ダウントン アビーの無料動画配信をフル視聴

ダウントン・アビー 洋画

ダウントン・アビーの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『ダウントン・アビー』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『ダウントン・アビー』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『ダウントン・アビー』約10分でおさらいできる特別映像

全世界で絶賛されたドラマ『ダウントン・アビー』が、劇場版として帰ってきました。

イギリス・アメリカ合衆国合作で制作された、今作品はファン待望のドラマの続編です。

気品ある貴族の世界を、華やかに、そして迫力のある映像でスクリーン全体に繰り広げます。

さあ、19世紀英国の旅へ出発です!

補足

今作品はドラマの続編になりますので、物語の背景を少しだけ解説していきます。

舞台は19世紀、英国の貴族 クローリー家 の大邸宅 ダウントン・アビーです。

大邸宅の伯爵家族と使用人、そして、そこを訪れる人々を巻き込んで、愛憎が渦巻く群像劇が繰り広げられます。

幸福の後には、不幸が…という展開を、当時の戒律と共に描かれるこの物語。

この世界をより理解していただくために、10分で雰囲気の感じることが出来る映像をご紹介しましょう。

又、初めて見る方にもこちらをご覧になってからのご鑑賞をおススメいたします。

『ダウントン・アビー』を無料で見る

映画『ダウントン・アビー』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ダウントン・アビー』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ダウントン・アビー(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ダウントン・アビー』のあらすじ

・英国国王夫妻の訪問

1972年、ダウントン・アビーにバッキンガム宮殿から報せが届きます。

その内容は、イギリス国王ジョージ5世とメアリー王妃夫妻が訪れるというものでした。

それから、ダウントン・アビーでは晩餐会やパレードの準備に追われることになり、大騒動となっていきます。

しかし、王妃の側近には相続で揉めていた従妹がいる事がわかり、先代伯爵夫人は不安を隠せません。

なぜなら、いまだに相続の問題は解決していないからです。

更に後日、事前調査として訪れた王室執事たちの高慢な態度に、ダウントン・アビーの使用人たちは不満を募らせていくのです。

そんな状況を目の当たりにした、伯爵長女は引退した執事の元を訪ねます。

・元執事チャールズ・カーソン

彼女は今回の訪問で現執事では、この混乱した状況を乗り切れないと考え、ダウントン・アビーの使用人を永年束ねていた元執事チャールズ・カーソンに相談し、一時的に復帰してもらいます。

当初は不満を示した現執事だったが了承し、使用人たちと共に訪問に備えるのです。

・パレード~舞踏会、そして結末

パレードが始まり、ある異変に気付いたダウントン・アビーの人間により、アイルランド独立派からの国王暗殺は防がれ無事にパレードは終わります。

そして、使用人一丸となって王室使用人から、国王たちのもてなしを引き継ぎ、しっかりお勤めを果たしたのです。

その裏では、相続の行く末も和解の道が見えてきます。

翌日、ダウントン・アビーを去る国王たちを見送り、クローリー家の人々はそろって舞踏会に参加します。

華やかな雰囲気で行われる舞踏会の最中、そこで伯爵夫人は長女に自分の死期が近いことを話し、ダウントン・アビーの未来を託すのです。

すべてが落ち着き、チャールズ・カーソンは家政婦長の妻と勝手口ではなく、正面口から帰路へつきながら、クローリー家により、この先もダウントン・アビーが続くであろうと語り微笑むのです。

『ダウントン・アビー』のネタバレ

・先代伯爵夫人のバイオレット

1972年のある日、英国の貴族 クローリー家の当主ロバートとコーラのグランサム伯爵夫妻に、バッキンガム宮殿より国王夫妻訪問の報せが舞い込みます。

突然の報せに驚く夫妻だが、それ以上に動揺していたのは、女帝と言われこのダウントン・アビーで絶対的権利を持つ、先代伯爵夫人のバイオレットだった。

・伯爵の従妹 モード・バグショー

バイオレットは、王妃の女官としてやってくる伯爵の従妹であるモード・バグショーと遺産相続の件が解決しておらず疎遠となっていたので、不安を募らせていたのです。

それは、今回の訪問の機会に、再び話が持ち上がるのが目に見えているからです。

そんな中、国王訪問の話は村中に知れ渡り、ダウントン・アビーの面々も高揚しているのでした。

・王室使用人との対立

後日、事前調査として王室より執事と使用人たちがダウントン・アビーを訪れ、国王訪問の際の給仕などは全てこちらが取り計らうと告げるのです。

その高慢な態度に、ダウントン・アビーの使用人たちは、不満を見せ混乱した状況になっていきます。

・伯爵の長女メアリー

その様子を伺う伯爵の長女メアリーは、今回の全てを取り仕切っており、このまとまりのない状況を打破する為に、引退していた元執事のチャールズ・カーソンに協力を求めるのです。

しかし、現執事のトーマス・バロは不服を申し立てますが、以前から彼に不満を持っていたメアリーにそれを拒まれ、彼はやむを得ず受け入れるのでした。

まだ、王室使用人との関係は修復されませんが、ダウントン・アビーではパレードに向けて準備していると、パレードの警備確認の為にチェトウッド少佐が訪れるのです。

・チェトウッド少佐とトム・ブランソン

亡くなった伯爵の三女の夫であった、トム・ブランソンはパブでチェトウッド少佐と出会いますが、アイルランド出身のトムは彼の目的に疑惑を持ち、警戒するのです。

翌日、国王夫妻がダウントン・アビーに到着すると、トムは馬上から国王を狙うチェトウッド少佐に気づき取り押さえます。

チェトウッド少佐は、アイルランド独立派の暗殺者だったのです。

国王の命を救ったトムは、事情聴取を終えダウントン・アビーに戻ると庭で悲しそうな様子の女性に声をかけ、彼女が王女だと知らずに元気づけるのです。

・使用人同士の争いの決着と相続の行方

使用人同士の諍いは続いていましたが、王室使用人の不正をダウントン・アビーの人間が目撃したことをきっかけに、動きを見せます。

偽の電話で帰国させ、王室執事を監禁するなど多彩な手段を用いて、ダウントン・アビーの使用人は、国王歓迎の晩餐を取り仕切るのです。

そして、華やかな歓迎の晩餐は終わり、翌朝国王夫妻はダウントン・アビーを後にします。

その夜、王女の嫁ぎ先であるヘアウッド家で舞踏会が催され、クローリー家の人々も揃って参加しています。

そんな中、モードの遺産が侍女に相続される事にバイオレットは憤慨しますが、その侍女ルーシーが彼女の隠し子と知り納得するのです。

その頃、恋に落ちたルーシーとトムは二人だけの舞踏会をテラスで楽しむのでした。

・結末

一方、ダウントン・アビーの維持について疑問と不安を抱いていた長女メアリーは、バイオレットから密かに死期が近づいていることを告げられるのです。

そして、ダウントン・アビーの未来を託され、伝統を守る事をメアリーは決意します。

その頃ダウントン・アビーでは、チャールズ・カーソンが妻の家政婦長を連れ正面口から帰路につこうとしているのです。

彼女の手を握り、彼はダウントン・アビーが、次の百年もクローリー家と共に在り続けると語り、微笑みかけるのでした。

『ダウントン・アビー』の登場人物

バイオレット・クローリー(先代伯爵夫人)  マギー・スミス  声優 一城みゆ希

メアリー・タルボット(伯爵長女)  ミシェル・ドッカリー  声優 甲斐田裕子

ロバート・クローリー(グランサム伯爵)  ヒュー・ボネヴィル  声優 玉野井直樹

コーラ・クローリー(伯爵夫人)  エリザベス・マクガヴァン  声優 片貝薫

トム・ブランソン(伯爵三女の夫)  アレン・リーチ   声優 星野健一

チャールズ・カーソン(前執事)  ジム・カーター  声優 中村浩太郎

トーマス・バロー(現執事)  ロブ・ジェームズ=コリアー  声優 三上哲

王 ジョージ5世  サイモン・ジョーンズ  声優 魚建

メアリー王妃  ジェラルディン・ジェームズ  声優 伊沢磨紀

メアリー王女  ケイト・フィリップス  声優 清水はる香

レディ・モード・バグショー(王妃の女官、伯爵の従妹)

イメルダ・スタウントン   声優 小宮和枝

ルーシー・スミス(モード・バグショーの侍女)  タペンス・ミドルトン  声優 藤田曜子

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』レビュー

・ドラマ版を見ていないと登場人物が多くてわからない。

・相変わらず素敵な世界観で、とてもよかった!

・鑑賞のハードルは高いけど、見た時の圧倒的多幸感がハンパない。

・興味のある人は、10分まとめだけ見て映画館来ても問題ない!

・世界観が美しく、煌びやかだった。

・何も知らず観たが、2時間飽きない傑作で最後の舞踏会は圧巻。

・TVシリーズのファンには、たまらない最高のフィナーレでした。

クーさん
クーさん

『ダウントン・アビー』はこんな方におすすめです。

・TVシリーズの大ファンの方。

・19世紀の雰囲気が好きな方。

・英国ドラマの好きな方。

・美しい高貴な貴族世界が好きな方。

・何も知らない方。

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ダウントン・アビー』の感想
女性50代
女性50代

1927年、ダウントンアビーにイギリス国王ジョージ5世とメアリー王妃が訪問されることになり、トーマスが執事では心もとないと長女メアリーは隠退していた前執事のカーソンさんを呼び戻します。
メアリー王妃の侍女をしているモードは、グランサム伯爵の母バイオレットおばあさまの従妹で、財産相続問題で敵対しているとか、グランサム伯爵の3女シヴィルの夫でアイルランド人のトムにはアイルランド人チェトウッド少佐という人物が接触し、あとで問題が起きるということに。
召使いたちの方でも、国王夫妻のご訪問で王家のお抱えのシェフらが乗り込んできてダウントンアビーの召使いたちと対立するわけです。
シーズン5で終了後のレギュラーたちがほぼ勢ぞろいして、その後日談的に作られた映画ですが、再婚したメアリー夫妻の代にそろそろ変わるということか、バイオレットおばあさまがメアリーに不治の病で余命いくばくもないことを告白するところが哀しいですが、下僕のモールズリーさんが国王ご夫妻の前で失態を演じるのが笑えます。

その他の感想はここから見れます
女性50代
女性50代

まず初めにイギリスの貴族たちの物語であるということから何だか堅苦しいイメージを持ちつつも視聴し始めました。
19世紀の貴族の生活や風習、または身分などの描写がとても複雑であったにもかかわらず私のような初心者にも理解できるようなタッチで表現されていてとても楽しく見ることができました。
普段はお高く、ともすれば傲慢な態度を取っている貴族達、しかしそんな彼らにも日常の取るに足らない悩みがあったり、色恋沙汰はもちろんゴシップなども時には面白おかしく描かれていてクスッと笑ったりもできるものでした。
そして貴族達に仕える男女の給仕たちの間にも同じようなトラブルや恋物語があったりで身分の差こそあれ人間って一枚ベールを剥がすとみんなおんなじなんだなと思いました。

そしてそのような面白おかしい話や悲劇の話などを支えているのがしっかりとした時代背景やリアルな装飾品や建物、インフラなどとてもリアルに描かれているところじゃないかなと思いました。

細部まで精緻にその時代を表現されていて視聴後は満足感でいっぱいでした。

女性40代
女性40代

映画「ダウントンアビー」は、国王がダウントンに視察にいらっしゃるという知らせから始まります。
クローリー家の面々、執事のバローを始めとする使用人もこの名誉にすっかり舞い上がりますが、やはりスムーズに事は運びません。
バイオレットの宿敵(親戚ですが)が国王側で同行しており女同士のバトルがあったり、若手の使用人だけでは不安だということで、既に勇退していたカーソンが戻ってきたり、国王側の使用人に職場を乗っ取られそうになったり、2時間の中にドラマがたくさん詰まっていました。
ドラマシリーズを見ていた観客は、メアリーやイーディス、トムのその後が知れて、ほっとする場面も多かったと思います。
勿論ドラマシリーズを見ている方が楽しめるとは思いますが、ダウントンアビーの世界が初めてであっても楽しめる作品です。
大きな画面で英国貴族の生活を覗き見できるのは、ドラマより優れているかもしれません。
館は勿論インテリアも素敵ですし、食器は「どこのブランド?」なんて考えながら見てしまいます。
ダウントンアビーの遠景から迫ってくる摂り方は、ドラマと同じでも迫力がありました。

女性40代
女性40代

ダウントンアビーのドラマは私はシーズン3くらいまでしかみていなかったのですが、今回の映画は、登場人物の相関関係は大筋で把握していたのですんなりと楽しめました。

ただ、映画だけ初めて見た人には、話のテンポが速いかもしれません。

それぞれの登場人物のこれまでのエピソードを知ったうえでみると、とても楽しめます。

あくの強いキャラクターも、丸くなったなあと成長を楽しめたりします。

メアリーは相変わらず、強くて決断力のある女性です。夫婦なかもうまくいっていて、第二子にもめぐまれて、美しさとともに貫禄が感じられました。

妹のイディーはドラマの時同様、少し弱気な性格で、でも性格がよく可愛らしくて憎めないキャラクターです。

映画ではダウントンアビーに国王が訪れることになってその準備に大忙しになります。

そしてドラマでは引退した執事のカーソンさんが復活してきます。

おどおどした少女だったデイジーも、余裕が感じられ、仕事にも自信がついているように見えました。

最後はハッピーエンドで大満足、心がほっこりしました。

『ダウントン・アビー』のまとめ

映画『ダウントン・アビー』についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

大人気の長編ドラマシリーズの劇場作品なので、このシリーズのファンにはたまらない、最高のフィナーレという声が多かったようです。

しかし、10分紹介動画が用意されているなど、初めての方に向けての工夫があり、広く愛される作品だとも言えるでしょう。

高貴で華やかな世界観は、煌びやかの一言に尽きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました