キャットウーマン 無料動画配信(映画 吹き替え)をフル視聴

キャットウーマン 洋画

キャットウーマンの無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『キャットウーマン』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『キャットウーマン』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

『キャットウーマン』日本版劇場予告編

『バットマン』に登場するキャラクターであるキャットウーマンを題材にした映画であり、2004年に公開されました。

作品・監督・脚本・主演女優賞の4部門でラジー賞を受賞するほど、想定外に評価が低く残念でしたが、その分話題性に富んだ作品となりました。

『キャットウーマン』を無料で見る

映画『キャットウーマン』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『キャットウーマン』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

キャットウーマン(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『キャットウーマン』のあらすじ

・ある猫と刑事との出会い

化粧品会社「ヘデア・ビューティー」社員のペイシェンスは、広告デザイナーではあったが、仕事への情熱もなくただ流されるままの平凡な毎日を送っていた。

ペイシェンスは、新製品のデザインを社長のジョージに提出するが、ありきたりのデザインにジョージは再提出を要求。

部屋で新デザインを考えていたペイシェンスは、1匹の猫が、部屋の外で下に降りられずに立ち往生している姿に気づき助けようとするが、自分が落下しそうになってしまう。

たまたま通りかかった刑事・トムに助けられることに。

・キャットウーマンに

新デザインを持って社長室を尋ねたペイシェンスは、新製品「ビューリン」の副作用を隠蔽しようとしているジョージと妻ローレルの会話を聞いてしまう。

ペイシェンスに会話を聞かれたと気づき焦ったローレルは、部下に命じてペイシェンスを殺害してしまう。

息絶えたペイシェンスのもとに、ペイシェンスに助けられたあの猫が近づく。

猫はキャットウーマンとしての力を捧げ、ペイシェンスの命を蘇らせるのだった。

『キャットウーマン』のネタバレ

・記憶がなく戸惑う

命を吹き返したペイシェンスであったが、自分に起きたことの記憶が全くない状態に茫然とする。

ふと気づくと、そばに寄り添う昨日助けた猫の姿が。

ペイシェンスは、猫の首輪に飼い主のオフィーリアの名前を発見し、オフィーリアの元を訪れ、この猫の不思議な力について聞かされる。

・殺されたことを知る

デザインの再提出期限を守らなかったペイシェンスを、怒鳴るジョージ。

いつもは、言われるがままのペイシェンスのはずが、別人のように激しい口調でジョージに言い返すペイシェンスの様子に周囲は驚く。

その後、我に返ったペイシェンス自身も自分の行動に慌てるが、このことが原因でペイシェンスは会社をクビになってしまう。

自分自身のことが分からなくなり、再びオフィーリアの元を訪れたペイシェンスは、自分が死んで、その後キャットウーマンとして生き返ったことを聞かされショックを受ける。

・自分を殺害した犯人を捜す

記憶を失っていたペイシェンスであったが、断片的にかつての記憶が蘇り始め、自分が殺されたことも思い出すことに。

自分の死と新製品「ビューリン」との関係を調べるために研究室に向かったペイシェンスは、既に殺された開発者の遺体を発見する。

現場に居たことで、ペイシェンスはその開発者を殺害した犯人とされて通報されるが、キャットウーマンの能力を持って駆けつけたトムたちから逃げ延びる。

・愛するトムとの対峙

トムから逃げたことを隠しながら、トムと会うペイシェンス。

しかし、ペイシェンスの部屋に泊まったトムは、キャットウーマンの爪を発見し、研究室から逃げた犯人がペイシェンスであると確信する。

一方、ローレルはジョージを裏切って殺害し、ペイシェンスが犯人であるかのように仕向ける。

ペイシェンスは無実を訴えるがトムに逮捕され、留置所に入れられてしまうが、恐ろしい副作用を持ったビューリンの販売を止めるために、キャットウーマンの能力で留置所を脱走する。

・トムとの別れ

一度はペイシェンスのことを疑ったトムであったが、ペイシェンスが訴えていたことが真実かを調べるために、ローレルの元へ向かう。

真実を知ったトムはローレルに殺されかけるが、そこへ現れたキャットウーマン、すなわちペイシェンスに救われることに。

トムはペイシェンスがキャットウーマンであることを隠すための助言をするが、ペイシェンスはその後の人生をキャットウーマンとして生きていくことを選択する。

『キャットウーマン』の登場人物

ペイシェンス・フィリップス/キャットウーマン(ハル・ベリー)

トム・ローン刑事             (ベンジャミン・ブラット)

ジョージ・ヘデア             (ランベール・ウィルソン)

ローレル・ヘデア             (シャロン・ストーン)

サリー                  (アレックス・ボースタイン)

オフィーリア・パワーズ          (フランセス・コンロイ)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『キャットウーマン』の感想
女性30代
女性30代

2004年「キャットウーマン」は上映されました。会社の秘密を知ってしまったペイシェンスが殺され、キャットウーマンとして生まれ変わる話なのですが、秘密を知ってしまうと殺されてしまうというのがあまりにもかわいそうでした。ペイシェンスがキャットウーマンとして動き回る姿が、しなやかで艶があって色っぽくて素敵だと思いました。自分を殺した犯人を探すためにキャットウーマンになるのは、残念だと思います。足音を立てずに背後に回れたりするので、もっとコミカルな動きを取り入れて欲しかったです。ラストでビルから落ちたローレルの肌が陶器のようにひび割れているのが、怖かったです。本当に硬いものだったのだと思い、話したりしている時は、どうなっているのか気になりました。肌が若い頃のように蘇るのならば、使ってみたくなる人が多いのもわかるので、世に出回っていたら大変なことになっていたと思います。裁判にもなりそうな商品を世に出そうとしていた理由がわからなかったので、ローレルが何がしたかったのか知りたかったです。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

17年前「キャットウーマン」は上映されました。猫神に選ばれたペイシェンスのしなやかな動きが女性らしくて素敵でした。身軽で足音も立てずに背後に回れたり、高いところを歩いたり、高いところから飛び降りたりとキャットウーマンの時のペイシェンスが素敵だと思いました。宝石強盗をしている場面に遭遇して、宝石を盗んでしまうのはいただけませんが、強盗を捕まえるのに協力したのはいいと思います。キャットウーマンがどんな役割を担っているのか不明なので、もったいなく感じました。ペイシェンスの会社の不正を明るみにするだけなら、証拠を掴んで警察に持っていくだけで良かった話だと思います。キャットウーマンでなくてはならない何かが欲しかったです。牢屋に入れられたキャットウーマンが鍵も使わずに出られてしまうのは、しなやかな体があったからではないのが、惜しいと思います。あれだと、痩せていて頭の小さな人はみんな外に出ることができてしまうのではないかと思いました。キャットウーマンの猫っぽい動きをもっと見たかったです。

『キャットウーマン』のまとめ

キャットとしての体のしなやかさが、ハル・ベリーによって素晴らしく表現されていました。

想定外に酷評された作品だったようですが、人間を猫になぞらえる作品は珍しく、更にハル・ベリーの美しさも重なって、私自身はとても楽しめました。

ラジー賞を受賞したことで話題となった作品でしたが、その印象で見て見ると、思いがけず楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました