DIVER(ダイバー)特殊潜入班の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最新回)視聴方法のまとめ

DIVERー特殊潜入班 国内ドラマ

DIVER-特殊潜入班(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『DIVER-特殊潜入班』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD PREMIUMで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

14日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【ついに最終回!第5話PR・60秒】DIVER-特殊潜入班-

火曜日9時からのドラマは、福士蒼汰が主演を勤める警察ドラマです。

しかし、福士蒼汰演じる黒沢兵悟は、なぜか詐欺を働いているところからスタートします。

よく見慣れている警察ドラマとは違った始まりに、警察なのにどうして?と疑問が沸いてくるのですが、最後まで見ていくとどうして警察が詐欺をしていたのかがわかり、黒沢の警察の役割がわかります。

黒沢はどういった警察なのか、仲間の人たちにも心を開いていない黒沢はどうしてそんな人間になってしまったのか、ぜひ注目をして見てほしいです。

黒沢の仲間には、ホワイトハッカー、闇医者と警察らしからぬ人ばかり。犯罪現場を潜入することで事件の解決を行う新しい警察のあり方を体験して見てください。

ドラマ『DIVERー特殊潜入班』を無料で見る

ドラマ『DIVERー特殊潜入班』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD PREMIUM

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『DIVERー特殊潜入班』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

DIVER-特殊潜入班(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』のあらすじ
第1話『最凶の潜入捜査官!特殊詐欺の闇を追え』(9.6%)

兵庫県警には秘密の部署があった。

それは潜入捜査をする班、通称D班と呼ばれるものであり、県警本部長の阿久津が作った犯罪組織に潜入して情報や証拠を探るところであった。

メンバーは、ホワイトハッカーの宮永、闇医者の皆本、窃盗や暴力事件を起こした過去を持つIQや身体能力の高い黒沢、彼らのまとめ役の警察官の伊達であった。

今回の潜入先は特殊詐欺を働いている組織であった。

黒沢は闇金からお金を借りて、借金の為に闇金に働くという潜入をして詐欺の実態を掴んでいった。

オレオレ詐欺をして闇金の社長の信頼を得ていった黒沢は、その上とされる名簿を売る会社へ昇進できることになった。

しかし調べていくと黒幕は闇金の社長であることがわかり、黒沢の指示で、伊達ら警察が突入した。

黒沢は闇金の社長の騙して得たお金を持ち帰り、詐欺でお金を取られてしまった家に返した。

第2話『新たな捜査官登場!女子大生連続自殺の謎を解け』(6.1%)

阿久津によって引き抜かれた佐根村という男がD班に仲間入りした。

次の潜入は女子大生が謎の自殺をしている原因を突き止めることであった。

大学生に成り済まして潜入した黒沢とそれを見張る役目の佐根村は、グルメサークルで配られる飴の中に何かからくりがあるのではと考えた。

皆本の調べで毒ではなかったが、催眠のように引っ掛かる女子大生を選別して、お金を巻き上げ、無くなれば風俗に入れているということがわかった。

黒沢は匿名の電話でこのサークルの話を告発してきた大学の講師に目をつけ、講師が自分の娘の治療で必要なお金を稼ぐために、大学生と共謀してお金を稼いでいたということを突き止めた。

そして、次は共謀仲間の大学生も罠にかけようとしていることに気づいた黒沢は、飴をすり替えた。

第3話『闇最と連続殺人!狙われた娘を救え!』(5.8%)

佐根村は少しずつD班と打ち解けていった。

8年前に強盗殺人を犯した男が殺される事件が起きた。

男は覚醒剤を使用していたとして刑が軽くなっていたが、実は父親が警察と関係があった人物であったために、証拠を捏造して刑を軽くしていたのであった。

その事件を担当していた伊達は上司に抗議をしていたが、聞いてもらえなかった。

宮永の調べで闇サイトでこの事件を担当した警察官や弁護士、裁判官の家族に懸賞をかけて誘拐をしているという事実を突き止めたD班は、伊達の娘を先に誘拐して、犯人のアジトに潜入しようとした。

伊達は知らされていなかったし、娘を巻き込みたくないと拒否したが、娘が父親の協力をしたいと申し出て犯人のアジトへ向かった。

8年前に妻子を殺されて刑が軽くなった判決に不服だった夫が今回の誘拐と殺人を計画、実行していたが、自殺をして家族の元に行こうとする夫を伊達は止めた。

刑務所では、8年前の妻子殺害のもう一人の犯人が殺され、夫も自殺したが、阿久津が絡んでいた。

第4話『謎の爆発とテロ計画、最大の敵と全面対決』(6.6%)

日米安全保障会議がもう少しで予定されている日本で、爆弾が爆発する事件が発生した。

微量の化学物質が出たことでテロを疑ったが、警視監に安全保障会議での混乱を避ける為に公表はしないで犯人を探すように阿久津に命令をした。

阿久津はD班に警視庁からの資料を渡して潜入をさせた。

資料に載っていたかつて外務大臣であった男が今は化学物質の輸出入をしているとあり、黒沢と佐根村は男の会社に潜入をして調べることになった。

盗聴器が妨害され、怪しい人物との会話を聞くことができなかった黒沢は、かつての外務大臣の男を誘拐して、自分の口から取引について話させた。

取引先に向かった黒沢と佐根村は、警視庁の人間が現場を囲んでいてこのままでは逃げられないと感じたために、佐根村に取引の物を持って逃走させ、黒沢が捕まることにした。

第5話『最終回!衝撃の結末、真の敵へ反撃開始』(6.7%)

警察に捕まった黒沢は、阿久津から警視監の仕業で、阿久津をよく思っていなかったためにD班のことを調べて嵌めたのだと伝えられる。

黒沢は警視庁への送検中に逃走して、自分でテロの犯人や警視監、阿久津について調べることにした。

日米安全保障会議の当日、黒沢は会場に来ていた。

かつて潜入した麻薬捜査の現場で、一人の警察官が殺された。

それは阿久津が慕っていた警察官であり、警視監が警察が潜入していることを犯人に知られていたのにも関わらず、見殺しにした人物であった。

黒沢はその警察官に助けられ命を取られることはなかったが、ずっと心に残っていた。

今回のテロはこの警察官が関係していると考えた黒沢は、警察官の息子を突き止めた。

それは佐根村であった。

佐根村は阿久津に父親の死の真相を聞いて、自分が仇を取ろうと警視監を殺すためにD班に入ったのであった。

黒沢は佐根村の父親を殺したのは自分だと自分を殺すように伝えたが、もう少しのところで、伊達が現れ佐根村は殺さなかった。

伊達は佐根村を捕まえることはせずに、自分が面倒を見るとつれていった。

黒沢は阿久津と話をするために警察から逃げた。

海で阿久津と落ち合った黒沢は、阿久津が警察の上司を国民のことより自分の利益を優先している、悪を許さないと恨んでいることを聞いた。

自分達D班も阿久津の理論に付き合わされているだけだと感じた黒沢は、阿久津によって撃たれて海に落ちた。

1年後、黒沢と佐根村はD班として今日も潜入していた。

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』の登場人物

黒沢兵悟  (福士蒼汰)

佐根村将  (野村周平)

皆本麗子  (片瀬那奈)

宮永壮一  (浜野譲太)

伊達直哉  (安藤政信)

阿久津洋子 (りょう)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』の主題歌

コブクロ『灯ル祈リ』

コブクロ/灯ル祈リ

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31間無料でお試し ▶︎

いつでも簡単に解約できます

無料期間中だけの利用で0円視聴

DIVERー特殊潜入班(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』の感想
女性20代
女性20代

極秘に結成された特殊潜入班のメンバーの黒沢兵悟が、集団詐欺をしている組織に潜入するのがハラハラさせられました。

相手を欺くために指を詰めて組織の内部に入ったり、警察が張っているところで受け子を助けたり、部屋に潜入してパソコンを覗いているときに部屋の主が帰ってきたり、ドアの向こう側に社長がいるのに金庫から詐欺で受け取ったお金を全額奪ったりと、今にも見つかりそうでドキドキしました。

兵悟が金庫から奪ったお金を持って、ビルの3階の窓からトラックの荷台に飛びうつり、びっくりしました。

お金は受け子をしていた時に奪った相手に1件1件封筒に入れて返していて律儀だと思いました。

潜入捜査は、相手も警察も欺かないと大変な目にあう怖い組織なのだと感じました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

子供のために悪事に手を染めた先生がかわいそうでもあり、子供のことを考えるとやるせない思いになりました。

海外でないと治せない病におかされている子供に罪はありませんが、お金を稼ぐために犯罪に手を染めたのを子供が知ってしまったら、親として子供の顔を正面から見ることができるのか、先生の考えが浅はかな気がしました。

兵悟が悪事をとても憎んでいて、騙す方が悪いのか騙される方が悪いのかの結論は出ませんが、どの命も無くなって悲しむ人がいるのだけは事実だと思いました。

元自衛官の将の真面目さは、どこにでも溶け込むことができそうな兵悟と違い潜入捜査には不向きに感じました。

これから2人の化学反応が吉と出るか凶と出るか楽しみにしたいと思います。

女性30代
女性30代

組織犯罪対策課の課長、鏡が血が苦手やカップラーメンを持ったまま伊達とぶつかって火傷しそうな場面が笑えました。

警察官なので血が好きとまではいかなくても見慣れてしまいそうなのに、苦手なままでいられる鏡が可愛く感じました。

飯島が殺害され、7年前の母子強盗殺人に関係した裁判官の家族が誘拐され、飯島が鏡に亜紀を見てもらうのですが、鏡が1人でカップラーメンをすするのを亜紀が冷めた目で見ているのが面白いです。

伊達を心配して県警本部長の阿久津に家の前に警察を配備してほしいと頼んでくれる優しさも素敵だと思いました。

亜紀が連れ去られ、犯人の1人を逮捕した鏡が取り調べをしている時に、口を割らない犯人にカップラーメンを渡そうとして火傷を誘う場面が、伊達が怒っているのを犯人にわからせているようで鏡がカッコよく見えました。

被害者にはずっと癒えない傷が残ったままなのを改めて思い知りました。

女性20代
女性20代

兵悟と将が社長室に隠しカメラと盗聴器を取り付けるため潜入中に、ノックの音とともに女性社員が入ってきて見つからないかハラハラしました。

隠れる場所として机の下だと思ったのですが、2人で窮屈そうに隠れているかと思ったら兵悟しかいなくて、将はソファーの下にいたのが笑えました。

ソファーは将の厚みのある体では入りきらなくて脚が浮いていたところに、女性社員が腰掛けたり寝転がったりしたので、将が苦しそうにしていて面白かったです。

帰ろうとした女性社員が汗臭いと言って空気清浄機をかけていくのですが、勢いよく動き出して2人がとても汗臭かったのだと思い笑えました。

警視庁の遠藤や組織犯罪対策課の鏡の動きが裏で動いていそうだと思いました。

取引中に兵悟が捕まってしまい特殊潜入班はどうなるのか気になりました。

女性30代
女性30代

女性が出世していくのは、警察という男の組織だと余計に大変なことなのだと思いました。

今でこそ女性が社会進出してきましたが、阿久津のように邪魔をされて蹴落とされることは多くありそうです。

捕まってしまった兵悟が護衛中に脱出するのが面白かったです。

動いている車の中で、ジーンズから仕込んでいたクリップを取り出し手錠を外すのが鮮やかでした。

外した手錠を護衛をしていた警官と椅子を繋げてしまい他の警官は華麗に倒していくので、兵悟が強すぎて警察が弱く見えてしまいました。

仲間と合流することもなく単独で動く兵悟が防犯カメラの違和感を解き明かすのが凄いです。

悪は誰のことなのかわかりませんでしたが、遠藤も阿久津も悪なのかと思いました。

将が兵悟を助けてくれた父親の子供だとわかっていても、まだ2人が一緒に仕事をしているのを見れて良かったと思いました。

 

ドラマ『DIVER-特殊潜入班』のまとめ

今作は、大沢俊太郎原作漫画『DIVERー組対潜入班ー』を元に作られています。

凶悪犯罪の集団に潜入をして事件の解決をしていく警察ドラマです。

IQや身体能力、話術が優れた人間だけが入ることができるD班で、犯罪者の目を誤魔化しながら懐に入り、捜査をしていき、事件の解決をしていくところが魅力の作品ですので、そこに注目をしてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました