デカダンス 無料動画配信(2期アニメ)フル視聴/

アニメ

デカダンス(アニメ)の動画配信を無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、アニメ『デカダンス』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

アニメ『デカダンス』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

TVアニメ「デカダンス」ティザーPV
TVアニメ「デカダンス」本PV

『デカダンス』はアニメーションスタジオNUTの最新作のTVアニメ作品で、モブサイコシリーズで知られる立川譲さんが監督を務めています。

様々なスペシャリストが集い制作された本作品は、独特な世界観が特徴で好評を博した作品です。

それでは、作中の用語の簡単な説明と共にご紹介してしきます。

アニメ『デカダンス』を無料で見る

アニメ『デカダンス』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『デカダンス』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

主演「増田貴久さん」の出演作品は、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴する事ができます。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

デカダンス(アニメ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

アニメ『デカダンス』のあらすじ

・生命体ガドル

西暦2400年代後半、謎の生命体ガドルにより人類は未曾有の危機に追い込まれていた。

だが、ガドルの体液であるオキソンは巨大移動要塞デカダンスの動力源でもあり、人々はガドルとの戦いを避けることは出来ず、荒野を彷徨いながらデカダンスの中で暮らしていたのだ。

幼い頃に父親と自身の右腕を失ったナツメ。

彼女は戦士として戦闘組織「かの力」の入隊を望むが、この右腕が原因となり適性検査で不合格続きだった。

 

・元戦士カブラギ

ナツメはデカダンスの装甲修理人として働くことになり、職人カブラギ組長の元で指導を受ける。

無愛想でとっつきにくいカブラギとのコミュニケーションに苦労するも、職人として学ぶ日々を送るが、ある時、彼がかつてガドルと戦っていた一流戦士だと云うことを知る。

何としても戦士になりたいナツメは、指導を仰ぎたいと申し出るが、カブラギは聞き入れてくれない。

そんな時、デカダンスはガドルの襲撃を受け、巻き込まれたナツメは窮地に追い込まれてしまう。

そこを救ったのがカブラギで、元トップランカーの戦士である彼の凄まじい戦闘力を目の当たりにするのだった。

 

・世界の秘密

現役のギアですら足元に及ばないほどの圧倒的な戦闘力を見せつけたカブラギ。

彼は、隠されたこの世界の秘密を知る存在の一人だった。

ガドルにより人類は滅亡しかけたとされていたが、それは事実ではなく、本当は人類自らの大気汚染により滅びかけたのだ。

この時、有力な大企業は大気汚染の中でも生き延びられるようにサイボーグ生産に着手しており、中でも最大勢力のソリッドクエイク社は、娯楽施設としてユーラシア大陸にデカダンスという仮想空間を建設すると、余興としてガドル退治をしていたのだった。

そして、そこのトップランカーの戦士だったのがカブラギで、自身もまたサイボーグであり、ある事件をきっかけに一線から退いていた。

それは、リミッターを解除するという禁忌を犯した仲間が廃棄処分となったことだった。

そんな中、戦士としての夢を諦めきれないナツメは、カブラギへ弟子入りを志願し続ける。

断り続けていたカブラギだが、彼女がすでに死んでいるシステムに認識されていないバグであることがわかると、彼女の申し出を受け指導することを決めた。

あらためて彼女の覚悟を目の当たりにすると厳しく接していくが、ナツメはへこたれることなく根性を見せつけていく。

そんな彼女の直向きな姿に、少しずつカブラギの心境にも変化が生じるのだった。

 

・かの力入隊

カブラギと共に訓練を繰り返すナツメ。

そんな時、デカダンスに襲撃してきたガドルとの戦いに巻き込まれてしまう。

カブラギの言葉に耳を貸さず戦場へと飛び込んでいったナツメは、混乱しながらもアドバイスを思い出して自分が戦えるということを証明して見せた。

すると、その様子を見ていたナツメの憧れの女戦士クレナイにスカウトされ、かの力への入隊を果すのだった。

夢を叶えたナツメにエールを送っていたカブラギだったが、彼女達が新イベントであるガドルの巣攻略の任務に就くことを知ると、今回の出撃を控えるように迫る。

だが、彼女はその忠告を聞かず、攻略不可能のイベントに臨むのだった。

 

・カブラギの処罰

カブラギが執拗に出撃を止めようとしたのは、この任務が果たされないことを知っていたからだ。

この新イベントは、出撃した戦士たちが敵わず窮地に追い込まれた所を、かつての英雄が救うと云うシナリオになっており、カブラギ自身も英雄戦士として参加を打診されていた。

ナツメたち第6部隊は、エリア全体に霧を発生させているガドル=アルファの撃破へと赴くが、強さは別格で歯が立たず、窮地に追い込まれる。

彼女は辛うじて先輩戦士ミンディに救われるが、ミンディ自身は重傷を負ってしまう。

熱くなり過ぎて周りが見えていなかったことに気づいたナツメは、冷静になりガドル=アルファに一撃を喰らわすが、致命傷にはならない。

まさに絶体絶命となると、現れたカブラギにより救われ、彼等はデカダンスの面々と共に超大型ガドル「スターゲート」を撃破した。

だが、システムに従わなかったカブラギは、バグとして拘束されてしまう。

処罰が決まったカブラギはスクラップを待つだけの身だったが、突然、処罰が変更されバグ矯正施設送りにされると、過酷な労働を強いられる。

一度、バグ矯正施設に入った者はデカダンスに復帰することは難しく、脱出も不可能だった。

しかし、そこで出会ったサルコジからデカダンスへログインする方法があることを聞かされると、カブラギはナツメに会う為に、その低い可能性に賭けることを決意する。

かつてのトップランカー戦士ドナテロとの決闘を制した彼は、謎の開発者ジルにより、これまでとは違う別人のアカウントにてログインを試みるのだった。

 

・環境の変化と生産工場撃破計画

こうしてデカダンスへのログインに成功したカブラギは、ナツメとの接触を図ろうとするが、デカダンスはガドルの襲撃を受けていた。

しかも、ガドルはデカダンスの装甲を破って内部まで侵入しており、多大な損害が生じながらも辛うじて退ける。

そんな中、カブラギはナツメとの接触は出来なかったが、仲間の司令官ミナトと会って内部事情を把握するのだった。

デカダンスに住む人間、つまりタンカーたちを取り巻く環境が変わっており、システムは増えすぎたタンカーの間引きの為にガドルを内部に侵入させていたのだ。

一方、ナツメはデカダンス装甲外壁の穴をどうするかと考えており、対策会議で停滞状態が続く中ある作戦を思いつく。

それは、住居用の修理キットを集め、デカダンス住民たちの力を借りて穴を補修すると云うことだった。

必死に住民たちに呼びかけるナツメ。

なかなか聞き入れてもらえなかったが、友人フェイや、かの力の面々の協力が得られ、補修が進んでいく。

そして、カブラギはカブラギ自身の知り合いとしてナツメとの接触を果すと、ガドル生産工場の破壊計画を考えるのだった。

だが、そこへは簡単に辿り着けなくなっており、侵入条件を満たすことの出来るカブラギの素体回収を優先し、保管場所への潜入を試みる。

何とか素体回収を果たしたカブラギは、ドナテロをはじめとしたバグ矯正施設の面々やナツメたちへの協力を仰ぐのだった。

 

・計画実行

無事に仲間を得られたカブラギは、いよいよ計画を実行に移す。

クレナイ率いるかの力がガドルと戦闘しているスキにカブラギとナツメはガドル生産工場へ向かうが、バグ矯正施設ではターキーとサルコジの裏切りによる妨害工作が開始されてしまう。

その結果、バグ矯正施設にはゲーム警察の鎮圧の手が回り、カブラギとナツメの前にはシステム管理者であるフギンが立ちはだかるのだった。

数多くの仲間が犠牲になりながらも、辛うじてガドル生産工場の制圧に成功したカブラギたちは、GGSを起動させる。

しかし、ナツメはとうとうこの世界の真実の一端を知ってしまうのだった。

 

・世界の真実と待ち受ける序章

「ガドルや自分たちの存在、いやこの世界そのものが創りもの…」。

カブラギから世界の真実を聞いたナツメはショックを隠せず、ガドルが居なくなり勝利の余韻に浸り賑わう仲間たちの輪に加われない。

そんなナツメを気にかけるように、クレナイは声を掛け元気づけるのだった。

一方、バグ矯正施設からの脱出を果たしたカブラギたちは、新たなアジトへの移動を始めていた。

だが、その途中ナツメがバグ認定されていたという情報がネットワークに流出してしまい、カブラギは再度デカダンスへのアクセスを試みるのだった。

そんな時、デカダンスに新たな危機が迫る。

ナツメたちの前にはフギンが現れ、同時に大型ガドル「オメガ」が出現したのだ。

フギンの一瞬のスキをついたカブラギの急襲によりナツメは一命を取り留めるが、オメガの侵攻は止まらない。

明らかにこれまでのガドルとは違う存在であることに気づいたカブラギは、ナツメと別れて単身で襲撃を止めようと考えるのだった。

 

・結末

その頃、デカダンスはミナトの指示のもとオメガとの戦闘に入っていたが、切り札であるデカダンスキャノンは効かず、オメガの攻撃はソリッドクエイク本社にまで及んでしまう。

すると、システムはデカダンスを完全に停止させ、オメガを空間ごと破壊するという決断を下した。

この決断に愕然とするミナトとは裏腹に、カブラギはこの絶望的な状況を打破する為にある選択をする。

それは、デカダンスそのものを素体としログインしてオメガを倒すというものであり、そのリスクの大きさからミナトは認められず反対し続ける。

デカダンスの消滅が迫り、ナツメはガドルに立ち向かい、カブラギの決意は揺るがず、ミナトは何とか彼を押し留めようとする。

それぞれが自分の信念に基づき行動する中、カブラギはデカダンスとの接続に成功するが、起動出来ない。

一方、ナツメはサイボーグたちと出会うと、デカダンスの武装に取り掛かろうと動き出すが、起動しない様子を見てカブラギの元へと急ぐ。

そんなカブラギはシステムとの対話に臨んでおり、システムやサイボーグ、そして人間の在り方について語っていた。

そして、最後の最後まで抗い、足掻くと言い放つのだった。

その頃、ナツメの一言をきっかけとしたジルの提案を元に、ミナトから最後の指令が下されていた。

それは、各地に点在するかつてのデカダンスのパーツにオキソンを注入し、武器として利用すると云うことだった。

こうしてタイムリミット目前に何とか起動したデカダンスは、ゾーンを展開し各地のパーツを回収する。

だが、まだ回収しきれないうちにオメガ内部に高濃度のエネルギーが増幅されるが、ドナテロの捨て身の攻撃により辛うじて直撃を回避した。

そして、フル充填したデカダンスキャノンがオメガに向けて発射されるが防がれてしまう。

それでも、ナツメを思い出し諦めなかったカブラギは、リミッターを解除し特大の一撃を放つと、残り時間3分でオメガを撃破するのだった。

崩れ落ちたデカダンスの瓦礫の中から、ナツメはカブラギの残骸を見つけ、その後、無事ログアウトしたジルとミナトはあることに気づく。

ジルが集めたデータの中に、カブラギのバックアップがあったのだ。

そして、デカダンスはデカダンスシティと生まれ変わり、コアボールと云うスポーツを楽しみ、ガドルはペットとして愛される生き物となっていた。

他にも様々な楽しみが広がり、皆が笑顔で過ごす空間の中でナツメも元気な姿を見せる。

すると、そこに影を帯びながらカブラギが近づいてくるのだった。

用語補足

・デカダンス

人類が対ガドル用に作り上げた巨大移動要塞。

だが、デカダンスの世界そのものが余興の為に創られた仮想現実である。

・ソリッドクエイク社

大人気ゲーム『デカダンス』を運営するサイボーグを主体とした巨大企業。

・ガドル

人類滅亡の危機に追い込む謎の生命体。

・ギア

ガドルと戦うための力を有する者。

・タンカー

ガドルに対抗する手段を持たない一般人。

・GGS

ガドル・ジェノサイド・システムの略称で、全てのガドルを消滅させることができるシステム。

アニメ『デカダンス』の登場人物

・カブラギ・・・小西克幸

・ナツメ・・・楠木ともり

・ミナト・・・鳥海浩輔

・クレナイ・・・喜多村英梨

・フェイ・・・柴田芽衣

・リンメイ・・・青山吉能

・フェンネル・・・竹内栄治

・パイプ・・・喜多村英梨

・ドナテロ・・・小山力也

・サルコジ・・・うえだゆうじ

・ジル・・・村瀬迪与

・フギン・・・子安武人

アニメ『デカダンス』の主題歌

・オープニングテーマ

『Theater of Life』 鈴木このみ

TVアニメ『デカダンス』OPアニメ映像 鈴木このみ「Theater of Life」

・エンディングテーマ

『記憶の箱舟』 伊東歌詞太郎

TVアニメ『デカダンス』EDアニメ映像 伊東歌詞太郎「記憶の箱舟」

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

アニメ『デカダンス』の感想

余興の為に創られた世界という設定の中で、ロボットアニメのような要素とヒューマンドラマ的な要素が詰め込まれている割には、あっさりとキレイにまとまっているいう印象が残りました。

決して物足りないわけではなく、ストーリーにはしっかりとした軸があり、迫力のある映像は良い意味での緊張感を味わわせてくれます。

おそらく制作者サイドのやりたいことすべてを詰め込んでいると思われ、すっきりとしながらも見応えのある作品に仕上がっていると感じられました。

SF好きや、希望を持たせてくれる元気な主人公の好きな方には堪らない内容で、何度でも観直したくなると思います。

個人的には、影を背負いながら近づいてくるカブラギの最後のシーンがとても好きで、全体的にどことなく可愛らしさも散りばめられており、男女問わずおススメしたい作品です。

アニメ『デカダンス』のまとめ

独特な世界観が評判となったTVアニメ『デカダンス』は、スッキリとした観易さの中に、沢山の要素が詰め込まれていることで大きな反響を呼んだ作品です。

あっという間にコアなファンが生まれ、続編制作を望む声も多くあがっております。

可愛らしさや迫力のある映像は男女を問わず注目され、ハートフルなヒューマンストーリーはジンワリと後味の良い余韻を残してくれることでしょう。

SF好きな方は必見の作品です。

是非、このホームステイ期間中に楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました