コンフィデンスマンJP プリンセス編の無料動画配信をフル視聴

コンフィデンスマンJP プリンセス編 邦画

コンフィデンスマンJP プリンセス編の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』予告【7月23日(木・祝)公開】

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は2020年7月に公開された映画です。

2018年4月~6月に放送された連続ドラマの劇場版第二弾。

ドラマの視聴率は2ケタこそ到達しなかったものの、劇場版第一弾のロマンス編が予想外の盛り上がりを見せたこともあり、この第二弾につながったとのこと。

今回の舞台は、伝説の島といわれるマレーシアのランカウイ島です。

一体どんなストーリーに仕上がっているのでしょうか!?

ダー子率いる、コンフィデンスマンたちから目が離せません!

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を無料で見る

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

コンフィデンスマンJP プリンセス編(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ

・遺産相続人 ミシェル・フウ

プリンセス人形を製造していた工場を、大富豪フウ家が買い占め、工場夫婦は追い出されてしまいます。

数年後、シンガポールの大富豪 レイモンド・フウが亡くなります。

フウ家の当主だったレイモンド・フウには3人の子がいました。

長女でワガママなブリジット、冷徹な長男クリストファー、そして自由奔放の次男アンドリューです。

およそ10兆円にもおよぶ遺産相続をめぐって争っていましたが、執事のトニーが読み上げたレイモンドの遺言には、「相続人はミシェル・フウ」と書かれていました。

レイモンドには隠し子がいたのです。

・ミシェル捜し

フウ家のミシェル捜しが続く中、世界中の詐欺師たちがミシェルと名乗り、遺産を狙っていました。

そんな中、ダー子もフウ家の遺産をものにするべく、水面下で動き始めていました。

ある日の日本にて。

悪徳詐欺師のヤマンバにスリをさせられていた孤児のコックリを、ダー子は助けます。

そして、コックリをミシェルに仕立てようという作戦を思いつきます。

本来、ダー子は自らミシェルになろうとしましたが、ボクちゃんとリチャードに止められてしまいます。

・いざ、ランカウイ島へ

ダー子はミシェル(コックリ)と、その母・水島ミサコとしてフウ家の豪邸に潜入します。

トニーにダー子は、レイモンドとは2004年に恋に落ちた、と2人で写った写真を見せます。

DNA鑑定では、フウ家の護衛として潜り込んでいたボクちゃんが、ブリジットが眠っている間にこっそり採取した口腔粘膜を用意し、トニーにコックリがミシェルだと信じさせることに成功します。

・プリンセスへの道

ダー子は10兆円の遺産ではなく、50億円の手切れ金を貰えればいいと思っていました。

しかし、トニーはコックリとダー子をフウ家に相応しい教養を身につけるよう指導するため、ベランダハウスに住むよう命じます。

4カ月後に控えた当主のお披露目パーティーまでの、厳しいレッスンが始まります。

・3兄妹との会食

コックリをミシェルとして迎え入れるため、ブリジット、クリストファー、アンドリューとダー子の5人の食事会が始まります。

そこでブリジットは、床に落ちた肉をコックリに食べろと言い、相続を辞退するよう嫌がらせをします。

ダー子は怒りをあらわにし、「当主になるのはミシェル。ミシェルが相続する」と宣言します。

・脱出大作戦

嫌がらせがエスカレートしていき、ダー子は身の危険を感じ、フウ家を脱出する決意をします。

日本大使領事館の渡辺に扮したリチャードがフウ家にやって来ます。

パスポートに不備があると、2人を屋敷から連れ出します。

逃走中、コックリはマンゴーを運ぶおじさんにぶつかってしまいます。

心優しいコックリは、散らばったマンゴーを拾い、おじさんに渡します。

お礼にマンゴーをひとつ貰うコックリ。

そうこうする内にコックリは警備員につかまり、フウ家からの脱出に失敗します。

その時、コックリはプリンセス人形を拾います。

・当主の金印

泣く泣く屋敷に戻ったダー子とコックリ。

フウ家からの嫌がらせが続く中、警備が信用できないといい、ボクちゃんを専属の護衛として任命します。

ダー子とボクちゃんは、トニーが金庫から当主の金印を取り出すのを見つけます。

ダー子は金印をターゲットにし、4カ月後の当主お披露目パーティーで偽物とすり替えることを計画します。

・バレた合成写真

ある日、トニーの元にレイモンドと本物のミシェルの母と思われる写真が届きます。

ダー子が用意したものは合成写真だったことに気がつくトニー。

そしてトニーがミシェルに会いに行くと、ミシェルは生まれる前に亡くなったことを知り、レイモンドから送られたという手紙を買い取ります。

一方で、フウ家の次男・アンドリューは、マフィアのボスと呼ばれる赤星栄介に、ミシェルを始末するよう依頼します。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のネタバレ

・パーティー当日

当主お披露目パーティーは、マレーシアのリゾート地であるランカウイ島のホテルで開催されました。

そこには天才恋愛詐欺師のジェシーや、ダー子たちの命を狙う赤星の姿もありました。

赤星の存在に気づいたダー子は、赤星に気づかれぬよう、必死にジェシーとダンスをして姿を隠すふりをします。

・当主の挨拶にて

4カ月間、苦しい訓練に耐えながら、コックリは当主になるため必死で勉強を重ねました。

けれど、今までできなかった勉強ができ、コックリは幸せでした。

コックリはたくさんの人が見守る中、ステージに立ち、立派に当主として挨拶をします。

そして、金印授与の場面で、コックリは金印を落としてしまい、ダー子はこっそり偽物の金印とすり替えます。

それを陰から見ていた赤星は、ダー子の狙いは金印だと確信します。

コックリのスピーチを聞き、心動かされたアンドリューは、作戦中止を赤星に命じますが、赤星は無視をします。

その時、体に爆弾を巻きつけた男が会場に現れ、会場は騒然とします。

その男はプリンセス人形を作る工場を潰され、そして妻を失った恨みを晴らすため、フウ家をみちづれに自爆するつもりでした。

するとコックリは男に近づき、「当主のミシェルです。マンゴーをありがとうございました」といいます。

その男はコックリが街でぶつかった際、マンゴーをくれた人物でした。

コックリは、その時拾ったプリンセス人形を返すと、男は涙をぽろぽろ流します。

爆弾装置と引き換えに、コックリは男を抱きしめます。

こうして無事に事態は収まりました。

・レイモンドからの手紙

騒ぎを見ていたトニーは、レイモンド3兄妹とコックリを呼び出します。

そして、レイモンドからミシェルの母に送られた手紙を見せました。

「ブリジット、クリストファー、アンドリューにはそれぞれの人生を謳歌して欲しい。そのためにも、生まれてくるミシェルを当主とする」と書かれていました。

亡き父の、真心こもった言葉を初めて聞かされた3兄弟は心打たれます。

そして、コックリをフウ家の新当主として認めました。

トニーはコックリが本当のミシェルではないと知りながら、当主として迎え入れたのです。

・捕らえられたダー子たち

一方、赤星に見つかったダー子、ボクちゃん、リチャードは、誰もいないパーティー会場に連れていかれます。

そして金印を奪われ、赤星に雇われた道化師の格好をした殺し屋が、ダー子、ボクちゃん、リチャードの胸に次々とナイフを投げて刺殺します。

ダー子たちを探していたコックリでしたが、見つけることはできませんでした。

・生きていたコンフィデンスマンたち

翌朝コックリが窓をのぞくと、浜辺を歩くダー子、ボクちゃん、リチャードを見つけ、あわてて駆け寄ります。

ダー子たちは生きていました。

赤星が雇った殺し屋2人は、ジェシーが誘惑してベッドに縛りつけ、そしてリチャードが連れてきたダー子の弟子・モナコが殺し屋の衣装をジェシーから受けとります。

また、ハニートラッパーの波子は、リチャードからナイフの投げ方を教えてもらっていました。

モナコと波子は殺し屋の衣装に着替え、二人は殺し屋になりすましたのです。

一方で、ダー子たちは血糊の袋をつけた防刃ベストを着用していました。

こうして、用意周到だったコンフィデンスマンたちは、宿敵のライバルである赤星から逃れることに成功します。

そして、赤星がダー子から奪った金印は偽物でした。

ダー子はコックリが金印を落した時、実はすり替えていませんでした。

・お別れの時

ダー子たちの元にコックリが駆けつけます。

ダー子はコックリに、詐欺師には向いていないから、ここに置いておくといいます。

「あなたは本物のプリンセス。世界中のあなたのような子どもたちを救いなさい。私たちはなりたいと思ったものは何にでもなれる」

そう諭すように語りかけます。

別れ際、「ありがとう、お母さん」といってダー子に抱きつくコックリ。

そして、二人の様子を見ていたトニーの元へとコックリは戻っていきます。

ダー子たちはビーチを歩いて帰ります。

「お金を1円も手に入れられなかったし、観光もしてないし海も入っていない…!!」

そうボヤキながら、3人は海に入ってはしゃぐのでした。

トニーがコックリが本物のミシェルではないことに知りながら、フウ家の当主として迎え入れることを、ダー子は確信していたのです。

フウ家にとって最良の選択をするだろう…と。

コックリがミシェルとしてフウ家にやって来たことにより、ブリジット、クリストファー、アンドリューがずっと縛られていたフウ家の呪いから解き放たれたのです。

・結末

2年前の香港にて。

ダー子、ボクちゃん、リチャード、モナコの4人はお店で中華料理をほおばっていました。

その店主は後継者が不在のため、お店をたたむといいます。

それを聞いたダー子は、「跡取りがいないなら、架空の後継者をでっちあげれば詐欺師たちがやって来るから、その中から一番よさそうなものを選ぶと、本物の跡取りよりもずっと出来がいいはず」とアドバイスします。

隣の席で食事をしていたレイモンド・フウがその会話を聞き、「いいアイデアだ」といい、ダー子の肩をポンとたたいてお店を出るのでした。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の登場人物

ダー子     (長澤まさみ)

ボクちゃん   (東出昌大)

リチャード   (小日向文世)

コックリ    (関水渚)

五十嵐     (小手伸也)

鈴木さん    (前田敦子)

バトラー    (Michael Keida)

ちょび髭    (瀧川英次)

モナコ     (織田梨沙)

アンドリュー  (白濱亜嵐)

クリストファー (古川雄大)

ブリジット   (ビビアン・スー)

トニー     (柴田恭兵)

レイモンド・フウ(北大路欣也)

ホテルの支配人 (滝藤賢一)

ユージーン   (濱田岳)

元某国大統領夫人(デヴィ・スカルノ)

ヤマンバ    (濱田マリ)

ホウ・ナムシェン(生瀬勝久)

波子      (広末涼子)

ジェシー    (三浦春馬)

スタア     (竹内結子)

城ヶ崎善三   (石黒賢)

赤星栄介    (江口洋介)

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』レビュー

・テレビシリーズから続くどんでん返しが秀逸な作品

・大きく期待を裏切られて、感動の涙

・劇場で笑いを堪えるのに必死でした!

・これまでのオールスター大集合!キャストの使い方が贅沢

クーさん
クーさん

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』はこんな方におすすめです。

・コンフィデンスマンJPをドラマからずっと視聴している方

・コメディが好きな方

・気楽に映画を楽しみたい方

・笑って泣ける作品が好きな方

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の感想
女性20代

 

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のまとめ

『コンフィデンスマンJP』はコメディです。

しかし、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、笑って泣けて感動する作品でもあります。

ドラマシリーズから引き続き登場する豪華な俳優陣に加え、ロマンス編、そしてプリンセス編へと続き新たなキャストでグレードアップしたオールスターにまず感動しました。

そして今回はヒロインにコックリ役の関水渚を迎え、いつもとは一味ちがうコンフィデンスマンJPに仕上がったように思えました。

ダー子率いるコンフィデンスマンたちの、騙し合いのコメディ要素のみならず、新たなヒロインを置いたことにより、ストーリー性に深みが出たし、いつもはぶっ飛んでるダー子ですが、今回は母性があふれ出ていてすごく良かったです。

ロマンス編の香港に続き、今回はマレーシアのリゾート地が舞台で、より劇場版らしいスケールアップした作りが楽しめました。

エンディングに流れる、Official髭男dismの「Laughter」が秀逸で、物語にリンクして泣けてきます。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、いろんな意味で楽しめるエンターテイメント・ムービーといえるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました