆)

星野彩佳 (柴咲コウ)

和田一範 (筧利夫)

仲依ミナ (蒼井優)

星野正一 (小林薫)

原剛利  (時任三郎)

ドラマ『Drコトー診療所2006』の主題歌

中島みゆき『銀の龍の背に乗って』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

Drコトー診療所2006(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『Drコトー診療所2006』の感想
女性20代
女性20代

看護師の蒼井優の演技が素晴らしいと思った。

見どころたっぷりです。

彼女の実力と言えばそれまでだが素晴らしい演技をしていたと思った。

診療所のセットの作り込みは素晴らしいと思う。

剛洋とひなちゃんの学年設定がピンとこない感じかな、医師として、それから人としてを考えるドラマかなとも思った。

成海先生やら先人の医師の石碑、恩師の言葉、同じ道を歩む三上先生や剛洋などキャストが素晴らしいと思う。

怖さ、悲しさ、苦悩を医師として真摯に島民と向き合う活動的なコトー先生の生き様は素晴らしいとただただ感動した。

悲しい出来事も多かったが最後はハッピーエンドって感じがしたのでよかったと思う。

泉谷しげるさんの演技は素晴らしいし、このドラマでいい味出していると思った。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

島を取り巻く美しい風景、心に入り込んでくる素晴らしいBGM、時に支え絆を深めていく島民達の姿、これら全てがこの作品の最大の魅力でもあります。

離島医療を題材にした、人と人との本当の繋がりを描く心温まるストーリーが、吉岡秀隆さんという稀有な存在の主演で具現化され、近来稀にみる名作でもあります。

こんな医師が本当に居れば、絶対に嬉しいのにといったコトー先生のキャラクターは、どなたでも好きになるはずです。

あと、それまで何度も期待を裏切られ、心を閉ざしていた彩佳が次第に心を開き淡い恋心から信頼、尊敬していくところも見所でもあります。

涙あり、笑いありでこのドラマを観ているとはっとさせられる事がたくさんあるはずです。

男性50代
男性50代

一作目から時間が経って成長した島の子供達や、東京の中学に行った子などが、続編の見どころです。

相変わらずの離島のゆっくり流れる時間の中でも、新しく島に来た人、中学の学費に悩む親など少しずつ変化していく生活。

コトーは変わらない感じですが、さちおじと言う変わり者の登場が印象的でした。

奥さんを亡くして一人暮らしで、火災が起きて命は助かりましたが、長い年月の思い出が消えてなくなってしまった落胆。

歳をとってからの思い出は、若い時には感じられなかった愛着、執着が生まれてくるように思います。

島で妻が癌と闘う姿、娘が癌と闘っている事を知らない村長、かけがえのない想い、このドラマの根幹の島と言う閉鎖された環境の中で、人として自由に可能性を抱いて暮らしていくか?少ない島民同士が、助け合い認め合いながら暮らせるか?と言う問題を一作目よりも、親子、島民、家族の絆が強く感じられるシーンが多かったように思います。

女性40代
女性40代

シーズン1から3年後を描いたもので、コトー先生は相変わらず島で懸命に働いていましたが、周りの島民は様々な状況が変わっていました。

彩佳は東京の学校に通いながら実は乳がんの治療をしていて、彩佳の代わりにミナという新しい看護師が派遣。

剛洋は東京に私立中学に進学し、剛洋の学費を稼ぐため漁師を辞めた剛利。

特に演技が光っていたのはミナを演じた蒼井優さん。

不器用で点滴の経験もなかったため危なっかしくもみんなに見守られて成長していく姿が初々しかったです。

また、剛洋が私立学校に進学して出稼ぎをしていた先で投資詐欺に遭って全財産を失ってしまった剛利を思い、漁協のみんなが剛利の船を買い戻したところには感動しました。

女性40代
女性40代

前作から引き続いて、同じ島が舞台になっている所が良かったです。主要メンバーの柴咲コウさんが蒼井優さんに変更されて変化を持たせた所も良かったです。

柴咲さんは病気を患ってしまうというお話でしたが、全体のストーリとマッチしていて良かったです。
前作から時間が経っている設定なので、後藤先生と島の方たちとの結びつきが強くなっているという、役者さんたちの演技力も見ごたえがありました。

特に島民設定で出演された方たちは、1話の段階から違和感なく地元民を演じられていたので、自然体で視聴する事が出来ます。
物語が島に赴任されて来た、たった1人の医師の話で、へき地での診療の難しさという現実につながる部分での問題を提起してくれているドラマだと感じました。
毎回、海と空の青さ、自然の美しさは、ストーリーとは別に見ごたえがありました。

女性20代
女性20代

原 剛利さんと剛洋くんの親子愛はとても印象に残っています。金銭面で大変なのに、漁師という生きがいを捨ててまで息子の夢を叶えさせてあげたいとという父親心にとても感動しました。

また、剛洋くんとの会話のシーンでは、不器用で肝心なことは話さないながらも息子を想う気持ちが溢れている父親の姿を時任三郎さんが上手く演じているところは今でも印象深いシーンの一つです。

また、剛利さんとシゲさんのやりとりも印象に残っているシーンです。

シゲさんは厳しい言葉を剛利さんに投げながらも、誰よりも剛利さんの本心に気づいているのではないかと思わせる表情や目線のやりとりには感銘を受けました。

シゲさんの口の悪さと仲間を思いやる心の暖かさのギャップに心を奪われた視聴者は多かったのではないかと思います。私もその一人です。

女性30代
女性30代

Drコトー診療所は原作を読んでいたので、連続ドラマ化されたのを知り、放送開始から全部視聴してきました。

架空の島では医師不足、という深刻な問題を抱えており、主人公が診療所を開設する、そして患者を見捨てることなく最後まで寄り添う姿は憧れましたし、心の中に響きました。多少原作と異なる点がありましたが、最終回まで見ると感動して涙が出ました。

ドラマ自体の放送が終わってしまっても人を思いやる大切さを学べたのでいい作品に巡り会えたことに感謝しています。

このドラマを切っ掛けに私も医者になりたい、と願うようになってからは医学部合格まで諦めることなく勉強を続けていきたいです。

感動するドラマを提供してくださり、ありがとうございました。

男性40代
男性40代

Drコトー診療所の第二期です。東京の大学病院の元外科医の五島健助の話です。

彩佳の手術やミナの登場などで錯乱状態でした。彩佳の手術は無事成功します。とりあず一安心。

展開は暗いですね。

タケヒロの進学問題やあやかの手術、ミナのDVなどいろいろな問題を抱えています。

やっぱりこのドラマは名作です。

前作通りコトーらしさを感じられる作品です。

何回も見たくなりますね。

でも全体的に雰囲気が彩佳の乳がんの手術で重たくなっていて、明るさは感じられなかったです。

タケヒロの入学式は泣けまた。

本当にいいシーンです。

お父さんも資金調達が大変で島中から借金してましたし。

タケヒロもお父さんのような立派な大人になりますね。

鳴海先生は結局いい人そうで安心しました。

コトー先生の手術のシーンは緊張しました。

医者って大変なんだと痛感させられるドラマでした。

女性40代
女性40代

「コードブルー」と並んで人気の医療系ドラマですね。離島医療に奮闘するコトーは、やはりすごいの一言です。

困っても人手も、薬や設備も足りず、力及ばないことがあれば、原因究明や感謝の前に、まず責められてしまう。

やるせなさが募る環境の中、本当によく頑張っています。

患者に寄り添っているつもりでも、島の人たちはなかなか心を開いてくれないですね。

そういう気質なのでしょうね。

何かあれば、都会と比べて、単位の小さい島はすぐ切り捨てられてしまうという意識があるのかもしれません。

コトーのような善意の人がくじけないようにしていかないといけませんね。

医師も技術を磨きにくい地方の医療には手をあまり上げないと聞きます。改善が必要ですね。

ドラマ『Drコトー診療所2006』のまとめ

今作でも島の美しい海と景色が堪能できます。
コトーと島人の温かい家族のような暮らしに癒されながら、コトーの起こす奇跡に感動してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました