BOSS ドラマ(シーズン1 2 3)見逃し無料動画配信(再放送~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

BOSS(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『BOSS』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

天海祐希さんを主演に抜擢し、個性的なキャストを勢揃いさせた本作品『BOSS』は、ドラマ界全体が視聴率下降傾向にあるなか、平均視聴率が異例の15%以上を記録するなど好評を博しました。

特に天海祐希さんのカッコよさが注目され、いまだに彼女と云えば『BOSS』というイメージを抱く方が多いようです。

シーズン1、2を通して主題歌とオープニングを担当したSuperflyの楽曲も大好評で、その後の天海祐希作品にも使われるほどでした。

コミカルな作風にもかかわらず本格的なサスペンスドラマとして評価の高い本作品を、あらためて振り返っていきましょう。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

BOSS(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『BOSS』のあらすじ

・シーズン1

手口が多様化する凶悪犯罪の対抗手段と検挙率の低下を防ぐ為に、警視庁では特別犯罪対策室を設置し、海外帰りの大澤絵里子を室長として各部署から選りすぐりのメンバーを集めた。

だが、それは表向きで、絵里子自身は5年前に恋人の弟がテロ組織に関与していた為、エリートコースから外されFBIへの研修という名目の左遷にあい、他のメンバーも各部署で余された者たちだった。

しかし、そういった個性的な部分に目を瞑ればそれぞれがスペシャリストで、思っている以上に有能な人材であり、元々優秀な絵里子のもと、各能力を活かして難事件を解決していくのだった。

 

・シーズン2

特別犯罪対策室を抜け渡米を目前に控えた絵里子に、組織のトップが逮捕され動かないと目されていたテロ組織から、国家公安委員長殺害の犯行声明が出されたと連絡が入る。

対策室メンバーが事件解決に向けて捜査をするなか、絵里子の避難警告を無視した国家公安委員長は狙撃されてしまう。

結局、その責任を追及された特別犯罪対策室は解散に追い込まれる。

しかし、その事件から2年後、ある事件解決の為、再び編成された特別犯罪対策室。

再編直後の事件でメンバーが負傷するなどトラブルに巻き込まれるが、新たなメンバーを加えて難事件解決に奔走していくのだった。

『BOSS』のネタバレ

シーズン1

・BOSS(ボス)

警視庁では多様化する凶悪犯罪への対策措置として捜査一課特別犯罪対策室を設置する事となり、警視庁刑事部の参事官補佐である野立信次郎は、室長としてFBI研修中の大澤絵里子を呼びもどした。

野立と絵里子は元同期で刑事時代のバディでもあった。

元々はキャリアだった彼女だが、交際相手の弟が反政府テロ組織との関与が疑われたため、事実上の左遷として5年間のFBI研修に出されていたのだった。

絵里子は各部署から選りすぐりのメンバーを集めたと聞いていたが、実際に会ってみると問題児しかいなかった。

捜査一課からは定時までしか働かないという片桐琢磨、朝が苦手で社会性に欠如し科捜研から異動の木元真実、交番勤務から刑事になったばかりの花形一平、格闘派だが暴力事件を起こした岩井善治、ベテランで経験豊富だが警視庁一のうっかり者と称される山村啓輔の5人。

誰を見ても何かしらの問題を抱えており、絵里子は話しが違うと野立に食って掛かるのだった。

そんな時、特別犯罪対策室として第一の事件が発生する。

荒川の河川敷で発見された焼死体には不明な点が多く見られた。

被害者は闇金業者の前田で監察医によると死因は心臓麻痺だが、黒焦げになった上半身から爆発物による化学物質も発見され、死ぬ直前まで鉄塔に登っていた事が分かる。

発見時の状況は違うが同様の所見があるホームレスの焼死体も既に見つかっており、FBIにてプロファイルを学んできた絵里子は、第3の犯行が起こると推測するのだった。

その後、前田が何者かに脅され鉄塔に登っていた事を突きとめるが、そんな時、自分の勤める銀行に押し入った小島が絵里子と野立の目の前で爆死してしまう。

何のつながりも無いように見える3件の犯行だが、共通する人物としてホームレスの野垣という男が浮上してくる。

しかし、捜査の主導権を捜査一課に持っていかれてしまい対策室メンバーは不満を口にするが、絵里子は独自に捜査を続けると冷静に指示を出すのだった。

取り調べを受ける野垣は既に第4のターゲットに爆弾ベストを着せていると話すが、詳細などは一切つかめていない。

だが、質屋に預けたという野垣の腕時計を手に入れた絵里子は、自ら取り調べを行うとターゲットの詳細と爆弾の解除方法を聞き出し事件を解決に導くのだった。

彼女は自分と野垣の時計の時間を予め進めておき、そしてワザと見せつけ、更に捜査が息詰まっている様に思わせて、自尊心の高い野垣に自慢させるように仕向けていたのだった。

この事件をきっかけに周囲の見る目が変わり始め、絵里子はメンバーから「ボス」と呼ばれるようになった。

 

・黒い月

その後も難事件を解決してきた特別犯罪対策室。

問題児と見られていたメンバーも、それぞれが隠していた実力を発揮していた。

だが、突然、絵里子たち特別犯罪対策室は謹慎処分を下されてしまう。

その後、監察医からゴミ箱連続爆破事件の証拠品である時限爆弾のタイマーから絵里子の指紋が検出されたと聞かされ、花形と木元が絵里子の調書を取り、岩井と山村が捜査を進めることになった。

一方、片桐は新聞記者から聞いた警視庁の裏金汚職問題について野立に問いただし一蹴されるが、上層部への疑念が晴れず独自で調べ続けるのだった。

本当は優秀な刑事である片桐は過去の事件での捜査経緯において、警察組織への不信感を抱いており、覇気を見せないようになっていたのだ。

そんな時、大学で爆発が起き死傷者が出てしまう。

木元からその爆発事件に使われた爆弾の成分を聞き、絵里子は表情を曇らせるとあの時限爆弾に使われていたタイマーの時計は恋人の池上浩にプレゼントしたものだと打ち明け、恐らくそれを使ったのは弟の健吾だと告げる。

そして、池上浩の調書と健吾の身柄確保を優先するように指示を出すのだった。

池上健吾は5年前に起きた爆破テロの容疑者として逮捕され、その背後には反政府テロ組織「黒い月」の存在があるとされたが、本人否認のまま実刑が確定した。

これが、絵里子がエリートコースから外れた要因であり、健吾も既に5年の服役を終え出所を果たしていたのだった。

翌日、浩の事情聴取を自ら申し出た絵里子は、出所後は健吾と一緒に暮らしていたが二週間ほど前から所在がわからなくなり連絡も取れず、プレゼントされた時計も無くなっていた事を聞かされる。

一方、連続爆破事件を検証していた木元は爆破の規模が徐々に大きくなっていることに気づき、一連の事件はリハーサルで本当の狙いはこの後にあると予測し、花形が調べると今回の爆破現場である大学の講堂と後日開催予定の式典会場が広さと出入り口の位置までも一緒であることが判明する。

そして、狙いは5年前に黒い月を追い詰めた大山警視総監で、会場の警備情報が筒抜けである事から警察内部に内通者がいると確信するのだった。

 

・結末

やはり式典当日に会場で爆破が起き、絵里子は野立に大山を連れて避難するように指示するが、爆破された場所に疑問を感じる。

すると、岩井の調べで警備人数が野立の指示で半減されていた事を知り、追いかけるも野立は後部座席で笑いながら顎に手をかざして去っていった。

絵里子が木元たちを連れて追跡を続ける一方、対策室に戻った片桐は一課の小野田が刺されていたのを発見し、彼が裏金汚職の事実を突きとめたからだと報告するのだった。

更に、上層部は今回の首謀者を黒い月と断定し、野立が絡んでいることに戸惑いながらも絵里子は参事官の屋田にその事を報告し協力を仰ぐのだった。

その後、黒い月の高倉龍平から現在服役中の幹部3名の釈放を要求され、また都内から爆弾も発見される。

絵里子はこの爆弾を解除できるのは服役中の野垣しかいないと判断し、彼から解除方法を聞きだして何とか爆破を阻止する。

そして、幹部3名を連れて高倉と対峙し、野立と大山両名との交換を始めようとするが幹部達は高倉に射殺され、野立も大山を銃撃するのだった。

高倉は逃走を図り、野立も彼とは違う方向へ逃げ屋田と絵里子が追っていき、彼女は彼に向かって引き金を引くのだった。

倒れた野立に尾田が駆け寄り何かをした所で、絵里子はすべてを明かす。

今回の首謀者とみられる黒い月との内通者と、裏金汚職も尾田の仕業であることを告げ、野立はその事を明るみにする為に動いていたと説明する。

そこに撃たれたはずの大山も姿を現し、高倉も岩井たちに逮捕されるのだった。

すべての真相が明らかになり、池上健吾も黒い月のメンバーであることを隠した友人に利用されていたことが分かり、無実である事が証明された。

翌日、浩から健吾のことで連絡を受けた絵里子は、自身が再び海外へ行く事を明かし、「今度は待ってくれなくていい」と告げた。

特別犯罪対策室ではボスが居なくなりさみしそうだが、メンバーたちは相変わらず事件に追われていた。

その頃、海外へ発とうとしていた絵里子は空港で手続きをしていたが、そこに野立から連絡が入るのだった。

 

シーズン2

・解散と再結成

出国直前に野立から連絡を受けた絵里子は、黒い月から国家公安委員長である黒原健蔵の命を狙うと犯行声明が出されたと知らされ、急遽、引き返していた。

そして、対策室メンバーと絵里子が危険と思われるイベント会場に向かっている頃、護送中の黒い月のトップ高倉が脱走してしまう。

イベント会場に到着すると、メンバーたちは手分けして人々の避難と不審物や爆発物の捜索を開始し、絵里子は黒原に避難を呼びかける。

しかし、黒原は警察のトップが避難するわけにはいかないと譲らず、木元たちが爆弾を発見し処理を開始するも、それはニセの爆弾だった。

その時、狙撃用のスコープサインが黒原を捉え、絵里子が覆いかぶさるも狙撃されてしまう。

結局、重傷を負った黒原は国家公安委員長の職を辞する事となり、この件の責任を追及され特別犯罪対策室は解散、そして絵里子は渡米するのだった。

あれから2年が経過し、参事官補佐から参事官へ出世した野立は、帰国していた絵里子のもとを訪れ特別犯罪対策室を復活させると告げる。

そんな野立は「オレの出世の為に頑張れ」と話していたが、本当はとある重要事件を解決するという狙いがあったのだ。

 

・2年前からの因縁

再び集められた対策室メンバーが担当したのは、心神喪失により無罪が確定した男が釈放後に殺された事件だった。

その犯人は絵里子の名を騙り(かたり)犯行を予告、そして現場の状況から犯罪のプロであることが判明し、更に、第2の犯行の様子から2年前のあの事件に何らかの関係があると思われ、第3のターゲットは対策室メンバーだと予告される。

そんな中、被害者の自宅に向かった木元が拉致されてしまう。

その後、犯人が前監察医の後任である沼田良美と判明するが、銃撃により瀕死のまま拘束された木元の動画を添付したメールが絵里子に送られてくる。

そして、電話してきた沼田は木元が2年前に絵里子が処分を受けた元凶だと告げるのだった。

絵里子は木元を救出するために黒原の娘である理香を呼び出し、メールから居場所を突きとめるように命ずる。

理香は2年前に父を警護しきれなかった対策室を恨んで捜査妨害をしていたが、高いパソコンスキルを絵里子に見込まれ、保護観察下のもと実質上のサポートメンバーとされていたのだ。

一方、有力な手掛かりを得られない中、木元をフォローする形で科捜研から異動してきた田所幸子が沼田のコートから微量ながらタールのついた木片を見つけると、海岸付近の倉庫が浮上し、片桐たちが向かうがそれは沼田の罠だった。

爆発する倉庫から辛うじて片桐たちは逃れるも、報告を受けた絵里子の怒りは絶頂に達していた。

その後、沼田と対峙した絵里子は銃撃されるも予め防弾しており、すぐに彼女を逮捕し木元もメンバーたちに救出される。

だが、重傷の木元は長期離脱を余儀なくされてしまうのだった。

 

・陰謀

その後もシリアルキラーや連続殺人事件などの難事件を解決してきた特別犯罪対策室。

そして、絵里子たちは日本で開催される世界環境サミットの首相警護に携わる事となった。

そんな折、長期離脱していた木元が現場復帰するが、新たな爆弾事件が発生し、更に別の殺人事件では黒い月の高倉の影が見え隠れしていた。

絵里子は自宅マンションの屋上で爆死した被害者の勤務先から、2年前に黒原が狙撃された事件との関与を示唆する。

実は、対策室解散後に木元が異動した先は新島署で、当時から襲撃犯が黒い月ではないと考えていた絵里子は左遷と見せかけて密かにあの銃撃事件を探らせていたのだ。

その木元は、この離脱期間中に重要な情報を入手していた。

今回の爆死事件の容疑者として浮上したのは、片桐の交際相手である藤森楓の父親の俊夫だった。

だが、その後の捜査により実行犯は桑原という男だと判明するが、俊夫は殺人幇助(ほうじょ)の罪に問われ、楓も犯人隠避で逮捕されてしまう。

この事件がきっかけで楓と別れた片桐は酔い潰れているところを覚せい剤取締法違反で逮捕され、同じ頃、絵里子も横領罪で逮捕されており、他の対策室メンバーも何らかの罪状で検挙される。

しかも、花形は田所に撃たれてしまい、その傍らには絵里子と野立の元同期で政治家秘書の森岡の姿があった。

花形を除く対策室メンバーが謂れ(いわれ)のない罪状で調書を受けている頃、野立も参事官室を捜索され密かに調べていたあの狙撃事件にまつわる極秘資料のディスクを押収されてしまい、これはサミットの警護から対策室メンバーを排除するための策略だと丹波刑事部長に訴える。

しかし、同じように何らかの思惑を感じていた丹波も直ぐには動けなかったが、上手く機転を利かし全員を釈放するのだった。

釈放された絵里子たちは花形の姿が見えない事に気づくが田所からの報告を信じ、その後、木元が解読した情報を確認する。

そこには「日本CIA計画」とあり、森岡の職員番号も記載されていた。

やはり、2年前の狙撃事件は森岡らの犯行とみられ、今回の世界環境サミットでも何らかの狙いがあると警戒を強めるのだった。

対策室メンバーは理香のハッキングにより会場に潜入し各自警護にあたり、理香はそのまま暗号解読を継続する。

そんな時、絵里子の前に黒原が現れ、彼等の存在に気づいていた事と今回のターゲットが首相であると告げる。

一方、野立は田所を不審に思うが目の前で狙撃され、彼女から花形の居場所を記したメモを受け取るのだった。

 

・結末

黒原は首相に狙われている可能性を伝え会場から退席させるも、サミットは有識者たちが中心となり継続されていた。

そんな状況に絵里子は森岡らの目的に違和感を抱き始め、最新バイオテクノロジーの研究内容を発表しようとしていた西郡教授の殺害をギリギリにところで防ぐが、研究データの入ったメモリーを他の共犯者に持ち去られてしまう。

その後、野立と共に絵里子は森岡を追い詰めるも、先程彼が殺害の為に使ったボルテックスにより感染症に犯されるのだった。

そんな森岡は真の敵はもっと身近にいると言い残しており、絵里子は理香から主犯が黒原自身だと知らされると、病院を抜け出して彼の元へ向かう。

すると、黒原はちょうどメモリーを受け取ったところで、絵里子はすべての罪を森岡に背負わせたことを責めるのだった。

その後、病院に戻った絵里子は生死の境をさまようが、辛うじて生還を果たす。

そして、花形や田所も順調に回復し、元気になった絵里子は空港で老人から「先生」と声をかけられるのだった。

『BOSS』の登場人物

・大澤絵里子・・・天海祐希

・木元真実・・・戸田恵梨香

・片桐琢磨・・・玉山鉄二

・花形一平・・・溝端淳平

・岩井善治・・・ケンドーコバヤシ

・山村啓輔・・・温水洋一

・田所幸子・・・長谷川京子

・黒原理香・・・成海璃子

・野立信次郎・・・竹野内豊

・黒原健蔵・・・西田敏行

『BOSS』の主題歌

・シーズン1、2 オープニングテーマ

『Alright!!』 Superfly

Superfly 『Alright!!』Music Video

・シーズン1 主題歌 

『My Best Of My Life』 Superfly

Superfly 『My Best Of My Life』Music Video

・シーズン2 主題歌

『Rollin’ Days』 Superfly

Superfly 『Rollin' Days』Music Video

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『BOSS』の感想

・天海祐希さんのカッコよさが際立った作品。

・えっコメディだったの?という意外性と、展開がスピーディーで結構面白かった。

・途切れるような変な繋ぎ方の編集が見にくい。

・初回の面白さから一転して終盤に向けては展開が安易でがっかりした。

・海外ドラマを思わせるような演出が、意外と面白い。

・もう少し主要5人に絞った話の展開があれば、チーム感が増してもっと良かったと思う。

・個性的で豪華なキャスト陣なのに、その魅力が活かしきれていない感じ。

・脚本として物足りなさを感じる。

・期待していた分だけ残念感が強い。

・当時はそう思わなかったが、あらためて観るとかなり面白い!何故だろう?

・お父さんの影響で観たら、すごく面白かった!

・再放送ではじめて見たら思っていたよりもサスペンスあり、コメディありの刑事ドラマでビックリした。

・TSUTAYAでレンタルしたら、ポップでキャッチーな刑事ドラマで新鮮だった。

・科学捜査やプロファイリングの知識がかなり正確で、コミカルな雰囲気とギャップがあって良かった。

・基本的に一話完結なのが見やすい。

・音楽がとにかく良い!雰囲気に合っていて主題歌も最高。

・終盤が不快だったわけではないけど、いまひとつ決定力不足でした。

・ゲストやレギュラーが豪華なだけあって、最終回の黒幕の小物感は否めない。

『BOSS』のまとめ

天海祐希の代表作として挙げられることが多い本作品『BOSS』は、スピーディーな展開とコミカルとシリアスなシーンのギャップが特徴的で見応えのある作品でした。

しかし、シーズン1の好評とは裏腹にシーズン2は厳しい意見が寄せられ、期待感の大きさゆえの評価なのだと感じました。

それでも、両シーズンを通しては高評価が多く、続編やスペシャルドラマの制作を望む声もあるようです。

また、Superflyの楽曲がとにかくカッコいいと評判で、強く印象に残ります。

魅力溢れるキャラクターたちが彩る世界観を、ぜひご堪能下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました