CHANGE 見逃し無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/キムタク

CHANGE 国内ドラマ

CHANGE(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

『CHANGE』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

ヒモメン MV

2008年5月12日から7月14日までフジテレビにて放送されました。主演は木村拓哉。

小学校で教師として働いていた主人公、朝倉啓太がなんと衆議院議員に立候補し、果てには内閣総理大臣に!

「誰のために何をすればいいのか」啓太は自分自身に問いかけながら、その答えを探していきます。

\ 今すぐ『CHANGE』の視聴をする/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

『木村拓哉』の歴代作品

CHANGE(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『CHANGE』のあらすじ
第1話 (視聴率23.8%)

朝倉誠議員とその長男で後継者の昌也が事故で死亡した。

与党総務会長・神林と秘書の美山は、次の補欠選挙の候補者を誰にするか揉めるが、朝倉誠の次男・啓太に白羽の矢が立つ。

しかし、啓太は父と対立して勘当された身で、長野で小学校の教師をやっていた。

立候補の説得に向かう美山。

啓太は直ちに断るが、母・貴江が立候補をすることを知り、やむなく引き受けることに。

選挙プランナー・韮沢の力も借りて、思いもかけない選挙戦が繰り広げられていく。

第2話 (視聴率23.0%)

父・朝倉誠の不正を素直に認めたことがきっかけで、補欠選挙に当選した啓太。

神林の命で、美山が啓太の秘書として付くことになる。

しかも、何故か啓太の宿舎に、韮沢とひかるもやってきて、3人で同居することに。

啓太は大物政治家たちとの会食より、住民の小さな相談に耳を傾ける。

そんな中、鵜飼武彦総理がスキャンダルによって辞任に追い込まれ、次の総裁選が行われることになった。

何を思ったか、神林は啓太に総裁選への出馬を提案する。

第3話 (視聴率22.4%)

総裁選への出馬を打診された啓太は、自分自身の思いと向き合うために長野へ。

様々な人達との触れ合いや、美山からの言葉を受け、啓太は総裁選への立候補を決意する。

難しい政治言葉ばかりを並べる、他の2名の立候補者に対して、自分の言葉で国民に訴える啓太は、国民の圧倒的な支持を得ていく。

そしてついに大差で、朝倉啓太総理大臣が誕生。

啓太に寄り添っていた神林も喜ぶが、アメリカ大統領から神林宛に「これで実質的には、あなたが総理だ」と内密に連絡が入るのだった。

第4話 (視聴率19.3%)

総理大臣として目まぐるしい日々が始まった。

美山は主席秘書官となり、今まで通り啓太をサポートすることに。

啓太は神林を信頼して、組閣について相談するが、神林は啓太が忙しいことをいいことに、勝手に啓太抜きで組閣案を決め、実質的には神林の思惑通りに事が進んで行く。

そんな中、国が建設したダムが原因となって、大量のミズクラゲが発生している事案の資料に目を通した啓太は、韮沢の協力を得ながら調査に乗り出す。

第5話 (視聴率19.5%)

総理大臣として、多忙な日々を過ごす啓太であったが、突然の予定のキャンセルに伴って、久しぶりに休みをもらえることに。

東京への外出に繰り出そうとする啓太だが、総理の外出には事前に警備を整えておく必要があるとのこと。

せめて、雑誌でみかけたビバリーヒルズドーナッツへ行きたいと願う啓太に、美山は何とか警備の手はずを整える。

しかし、そこへアメリカ通商の代表のハリー・ビンガム、更に韮沢の娘が相次いで突然来訪。

予定外の事態にとまどう啓太だが、何事も相手と真剣に向き合う啓太の姿勢が、事態を解決に導いていく。

第6話 (視聴率19.1%)

啓太と美山の食事現場が隠し撮りされ、2人の恋愛スキャンダルの記事が出てしまう。

困惑した美山は、あからさまに啓太と距離を置こうとするが、啓太は何も動じない。

小児科医不足の現状を耳にした啓太は、小児科医療対策を最優先事項に挙げて動き出すが、自分の思うように動かない啓太に神林は苛立っていた。

啓太の潔い行動力に、野党の野呂も注目し、野党でありながらも啓太を支持していく。

そんな中、神林は内閣総辞職を目論んでいた。

第7話 (視聴率20.9%)

神林は啓太の周囲に寄り添う人材を、離れさせていくという手段に出る。

美山にも、総理秘書官を辞めるよう指示。

信頼してきた神林の仕打ちにショックを受ける美山だったが、仕方なく啓太に辞職の意志を伝える。

一度は美山の意志を受けた啓太であったが、新秘書官の選定が進まない中、あらためて美山を引き止めるが…。

神林は裏で手を回し、小児科医療対策の予算案を通そうと奔走していた小野田の支持層を引き離す。

神林の裏切りに気づいて出向いた啓太に、神林は「君はもう、用済みだ」と冷たく告げる。

第8話 (視聴率19.5%)

小児科医不足で、たらいまわしにされた男の子が死亡した。啓太は自分の無力さを感じて失踪する。

啓太が実家にいると知った美山は啓太の元へ。

小児科医療対策の予算案が通らなかったと聞いた啓太は、美山に励まされて再び東京に戻る。しかし美山は、恩義のある神林の元へ戻ってしまう…

啓太は神林ともう1度向き合おうとするが、神林は啓太を支えていくと言いながら、再び啓太を裏切る行動を起こす。

神林に見切りをつけた美山は、再び啓太の元へ向かい、首席秘書官として啓太を支えて行こうと決意する。

第9話 (視聴率22.3%)

神林は、啓太に罷免されたとして官房長官を辞職。

そのことで支持率が大幅にダウンした朝倉内閣は、進官房長官に韮沢を任命することで再スタートを切る。

神林は啓太の父が関与したと言われている「大道商事疑惑」を持ち出し、22名の朝倉内閣の閣僚たちを訴えた。それはまさに神林が考えていた隠し玉だったのだ。

神林に責任を問われた啓太は、立ち上がるが、総理としての責任について話しかけたところで倒れてしまう。

最終話 (視聴率27.4%)

重度のストレス過労で倒れた啓太。意識をようやく取り戻し、総理代理を生方に頼んでしばらく休養する。

元気をとりもどした啓太は、辞任までの残された1週間の中で、自分達が出来ることを探る。

そんな中、小野田が啓太を訪ねて来た。

父・誠とも親しかった小野田は、誠がやり遂げたかった夢を啓太に伝える。

同時に、教え子たちの言葉も思い出した啓太は、美山に自分の思いを国民に伝える場を用意してもらい、1人の人間として国民の前に立つ。

啓太は、内閣総理大臣を辞すること、そして衆議院の解散を決めたことを、自分の言葉で国民に宣言する。

ドラマ『CHANGE』の登場人物

朝倉啓太  (木村拓哉)

美山理香  (深津絵里)

韮沢勝利  (阿部寛)

宮本ひかる (加藤ローサ)

月岡瑠美子 (堀内敬子)

松ケ谷   (車だん吉)

小野田朝雄 (中村敦夫)

神林正一  (寺尾聡)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『CHANGE』の主題歌

Madonna 『Miles Away』

Madonna – Miles Away [Official Music Video]

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

CHANGE(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『CHANGE』の感想

 

男性50代
男性50代

主人公の、小学校教諭だった朝倉啓太は、衆議院議員だった父と後継者を目指し政治家をしていた兄を亡くし、意気消沈する母の為に渋々補欠選挙に出馬し、当選して35歳と言う若さで総理大臣にまでなり、腹黒い政治家から翻弄されながらも、日本の為に奮闘していくと言うストーリーになっています。

誰にでも分かり易く普通の人の目線で庶民の味方でいてくれる。こんな総理大臣がいたらいいと思いました。

選挙プランナーの韮澤や元財務省のキャリア官僚だった秘書の美山の協力を得て、新米政治家が一生懸命に政治の闇に立ち向かっていく姿は、凄くカッコ良く見えました。

このドラマの一番の見せ所は、最終回の20分越えの演説です。

これをワンカット一発 OKと言う神がかリ的な事をやってのけるのは木村さんの凄い所です。

これによって国民一人一人が、政治の見方が変わった気がします。

それこそ小学生でも分かるような内容が凄く良かったと思いました。初めは敵でも朝倉総理によって味方に変わっていくのは、やっぱり日本を良くしていきたいと心では思っているからだと思います。

秀逸なドラマの一つです。

その他の感想はここから見れます

 

女性50代
女性50代

政治家一家に生まれながら、そこから距離を置いて長野の小学校に勤務していた教師の朝倉啓太(木村拓哉)は、衆議院議員だった父と兄が不慮の事故で亡くなったことからその地盤を継ぐことになり、補欠選挙に立候補させられたのです。
右も左もわからない中で、その若さとルックスにより勢いで当選、ちょうど内閣が総辞職したことから総裁選へ出馬させられた揚げ句に当選し、啓太はあれよあれよという間に総理大臣になってしまったのでした。
そんな彼を利用して様々なことを画策する周囲をよそに、啓太は秘書の美山(深津絵里)や選挙プランナーの韮沢(阿部寛)といった数少ない見方を得て、彼なりの”政治”を志していくことになったのでした。
フジテレビらしいポップさと、風刺を込めた物語の中で、”国会王子”として祀り上げられていく啓太の姿と、ただそれだけでは終わらない肝の座った表情を見せる木村拓哉さんのキャラ立ちが見事であり、現実の世界にこんなことは起こりえないだろうと思いながらも、リアルな国会のニュースをちゃんと見てみようと思わせるパワーがある作品でした。

女性20代
女性20代

政治になどまったく興味を持っていなかった男がある事情から議員へそして総理大臣へとかつぎ出されるストーリーが斬新です。 小学校教師が総理大臣にまさに青天の霹靂で政界で色々な政治家たち

に翻弄されながらも同じく日本を良くしたいという想いを秘めた人々と奮闘していく部分や庶民感覚を忘れずに、普通の人の目線で臆せずに分からないことは分からないと言える、そんな総理の姿も見所です。

主役の朝倉啓太のようにお金と権力にまみれていない政治家が日本にはどれくらい居るんだろうかと考えてしまいます。

分かりやすい言葉で説明してくれる彼の姿も魅力的な部分でもあります。深津絵里さんをはじめ、阿部寛さんや加藤ローサさんなどユニークなキャラクターも必見です。

総理と深山さんのラブロマンスも終盤にちょろっとありますが、そこがなんかリアルな距離感で良かったです。

最終回、朝倉啓太の約23分にも及ぶ演説のシーンは視聴者が一生忘れられないようなそんなシーンでもあります。

男性50代
男性50代

田舎の小学校教師が、ある日突然に親の代議士の死によって、人生が大きく変わり総理大臣にまでなる、サクセスストーリーと言うよりコメディヒューマンドラマです。主演は木村拓哉さん。

支える秘書役に深津絵里さん、アドバイザーに阿部寛さんらが出演されています。

地元で無理矢理立候補させられた時の演説で、親の代議士の献金疑惑があったと思うと認め、素直に謝罪をする姿が見どころの一つ。

政治家で自分の非を認めて謝罪できるような人はいないでしょう。

そして、そんな逆境を乗り越えて見事に当選。国会議員になって、知らない事はトコトンしらべ、現地にも積極的に足を運んで調べる誠実さは、今の議員の方々と嫌でも比べてしまい見応えあるシーンになっています。

未来の子供達に嘘はつかない、教師の精神を実行していきますが、場所は永田町。その政治権力闘争に、知らず知らずのうちに巻き込まれて、総理大臣に担ぎ上げられてしまいます。

古参の議員達の思惑は、人気取りで支持率を上げる神輿扱い。思惑に翻弄されてしまい、そんな中で最大の見どころ。

木村さんは解散総選挙と言う最後の手段に出て、癒着や派閥などない、子供に自慢出来る日本の未来に変えようとします。

このような人が、ホントに総理大臣になったら、日本は変われると改めて感じます。

木村総理大臣の言葉は、子供の頃に学んだ正しいことを考える、相手の人の話しを聞く、謝罪する、当たり前のことを当たり前にできる世の中に。

感動するスピーチでした。

女性20代
女性20代

今の政治に求められていることがぎゅっと詰まっているドラマです。木村拓哉さん演じる朝倉総理の『小学5年生でもわかる政治』を国民に伝えていくべきだという姿勢は、まさに今の国民が求めていることだと思います。

国民には良く理解ができない政治の世界に、同じく政治に素人の教師である朝倉が、人一倍努力して勉強をして、総理として活躍していく姿は、とても誠実さを感じ、こんな総理が実際にいれば良いのになあと思わずにはいられません。

敏腕秘書である深津絵里さん演じる美山秘書の働きも、働く女性のかっこよさが表れていて素敵です。

右も左もわからない朝倉総理に、美山秘書始めさまざまな政界の人たちが1から教えてくれるので、このドラマを見るだけで、自分も政治への理解が深まります。
政治というテーマなので、一見難しそうに見えるドラマですが、出演するキャストが個性的で面白く、とても親しみやすいドラマになっています。

政界に入ったばかりの朝倉は、周りの政治家たちに煙たがられていましたが、回が進んでいくにつれ、みんな次第に朝倉の人柄の良さに惚れ、自分が政治家を志した本来の目的を思い出し、総理と共に奮闘していく姿は見ていてとても爽快です。
今の世の中にとても合ったドラマとなっているので、ぜひ先入観なしに、このドラマを見ることをおすすめします。

男性30代
男性30代

議員の息子である木村拓哉さんは、田舎の小学校で教師をしていたが、父親の死によって地盤を引き継いで立候補することになります。その選挙戦の最中に、父親の献金疑惑が持ち上がるが、その疑惑はたぶん事実です!と、演説で頭を下げてお詫びします。

小学生に恥じない、嘘のない未来のためにという教師の信念からです。

そして議員になり、政治の世界に入っていきます。

しかし、政治の世界は子供達に誇れるような場ではなく、派閥争い、利権争いなど混沌としていますが、木村さんは現地に赴き自分の目で見て、調べて子供達に恥じない政治家を実行していく姿が、とても魅力的です。

このような政治家の人達ばかりの国ならば、明るい未来があると思わせてくれます。

しかし、そんな若手で女性受けも良い事を逆手に、権力を握ろうとする派閥に総理大臣に担ぎ上げられてしまいます。

理想を実現したい総理と、あくまで傀儡として操りたい重鎮政治家達との駆け引きが始まります。

しかし、数が物を決める世界、派閥の壁を崩すことが困難で先に進まず、最後の一手を打ちます。

解散総選挙。総理大臣として、最後のメッセージを語るシーンは見どころで、子供の頃に教わり学んだ正しいことを正しく行うことを、どうか考えてください!と、誠意を以て語ります。

そして、解散総選挙で話は終わり未来は視聴者に委ねられています。選挙アドバイザーに阿部寛さん、秘書に深津絵里さんも登場し、深みのある理想論的な内容もありますが、楽しめるドラマで夢を託したくなる魅力がありました。

まとめ

新人議員が総理大臣になるという、夢のような内容でしたが、木村拓哉さんが見事に演じ切っていました。

小学生教師だった啓太が、小学生にも分かる言葉で、国民にまっすぐに向かい合う姿は感動を誘います。

政治を他人事だと思っていた一国民が、政治の世界に入り、内閣総理大臣となったことで気づけたこと。

最後の22分間にわたる演説は、見ている者の心に感動を与えてくれます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました