BG 身辺警護人2020 見逃し無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

BG 身辺警護人 国内ドラマ

BG~身辺警護人~の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『BG~身辺警護人~』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

過去に社会現象を巻き起こした木村拓哉と、脚本家・井上由美子のタッグが13年ぶりに再結成され、注目を集める作品。

警察のSPと違い、命を左右する緊迫した状況に、武器を持たずに立ち向かっていくボディーガード、通称・BGたちの熱く泥臭い戦いの日々を鮮烈に描き、人々の思惑が交錯する濃密かつリアルな人間ドラマ。

ある出来事をきっかけにボディーガードの道から離れ、警備員として働く島崎が、身辺警護課新設に伴い、ボディーガードに復帰することに。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

BG~身辺警護人~(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『BG~身辺警護人~』のあらすじ
1話 (視聴率15.7%)

警備員として島崎が勤務する工事現場に、黒いスーツを着た男・落合とサングラス姿の女・立原が乗った黒塗りの車が通りかかった。

翌日、務めている日ノ出警備保障の社長・今関に呼ばれ本社へ行き、身辺警護課が新設され、その課への着任を打診された島崎は、課長の村田の下、高梨・菅沼・沢口といった各部署から集められたメンバーと共に”新人ボディーガード”として働くことに。

厳しい訓練の末、初の任務としてマラソン大会のスポンサー会社の会長の警護に就くことになった。

その頃、大会に出席する厚生労働大臣の立原の元に、脅迫状が届いており、それを見た警視庁SPの落合は、マラソン大会への出席を取りやめるように立原に進言するが、立原は脅迫に屈せず出席を決意する。

脅迫の件を知った会長は警備の強化を求めてきたが、島崎と高梨の間で警備に対する食い違いが生じ、そんな中マラソン大会当日を迎えることになった。

2話 (視聴率15.1%)

裁判官・行永の自宅で自転車に放火される事件が発生し、判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は操作を開始し、行永には落合が付くことになったが、SPが付かない行永の妻・亜佐美には島崎たちが警護にあたることに。

落合は島崎たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器を持たない一般人に護ってもらうなんて」と難色を示した挙句、菅沼に食器洗いや掃除などの家事を命じ始めた。

そして外出したいなどと我儘を言う亜佐美に振り回されながら、買い物を続けていく中で、島崎は何者かが亜佐美を監視していることに気づく。

やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密のもう一つの顔が見え始め、狙われていたのが行永ではなく亜佐美なのではと察し、調べていく中で不動産会社の営業マン「三上」の存在が浮上した。

3話 (視聴率13.4%)

深夜に緊急招集をかけられた島崎に命じられた任務は「人気タレント・かのんに支給する現金一億円の警護」だった。

かのんの引退を留意するための金だと、事務所の社長・坂東は説明し、現金輸送の経験のある高梨が責任者となり、かのんに会うため出発するが、高梨は行先もはっきりしない任務に不信感を抱いていた。

その後坂東は、かのんは引退を理由に姿を消したのではなく誘拐されていて、警察には言わないでほしいと懇願すると、坂東の意見を尊重し、誘拐犯の要求した場所に現金を運ぶことに。

しかし、犯人との通話に成功した島崎は、通話の内容から違和感を覚え、ただの誘拐事件ではなく、偽装誘拐の可能性があると感じた島崎が、沢口たちと調べを進めていくと、かのんの中学時代の知り合いである野々村という男が浮上した。

その頃、立原は「警備を民間の警備会社の島崎に依頼する」と落合に告げ、落合は島崎に会うため日ノ出警備に来ていた。

4話 (視聴率13.6%)

村田と島崎は、社長の今関に「重要かつ極秘の依頼が入った」と呼び出され、立原の個人的な警護の依頼を受けることになった。

警視庁SPに知られることなく対立派閥のトップと会談するため、人間ドックに入る病院を抜け出し3時間以内で戻るという、ミッションを受けることになり、任務当日島崎たちは病院に。

しかし、立原の様子から不審な点を感じていた島崎は、本当のことを教えてほしいいと問い、同じころ会社に残っていた高梨も、立原の外出理由は嘘なのではと感じていた。

その頃、病院では立原いなくなったことで大騒ぎになっており、落合は立原の秘書に何か隠していないか問いかけると、結婚披露宴の招待状を持っていたことと、数日前に島崎らと会っていたことを知る。

5話 (視聴率14.0%)

新たに舞い込んできた依頼は、スポーツ系の慈善団体からで、高梨はある思惑から島崎を責任者に推薦した。

しかし、その慈善団体の代表は、以前から島崎と因縁のある元サッカー選手の河野で、それを知った島崎は沢口を責任者に推薦するが、打ち合わせ当日河野は、島崎を責任者に指名。

2人の間に何かあると感じた村田は、困惑している島崎に「断ってもいい」と諭すが、島崎は「この任務が終わったらみんなに全て話す」と言い、依頼を引き受けることにした。

空港へ向かう河野を警護していると、河野が犯罪を犯し、国外へ逃亡しようとしている疑惑が浮上した。

一方、病院を抜け出した立原の件で上司から叱責を受けた落合は、島崎たちを完全に排除しようと動き始めていた。

6話 (視聴率14.8%)

再三無言電話がかかってくることから、元総理大臣の鮫島から警護の依頼が入り、村田と島崎が警護にあたることに。

島崎は、鮫島の自宅の門柱に小石が4つ乗せられていることに気づき、それ対して鮫島は、総理在任中に恨みを抱いた者からの報復だろうと話すが、その時島崎は鮫島を監視する視線を感じていた。

民事党幹事長・五十嵐の古希を祝う会に出席する鮫島に同行した島崎たちは、五十嵐の元秘書だった植野が襲撃にやってくる現場に遭遇し、落合が植野を取り押さえ所轄署に引き渡したが、その落合の過剰ともいえる行動に疑問を抱いた。

そしてその矢先、鮫島の孫・彩矢を警護していた菅沼から、下校時間を過ぎても帰宅しないと連絡が入り、誘拐されたのではと総出で周囲を捜索することに。

すると、公園で謎の男といる彩矢を発見し、男は逃げだし沢口が追いかけたが、あと一歩のところで見失い逃がしてしまった。

7話 (視聴率15.8%)

6年前に別れた元妻の仁美から「誰かに狙われている。私を警護してほしい」と依頼がされた島崎は、戸惑いと気まずさから一旦責任者を村田と菅沼に任せようとするが、高梨に焚き付けられ自ら引き受けることに。

ある日、警護の延長でレストランで食事をしていた2人の前に、立原が五十嵐との会食の為に現れるが、そこには望まれない客が紛れており、突然銃声が鳴り響いた。

銃を放った犯人、植野が客に銃を向けると、島崎が立ち上がり植野に話しかけ、その隙に落合が植野の背後から植野に銃を向け、その場にいた客を逃がすことに成功し、植野は落合たちに拘束された。

8話 (視聴率16.4%)

立原と五十嵐の会食の場で起きた発砲事件で、植野に足を撃たことがきっかけで村田は亡くなっていた。

この事件は、五十嵐が植野を挑発したことにより起きたのだが、真実が報じられることはなく、民間のボディーガードがでしゃばり無謀な行動に出たことが原因という風に報じられていた。

村田の汚名を晴らし、ボディーガードとしての名誉も回復させたい島崎たちだったが、事件にかかわっていた落合や立原たちも口を閉ざし、さらには沢口がボディーガードを辞めると言い出していた。

落合と共に日ノ出警備保障にやってきた立原は、島崎に1つ忠告をした。

本格的に汚名返上へ向けて動き出した島崎たちは、村田の遺品である携帯とICレコーダーが返還されていないことに気づき、なにか公表されてはならない内容が録音されているのではと考えた。

最終話 (視聴率17.3%)

唯一現場の状況を知ることができたはずの、遺品のICレコーダーのデータも警察の手によって消され、真相は闇に葬られようとしていた。

悔しい思いをしていた島崎たちが、諦めることなく汚名を晴らそうと動き出したその時、大臣の職を辞した立原が「真実を話す」と名乗り出てきて、そんな立原の警護を島崎たちがすることになった。

立原が真相を話す予定だったテレビの出演を、何者かが横槍を入れたことで突然断られるが、立原は来る民事党大会にて真相を話すことに。

そんなある日、島崎の元を訪れた落合は、島崎と立原と計画の内容を知ると、島崎に「私なら無駄な警告はしない。あの事件は私が責任をもって処理する。」と伝え、民事党大会当日、島崎が立原と共に会場へ入ると、落合が目の前に現れ、ICレコーダーを差し出し、そこには五十嵐が自身の罪を語る音声が録音されていた。

落合は、壇上に上がる五十嵐にむかって叫ぶと、音声を再生し、自ら事件の真相を公表した。

そのことを受け警視庁は、発砲は五十嵐の言動が原因であると発表し、五十嵐は過去の賭博事件の罪も問われることになり、島崎たち日ノ出警備保障の汚名も晴らされ、村田の名誉も守られた。

『BG~身辺警護人~』の登場人物

・島崎 章 (木村 拓哉)

・落合 義明 (江口 洋介)

・高梨 雅也 (斎藤 工)

・菅沼 まゆ (菜々緒)

・沢口 正太郎 (間宮 祥太朗)

・立原 愛子 (石田 ゆり子)

・村田 五郎 (上川 隆也)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『BG~身辺警護人~』の感想
その他の感想はここから見れます

 

『BG~身辺警護人~』のまとめ

豪華な俳優陣が繰り広げる、内容の濃さと人間関係や心模様が深く、シリアスで緊張感のある作品。

ボディーガードとしてのリアルさがあったり、緊迫感の中にある島崎と息子の会話や関係性が面白い一面があったり、見どころがたくさんつまった作品となっています。

是非、ご覧ください。

コメント

  1. […] BG 身辺警護人(2018年) […]

  2. […] BG 身辺警護人(2018年) […]

タイトルとURLをコピーしました