ビューティフルライフ 見逃し無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終話)フル視聴/

国内ドラマ

Beautiful Life(ビューティフルライフ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

本作は、美容師の男性と車イスの女性の恋愛を描いた作品です。

車イスに乗る杏子は、障害者ですが、とても明るく、回りを明るくしてくれる笑顔が魅力的でした。

一方美容師の柊二は、愛想笑いができない真面目な青年で、腕はあるのに、昇進できなくて、職場の空気を不穏にしてしまいます。

二人が出会い、どういう経緯で恋愛に発展するのか、柊二の性格は杏子の存在によってどう変化していくのかが見所の作品です。

脚本は北川悦吏子で、平均視聴率が30%越え、最高視聴率は40%越えとなる大ヒット作品です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

Beautiful Life(ビューティフルライフ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』のあらすじ

沖島柊二は、バイクで図書館へ向かっていたところで信号で停車中に、突然手を出す赤い車が現れ、ぶつかりそうになります。

赤い車から、電話をしている様子の女性は、町田杏子で、転倒しそうになった柊二は杏子に注意をします。

しかし、何に注意されているのかわからない杏子は、文句を言います。

柊二がさらに注意をしようとしたところで、信号が青になり、杏子は、去っていきます。

面白くないことがあったと思いながら、図書館へ向かう柊二。

図書館で、さっきの車を発見し、車イスが出てきました。

驚愕する柊二の顔を見ても動じることなく、セカンドマイカーだと笑顔で言い去る杏子。

柊二は、美容師の仕事のカラーリングについての研究発表のための資料を探しに来ましたが、杏子に対して障害があるとか関係なしに文句を告げます。

それが新鮮に感じて、嬉しくなる杏子。

自分は元々障害があったわけではないが、障害を持ってから、腫れ物のように扱われることに疑問を抱いていたのでした。

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』のネタバレ

杏子は、柊二と言い合いができたことが嬉しい気持ちでした。

柊二は、職場である美容院で、同期の川村悟と、お客さんを満足できるカットの仕上がりになった方を雑誌の掲載にするという対決を挑むことになります。

モデルの人を選ぶ柊二でしたが、町で見かける人に理想通りの人はいなく、苦戦。

そんな時に思い立ったのは杏子でした。

アフロヘアの杏子の髪の毛をきれいにしたいという柊二の熱心な思いが伝わり、カットモデルを引き受けてくれることになった杏子。

しかし、雑誌には、柊二のカットが掲載されたものの、車イスだからだという文字が印象に残る掲載の仕方でした。

柊二はそんなつもりがあって杏子に声をかけたわけではありません。

しかし、結果的に杏子を傷つけることになりました。

もう会わないと思っていた柊二と杏子でしたが、だんだんと会う回数が増えると恋愛対象として意識することになります。

しかし、障害を持った時に恋愛はしないと決めていた杏子。

そんな時に杏子は、柊二の家のことを知ります。

代々医者家計の柊二は、自分も医師になることが当たり前だと思っていたこと、しかし、どんなに頑張っても大学に受からないために美容師を選んだというものでした。

そのことで、家族との関係が良くない柊二。

柊二は杏子の勤める図書館にカットのデザインが描かれたノートが忘れられていることに気づきます。

そのデザインが美容師にとってどんなに大切かを知らない杏子は、同期でライバルの悟に渡してしまいます。

丁度、デザインに困っていた悟は、杏子から渡された柊二のデザインを自分のだと偽って公表。

柊二を思う小沢真弓は、激怒。

真弓に激怒された杏子は、親友の田村佐千絵と一緒に柊二のデザインの参考になればと町を歩く人の写真や雑誌の切り抜きを集めます。

杏子と佐千絵のお陰で、デザインができた柊二。

お礼に食事をしましたが、杏子はトイレに行きたくなります。

公衆トイレだったり、汚いところはダメで、車イス用でなければならないために、中々見つからないので、柊二は、自分の家につれていきます。

そこで、杏子の欲しいと思っていた靴を発見。

車イスだからとおしゃれな靴を諦めていた杏子でしたが、柊二から似合うと告げられ、二人の距離が縮まります。

しかし、杏子の兄の正夫の縁談が車イスの杏子のせいで無くなってしまい、杏子は、自分には恋は無理だとまた人に対する壁を作ってしまいます。

やっと明るくなった杏子に嬉しく感じていた佐千絵は、柊二との関係を修復したいと柊二の美容院が行っているイベントに連れていきます。

しかし、悟によって、車イスである杏子を見世物にするシーンがあり、柊二は庇おうとして転倒。

しばらくは、美容師としての仕事ができないくらいの怪我を負います。

怪我をして、初めて本当の意味での杏子の大変さを思い知った柊二。

二人の関係は良好に過ぎていきましたが、柊二が医大を目指していた時の憧れのさつきと再会して、障害のない人との恋愛の方が柊二には良いのではないかと考えるようになった杏子。

柊二は、さつきではなく、杏子を選びますが、杏子の病気について知ります。

杏子を失うかもしれない恐怖が柊二に襲いかかりますが、余計に杏子と一緒にいたいと思うようになりました。

18歳で免疫不全のために車イス生活になり、43分の13の確率で死ぬという事実は変わらないが、杏子と一緒に住むことにします。

子犬を飼って幸せな時間を過ごす杏子。

しかし、病気は悪化し、杏子は帰らない人に。

柊二は、亡き杏子の顔に死に化粧を施しますが、冷たい杏子の顔に涙が止まりません。

杏子を失った柊二は、美容室を辞めます。

杏子と約束をした海の見えるところに、住居と美容室を構え、杏子の愛した子犬と共に生活をスタート。

柊二の美容室には髪を初めて美容室で切るという女の子が来店。

かつて、杏子もずっと床屋さんだったと告げていた話を思い出しながら女の子の髪を切ります。

鏡のそばには杏子との思い出の写真を飾って。

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』の登場人物

沖島柊二 (木村拓哉)

町田杏子 (常盤貴子)

田村佐千絵 (水野美紀)

美山耕三 (的場浩司)

岡部巧 (池内博之)

小沢真弓 (原千晶)

川村悟 (西川貴教)

店長 (モロ師岡)

町田正夫 (渡部篤郎)

町田雄一 (河原崎健三)

町田久仁子 (大森暁美)

さつき (小雪)

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』の主題歌

B’z『今夜月が見える丘に』

B'z 今夜月の見える丘に(Live2012)

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』の感想
男性30代
男性30代

当時小学生だった私ですが、このドラマは感動し、涙が溢れ出てしまう作品でした。

何度見ても涙が溢れるこのドラマは、恋愛ドラマの最高峰だと思います。

障害があるない関係なく、心で繋がった男女の物語、死という避けられないゴールに向かうまでの幸せとはいったいなんなのかと強く考えさせられた作品でした。

障害があることで、人としての幸せを諦めている人は、そんなことは関係ないと幸せは誰でも持っていいのだと思える作品です。

『Beautiful Life(ビューティフルライフ)』のまとめ

恋愛ドラマだったら、これは外せないと思える傑作作品です。

障害があってもなくても恋はできるということ、人はだれでも幸せになれるのだということを知れる作品です。

杏子を演じる常盤貴子の笑顔に癒されます。

ラストの杏子と柊二との別れのシーンは涙なくては語れないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました