ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー 無料動画配信(ドラマ再放送~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

2009年に放送されたTVドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』は、山下智久さんと北川景子さんの初共演ということで大きな話題となりました。

このドラマのタイトルにあるブザー・ビートという言葉は、この作品だけの造語でありバスケットの試合終了と同時に決まるゴールを指すブザービーターを模しています。

そして、キャッチコピーの「恋は人を強くする」のように、自分の弱さに悩む主人公の成長していく様子が描かれ、まさに王道といった感動のラストが待ち受けています。

それでは、正統派のラブストーリーである本作品をご紹介していきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

 

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のあらすじ

・自分の弱さに背を向ける

プロバスケットボールチーム「JC ARCS」に所属する上矢直輝は、学生時代こそ華々しい実績を残す活躍を見せていたが、プロリーグに所属するとプレッシャーに対する弱さを露呈し、本来の実力を発揮できないでいた。

そんな直輝は、バスケットボール以外でも自身の気持ちと向き合うことを怖れ、恋人との結婚についてもはっきりとした態度をとれないままだった。

 

・出会い

プロのバイオリニストを目指す白河莉子は、書店でアルバイトしながら目標に向かって頑張っていた。

ルームメイトであるフルート奏者の海老名麻衣と一緒にバスに乗っていると、忘れ物と思われる携帯電話を見つける。

すると、携帯が鳴りだし応えると、川崎という人からでその携帯電話を落とし主に返すからと待ち合わせする事になり、莉子は待ち合わせに来た川崎に一目惚れされてしまうのだった。

そんな莉子が、とある日の夜公園でバイオリンの練習をしていると、拍手が聞こえてくる。

その拍手の主は直輝で、いつもこの公園で練習していた彼は場所を譲られるとドリブルやシュートの練習を始めるのだった。

だが、その直輝のドリブル音を耳にした莉子は、立ち止まり彼のプレーに耳を傾け始めた。

絶対音感の持ち主である彼女は、毎日夜になると聞こえてくる「ド」の音の正体が直輝のドリブルだと気づき、「バスケットボール選手なんですね」と声をかける。

すると、「まだまだだけど」と答えた直輝の肩を軽く叩くと「私が最初のファンになってあげる」と微笑むのだった。

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のネタバレ

・瀬戸際

上矢直輝の所属するプロバスケットボールチーム「JC ARCS」は、プレーオフ進出を果たすも、敗退してしまい今シーズンを終えていた。

直輝自身も華々しく活躍してきた学生時代とは違い、チームの勝敗の行方を握る緊迫した場面でのミスが多く、プレッシャーに対する弱さを露呈するシーズンとなってしまっていた。

そんなチームの親会社である日本コンストラクションとの来季の契約交渉の席に於いて、直輝は30%の減俸を提示されてしまうのだった。

その条件と評価に納得がいかないものの、自分自身が充分に実力を発揮できていない事も把握していた彼は、このままチームに残留するか新たなチームからの誘いを待つかと悩み一時保留する。

そんな時、練習場で直輝は代々木廉と出会う。

廉はチームが来季に向けての補強要員として目をつけている選手で、ポジションも直輝とかぶっていた。

すると、練習施設の見学に来ていただけの廉は直輝に1on1の勝負をけしかけてくるのだった。

廉との勝負に負けてしまった直輝は落胆を隠せず、他チームからのオファーの様子もなく、プロバスケットボールプレイヤーとして瀬戸際に追い込まれてしまう。

更に、追い込みをかけるように直輝が結婚を考え交際しているチームのチアリーダーである七海菜月が、廉の誘いを受けるように浮気するのだった。

結局、悩んだ末にダウン提示を受け入れチームへの残留を決めた直輝。

彼がいつものように自主練する為に近くの公園に向かうと、バイオリンを奏でる女性を見かけ、その演奏に感動した直輝は思わず拍手してしまう。

彼女は直輝に気づくと「もう止めるところだから」と場所を空けてくれ、直輝も礼を告げて練習を始める。

すると、彼女は何かに気づいたように「バスケットボール選手ですか」と声をかけてきて、直輝が自信なさそうに答えると「私が最初のファンになってあげる」と笑顔で励ましてくるのだった。

 

・自己紹介

直輝に声をかけた女性は白河莉子というプロのバイオリニスト志望で、公園の近所に住む彼女は絶対音感の持ち主でもあり、毎晩のように聞こえてきた「ド」の音階の音が直輝のドリブルだと気づいたのだ。

そんな莉子は、ルームメイトの麻衣とバスに忘れられていた携帯電話をきっかけに、プロバスケチーム「JC ARCS」のコーチとキャプテンである川崎と宇都宮の二人と知り合いになり、練習試合に誘われていた。

後日、試合会場を訪れた莉子は、そこでベンチに待機する直輝の姿を見つける。

すると、試合に出場した直輝は何だか緊張しているようで、どうにも動きに精彩が見られず、相手のファールでフリースローを獲得するも1本目を外してしまう。

あまりにも怯えたプレーを続ける直輝に見かねた莉子は「そこの8番!」と大声をあげると、「何をオドオドしているのよ。本当は上手でしょ」と激励するのだった。

その莉子の姿を目にした直輝は、吹っ切れたように2本目のフリースローを決めると、見違えるように自信に満ちたプレーを見せるとブザービーターを決め、会場を見渡すが、彼女の姿は見当たらなかった。

その夜、いつものように公園で練習する直輝。

すると、その音を聞いて駆け付けた莉子は、試合を最後まで見届けなかった事を謝り、直輝は声をかけてくれたことを感謝する。

そして、公式戦も応援に来てほしいと直輝が話すと、私はあなたのファンだからと快諾した莉子は「次にバカと声をかけるのに名前を教えて」と聞き返す。

こうして、ようやく二人は自己紹介するのだった。

 

・正直な気持ち

その後も友人としての親交を深める二人だが、それとは別の感情も抱き始めていた。

だが、直輝は菜月を巡って廉との諍いが絶えず、莉子は川崎から熱烈なアプローチを受け続けていた。

複雑に交錯する気持ちに振り回されながらも二人は自分の正直な想いに気づくが、お互いの相手を思いやり、やがて会わなくなってしまう。

そうしているうちに、莉子の誕生日を迎えた。

もう少しで日付が変わろうとした時、直輝から誕生日おめでとうと電話が入り、莉子は「プレゼントにいつものドリブルの音が聞きたい」と告げる。

すると、電話を切らずにドリブルしながら公園に現れた直輝。

たまらず窓を開けた莉子は「もう会わないなんて言わないで」と声をあげ、その言葉を聞いた直輝は彼女の元へ駆け寄ると、強く抱きしめキスをするのだった。

ようやくお互いの気持ちを通わせるも、菜月からの嫌がらせのような言動に感情を揺さぶられた莉子はバイオリンのレッスンに集中できなくなってしまう。

そして、気分を変えようと実家に帰った彼女は「バイオリンを止めて戻ってきたら」と言われ、迷い始めるのだった。

一方、以前からプレー中に足首の痛みを感じていた直輝だが、最近はその痛みを強く感じることがあり気になっていた。

そんな彼は帰省中の莉子の帰りを心待ちにしていたが、ある日の練習後に菜月のことが原因で廉と殴り合いをしてしまう。

東京に戻って来た莉子は、その二人の殴り合いの事を麻衣の彼氏で直輝のチームメイトでもある秀治から聞かされ、動揺を見せる。

その日の夜、いつものように直輝のドリブルの音が聞こえ駆け寄った莉子は、「どうして直輝は、私だけの事を見ていてくれないの」と思いの丈をぶつけるのだった。

後日、菜月からやっぱり好きだと気持ちを打ち明けられた直輝は、これまでの事を感謝しながらも菜月の気持ちを受け入れず「守りたい大切な人がいる」と告げ、莉子のことを諦めない川崎に会うと「彼女を守りたい、彼女と一緒なら強くなれる」と言い切り、自分自身の気持ちに決着をつけようとする。

一方、某音楽団の理事長から欠員補充の為、一週間後の演奏会への参加を打診された莉子は喜びながらも、これが最後と決意を固めてレッスンに臨んでいた。

そんな時、練習中に気になっていた足首に激痛が走り直輝は倒れてしまい、検査の結果、手術を必要とし全治まで3カ月との診断を受けるのだった。

報せを聞いて病院へ駆け付けた莉子だが、そこに居た菜月や直輝の家族たちの仲睦まじい様子を見て、その時は病室のなかに入ることなく、病院を後にしてしまう。

何となく不安を抱えたまま演奏会当日を迎えた莉子。

すると、観客席にスーツを着て大きな花束を抱えた直輝が現れ、それを見て安心した彼女は見事な演奏を披露するのだった。

 

・結末

演奏会を終えた莉子は、正式にオーケストラへの参加を打診され、嬉しいけれど迷ってしまう。

それは、活動拠点である軽井沢に行かねばならないので、莉子にとっては直輝のそばから離れたくないという気持ちの方が大きかったからすぐに決断できなかったのだ。

その時、花束を抱えた直輝が目の前に現れ、莉子はすべてを打ち明ける。

彼女の話を聞いた直輝は、その夜、公園で会うと「最後まで夢をあきらめてほしくない」と告げ、莉子は「別れがつらくなるから、もう会わない」と答えるのだった。

それから数日が経ち、莉子が東京を離れる日の朝。

音楽に集中する為、莉子は携帯を解約しており、あの日から二人は連絡すらとっていなかった。

何気なく公園を見渡していた彼女は、看板に書かれた直輝からのメッセージを見つけデジカメに収めると、そのまま軽井沢に発つのだった。

それから半年が過ぎ、JC ARCSは快進撃を見せていた。

その原動力となっていたのが怪我から復帰した直輝で、その活躍は目を見張るほど華々しく、プレーオフ進出も早々に確定させるのだった。

その頃、オーケストラの先輩の手伝いで東京に来ていた莉子だが、時間がなく直輝と会う事は出来なかったが体育館のそばで川崎と偶然再会する。

そこで、直輝が莉子の事をあきらめていない事を知らされ、更に、試合終了同時に勝利を決めるゴールのブザービーターの話で励まされるのだった。

その後、ファイナル進出を決めたJC ARCS。

いよいよ決勝戦の幕が開き、熱戦が繰り広げられている中、莉子は息を切らしながら終了目前で試合会場へ駆け付けた。

すると、直輝はファウルを受けフリースローを獲得する。

残り時間30秒。

シュートの構えに入る直前に「そこの8番!ちゃんとファン1号が来たから勝ちなさいよ、バカ。」と莉子からの声援を受けた直輝はフリースローを決める。

そして、最後に直輝がブザービーターを決め、JC ARCSは逆転優勝を果たした。

直輝は観客席の莉子の元へ急ぎ「莉子のおかげで強くなれた」と告げると、強く抱きしめ「もう二度と離さない」と皆の前でキスするのだった。

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の登場人物

・上矢直輝・・・山下智久

・白河莉子・・・北川景子

・七海菜月・・・相武紗季

・海老名麻衣・・・貫地谷しほり

・川崎智哉・・・伊藤英明

・秦野秀治・・・溝端淳平

・代々木廉・・・金子ノブアキ

・守口修斗・・・青木崇高

・宇都宮透・・・永井大

・足利国光・・・小木茂光

・上矢真希子・・・真矢みき

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の主題歌

・主題歌

『イチブトゼンブ』 B’z

B'z / イチブトゼンブ

・挿入歌

『イチブトゼンブ -Ballad Version-』 B’z

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の感想

・心の弱さを露呈した人間らしい主人公に好感が持てた。

・波乱含みな展開を見せながらも、ラブストーリーの王道的なラストで締めくくられたのが意外だった。

・主題歌がとてもドラマに合っていて良かった。

・当時のプロバスケットリーグが全面協力していて、実際の選手が出演していた事に驚いた。

・契約更改場面での金銭面の話が生々しくリアルで、当時のプロ競技格差を感じた。

・細かく指摘すればツッコミどころは沢山あるのだが、そんなことが気にならないくらい物語に熱中させられた。

・キャスト全員の味のある演技で楽しませてもらえた。

・当時も観て、再放送も観ている。何度観ても飽きない作品だと感じる。

・彼女の為に頑張ろう…とか、彼女がいるから強くなれるなど、青臭い台詞や展開ばかりなのに、そこが思っていた以上に心にグッと迫る。

・とにかくテンポが良く、盛り上がりどころに流れる主題歌が印象的だった。

・もういい年になってきたけど、当時と同じように涙を流しながらキュンキュンしてしまう…。

・あの当時も、今振り返ってみても、あんな恋に憧れる。

・大好きなドラマで、この『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』を超える恋愛作品とは出会っていません。

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のまとめ

本作品『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』は、当時のプロバスケットボールリーグであるJBLとbjリーグの全面協力を得ており、映し出されたスピード感溢れるゲームシーンが大きな特徴のひとつです。

それだけではなく、王道のラブストーリーを軸に展開される波乱含みな話の進み方が、より視聴者の心をくぎ付けにした要因だとも思われます。

キャストの演技と主題歌の評判も良く、最高の恋愛ドラマとの声も少なくありません。

いくつになってもキュンキュンしてしまう恋物語の世界に浸ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました