チームバチスタの栄光 全シリーズ無料動画配信(ドラマ・映画)フル視聴/

国内ドラマ

チーム・バチスタシリーズ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

映画『チーム・バチスタの栄光』予告編

2008年10月から放送が始まったフジテレビ系TVドラマ『チーム・バチスタシリーズ』は、海堂尊さんによる大人気医療ミステリー小説『田口・白鳥シリーズ』を原作に制作されました。

全シリーズの中心人物となる田口を伊藤淳史さん、白鳥を仲村トオルさんが演じ、「原作・映画版とは違う結末」という触れ込みから、細かな設定を変え最後まで予想のつかない展開を繰り広げていきます。

スペシャルドラマや映画もありますが、今回は連続ドラマの4シリーズをご紹介していきます。

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』を無料で見る

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『チーム・バチスタシリーズ』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

チーム・バチスタシリーズ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』のあらすじ

・チーム・バチスタの栄光

東城大学医学部付属病院の精鋭医師7人を集めた通称「チーム・バチスタ」。

彼等はバチスタ手術と云われる左室形成術を中心に、高度な技術を要する難解な手術において100%の成功率を誇ってきた。

しかし、3例立て続けにバチスタ手術中に患者を死なせてしまう。

不定愁訴(ふていしゅうそ)外来の心療内科医である田口は、院長の高階から一連の術中死について調査を命じられる。

そんな時、足を怪我した厚生労働省の白鳥が特別愁訴外来に送られてきた。

白鳥はこの術中死が医師たちによる殺人と疑い、田口はチームの潔白を信じ訴え続ける。

こうして田口と白鳥は互いの信念に基づきながらタッグを組み、真相解明の為に調査を続けていくのだった。

 

・チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

東城大学医学部付属病院の救命センターには、大規模火災時の救急現場において数多の命を救いジェネラル・ルージュと呼ばれるようになった速水晃一がいた。

だが、そんな速水と医療代理店メディカル・アソート社との癒着が疑われ田口と白鳥は真相解明に乗り出していく。

すると、代議士も絡む大きな陰謀が明るみとなり、関係する人間が次々と怪しい死を遂げるのだった。

 

・チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

ある日、田口はゴミ置き場にて不審な死体を発見する。

事件性がないと警察に処理されそうになるが、田口が死亡時画像診断、通称Aiによる検死を提案すると殺人事件の可能性が浮上してくるのだった。

一方、厚生労働省では、白鳥が死因不明の遺体が司法解剖されずにすべて心不全とされている事に異論を唱え、東城医大病院に「Aiセンター」を設立する計画を報告し、死因究明の必要性を訴えていた。

周囲の関係者が反発する中、白鳥はAi第一人者である島津吾郎を東城医大放射線科の准教授として招聘するのだった。

そして、数々の不審死と20年前の冤罪事件を巡り、再び田口と白鳥は真相解明に乗り出していく。

 

・チーム・バチスタ4  螺鈿(らでん)迷宮

田口は高階病院長の指示で地方の総合病院「碧翠院」に派遣される事になった。

碧翠院は警察医を兼務する桜宮巌雄が院長を務める終末期医療を中心とした病院で、患者や地域住民からの信頼も厚く、赴任した田口はそこで厚生労働省官僚の身分を隠し皮膚科医として勤務する白鳥と再会する。

白鳥は碧翠院の抱える闇を探るべく潜入していたのだった。

そんな時、ここを訪れた放射線科医の立花善次から「ここで行われている事は重罪」と聞かされるが、その後、彼は行方知らずになってしまう。

こうして、田口と白鳥は碧翠院の謎を追及していくことになるのだった。

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』のネタバレ

・チーム・バチスタの栄光

・チーム・バチスタ

バチスタ手術において100%の成功率を誇ってきたチーム・バチスタは、心臓血管外科医でバチスタ手術の権威である桐生を筆頭に、麻酔科医の氷室、第一助手の垣谷、第二助手で田口と同期の酒井、臨床工学技師の羽場、病理医の鳴海、器械出しで看護師の大友の7人の精鋭で構成されていた。

・術中死

しかし、術中死が3例発生し心療内科医の田口は、病院長の高階から原因の究明を調査するように命じられる。

そして、この件の調査の為に厚生労働省から白鳥が派遣されると、二人は共に調査にあたるのだった。

・二転三転する疑い

白鳥はチーム・バチスタの誰かが意図的に殺したと疑っており、田口はチームの潔白を証明しようとしていた。

バチスタメンバーの中で白鳥は最初に大友に疑いの目を向ける。

何故なら、結婚退職した前任の星野の後を引き継いだのが彼女で、その直後に1例目の術中死が起きていたからだった。

聞き取りの際には大友自身も自分の未熟さが原因と示唆していたが、後に潔白であることが証明される。

しかし、ケース34となるバチスタ手術で起きた術中死が、氷室による意図的なものと判明してしまう。

スワンガンツカテーテルの細工と犯行を認めた氷室だったが、「犯人は他にもいる」と言い残して逃亡するとビルから転落死するのだった。

・真相

その後、調査を進めていくと酒井がある秘密の口止めの為に氷室を殺害したと判明する。

すべての真相は1例目となるケース27にあり、緊急オペだったこのバチスタ手術は病理医の鳴海が遅れてきたことで、桐生の目の異常が明らかとなった。

桐生は脳に腫瘍があり、それが原因で視界の外側半分が見えておらず、極度の緊張が伴うオペでは鳴海のフォローなしではまともに手術できなかったのだ。

これが原因で医療過誤を起したのが1例目の術中死で、その事に気づいていたメンバーだがチームの解散を恐れ黙っていたのだった。

・驚愕の事実とチーム・バチスタ解散

これですべてが終わると思ったが、田口と白鳥は自分たちの間違いに気づく。

それは、この医療過誤が垣谷により仕組まれていたという事だ。

愛娘の術中死が桐生の医療過誤によるものと疑った垣谷が、それを確かめるために必要以上に心臓を回転させて桐生のミスを誘発させたというのが真相だった。

そして、罪を認めた垣谷は辞職し、桐生も第一線を退きチーム・バチスタは解散となった。

その後、白鳥は医療過誤関連の担当となり、今後も田口を助手として指名するのだった。

 

・チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

・ジェネラル・ルージュ

東城大学医学部付属病院の救命救急センターは、昼夜運ばれてくる重症患者の対応に追われている。

ここの救命スタッフは優秀で、神がかり的な医療技術でジェネラル・ルージュと称される速水晃一がセンター長を務めていた。

そんな時、厚労省が定期的に行っている抜き打ち監査だと言って、白鳥が救命救急センターに現れるのだった。

・癒着の疑い

白鳥は高階病院長に「救命救急センターにメンタル面のケアをする専門のスタッフを置いた方が良い」と進言し、田口を救急精神医療責任者として就任させる。

だが、真の狙いは速水と医療代理店メディカル・アソート社との癒着の真相を明らかにする事だった。

・不穏

その後も救命救急センターにはひっきりなしに患者が緊急搬送されてくるが、いくつか不審な死を遂げる患者が出てくる。

しかも、速水とメディカル・アソート社の関係者、もしくはその真相について何か知っていると思われた者が亡くなっていたのだった。

何か不穏なものを感じた田口と白鳥は調査を進めていく。

すると、代議士の鴨志田一郎が絡む大規模医療センター建設計画と繋がっていることを掴むのだった。

・収賄と殺人

田口の提案で倫理委員会が開かれると、速水はあっさりとメディカル・アソート社から賄賂を受け取っていたことを認める。

そして、大規模医療センターが完成した時には医院長に就任するとも告げるのだった。

そんな中、入院中の寺内が突然死してしまい末期癌とはいえあまりにも急激な病状の変化に、白鳥は医療過誤を装った殺人と疑う。

そして、白鳥の懸念通り医療過誤ではなく殺人と断定されると、警察の捜査により東城医大内部の人間に疑いの目が向けられるのだった。

その後、寺内が鴨志田議員に土地を売り大金を手にしていたことがわかると、その土地が産業廃棄物に汚染されていることも判明した。

・真相

寺内は土壌汚染されている土地に療養施設を建設すると知って反対すると、鴨志田議員の秘書の指示を受けたメディカル・アソート社の佐々木より、オピオイドを過剰投与される。

だが、まだ辛うじて生きていた彼の元に、秘書が現れ寺内にトドメをさすと、佐々木も刺殺するのだった。

その後、このことが田口と白鳥の調査により明るみになると、鴨志田議員の利権に孕む計画の一部は阻止され、土壌改善への施策が講じられることになった。

一方、膿瘍により命の危機に晒されていた速水は、チーム・ジェネラルの必死の治療により回復の兆しを見せ始めていた。

そんな速水がジェネラル・ルージュと言われる所以となったのは、大規模火災により急患で溢れるなか看護師の花房から手渡されたルージュをひいて気を引き締めると、将軍さながらに救命救急という戦場の陣頭指揮を執ったからだった。

 

・チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

・Ai(オートプシーイメージング)

不審死の死因究明の必要性を訴える白鳥は、通称Ai(オートプシーイメージング)死亡時画像病理診断による検死を行うAiセンター設立に向けて委員会を招集すると、そのセンター長に田口を推薦し悩んだ挙句、田口も覚悟を決め就任を決意する。

そして、最新鋭の縦型MRIが導入されるが、システムエンジニアとして招聘した友野がその中で謎の死を遂げてしまう。

第一発見者はAiセンターの権威として招いていた島津で、友野をAiにて検死するも事件性は見られなかった。

しかし、何らかの策略があると怪しむ白鳥は司法解剖を求めるが遺族に断られ、手掛かりを掴めないまま遺体は召されてしまうのだった。

・タイムリミット

その後、冤罪を問われている20年前の事件を担当していた刑事の北山が亡くなり、島津が容疑者として拘束された。

北山は至近距離から頭を撃ち抜かれているにも拘わらず、弾丸は貫通せず頭部に残っていることが確認される。

直接の死因は明らかだが他にも不審な点が見られ、白鳥と田口は真相解明に乗り出すが、島津の起訴まで残り時間は限られたものだった。

・隠蔽された事実と冤罪

調査を進めていくなかで二人がMRI室と法医学室が隠し扉で繋がっていることを見つけると、この事がきっかけとなり様々な可能性が浮上し、死亡した北山のAiデータから頭部に残されていた弾丸が銃から発射されたものではないと判明する。

その後、北山の部下である宇佐美が幇助しMRIの磁場を利用したトリックで北山が自殺した事と、友野を殺害したのが宇佐美だということがわかった。

北山は20年前の事件が冤罪であると確信し、自殺計画を立てていたのだった。

・すべてが繋がる

20年前の事件は冤罪が確定し、犯人とされていた松崎は釈放された。

彼は島津の実父であり、養子縁組で縁を絶っていた二人は再会を果たすものの、間もなく松崎が殺されてしまう。

一方、真相を追っていた白鳥は3年前にも20年前と同じ内容の事件が起きている事を発見し、殺人現場がひとつの川で繋がっている事に気づくのだった。

・真犯人

更にその周辺地域で起きた死因不明案件を詳しく調べていくと、同じような死に方をしている事件が多数あり、その中には警察庁情報統括室室長の斑鳩が検視官時代に病死と判定した事件もあった。

そんな中、松崎が殺害される直前に島津の電話にメッセージを残していたことがわかる。

その様子から怯えていることが伺え、来客に応じるように慌てて電話を切っていたが、なぜ不用意に玄関を開けたのかと疑問が浮上するのだった。

そこで、顔見知りによる犯行の可能性が強まると、白鳥は何気ない仕草の中に見られた癖からある人物に狙いを定める。

そして、再び悲劇が繰り返されようとした時、田口と白鳥はその現場に駆け付けるのだった。

真犯人は冤罪を訴え続けてきた松崎を支援する会の代表である井野悦郎。

エステを中心にレストランなどを経営する青年実業家だが、元美容形成外科医で訴訟を起こされた経緯で現場を退いていた。

彼は最初の犯行だけ欲求を満たす為ではなかったが、松崎が誤認逮捕された以後、快楽殺人に手を染めるようになったのだ。

その後、警察は冤罪を正式に認め、白鳥はAiセンターを頼むと田口にプレゼントの時計を残して去っていくのだった。

 

・チーム・バチスタ4 螺鈿(らでん)迷宮

・碧翠院と桜宮家

ある日、田口は高階病院長に呼ばれると、地方にある総合病院の碧翠院へ行くように命じられる。

あまりにも突然の派遣に戸惑いながらも碧翠院へ向かうと、院長の桜宮巌雄と緩和ケア医で長女の小百合、次女で産婦人科医のすみれを紹介される。

巌雄は周辺地域の死因不明遺体の検死を一手に引き受ける警察医も兼ねており、また、回復の見込みが少ない患者の為の終末期医療に力を入れていて、患者や地域住民からの信頼も厚かった。

そして、この病院の勤務医を紹介されていくとそこには白鳥の姿があり、田口は驚くも彼は平然と皮膚科医ですと名乗るのだった。

・碧翠院の闇

白鳥は厚生労働省官僚という身分を伏せ、勤務医としてこの病院に潜入していた。

話を聞くと彼の元に差出人不明ながら1通の手紙が届いており、そこには「助けて、碧翠院は一度は入ったら出られない病院です」と綴られていた。

そこで、真相究明の為に潜入していたとの事だった。

そんな時、かつてこの碧翠院と関りがあったらしい放射線科医の立花善次がやって来て、彼は一目見て白鳥の正体に気づき「ここで行われているのは重罪だ」と話すと、「詳しいことは後で」と待ち合わせするが現れなかった。

その後、立花の行方がわからなくなり不審に思っていると、白鳥の携帯にタチバナから謎のCT画像が送られてくるのだった。

・螺鈿の部屋

碧翠院には螺鈿の部屋と呼ばれる死ぬ間際の患者しか入れない部屋があるらしく、厳重に外から施錠されているその部屋に立花が監禁されていると疑い、白鳥は半ば強引に開けさせるがそこに立花の姿はなく桜宮華緒が螺鈿細工を作っていた。

その後、次々と白鳥の携帯に送られてきた画像により立花が死んでいることが判明するが、遺体は出てきていない。

白鳥は桜宮家による隠蔽工作があると睨み、放射線室を張り込んでいるとスミレが姿を現し、追及するも背後からバイトの天馬に殴られ気を失ってしまうのだった。

・安楽死

碧翠院の放射線技師である戸山が、立花が持ち込んできたCT画像を残しており、そこから巌雄の解剖ミスが明らかになると、白鳥は立花殺しで彼を追及するが否定されてしまう。

依然立花の行方はわからないままだが、白鳥もこの程度の事を隠蔽する為に殺したとは本気で思っておらず、別の秘密があると考え桜宮家の周囲を洗い直していく。

すると、螺鈿の部屋に入った患者全員が、あまりにも安らかに苦しまず理想的に亡くなっていることに不審を抱き、白鳥は安楽死を疑い始めるのだった。

・碧翠院の真相

白鳥に手紙を送ってきたのは8年前の事故で亡くなったとされていた桜宮家の末弟である葵。

彼は8年前に人を殺害しており、それを隠蔽するために事故を偽装し彼自身も亡くなったことにしてあったのだ。

一方、立花と戸山を殺していたのは母親の華緒で、彼女は葵を守るために二人を殺害していた。

そして、葵はこの状況から脱け出すべきと考え、バチスタ事件以後Ai推奨など積極的に動き続ける白鳥に望みを託して手紙を出していたのだった。

やはり、碧翠院の螺鈿の部屋では白鳥の睨んだ通り安楽死が行なわれていた。

東城大学医学部付属病院からデュアルエナジーCTを運び、白鳥が島津に調べさせた所、高濃度のキセノンガスを使って安楽死させていたことが判明したのだ。

巌雄は法に背いてまでも患者をあらゆる苦しみから解放したいという気持ちが強く、覚悟を決めて実行し続けてきたのだった。

その後、螺鈿の部屋は巌雄と華緒の二人の手により焼き尽くされ、すべてが世間に公表され批判の声があがると、白鳥は集まったマスコミに対して終末期医療の将来について語り始める。

現在の終末期医療の限界を訴えた白鳥は、「死は忌み嫌うものとして避けてしまうが、一人一人がどういう最期を迎えるのかということを考えなければならない時代にきている」と語気を強めるのだった。

今回も大きな真相に辿り着くことが出来た田口と白鳥。

白鳥は東城大病院の通常勤務に戻る田口に、合間で良いからこれからも少し手伝ってほしいと名刺を手渡す。

諦めたように田口が「どんなミッションにも付き合います」と答えると、「じゃちょっと急ぐから、行くよ」と白鳥は彼を連れていくのだった。

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』の登場人物

・主要人物

・田口公平・・・伊藤淳史

・白鳥圭輔・・・仲村トオル

・チーム・バチスタ

・桐生恭一・・・伊原剛志

・鳴海涼・・・宮川大輔

・大友直美・・・釈由美子

・氷室貢一郎・・・城田優

・垣谷雄次・・・鶴見辰吾

・酒井利樹・・・鈴木裕樹

・羽場貴之・・・戸田昌宏

・チーム・ジェネラル

・速水晃一・・・西島秀俊

・花房美和・・・白石美帆

・和泉遥・・・加藤あい

・佐藤伸一・・・木下隆行(TKO)

・長谷川崇・・・戸次重幸

・栗山弥生・・・浅見れいな

・滝沢秀樹・・・松坂桃李

・永山康友・・・足立理

・浅野和彦・・・竹内太郎

・Aiセンター関連

・島津吾郎・・・安田顕、伊敷明徳(青年期)

・笹井スミレ・・・小西真奈美

・斑鳩芳正・・・高橋克典

・宇佐見壮一・・・福士誠治

・北山錠一郎・・・尾美としのり

・桜宮家

・桜宮巌雄・・・柳葉敏郎

・桜宮華緒・・・相築あきこ

・桜宮小百合・・・水野美紀

・桜宮すみれ・・・栗山千明

・桜宮葵・・・山﨑賢人

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』の主題歌

『チーム・バチスタシリーズ』 主題歌

・チーム・バチスタの栄光

『守りたいもの』 青山テルマ

・チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

『いくつの夜明けを数えたら』 松田聖子

・チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

『アリアドネの糸』 Do As Infinity

・チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

『Hide & Seek』 東方神起

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

チーム・バチスタシリーズ(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』の感想

・心理描写と話の展開が秀逸で、どのシリーズを見ても飽きずに楽しめる。

・それぞれのチームメンバーの理想や信念と、そして犯人の欲求がリアルに描かれていて、どんどん惹きこまれていく。

・白鳥のズバッと核心をつく口調が最高。

・映画や原作よりも、このドラマのコンビが一番イメージに合う。

・波乱含みのどんでん返しが面白い。

・キャスティングがとにかく最高で、ブレないところが気持ちよく観られる要因だと思う。

・原作ファンから見ても、自分のイメージ以上のキャラクターを演じてくれたと感じました。

・日本の医療が抱える大きな問題を取り上げてくれる点が良いと感じ、実際の厚生労働省官僚もこのように積極的に動いてほしいと思いました。

・不満な点を見つけようと意地悪な視点で観てもケチをつける部分がなく、素直に面白いと言える作品だった。

・オリジナル脚本でもいいから、スペシャルドラマを定期的に放送してもらいたい。

 

ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』のまとめ

今も尚、愛され続けている人気ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』は、このキャストだからこそ面白いとの声がとても多くあがっています。

原作ファンの方からもこの二人以外はイメージ出来ないと言われるほどです。

また、主人公二人を演じる伊藤淳史さんと仲村トオルさん以外のチームメンバーもピッタリのキャスティングと好評で、これが本シリーズ最大の特徴と言っても過言ではないでしょう。

日本の医療の抱える大きな問題もテーマにしており、楽しむだけではなくその問題について真剣に考えさせてくれる作品でもあります。

あらためて現状について向き合うことが出来るTVドラマ『チーム・バチスタシリーズ』、必見です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました