小さな巨人 無料動画配信(ドラマ再放送1話〜最終回)フル視聴

小さな巨人 国内ドラマ

小さな巨人(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『小さな巨人』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『小さな巨人』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

日曜劇場『小さな巨人』第6話ダイジェスト&第7話予告

2017年4月16日から6月18日まで、TBSにて放送されました。

主演は長谷川博己。

警視庁と所轄の関係、警察内部の忖度、OBの天下り等…問題視される警察内部の闇にメスを入れた、リアルさ際立つ内容のドラマです。

ドラマ『小さな巨人』を無料で見る

ドラマ『小さな巨人』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『小さな巨人』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

小さな巨人(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ
第1『新警察ヒーロー誕生 敵は味方のフリをする 裏切り上司を倒せ!!』(視聴率:13.7%)

警視庁捜査一課強行班1係長・香坂は、これまでの実績が買われ、次期捜査一課長への抜擢が確実視されていたが、「ゴーンバンク」社長・中田和正の息子・隆一の飲酒運転検査に言いがかりをつけられ、所轄の芝署に飛ばされてしまう。

そんな中、芝署管内で和正の誘拐事件が起こった。

香坂らは、この誘拐事件には様々な事情が関与していることを突き止めるが、現捜査一課長・小野田が立ちはだかる。

第2話『5分拡大スペシャル所轄と警視庁の戦い!!敵の敵は味方か!?』(視聴率:13.0%)

和正の誘拐事件は犯人が逮捕され解決したように見えたが、香坂は事件には裏があると確信して捜査を続ける。

香坂は渡部と共に、隆一の元恋人・京子の自殺の真実を突き止めるため、「ナカタエレクトロニクス」の防犯担当・池沢菜穂の元に向かう。

小野田から香坂の動向を探るよう命を受けた、香坂の元部下・山田も現れ、香坂たちと行動を共にする。

第3話『警察に裏切り者が!あの上司に一喝!!』(視聴率:11.7%

菜穂は、京子は自殺ではなく、自分が屋上から突き落としたと供述するが、香坂は、犯人は菜穂ではなく隆一だと睨んでいた。

香坂は、隆一のアリバイを証明したアリサは、隆一の飲酒運転検査をした際に同乗していた女性であると思い出す。

この事実は捜査一課に伝えないまま、香坂は独自の捜査を続ける。

第4話『捜査一課長を逮捕!?上司との直接対決!』(視聴率:13.5%)

香坂はアリサの連行を試みるが失敗、捜査情報を流している内通者が周辺にいることを確信する。

「ゴーンバンク」は小野田と癒着していることを突き止めた香坂は、内通者が小野田ではないかと疑いを深め、その証拠を掴むために毎朝新聞の記事を利用する。

山田の協力で、小野田の不実を暴く決定的な場面に張り込む香坂だったが…。

5話『さよなら所轄・芝署最終決戦!犯人逮捕』(視聴率:13.9%)

内通者は小野田であると思い込んでいた香坂たちであったが、実は署長の三笠であったことが判明し愕然とする。

そんな中、一連の事件の真相の鍵を握るアリサが自首するが、アリサが証拠として提出したUSBは破損しており、三笠が破損部分を隠していると疑う香坂は、署長室に忍び込む。

証拠が揃い、日本脱出を試みていた隆一はギリギリのところで逮捕される。

第6話『豊洲署編スタート!警察官逮捕と隠ぺい』(視聴率:13.5%)

香坂は捜査過程の処分を受け、豊洲署に左遷され、様々な理由で祐里、山田も豊洲署勤務となる。

そんな中、早明学園経理課長の横沢裕一が失踪したと、妻の亜美が相談に訪れた。

早明学園の専務・富沢は警察OBであり、かつて香坂の父を所轄に左遷させた人物でもあった。

香坂は小野田の許可を取り、早明学園について捜査を始める。

第7『100%の証拠より200%の覚悟の戦』(視聴率:12.1%)

早明学園に潜入していた、刑事の江口が何者かに殺害された。

小野田は犯人を横沢だと断定するが、岡田は江口に協力していた横沢の犯人説に疑問を呈する。

山田の父・勲は富沢と土地売買の取引で繋がっており、山田は勲の不正を暴こうとして、江口の潜入捜査に協力していた。

香坂は、江口に潜入捜査を指示した人物の捜査に乗り出す。

第8話『最終決戦!腹黒上司との戦いに勝利せよ』(視聴率:13.6%)

香坂は江口を殺害した疑いで富沢を連行するが、他に証拠が見つかったとのことで、小野田は富沢を即日釈放してしまう。

富沢に恩義がある小野田が陰で手を回したのではないかと香坂は疑うが、小野田は横沢が犯人との主張を変えない。

指名手配された横沢が亜美に会いに来ると見越していた香坂は、マスコミを使い、ある作戦を実行する。

第9『最終回前・共犯者はあの上司!?逆転劇だ』(視聴率:13.7%)

横沢が確保され、豊洲署に連行されるが、山田は横沢と共に豊洲署から姿を消してしまう。

香坂が自宅に戻ると、山田と横沢の姿があった。

山田の訴えを聞いた香坂は、富永の再捜査が必要だと考え、隠されていた裏帳簿を確認する。

勲と富永の関係を表すページが切り取られており、山田は、かつて2人と繋がりのあった香坂の父・淳史に話を聞きたいと申し出るが…。

最終話『最終対決!犯人逮捕捜査一課長を倒すとき学園の隠ぺいと癒着は?涙の結末』(視聴率:16.4%)

横沢の無実を証明するために、香坂たちは捜査を続ける。

その中で香坂は、17年前に、早明学園理事長の金崎が勲に政治資金を提供する見返りに、学園の認可を取りつけていたことを知る。

事実を知った淳史は、当時の捜査一課長の富沢に報告するが、その富沢が事実を隠蔽したことが判明する。

更にこの事実を掴んだ江口に迫られた金崎が、江口を殺害したことも明らかになり…。

ドラマ『小さな巨人』の登場人物

香坂真一郎  (長谷川博己)

山田春彦   (岡田将生)

三島祐里   (芳根京子)

渡部久志   (安田顕)

三笠洋平   (春風亭昇太)

小野田義信  (香川照之)

富永拓三   (梅沢富美男)

金崎玲子   (和田アキ子)

※相関図

(c)TBS

ドラマ『小さな巨人』の主題歌

平井堅 『ノンフィクション』

平井 堅 『ノンフィクション』MUSIC VIDEO (Short Ver.)

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ無料で見る

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ドラマ『小さな巨人』の感想・まとめ

ドラマ『小さな巨人』の感想
女性20代
女性20代

様々な人の葛藤が上手に描かれていて、一話を見たらその後の話を見たくなるようなストーリーです。

ドラマの最大の見所は、主演の長谷川博己と香川照之の苛烈激烈な演技合戦です。

芸達者ぶりのこの二人が、圧倒的な演技力が火花を散らす場面は、相当オーバーアクション気味でしたがそれでも深い感銘を受けるほど素晴らしかったです。

追い詰められて、逆転しての展開ありきのため主人公が道化してしまっている感じですが、そういう設定が個人的には面白かったし、どなたでもあまり深く考えないで楽しめるはずです。

あと、脇を固める豪華な顔ぶれのキャスティングが魅力でもあります。

大変な職業である警察官の方には、国民としてはこの作品を通じて、やっぱり感謝しかないです。

その他の感想はここから見れます
女性30代
女性30代

警視庁捜査一課のエリート香坂は一課長に一番近いと言われながら、軽く見ていた所轄に移動させられてしまいます。

一課長の運転手もエリートコースと聞きましたが、担当の山田もエリートコースから外されてしまいます。

叩き上げのノンキャリアのトップに君臨する捜査一課長を巡り、元一課長も巻き込んでの警察内部の権力闘争と、本庁と所轄の間にある厚い壁の存在を感じさせるドラマです。

飛び抜けた技術開発された利権を巡り、香坂は罠に嵌り所轄の刑事と共に真相を追いかけますが、敵は味方のフリをする!と言う言葉が常にドラマをひっくり返して、一体何が真実で、誰が信用できて誰が敵なのか?混沌とした状況が続いていくシーンが見どころで、推理想像しながら体験していくとドラマと一体感を感じられて面白く、悔しくなりました。

一課長と言う権力者を前に、所轄で真実を追いかけ足を使ってたどり着く手掛かりが、真実なのか、フェイクなのかと何度も打ち砕かれそうになる想いを、共鳴して体感できる感じが良かったです。

女性50代
女性50代

もともと、長谷川博己さんの大ファンなので観ることにしたのですが、その期待を上回るドラマでの様子にほれぼれしました。
スーツ姿のかっこいいこと!長身の姿にスーツ、走る姿の足の長さ(歩いている時の姿も勿論!)、しゃべるときの口の開け方(口元のアップ満載)ハセヒロファン必見です。
ハセヒロのカッコよさもありますが、毎週楽しむことが出来たのはストーリーが面白かったからだと思います。
1話完結ではない刑事ドラマで、アクションものでもなく、割と落ち着いたドラマだったので、年齢に関係なく楽しんで観ることが出来るとおもいます。
ストーリは2部構成で、ストーリーの中の事件自体は1部と2部の関連性がなかったので、最後まで飽きることがありませんし、主人公が苦難に陥っても粘り強く解決していく姿をさわやかに描いていたのもとても良かったです。

女性50代
女性50代

1話完結ではない刑事ドラマは、事件解決まで時間がかかるのであまり得意ではありませんでいたが、このドラマは2部構成になっているので、飽きることなく見ることが出来ました。
警察組織と対峙する場面もあり、ストーリー的には堅い部分もあるせいか、主要な配役のほとんどが男性でした。そして演技も重めというかオーバーリアクション気味という感じでした。緊張感を出す演出のためだと思います。
そんな中、箸休め的な清涼感を持っていたのが長谷川博己演じる、香坂刑事の家庭の場面。
香坂が家に帰ってくると、母親と妻が仲良く二人で食事をしてたりします。
警察署での重たい雰囲気がガラッと変わり、明るくなり、ホッとさせられます。何より嫁・姑の仲の良さが嬉しいです。数少ない女優さんの存在は結構大きかったような気がします。
出番は少ないですが、事件解決の糸口につながる役目もあり、ありがたい存在でした。

女性50代
女性50代

このドラマの見どころは、犯人はいったい誰なのかと、緊張感を持ちつつ事件解決を迎えるところにあると思いますが、もう一つの楽しみ方は、長谷川博己(香坂刑事役)と香川照之(小野田一課長)の対峙する場面だと思います。
ドラマ「半沢直樹」で培った顔芸をいかんなく発揮する香川照之に応えるように長谷川博己が負けじとセリフ回しや顔芸で立ち向かってきます。
その様子が毎回面白くて目が離せません、今回はどんなかな?と楽しみになりました。
その他の俳優陣もオーバーリアクションな感じがあって、ストーリーの緊張感を盛り上げてくれています。
後半に出てくる梅沢富雄と高橋英樹の「悪人面」は忘れられない場面です。また、久しぶりにドラマで見た和田アキ子も重要な役どころがぴったりとはまった感があり、とても面白いドラマでした。

男性30代
男性30代

今まで様々な刑事ドラマがありましたが、このドラマは熱量が熱かったです。
本格的な刑事ドラマと、主人公が捜査一課に対する思いの裏にかけれたミステリーがしっかりしていたので、ドラマ全体が骨太でした。
特に捜査一課長の小野田は、本当に悪いやつなのか、それとも裏にかくれた真実があるのか主人公の香坂は真実にたどり着けるのかに注目です。
謎の殺人事件の闇は大きくなり、やがては父親の内閣官房長官の進退にも関係してくることになります。
刑事ドラマと一括りにするには、もったいないぐらいに作りこまれた内容と演者達のレベルの高さが印象的です。
このドラマのある意味でのキーパーソンは渡部なのかもしれません。
まだ見ていない人がいたら、渡部が出てきたら注目してみてください。

女性30代
女性30代

展開がどんどん変わっていくドラマだったので、ハマって見てしまいました。主人公である香坂真一郎役の長谷川さんのナレーションが入りながらのストーリー展開がさらに緊張感をたかめ、物語に引き込まれていったんだと思います。

ほぼ毎回のように見られる捜査一課長である小野田一課長の香川さんの顔で出してくる威圧感に痺れました。物語は第1部の芝署編と第2部の豊洲署編に分かれていました。

第1部では信頼していた上司から第1話から裏切られてしまい、警視庁から芝署に飛ばされながらも「捜査は足で」と言いながら、少しずつ事件の真相を紐解いていくシーンは本当にどこドキします。

第1部の犯人である中田隆一の彼女であり事件のキーパーソンとなっている、山本アリサをいかに芝署に連れてくるかのシーンや、この事件の黒幕である三笠所長が隠したUSBの破片の捜索、そこからの逮捕と尋問はドキドキ&爽快感満載でした。

第2部は本当にキャストが豪華すぎることがまず驚きでした。

和田アキコさんと梅沢富美男さんが一緒のドラマに出るなんてどんだけ豪華なんだよとツッコミを入れてしまうくらいでした。

第2部もハラハラドキドキしているうちにあっという間にクライマックスを迎えてしまいました。

最終回で香坂さんが捜査一課に戻り、警察を内部から変えてやるというところが本当にスッキリしました。

今までにない刑事ドラマで本当に面白く見ることができました。

また、伏線がたくさん張り巡らされているので何度見ても飽きないのが大好きです。

ドラマ『小さな巨人』のまとめ

長谷川博己さん演じる香坂の行く先々での、決して諦めない捜査への執念にハマりました。

日曜劇場お馴染みの香川照之さん演じる小野田が、今回もキーマンでしたね。

警視庁と所轄の関係、OBの天下り等…、現実でも問題視されているテーマを盛り込み、香坂の左遷先の芝署編、豊洲署編とテーマを分けて展開したところもユニークでした。

毎回、高視聴率を叩き出す日曜劇場は、見る価値あると感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました