同期のサクラ 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

同期のサクラ 国内ドラマ

同期のサクラ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『同期のサクラ』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『同期のサクラ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【同期のサクラ】× 【森山直太朗 さくら(2019)】スペシャルダイジェスト

テレビ朝日で放送されている「土曜ナイトドラマ」。

窪田正孝さん、川口春奈さん出演で「ヒモ男VS更生させたい彼女」のバトルがコミカルに描かれています。

ドラマ『同期のサクラ』を無料で見る

ドラマ『同期のサクラ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『同期のサクラ』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

同期のサクラ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『同期のサクラ』のあらすじ
第1話『1年1話で綴る 初めての仲間との10年日記 夢のために忖度しない女は会社組織で生き残れるのか!?』(8.1%)

2019年4月1日、サクラは脳挫傷で倒れ入院した。
携帯に残っていたかつての同期4人がサクラの見舞いに訪れサクラと出会ってからの10年間の話を始める。
サクラは島の出身で子どもの頃に島では治せない病気にかかり、台風の中船を出した両親が亡くなってしまったため、島と本土に橋を架ける夢のために花村建設に入社した。
そこで、百合、葵、菊夫、蓮太郎と出会う。
5人で橋の模型を作ることになったが、サクラは忖度ができないマイペースな性格で、4人は振り回されてしまう。
社長賞に選ばれた模型に対し、社長のご機嫌取りだと批判をしたサクラは、入りたかった土木部ではなく人事部に配属されたが、夢のために頑張ることを決意した。

第2話『夢を諦めずに、入社2年目の試練と闘う忖度できない女は、仲間をパワハラ上司から救えるのか!?』(9.5%)

会社で残業時間を減らすように通達があり、営業部に伝えに行くサクラ。
営業部長に他の部署のことに口を挟むなと一喝された。
そして、菊夫は部長に工期を一ヶ月短縮するように迫られ、現場の反感を買っていた。
菊夫だけが残業が多いことが発覚して、営業部へ抗議に行くが、菊夫は部長のお陰で会社に入れたのだから大丈夫とサクラの話を聞かなかった。
菊夫が疲労で倒れ病院へ運ばれた。
人事部で嫌でないのかと聞く菊夫に、人事部に入ってみんなで支えて建物を作っていることがわかったから良かったと思っていると答えるサクラ。
サクラの言葉で自分を愛し、自分が愛せる仕事をしようと誓った菊夫。

第3話『入社3年目震災発生 本気で叱ってくれた仲間が寿退社に逃げる時魂の叫びは、ブスッブスブス!』(9.3%)

島に橋を架ける着工が始まったが、まだまだ時間があるので異動を諦めていないサクラ。
百合は女というだけで重要な仕事を任せてもらえない上に取引会社からのセクハラの悩んでいて、接待にサクラを連れて行く。
サクラが取引相手にセクハラをしないように発言したことで契約が白紙になりそうになっていた。
東北で大震災があり、全国に社員の安否を人事部が確認している中、女子社員が帰りやすいようにと帰らされるサクラは、電車が止まって帰れないと言う百合を自宅へ呼ぶ。
百合が寿退社するという話を聞いたサクラは、それが百合の夢なのかと問う。
百合は会社で作り笑顔をすることに疲れ、医者の彼と結婚したら生活は楽だからと言う。
しかし、納得いかないサクラはさらに百合に詰め寄る。
口論になったことをサクラは祖父に相談すると、本気で叱ってくれる相手は本当の友達だから手放すなとアドバイスされる。
アドバイスを受けサクラは辞めていく百合に良い友達を見つけるように言うと、百合は涙を流して会社を辞めずに結婚しないことを決め、サクラと友達になることにした。
サクラは取引相手を怒らせたので社史編纂室へ異動になった。

第4話『4年目の挫折に負ける奴は、会社も辞めて一生引きこもってろ』(11.5%)
島に架ける橋の着工は地震によって延期されていた。

再び人事部へ戻ったサクラはメンタルヘルスケアのアンケートの未回答の人を回っていた。
設計部で一級建築士の資格に落ち、コンペでデザインを見てもらえなかったことに腹を立て部長を切りつけようとしている蓮太郎に遭遇する。
その一件以来会社を無断欠席していた蓮太郎の元に同期の仲間が励ましと説得に訪れた。
だが、失敗に終わる。
サクラが蓮太郎のデザインを設計部の部長に見せていると百合から連絡をもらった蓮太郎は、会社でのサクラの話を聞いてサクラに認めてもらえるデザインを描くことを夢に、会社でもう一度働かせてもらえるように志願した。
サクラの仕事ぶりを評価してくれて、人事部の部長からいつか土木課に異動させてやると言われたと同時に、島に架ける橋が無期の延期になったと告げられる。

第5話『5年目にコネ発覚!心ない初キスのお返しは渾身のビンタ!!』(11.8%)

無期の延期は国が決めたことなので、サクラにはどうすることもできなかった。
都市開発部の葵が最年少で社長賞をもらった。
しかし、葵が手掛けていた開発計画が国土交通省で凍結を通達されてしまったため、葵は国土交通省の高級官僚である父親に頼むことになってしまった。
父親の協力が得られなかった葵は会社はコネ入社であり、自分には価値がないのだと知らされた。
祖父の勝ち負けではなく自分の価値が大切というアドバイスを元に自殺しようとした葵を説得したサクラと同期の仲間。
会社に来た葵の父親に、人を見下して自分の都合の良いように進めるなと言う葵とサクラ。
父親は息子を変えたのはサクラかと訪ねその場を後にしたが、会社は一連の事を踏まえて葵を土木課に、サクラを関連会社へ出向を命じた。
謝る葵にサクラは、信頼できる仲間に会えたことと夢を諦めていないことを告げ会社を出ていった。

第6話『6年目、遂に忖度!?女が自分らしく生きるのは無理?』(11.7%)

島に架かる橋の着工はまだ延期されたままだった。
出向させられたサクラが本社のプロジェクトに参加していたが、理不尽な要求を批判してメンバーから外された。
人事部の女子社員が理不尽な要求に疲れていた頃、娘が学校でトラブルを起こしたと連絡が入る。
迎えに行き、我慢しなさいと告げる女子社員に、どうして理不尽なことに耐えなければならないのかと問いかける。
仕事場へ娘を連れて行った女子社員に食事をしながら打ち合わせをしようと言うプロジェクト相手。
サクラは女子社員の娘を預かることにした。
娘を迎えにきた女子社員に、娘は帰りたくないと言い出す。
そして、会社でのお母さんは謝ってばかりでカッコ悪いと告げ、ビンタをされると父親の元へ飛び出してしまった。
サクラは、祖父の自分に嘘はついてはダメだというアドバイスを元に女子社員の娘に、カッコ悪く見えたのは、会社のために自分を殺しているからだと、お母さんといたいなら嘘はついてはいけないと諭した。
女子社員には、良いお母さんになる必要はないと告げる。
女子社員はサクラの言葉で一皮剥け、プロジェクトの相手や社長に意見をした。
自分に嘘はつかないことに決めた女子社員は娘にもこのままで良いと告げた。
女子社員は社史編纂室へ異動になり、島に架かる橋の着工が決まったと知る。

第7話『7年目、夢は叶わず最愛の人の死!本当の試練と絶望』(11.2%)

島に橋が架かる工事が始まることになったが、出向中のサクラは関わることができなかった。
サクラが本社の土木部に呼ばれた。
国の基準を満たして工事をしているのに、島の人が納得していないことに対して説明をしてほしいということだった。
葵が土木部長が出世のためにコンクリートの割合を減らして強度を弱めているいることを発見するが、土木部長は夢のために見逃すようにサクラに告げる。
サクラは仲間に相談をするが、仲間内でも意見が割れた。
住民説明会で、サクラは島に橋を架けられないことを告げた。
やはり、島人の安全を自分の夢よりも大切だと感じたからだ。
重い足取りで家に帰ると祖父が亡くなっていた。
葬儀が終わって東京に戻ると祖父からのFAXが届いており、桜は散るが枯れない。必ず咲いて沢山の人を幸せにするように書かれてあり、サクラは二度と来ない祖父からのFAXを待ちながら、部屋を荒らしていた。

第8話『8年目、友からの5枚のFAX』(10.8%)

サクラは会社に行けなくなってしまっていた。
このままではサクラが首になると仲間たちがサクラに出社を促すが効果は得られなかった。
会社から解雇通達と一度顔を出すように書かれた紙が届き、退職届を持って会社を訪れたサクラは、かつての人事部部長にお前を期待していたのに残念だと告げられる。
帰り道にAIスピーカーを購入したサクラはそれからAIスピーカーと会話をして生活をしていた。
菊夫は会社を辞めボランティア活動をして、蓮太郎は結婚してますます忙しい日々を送っていたが、サクラに設計図を見てもらえないことを残念の思っていて、百合は葵との子どもを一人で産んで育てていた。
百合はサクラをこのままにはしておけないと部屋のポストにFAXのように応援メッセージを送った。
それを見たサクラは仲間に会いに向かうが飛び出した子どもを助けて頭を打ち、部屋に倒れこんでしまった。

第9話『忖度しない彼女が帰ってきた!』(10.3%)

九ヶ月ぶりに目を覚ましたサクラは仲間に会い、FAXのお礼ともう一度夢に向かって頑張ることを告げた。
百合はシングルマザーには向いていないと今の会社を辞め、託児所を開設しようと悩んでいることをサクラに打ち明けた。
葵は百合にフラれたこと、菊夫はNPO法人の代表にはなりたくないこと、蓮太郎は設計ができないのなら転職を考えてるとサクラに相談した。
就職面接で前の会社を辞めた経緯を話してしまうサクラは中々採用されなく、コンビニでアルバイトを始めた。
せめて仲間の悩みを解決しようとしたが、みんな自分の悩みは自分で解決していて自分の不甲斐なさを痛感していた。
忖度できないサクラはコンビニも首になり、故郷に帰ろうとしていたが、仲間から励まされ、かつての人事部の部長に声をかけられ、会社に戻れることになった。

第10話『さらば友よ…涙はいりません!』(13.7%)

人事部部長は副社長になっていて、会社の建てた建物がオリジナリティがないことに不満があり、サクラに会社の建て直しを頼んだ。
土木部が持ってきた橋の案に意見するサクラに、副社長も同意し、サクラから許可が出たら、承認すると告げ、サクラには力とはこういうものだと告げた。
かつての仲間がサクラに相談をして来ても、忙しいサクラは相手にできなかった。
そして、葵は頑張りすぎてて回りはよく思っていないということをサクラに助言した。
サクラは仲間の助言や祖父のアドバイスを元に、仲間という力を持って社長に就任していた副社長に自分の意見をぶつけ会社を辞めた。
仲間に会えて良かったと感謝をしてそれぞれが自分たちの道を歩いていった。

ドラマ『同期のサクラ』の登場人物

北野サクラ (高畑充希)
月村百合 (橋本愛)
木島葵 (新田真剣佑)
清水菊夫 (竜星涼)
土井蓮太郎 (岡本天音)

ドラマ『同期のサクラ』の主題歌

森山直太郎『さくら二○一九』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

同期のサクラ(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『同期のサクラ』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

ドラマ『同期のサクラ』のまとめ

今作は遊川和彦のオリジナル作品です。
一話が一年という新しいドラマの展開でしたが、サクラと仲間たちの葛藤しながら成長していく姿が見所となっています。
忖度が当たり前の今、こんな人がいてもいいのではないでしょうか?、自分に正直に生きることを大切にしていこうという考え方を改めて実感させられる作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました