ボヘミアン・ラプソディ 無料動画配信(映画 吹き替え)フル視聴/地上波

洋画

ボヘミアン・ラプソディ(映画)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!
映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告編

伝説のバンドQueen(クイーン)の結成から1985年のライヴエイドまでを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』は、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーにクローズアップした伝記的な映画です。

一億人の飢餓を救うというスローガンを掲げた20世紀最大のチャリティーコンサートにおける、伝説のパフォーマンスがスクリーン一杯に繰り広げられます。

フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが主演男優賞を受賞するなど、第91回アカデミー賞では4冠に輝き、音楽プロデューサーを現役メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーの二人が務めた事も大きな話題となりました。

数々ヒット曲と共に、彼等の心の葛藤と成功までを描く物語を振り返っていきましょう。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を無料で見る

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『ボヘミアン・ラプソディ』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

劇場版『名探偵コナン』作品

時計じかけの摩天楼(1997年)

天国へのカウントダウン(2001年)

ベイカー街の亡霊(2002年)

異次元の狙撃手(2014年)

純黒の悪夢(2016年)

紺青の拳(2019年)

『名探偵コナン』の作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

『名探偵コナン』作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

劇場版『名探偵コナンの歴代全24作品』の詳細記事はこちら

『名探偵コナンの歴代全24作品』の記事 ▶︎

ボヘミアン・ラプソディ(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ

後に1980年代のウッドストックと評されるチャリティーコンサート「ライヴエイド」。

大観衆の待つそのステージに向かう伝説のバンド「クイーン」の唯一無二のヴォーカル、フレディ・マーキュリーの姿があった。

1970年初頭、ペルシャ系移民のファルーク・バルサラは、移民差別に耐えながら退屈な日々を過ごすも音楽に没頭していた。

ある日、父親の言いつけを無視して夜のライブハウスに向かったファルークは、スマイルというバンドに魅了され、ライブ終了後にバンドメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーの二人に声をかける。

すると、たった今ヴォーカルが辞めたと聞き、彼は「ここに居る」と歌い出すのだった。

その歌声は圧巻で二人を惹きつけると、新たなベーシスト、ジョン・ディーコンを加えて、新生バンドとしてスタートを切り、ファルークは自らの出生を嫌い「フレディ」と名乗る。

そして、「クイーン」と改名したこのバンドは、後に伝説となるのだった。

ボヘミアン・ラプソディのネタバレ

・運命の出会い~結成

ファルーク・バルサラは、厳格なゾロアスター教徒のペルシャ系移民で、周囲から差別を受けながらも慎ましい暮らしの中、曲を創るなど大好きな音楽に没頭していた。

そんな厳しい父に反発するように彼はライブハウスへ出かけていくと、スマイルというバンドの演奏に惹かれてライブ終わりに彼等を探す。

裏口で見つけたギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーに感動したことを伝えるが、ついさっきベーシストでヴォーカルのティム・スタッフェルが辞めてしまったと聞かされる。

すると、ファルークは「歌い手ならここに居る。曲も書けるよ。」と告げ、突然二人の前で歌い出すのだった。

その見事な歌声は圧巻としか言いようがなくブライアンとロジャーを魅了し、彼はスマイルに加わることになったが、自身のルーツを隠す為「フレディ」と名乗る。

そして、1年後にはベーシストのジョン・ディーコンが加入し、バンド名を新たに「クイーン」として活動を始めていく。

まさに、伝説のバンドとなる彼等の運命的な出会いだった。

そんな中、フレディはあのライブの夜、目を奪われた女性と再会し恋に落ちていた。

彼女の名はメアリー・オースティン。

メアリーもまたフレディの人生に大きく関わっていくのだった。

 

・成功~永遠の誓い

彼等はワゴン車を売ってアルバムの自主製作を始める。

そのレコーディングの様子を見ていたEMIのA&Rであるジョン・リードは、子供の様にユニークな演奏をしている彼等に目をつけスカウトする。

更に、リードの知人ポール・プレンターが担当マネージャーとなり、弁護士のジム・マイアミ・ビーチも加わり、本格的に活動していく。

そして、フレディは名字も改め、「フレディ・マーキュリー」と名乗るのだった。

BBCへの出演を果たした彼等は「キラークイーン」を披露。

すると、この曲が話題となり、クイーンは躍進を遂げていく。

世界各国でのツアーを開催するなど多忙を極めていきながらも、フレディはメアリーとの愛を深め、永遠の愛を誓うのだった。

 

・葛藤~決裂

クイーンの世界ツアーは大成功し、メアリーへのプロポーズも受け入れられ、フレディは公私ともに順調だった。

そんな彼等は次のアルバム製作へ向けて考想を始めようとしていたが、所属するEMIの重役レイ・フォスターからは大ヒットとなった「キラークイーン」を追随するような感じでと言われる。

だが、フレディをはじめクイーンのメンバーは繰り返すのではなく、変化を求め進化していく事を望んでいた。

そこで、郊外の一軒家に籠り、製作に打ち込むのだった。

様々なアイディアやイメージを浮かべ、ぶつけ合うなか、オペラのような世界観を表現しようとなっていく。

そして、出来上がったのが「ボヘミアン・ラプソディ」。

早速、レコーディングに取り掛かり、フレディたちは一切の妥協を許さず激しく衝突する事もあったが、かつてない独創的なアルバム「オペラ座の夜」が完成した。

そして、その中から「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを提案するが、レイ・フォスターは6分にもなる長いこの曲はラジオで流してもらえないと認めてくれない。

フレディをはじめメンバー全員は真っ向から対立し、ついにはEMIとの契約を破棄してしまうのだった。

それでも、拘り抜いて心血を注ぎ創り出したこの曲を聴いてもらいたいフレディは、知人がDJをするラジオに出演して、本来ならラジオでは絶対に聴けない曲だと「ボヘミアン・ラプソディ」を勝手に流すのだった。

すると、マスコミ関係者などからは酷評されるが世界各地で大ヒットを記録し、一躍クイーンは世界的な大スターへと駆け上っていく。

しかし、そんな多忙な状況の中、フレディの様子に異変が見られ始める。

彼は、自身の内なるセクシャリティに気づき苦しんでいたのだ。

そんなフレディにメアリーは以前から違和感を抱いていたと、そして、僕はバイセクシャルだと話す彼に対し「いいえ、あなたはゲイよ」と指摘し、別れを告げるのだった。

だが、フレディはなおもメアリーを求めていた。

しかし、メアリーはフレディと距離を置き、他の男性と交際を始めるのだった。

メアリーとの別れと自身のセクシャリティに悩み苦しむフレディは、パーティーに明け暮れるなど乱れた生活に溺れていくが、そこで、ジム・ハットンとの運命的な出会いを果たす。

その時、再会を求めるフレディに対し「真の姿を取り戻したその時にあらためて会おう」とハットンは去っていった。

このフレディの苦しみは、クイーンに更なる混乱を招く。

自身の孤独を分け合ってもらえないメンバーとの確執が生じ、ポールとの交際を深めた事により、リードを一方的にクビにしてしまう。

そして、フレディが別のレコード会社とメンバーに何の相談も了承もなく、勝手に高額なソロ契約を結んだことにより、彼等は完全に決裂するのだった。

 

・Queen(クイーン)

クイーンのメンバーと完全に決裂してしまったフレディは、ソロアルバムの製作に没頭するも上手くいかず、苦しんでいた。

その頃、クイーンの新たなマネージャーとなったジム・ビーチは、フレディの専属マネージャーと化していたポールに、チャリティーイベントのライヴエイドへの出演について話すが取り合ってはもらえない。

相変わらず難航するソロアルバム製作に悩むフレディは、ドラッグや酒に溺れ体調を崩し始める。

そんな時、連絡のつかないフレディを心配してメアリーが訪ねてくるのだった。

フレディは、メアリーに会えたことを喜ぶが、彼女が妊娠していると知りショックを隠せない。

だが、メアリーはフレディにとって本当の居場所は何か、そして、クイーンとは、メンバーは…と諭し続ける。

すると、メンバーが自分にとって家族そのものであり、クイーンとは自分がいるべき大切な場所だと、フレディは気づくのだった。

そして、ショックのあまりに傷つける言葉を投げかけた事を詫びて、メアリーの妊娠を祝福し、ポールとの別れを決意する。

しかし、フレディはレコーディング中に咳き込み吐血してしまい、検査をするとHIVに感染しており、自身の命にもう時間が残されていない事を知るのだった。

再びクイーンとしての活動をする為に、フレディはメンバーとの交渉の場を設けてもらう。

自分の浅はかな過ちを詫び、自分にとってクイーンとはメンバーとは何かを正直な気持ちでフレディはぶつけていく。

最初はわだかまりを隠せず、謝罪も受け容れられなかったメンバーだったが、次第にフレディの熱意に押されるように、これからの作品は全てクイーン名義としていくなどの条件を決めて、和解するのだった。

 

・結末

フレディの復帰が認められ活動を再開するクイーンは、ライヴエイドへの出演を決める。

そして、リハーサルを重ねていくがフレディの喉の調子は上がらず、体調もすぐれない。

フレディは、そのリハーサル最中にメンバーとスタッフの前で自身の病について明らかにし、残された命の時間が限られている事も告げる。

フレディの告白にショックを受けたメンバーだったが、ライヴエイドの成功を固く誓い合うのだった。

そんなフレディは、自分の真の姿を取り戻したとジム・ハットンとの再会を果たし、限られた生涯を共に歩むことになる。

そして、いよいよライヴエイド当日を迎えた。

波打つような大観衆を前にウェンブリーのステージに立ったクイーン。

フレディは声を限りに歌い続け、観衆もそれに応え、会場はクイーンとひとつになり約20分間のステージは熱狂のうちに幕を閉じる。

メンバーを振り返りながらステージを去っていくフレディの後ろ姿は、観衆の心にいつもでも残っていくのだった。

1991年。

フレディはHIVによる肺炎で生涯を終えるが、その最期までジム・ハットンが添い遂げていた。

ボヘミアン・ラプソディの登場人物

・フレディ・マーキュリー・・・ラミ・マレック

・メアリー・オースティン・・・ルーシー・ボイントン

・ブライアン・メイ・・・グウィリム・リー

・ロジャー・テイラー・・・ベン・ハーディ

・ジョン・ディーコン・・・ジョゼフ・マゼロ

・ジョン・リード・・・エイダン・ギレン

・ポール・プレンター・・・アレン・リーチ

・ジム・ビーチ・・・トム・ホランダー

・レイ・フォスター・・・マイク・マイヤーズ

・ジム・ハットン・・・アーロン・マカスカー

・ジャー・バルサラ・・・メネカ・ダス

・ボミ・バルサラ・・・エース・バティ

ボヘミアン・ラプソディの主題歌

・『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』 Queen

1. 20th Century Fox Fanfare | Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

代表曲『ボヘミアン・ラプソディ』 公式動画

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video Remastered)

U-NEXTで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ボヘミアン・ラプソディの感想
女性30代
女性30代

クイーンの結成からあのライヴエイドまでを描くとあり、きっと騒がれているほどでもないだろうと思いながら鑑賞しましたが、驚きと感動でしばらく放心状態となってしまいました。

ライブシーンはある程度予想していたのですが、それすらも遥に超える迫力で、物語も繊細で濃密な内容で展開されていて激しく感情を揺さぶられました。

ありがちな言葉ですが「感動」、この一言に尽きます。

フレディの出生やセクシャリティにも赤裸々に触れられているのもかかわらず、思いやりに溢れた演出で制作関係者の誠実さが伝わってきました。

タイトルにもある「ボヘミアン・ラプソディ」は、世界中で沢山の方にカバーされていて、専門家が何を言おうとも自分たちの信念を貫き通した彼等の気持ちが、心に響いたのだと感じました。

ブライアン・メイのギター演奏時にコインを使う拘りなど、細かな点も描かれていてクイーン好きにはたまらなかったです。

本当に大好きな作品の一つで、皆に知ってもらいたいと思いました。

その他の感想はここから見れます
ボヘミアン・ラプソディのまとめ

唯一無二の歌声とカリスマ性を併せ持ったフレディ・マーキュリーを中心に描かれた本作品『ボヘミアン・ラプソディ』は、まさにクイーンのドキュメンタリーそのものと言っても過言ではないでしょう。

それほどに赤裸々で、そして、誠実に描かれていると感じさせてくれます。

何といってもクイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーの二人が音楽監督を務めているだけあって、楽曲すべてのシーンに迫力があり、胸を熱くさせてくれます。

これからも世代を問わずクイーンの音楽は、いつまでも愛されていく事でしょう。

伝説のバンド『Queen(クイーン)』の生き様を、目に焼き付けて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました